コレステロール 下げる お茶。 コレステロール抑制効果が期待できるお茶7選。コレステロールを下げたい人向けの食事も解説|feely(フィーリー)

コレステロールを下げるトクホ商品(お茶、飲料、油など)

コレステロール 下げる お茶

大麦若葉青汁(キトサン配合) 青汁の原料といえば「大麦若葉」、「明日葉」、「ケール」が有名ですが、大地の力研究所によると、「 大麦若葉末」の 血中コレステロール値低下作用が確認されているようです。 >>参考: また、カニやエビなど、甲殻類の殻に多く含まれる動物性の食物繊維である「 キトサン」にもコレステロールを低下させる働きがあると言われています。 実際に大正製薬の『ヘルスマネージ 大麦若葉 キトサン』を1日3袋、12週間摂取したところ4週間後に低下したというデータもあるようです。 >>参考: キトサン配合量は、大正製薬の『ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン』が 380mgと他社 294mgに比べて多め。 ローズヒップティー スウェーデン ルンド大学 実験医学部教授 セシリア・ホルム氏らの研究によると、「肥満だが糖尿病ではない男女31人にローズヒップ粉末を6週間摂取してもらった結果、 総コレステロール値及び悪玉(LDL)コレステロール値が低下した。 」という研究結果が得られています。 (なぜローズヒップがコレステロール値を改善するのか、メカニズムについてはまだ解明されていないらしい。 ) また、ローズヒップは、 ビタミンCがレモンの 約20倍、 カルシウムは牛乳の 約8倍、 鉄分はほうれんそうの 約2倍、 リコピンはトマトの 約8倍 という驚異的な栄養価! しかも、ローズヒップはノンカフェイン、低タンニン。 飲む目安は1日2、3杯を食前または食間に飲むと良いそうです。 実も食べると効果的なので、ファインカット(細かくカットしたもの)がオススメ。 お茶(緑茶) お茶に含まれている「カテキン(タンニンの一種)」には、食事中の コレステロールの吸収を抑える効果があり、『食事とともに約200mgのカテキンを含む飲料を1日3回摂取すると血中コレステロールが減少した。 』というデータもあります。 >>参考: 出来れば茶葉ごと飲むのがいいそうです。 お茶や紅茶に含まれる「 タンニン」を摂りすぎると体内に鉄分が吸収されにくくなり、貧血になりやすくなる。 という話しや、カフェインを過剰摂取すると、めまい、吐き気、下痢、不眠症等を引き起こす可能性もあるので、飲みすぎには注意しましょう。 一般的に市販されているペットボトルのお茶(500ml)に含まれているカテキン量は約200mg、カフェイン量は約50mg。 濃い味タイプはカテキン量が約350mg、カフェイン量は約100mg。 コーヒー コーヒーに含まれるポリフェノールの一種「フェルラ酸(「クロロゲン酸」が、小腸で分解され変換される)」によって、 コレステロールの処理能力が高まることがあきらかになったそうです。 >>参考: また、国立がんセンターによると、「コーヒーを1日3~4杯の飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて 心臓や脳血管、呼吸器の病気で死亡する危険性が4割ほど減る」との研究結果も報告されています。 >>参考: ただし、1日5杯以上飲むと逆に心臓病の死亡リスクが上がる可能性もあるので、くれぐれも飲みすぎには気をつけましょう! (5杯以上飲んでる人のデータが少なく、まだ詳しくはわからないらしい) カフェイン摂取量は 1日400mg程度まで (コーヒー1杯(150ml)に含まれるカフェイン量はおよそ60~90mg。 ) 目安は4、5時間おきに、1日3、4杯を食間、食後に飲むと良い! また、前述した緑茶に多く含まれている「カテキン」でも同じような効果が得られるらしいので、緑茶派の人は無理してコーヒーも飲む必要はないそうです。 紅茶 紅茶には「 カテキン」、赤い色素の「 テアフラビン」いうポリフェノールの一種が含まれています。 ポリフェノールには、抗酸化作用があり、血管を若々しく保つといわれています。 赤ワイン お茶の水女子大学生活環境研究センター教授 近藤 和雄氏の実験結果から、赤ワインに多く含まれるポリフェノールが 悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防いでいる。 ことが証明されているようです。 >>参考: ポリフェノールは白ワインより赤ワインのほうが圧倒的に多い!(ポリフェノールはブドウの皮や種に多く含まれているが、白ワインは取り除いてしまうため) また、適量のアルコール摂取は善玉(HDL)コレステロールを増やす!とも言われていますが、飲み過ぎると中性脂肪が増え、善玉(HDL)コレステロールが減り、さらに悪玉(LDL)コレステロールが増えてしまうので気をつけましょう! <アルコール適量の目安(1日あたり)> 種類 ワイン ビール 日本酒 焼酎 適量 グラス2杯 200ml 中ビン1本 500ml 1合 180ml 0. 6合 110ml カロリー 146kcal 200kcal 196kcal 160kcal オレンジジュース オレンジには脂肪肝を予防し、血液中のコレステロール値を正常にしてくれる「 イノシトール」という成分が含まれています。 また、コーヒーなどに含まれているカフェインは、体内でイノシトールを大量に消費してしまうので、カフェインの摂りすぎには注意しましょう。 トマトジュース トマトに多く含まれる「 リコピン」には体内の 善玉(HDL)コレステロールを増やす働きがあると言われています。 >>参考: 豆乳 大豆には中性脂肪、LDLコレステロールを減らす効果のある「大豆タンパク」の他にも、脂質異常症の改善に役立つ様々な栄養素が含まれています。 大豆イソフラボンを過剰摂取(1日150mg以上)すると女性ホルモンのバランスが乱れる可能性があるので注意しましょう。 >>記事: この記事をシェアする.

次の

悪玉コレステロールを下げるにはお茶が良い!おすすめのお茶11選

コレステロール 下げる お茶

! 妊婦の方は注意 緑茶に含まれるカテキンやカフェインが、健康に害を及ぼす可能性があるので飲み過ぎには注意です。 カテキンは、鉄と結び付くので貧血を起こしやすくなります。 カフェインは、妊娠中は分解しづらいです。 がぶ飲みしなければ大丈夫な程度ですが、肝機能障害、高血圧、死産のリスクが高まるので、控え目にしてください。 ウーロン茶 緑茶もウーロン茶も同じ茶葉からつくられています。 緑茶を発酵させると、ウーロン茶。 ウーロン茶をもっと発酵させると紅茶になります。 ウーロン茶のカテキン量は、煎茶のほぼ6割です。 紅茶にも緑茶と同じカテキンが入っていますが、カテキンの量は煎茶のほぼ2割しか入っていません。 ここでいう紅茶とは、アッサムと中国種です。 その他の紅茶にはまだ十分なデータがないのが現状です。 テアフラビンとリパーゼを含むことが、ウーロン茶や紅茶の大きな特徴です。 ・テアフラビンは、カテキンが発酵してできた成分です。 体の酸化 サビ を防ぐ働きがあります。 ・発酵の途中で発生するリパーゼという酵素は、脂肪の吸収を抑えます。 杜仲茶 杜仲茶に含まれるゲニポシド酸は、メタボや肥満の予防になります。 血管を広げる働きもあるので、血行が良くなります。 また、杜仲茶には、 基礎代謝を上げる働きがあります。 杜仲茶に含まれるアスペルロシドという成分の働きです。 杜仲茶を飲むことにより、ウォーキングを1時間しているのと同じ脂肪燃焼効果があるという研究報告もあります。 ウォーキングなどの有酸素運動も、コレステロールを下げるためにはかかせませんよ。 人体にはアディポネクチンというインスリンの手助けをして、血糖値の急激な上昇を抑えるホルモンが備わっています。 杜仲茶には、このアディポネクチンの分泌を促す働きがあります。 杜仲茶は基礎代謝を上げメタボや肥満、血糖値など生活習慣病全体に対しても嬉しい効果のあるお茶です。 杜仲茶には、カフェインが含まれていません。 常識的な範囲でなら、多少飲み過ぎても基本的には害はありません。 コレステロール下げるおすすめハーブティー4つ 判断基準はこの3つ 1. 血中脂質に効くしっかりとした成分 2. 飲みやすさと飽きない味 3. 手軽に買えるかどうか。 プーアル茶 プーアル茶は中国茶(黒茶)の一種。 ダイエット茶としてもかなり有名です。 プーアル茶には生茶と塾茶の2種類あります。 生茶はものすごく高価なので、一般的に飲まれているのは塾茶のほうです。 プーアル茶には「ポリフェノールの一種であるカテキンが発酵で変化した成分」が含まれています。 ・重合ポリフェノール ・没食子酸 ポリフェノール という2種類のポリフェノールが、生活習慣をサポートしてくれます。 リパーゼという酵素も含まれているので、脂肪の吸収を抑えてくれます。 血中脂質が気になる方、ちょっと体重が心配だなという方にはとても良いお茶ですよ。 国産のプーアール茶を、紹介しますね。 ポリフェノールは中国産プーアール茶の1. 7倍という健康に良くて評判のお茶です。 ジャスミン茶 ジャスミン茶は、ウーロン茶や緑茶にジャスミンの花の香りを付けたお茶のことです。 ベースのお茶によって、コレステロールへの影響も変わって来ます。 緑茶はカテキン。 ウーロン茶や紅茶はテアフラビンという成分がコレステロールに有効です。 それにプラスしてジャスミンには、 ベンデルアセテートという香りの成分が含まれています。 ベンデルアセテートは、脂肪を燃焼。 そしてリラックス効果があります。 コレステロール低下と脂肪の燃焼、それからリラックス効果。 コレステロール値や脂肪が気になるけれどおやつで甘いものを食べたいってときにも丁度いいですね。 ! ノンカフェインですが、飲み過ぎるとビタミンCが過剰になります。 倦怠感、吐き気などの症状が出るおそれがあるので、注意してください。 ルイボスティー ルイボスティーに含まれる フラボノイドの一種、ケルセチン。 大きく分けてポリフェノールです。 このケルセチンは、コレステロールの吸収を抑えると同時に、強い抗酸化作用を持っています。 LDLコレステロールの吸収、酸化を防ぎ、動脈硬化の予防になります。 ケルセチンが他の酸化を防ぐ成分と違う点は、 ストレスを解消する働きがあるということです。 ケルセチンが不足するとストレスがたまりやすい状態になります。 ストレスがたまると、コレステロール値も上がってしまうのです。 コレステロールの酸化防止とストレス解消。 この2つの点から、ルイボスティーはコレステロールが気になる方におすすめです。 ! ルイボスティーは、 ノンカフェインです。 特に過剰な成分や副作用となる成分は入っていないので常識の範囲でなら、どれだけ飲んでも構いません。 本格的にお茶でコレステロール対策がしたい方はトクホ飲料もおすすめ 普通のお茶でもとても良いのですが、本格的にコレステロール対策がしたい方は、トクホ飲料を試してみてもいいと思いますよ。 お茶だったり、お茶のように飲める青汁で、消費者庁にコレステロールが下がる効果がちゃんとありますよって認められた特保の飲み物。 味がとくに悪くなっているようなこともないので、普通に美味しく飲めるので一石二鳥なんですよね。

次の

コレステロール下げるお茶&ハーブティーのおすすめ・美味しいのだけ!

コレステロール 下げる お茶

記事の目次• お茶を飲むとコレステロールの抑制が期待できる理由 コレステロールは脂質のことです。 ホルモンの生成、細胞の膜を作るといった働きがあり、人体には必要な存在。 コレステロールは大きく分けると善玉と悪玉があり、悪玉コレステロールが増えると健康に悪影響が出てきます。 悪玉コレステロールは食べすぎや運動不足が原因で増えてしまいますが、ここでは お茶がコレステロールを抑制する理由について見てみましょう。 緑茶を飲む人は血中コレステロールが低い 血中コレステロール値が高いと生活習慣病を引き起こす可能性があります。 生活習慣病を予防するには血中コレステロール値を正常に保たなくてはなりません。 ある調査結果によると、普段から緑茶を飲む習慣のある人は血中コレステロール値が低いことが分かりました。 カテキンが食事中のコレステロールを抑制 お茶を飲むとコレステロール抑制が期待されるのは、カテキンという成分のおかげです。 カテキンはポリフェノールの一種です。 ポリフェノールは数千種類あると言われていますが、カテキンは緑茶特有のポリフェノールだといわれており、8種類存在します。 緑茶に含まれるカテキンは食事中のコレステロール吸収の抑制効果が期待されます。 コレステロールを下げるお茶7選 ここではコレステロールを下げるお茶をいくつかご紹介します。 大益七子餅茶 京都で老舗の生薬会社が販売しているお茶です。 蕃果はザクロに似た植物で、健康食品として広く知られています。 タ ンニンをはじめとするポリフェノールを豊富に含んでいます。 煮出したものを熱い状態で飲んでも美味しいですが、冷やして飲むのもおススメです。 500gが2つセットになった商品ですからお得感も満載です。 桑の葉 桑の葉は古くから薬として使われてきた歴史があります。 強力な抗酸化作用を持つフラボノイドのほか、血圧調整作用を発揮するガンマーアミノ酪酸、糖の吸収を抑えるデオキシノジリマイシンといった成分が含まれています。 食物繊維も豊富ですから腸内環境を整える働きも期待できるでしょう。 500gが3個セットになったお得な商品です。 熱いまま飲むことが多いですが、煮出したあとのお茶を冷蔵庫で冷やしても美味しく飲めます。 杜仲葉 健康効果に優れるお茶として知られる杜仲茶です。 杜仲茶には鉄や亜鉛、カリウム、カルシウムといった人間に必要不可欠な成分が豊富に含まれています。 また、アスペルロシドやゲニポシド酸、ビタミンCといった健康にうれしい成分もたくさん含まれているのです。 杜仲茶にはカフェインが含まれていないのも特徴の一つです。 ノンカフェインですから寝る前に飲んでも寝つきが悪くなることは少ないでしょう。 お茶村 青魚のしずく コレステロールを下げるのは和食 コレステロールを下げたいなら和食がよいと言われています。 伝統的な日本食は自然と脂質が少なくなり、食物繊維やビタミンも摂りやすい特徴があります。 コレステロールを下げる魚や大豆製品が主菜 大豆製品や魚が主菜となるためコレステロールを下げやすいです。 和食では青魚を食材に使用することが多く、青魚にはコレステロールや中性脂肪を減らす働きが期待できます。 主菜が肉料理ではなく魚料理となる和食だからこそコレステロール値を下げられます。 コレステロールを下げる野菜や海藻、キノコが副菜 野菜や海藻、きのこが副菜となります。 これらの食材に共通するのは食物繊維が多いということです。 食物繊維は腸内でコレステロールを包み込み、体外に排出する働きがあります。 生シイタケやワカメ、ブロッコリーなどには豊富な食物繊維が含まれています。 塩分の摂りすぎに注意 和食がコレステロールを下げるのに効果的なのは分かったと思いますが、 塩分の摂りすぎには注意してください。 どんなに健康に効果的な食材を用いても塩分の摂りすぎは健康に悪影響を与えてしまいます。 まとめ コレステロールが気になる方は、なるべくお茶を飲むのがおすすめです。 また、コレステロールを下げるには日々の食生活を見直すことも大切です。 なるべく和食を選び、塩分も控えめにすると健康増進が期待できます!.

次の