アズール レーン クロス ウェーブ 攻略。 【アズレン】操作方法まとめ【アズールレーン クロスウェーブ】

【アズールレーン クロスウェーブ】攻略「オススメの編成と最強キャラクター」

アズール レーン クロス ウェーブ 攻略

防御教科書T3• 支援教科書T3• 艦載機パーツT3• 艦砲パーツT0• 魚雷パーツT0• 古びた防水扉• フルマーT3 金コンテナで入手できるアイテム 金のコンテナ1• Mアイソマ サンディエゴ• Mアイソマ 伊勢• Mアイソマ ヨークタウン• Mアイソマ 三笠 金のコンテナ2• Mアイソマ インディアナポリス• Mアイソマ ヴィクトリアス• Mアイソマ 浜風• Mアイソマ ダウンズ 金のコンテナ3• 一式徹甲弾• Mアイソマ アキリーズ• Mアイソマ エルドリッジ• Mアイソマ 明石 金のコンテナ4• Mアイソマ ノーフォーク• Mアイソマ アマゾン• Mアイソマ 榛名• Mアイソマ ヘレナ 金のコンテナ5• SHS• Mアイソマ 青葉• Mアイソマ アトランタ• Mアイソマ アリゾナ 金のコンテナ6• 騎士姫記念バッジ• Mアイソマ ハムマン• Mアイソマ 阿武隈• Mアイソマ ヴェスタル 金のコンテナ7• Mアイソマ U-81• Mアイソマ ロドニー• Mアイソマ レキシントン• Mアイソマ 寧海 金のコンテナ8• 533mm五連装魚雷T2• Mアイソマ アーク・ロイヤル• Mアイソマ 雷• Mアイソマ 不知火.

次の

アズールレーン クロスウェーブ

アズール レーン クロス ウェーブ 攻略

防御教科書T3• 支援教科書T3• 艦載機パーツT3• 艦砲パーツT0• 魚雷パーツT0• 古びた防水扉• フルマーT3 金コンテナで入手できるアイテム 金のコンテナ1• Mアイソマ サンディエゴ• Mアイソマ 伊勢• Mアイソマ ヨークタウン• Mアイソマ 三笠 金のコンテナ2• Mアイソマ インディアナポリス• Mアイソマ ヴィクトリアス• Mアイソマ 浜風• Mアイソマ ダウンズ 金のコンテナ3• 一式徹甲弾• Mアイソマ アキリーズ• Mアイソマ エルドリッジ• Mアイソマ 明石 金のコンテナ4• Mアイソマ ノーフォーク• Mアイソマ アマゾン• Mアイソマ 榛名• Mアイソマ ヘレナ 金のコンテナ5• SHS• Mアイソマ 青葉• Mアイソマ アトランタ• Mアイソマ アリゾナ 金のコンテナ6• 騎士姫記念バッジ• Mアイソマ ハムマン• Mアイソマ 阿武隈• Mアイソマ ヴェスタル 金のコンテナ7• Mアイソマ U-81• Mアイソマ ロドニー• Mアイソマ レキシントン• Mアイソマ 寧海 金のコンテナ8• 533mm五連装魚雷T2• Mアイソマ アーク・ロイヤル• Mアイソマ 雷• Mアイソマ 不知火.

次の

【アズレン】「豆知識」攻略情報まとめ【アズールレーン クロスウェーブ】

アズール レーン クロス ウェーブ 攻略

艦種 詳細 駆逐艦 圧倒的な速さを誇り、魚雷の威力が非常に高くなっている 軽巡洋艦 駆逐艦と重巡洋艦の、中間的な性能を持つ 重巡洋艦 ロックオン攻撃のチャージが早く、対空にすぐれる 戦艦 攻守が極端に強いものの、連射は行えない 空母 唯一、各種航空機を装備できる• 上記の艦種に関わらず、スキルの特性は艦船により異なります。 合同大演習に『支援艦』としてエントリーしている艦船は、主力艦として起用する 操作する 事が出来ません。 装備品の分類• 装備品は、「艦砲系」「魚雷系」「対空系」「航空機系」「設備系」に分類され、艦種により装備できるものが異なります。 装備品を強化するには、それぞれに対応するパーツが必要です。 強化の段階が上がる事で必要になるパーツが増加する為、注意しましょう。 装備は外す事も出来ますが、敵艦船への攻撃手段が全て無くなると出撃できません。 艦船には、最低でも1つの艦砲 魚雷、航空機 を装備させましょう。 支援艦たちは、自前で装備品を調達・強化しているので、指揮官が準備する必要はありません。 ステータスの詳細• 各ステータスは以下のように分類されます。 ステータス 詳細 レベル 強さの指標となる数値。 経験値の加算でレベルアップ バトル終了時には、参戦しなかった艦船にも多少の経験値が自動で割り振られる 耐久 攻撃を受ける事で減り、0になると戦闘不能。 そのバトル中には復活できない 火力 高いほど、艦砲の与えるダメージが上昇する。 雷装 高いほど、魚雷の与えるダメージが上昇する。 対空 高いほど、対空砲の与えるダメージが上昇する。 航空 高いほど、航空機の与えるダメージが上昇する。 装填 高いほど、攻撃のチャージ間隔が短くなる。 戦闘前・編成時の注意• 艦船には、以下の2種類の役割が存在します。 主力艦:敵と直接戦う• 支援艦:スキルで支援のみを行う それぞれ3隻まで選択でき、一部の艦船はどちらの役割でも任せられます。 の位置に配置した主力艦が、戦闘開始時に最初に操作可能になります。 出撃するメンバーの組み合わせで様々な「艦隊効果」が発生し、主力艦全隻のパラメータがアップします。 装備品による「総合戦力」からは「耐久ボーナス」が発生し、主力艦全隻に加算されます。 スキルの分類と役割• スキルは「攻撃」「防御」「支援」に分類され、それぞれに対応した「教科書」を消費して強化します。 スキルには、「支援艦」として出撃した場合のみ発揮されるものもあり、これらは「教科書」で強化する事は出来ませんが、同名のスキルを強化するとそのレベルが反映されます。 特殊回避行動 駆逐艦・軽巡洋艦・重巡洋艦・空母• バトル中、「ダッシュ」を行えます。 高速移動ができる上に、一瞬の無敵時間が発生します。 ダッシュを繰り返す事で被ダメージ量を抑える事が可能です。 バトル中、「ガード」を行えます。 「ダッシュ」は使用できません。 ボタンを押し続ける事で、ガードが継続します。 ガード中は速力が激減し、攻撃できなくなりますが、被ダメージは半減します。 さらに、敵の攻撃を受ける瞬間にガードできれば、被ダメージを0にします。 ダッシュと異なり、ガード中は攻撃のチャージが継続して行われます。 装甲には以下の3種類が存在し、攻撃を受けた際のダメージに影響します。 敵の種類 メリット 敵航空機 低確率で回復キューブをドロップ 自爆ポート 必ず回復キューブをドロップ 自爆した場合はドロップしない 量産型艦船 低確率で装備コンテナをドロップ• 傷ついた艦船は早めに交代し、回復キューブが出現したら再交代して回復を行わせると良いでしょう。 量産型艦船は、多少の無理をしてでも撃破する事で、貴重な装備品を入手出来るかもしれません。 ゼロ距離射撃• 敵と近い距離から攻撃するほど、相手への与ダメージが急上昇します。 よって、単純に敵に接近する事で大ダメージを期待できます。 これは、どの装備でも同様なので、短期決戦を狙う場合は艦種に関わらず、積極的に敵へと近づきましょう。 但し、 敵からの攻撃も当然当たりやすくなるため、逆に倒されてしまう可能性も高まるので注意。 「明石謹製の御守り」について• 戦闘前に使用すると、次の戦闘のみドロップ率が増加する貴重な御守り。 海域MAPのコンテナなどで、ときどき入手することが出来るかもしれません。 一度使用すると無くなりますが、バトル中に「リトライ」した場合でも、効果が継続する優れモノ。 但し、戦闘から帰投したり敗北した場合は、効果は無くなります。 払い戻しもありません。 アズールレーン クロスウェーブ 攻略 関連リンク.

次の