オートミール お 粥。 3分でお粥になる食べやすいオートミール

【低カロリー】美味しいオートミールのお粥を朝食にいかがですか【コスパ良し】

オートミール お 粥

オートミールとは オートミールを食べる前にオートミールとは何ぞや?を知ることで、安心して食事に取り入れることができると思います。 でも食べ過ぎは良くありません。 例えば、一般的に痩せる食べ物であってっも取り過ぎると太ってしまう食べ物はたくさんあります。 このオートミールだって食べ過ぎるとしっかり太りますよ。 なので、オートミールについての情報をWikipediaから以下に引用しておきます。 オートミールとは、燕麦(エンバク)を脱穀して調理しやすく加工したものである。 アングロアメリカでは燕麦を押しつぶすかカットした加工品をオートミールと呼ぶ。 また、粥状に調理したものを指す。 精白した穀類よりも食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富である。 食物繊維が食品100g中10g前後と、他の穀物や野菜と比べても非常に豊富に含まれる。 オートミールは食物繊維が豊富で便秘解消 オートミールと白米の100gあたりカロリーとPFCバランスは以下の通りです。 オートミール 50gあたり 白米 160gあたり 玄米 160gあたり 食パン 6枚切り1枚 エネルギー(kcal) 190 269 264 158 タンパク質(g) 6. 85 4 4. 48 5. 58 脂質(g) 2. 85 0. 48 1. 6 2. 64 炭水化物(g) 34. 55 59. 36 56. 96 28. 02 食物繊維(g) 4. 7 0. 48 2. 24 1. 38 出典:カロリーSlism 意外とオートミールは50gあたりに対して190kcalなのでカロリーが高いことに驚かれると思います。 一見こんなカロリーが高いものを食べ続けて痩せるのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、安心してください。 オートミールは白米に比べて満腹感が高いので、少しの量でお腹がいっぱいになります。 つまりオートミールはカロリーが高いけど、オートミールの満腹感のおかげで食べる量が減るので結果的に痩せることができるのです。 オートミール50gあたりに食物繊維が4. 7gと非常に多く含まれているのが特徴的です。 オートミールを購入してみた わかりずらいかもしれませんが、左下に一般的なサイズのトランプを置いてみました。 写真からわかる通り、めちゃくちゃ箱が大きいです。 食べきれるのか心配になるほどの大きさでした。 今回購入したのはAmazonからです。 おそらく、転売屋さんたちがコストコなどで購入して転売している商品なので、コストコで購入するより高いです。 でも、近くにコストコが無いかつ、年会費を払うほどコストコでお買い物をする気もないので購入しました。 なんといっても、買い物に行かないでいいので楽でいいです。 中のオートミールは2つにパッケージングされています。 中身もスカスカではなく、たくさん入っていてお得感があります。 ジップロックもついでに購入。 ジップロックに入れておくと取り出しやすくて便利です。 【調理時間3分】面倒くさがりの私でも続けられたオートミールレシピを紹介 体重1kg落とすためには7200kcalを消費しなければならない なので約3か月オートミールを朝食として1食分置き換えることで、1kg痩せることができます。 仮に、1日3食オートミールに置き換えた場合だと3か月で3kgやせることができます。 食事はバランスよく摂りましょう 早く痩せたいからといってオートミールを1日3食食べるのはやめましょう。 なぜならオートミールはお米に比べて味わいもなく食感が良くないく美味しく無いからです。 日本人として生まれた私は当然ながらお米を食べて育ってきていますので、お米が大好きです。 わざわざ美味しくも無いものを三食取るのは正直きついですし、私も無理でした。 はい、3食オートミールは経験済みです。 オートミールは満腹感があってご飯と置き換えるだけで痩せられる魔法の食べ物だったりします。 しかし、痩せるためにはオートミールを適量食べる必要がありますし、白米のように美味しくて毎日食べられるような味わいでもありません。 結論として、1日の朝・昼・夜のどれか一食を米やパンの代わりにオートミールを食べて健康的に痩せましょう。 ただ食べるだけなので何も考えることも難しいこともありません。 健康的に痩せたい人にもう一つアドバイスとしては運動も取り入れた方が良いでしょう。 てか、ダイエットするには運動はマストですよ。 無理な食事制限やダイエットをするよりも、潔く運動するほうがダイエットにおいて近道ですし効率がいいです。

次の

3分でお粥になる食べやすいオートミール

オートミール お 粥

は脱穀したオーツ麦が原材料となっており、カラス麦や燕麦などという名前でも知られる。 オーツ麦自体はそのままの状態では食べられないため、穀皮を取り除いて加熱しローラーで平らに押し潰して乾燥させ、シリアルのように食べやすくしたものがいわゆるオートミールと呼ばれている。 小麦とは違い、精白されていないため胚芽などに含まれる栄養素がそのまま摂取できるのが特徴。 昔からスコットランドやアイルランド、アメリカにおいては朝食としてなじみ深い存在で、映画の中でもよく登場する食べ物である。 日本で一般的に普及しているオートミールは、厳密にはインスタントオーツもしくはクイックオーツと呼ばれ、ロールドオーツを食べやすくなるよう加工した種類に属している。 近年国内では健康食品としての優秀さが注目され、食物繊維やタンパク質、ミネラルが豊富なことから美容、健康に関心の高い層からも支持を得ている。 栄養豊富で健康にもよいとされるオートミールだが、そのままの状態では味がせず、決して美味しい食べものではない。 水分を含ませ粥状のトロトロとした状態にして、そこに好みの味付けを加えて食べるのが最も一般的だ。 海外では牛乳で煮て甘い味を付けるのが定番だが、日本では出汁で味付けをして和風粥や雑炊として食べるレシピが馴染みやすい味として人気となっている。 作り方は非常に簡単で、茶碗にオートミールを適量入れ、そこに出汁を加える。 好きな野菜や鮭フレークなどを入れて、電子レンジで2~3分加熱するだけ。 好みでさらに醤油や溶き卵をプラスするなど、アレンジは無限大だ。 白米と同じ量を食べても、タンパク質や食物繊維量が何倍も豊富なことから、満足感もある軽食となるはずだ。 このように基本的にお湯でふやかすか電子レンジで水分と温めるのみですぐ食べられるため、忙しい朝の食事として栄養面からも時短の面からも非常に優秀といえるだろう。

次の

オートミールの食べ方・メリットを、朝食で毎日食べている私がご紹介

オートミール お 粥

オートミールとは、「燕麦」(オーツ麦)と言う麦の一種を、脱穀し、押しつぶして、食べやすく細かくカットしたものです。 また、それを粥状にしたもののこともオートミールと呼びます。 ちなみに「押し麦」と似ていますが、押し麦は燕麦ではなく大麦を押しつぶしたものになります。 海外では主に朝食に、オートミール粥や牛乳をかけたりして、かなり一般的に食べられている主食のひとつです。 離乳食のひとつとして使われることも多い食材です。 日本では主食としてはそこまでメジャーではありませんが、最も身近なのは数年前から人気の「グラノーラ」。 オーツ麦が主原料として使われていますね。 そのままだと無味なので、甘みなどを加えてシリアルのように食べることができる食材です。 他にも血中コレステロール値を下げる(正常化する)効果があると考えられています。 血中のコレステロール値が高い状態が続くと、血管が硬くなったり狭くなったりして、血液が流れにくくなります。 コレステロール値が正常になって血管の弾力が回復すれば、血液も通りやすくなります。 その結果血圧も下がるので、高血圧の予防効果につながる、というわけです。 食事のあとの血糖値の急上昇を防いでくれるため、糖尿病等の生活習慣病の予防もサポートしてくれるのです。 オートミールは便秘の改善をサポートする効果もあります。 上述の通り、オートミールは食物繊維がかなり豊富な食材なのですが、整腸効果がある水溶性食物繊維も、腸の活動を活発にさせる不溶性食物繊維も、どちらもたくさん含まれています。 このふたつがバランス良く作用するので、便秘の改善にはぴったりの食材だといえます。 また、食物繊維が豊富なオートミールは、消化がゆっくりになるという特徴も。 白米だと、お茶碗1杯で約150gほどになりますが、オートミールは1回に30gほど食べるだけでお腹が満たされると感じる方が多いようです。 消化がゆっくりで腹持ちがいいというところも、ダイエットにおいては重要なポイント。 健康的なダイエットに向いている食材だといえますね。 コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあるのをご存知ですか? HDL(善玉コレステロール)は体の中で余ったコレステロールを回収して肝臓に運ぶ働きをします。 LDL(悪玉コレステロール)は、その逆で、肝臓から体のあちこちにコレステロールを運んでいます。 本来、どちらも体には必要なものですが、LDLが増えすぎるとコレステロールが体に血管にたまり、動脈硬化の原因となるため、悪玉と呼ばれているのです。 健康維持のためには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの比率が重要です。 5以下になるのが理想とされています。 オートミールに豊富に含まれている水溶性食物繊維は、腸内のコレステロールを包み込んで排泄させることで、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。 成分の違いにより、悪玉コレステロールが優先的に利用されるためだと考えられています。 オートミールをダイエットに取り入れる際におすすめの方法が、朝食や夕食の主食をオートミールに置き換える「置き換えダイエット」です。 置き換えダイエットは「朝バナナダイエット」などと同じやり方。 普段主食として食べているお米やパン、麺類を食べません。 そのかわりに、より低カロリーで栄養素に優れた食材、つまりオートミールに置き換える、というダイエット方法なのです。 ふだんの食事にプラスしてオートミールを食べると、どうしてもその分の摂取カロリーが増えてしまいます。 置き換えることでカロリーを抑えることができるので、ダイエット効果につながります。 食べごたえもあって腹持ちのいいオートミールは、お米やパンと置き換えるのにぴったりの食材。 昼食は外食のためオートミールを食べるのが難しいという人は、朝食や夕食でどうぞ。 それでは、主食をオートミールに置き換えるとどれくらいカロリーを抑えることができるのか、具体的に見てみましょう。 <白米> 100g/約168kcal(お茶碗1杯は140g/235kcal) <パン> 100g/約264kcal(4枚切りの食パン1枚が約100g) <オートミール> 100g/約380kcal このようにしてみると、オートミールのカロリーは高いのでは?と思ってしまいますね。 ところが、先に触れた通り、オートミールは白米やパンと比べてかなり食べごたえがあり、腹持ちが良い食材。 大人でも、1食で約30gほど食べるだけで、ある程度お腹が満たされると言われています。 オートミール30gならカロリーは114kcal程度。 低カロリーで済ませることができることがわかります。 続いては、実際にオートミールを食べる量についてみてみましょう。 オートミールはふやかすと量が増え、食物繊維がたっぷり含まれているため、食べごたえも腹持ちも非常に良い食材です。 1食で食べる量は、だいたい30gくらいでも満たされる方が多いようですが、もの足りなく感じる場合は、1食の量を80~100gを位に増やしてみましょう。 オートミールは100gあたり380kcal。 朝と夜どちらもとると760kcalになります。 女性の1日のカロリー摂取量の目安である1800kcalに対して半分程度のカロリーを、オートミールで摂取する計算になりますね。 昼食やオートミールへのトッピングのカロリーも考慮して、1日で摂取するカロリーのバランスをコントロールしてみてください。 バナナも一緒に煮込むことで、オートミールにしっかり甘い味が付いて美味しく食べることができます。 ベリーが加わることで色合いも鮮やかに! フルーティーで朝食にぴったりのレシピです。 ダイエット中はなるべく間食はしないほうがいいですが、長続きさせるためにはガマンのし過ぎもNG。 どうせおやつを食べるなら、食物繊維たっぷりのオートミールクッキーがおすすめです! 一度にたくさん焼いて、毎朝少しずつ食べるのもいいですね。 オートミールはオーツ麦のもみ殻を取り除いたものです。 しかしひとくちにオートミールといっても加工によってさまざまな形があるんです。 例えば、オーツ麦のもみ殻を取り除いただけのものは「オートグローツ」。 お米で言うところの「玄米」状態のオートミールです。 食べやすいように加工される前の状態なので、かなり調理しにくいオートミールです。 逆に「インスタントオーツ」は加熱処理はもちろん、味付け処理もされています! ふやかす必要さえなく、シリアルのように牛乳をかけるだけで食べられるタイプです。 このようにオートミールは様々な形状で売っています。 調理に時間をかけて自分に合うものが食べたい、または時間がなくて簡単に食べられるものがいい、などライフスタイルに合わせて選ぶのがポイントです。 すでに加熱&味付け処理が済んでいる「インスタントオーツ」のほかにも、手軽なオートミールがあります。 例えば、「ミューズリー」はオートミールにドライフルーツやナッツなどが加えてあるタイプ。 さらにシロップなどで味付けをしてオーブンで焼き上げた「グラノーラ」。 どれも原材料はオーツ麦ですが、加工済みの手軽なタイプ。 ただしダイエットとして食べるなら気を付ける点がひとつあります。 それはカロリーをしっかりチェックすること。 これらは甘く味付けされていたり、油なども加えられています。 慣れないうちは食べやすいので、上手にカロリーをコントロールして食べるとよいでしょう。 なお、味付けされていないものなら「ロールドオーツ」「クイックオーツ」がおすすめ。 加熱処理まではしてあるので、調理がとても簡単です。

次の