ライガー ジ アーサー。 公式サイトの更新を眺めているだけです

コロコロコミック2020年5月号を購入しました!ジ・アーサーの応募も完了!

ライガー ジ アーサー

今回は、コロコロコミックの2020年5月号で誌上限定発売された、「TAKARATOMY」の「ZOIDS WILD」シリーズの『ZW36LA ライガー・ジ・アーサー』をご紹介します。 これまでにも限定販売されている「ZOIDS WILD」は発売されていて、僕もいくつか持っているのですが、新規パーツが使われているのはおそらくこの 『ライガー・ジ・アーサー』が始めてなんじゃないかと思います。 注文したのは少し前で、そのうち届くだろうと思っていたのですが、思っていたよりも早く届いて、少し驚いてしまいました。 さて、今回の『ライガー・ジ・アーサー』ですが、ベースとなっている機体は「ライジングライガー」で、説明書やステッカーも「ライジングライガー」のものが封入されています。 その「ライジングライガー」に、改造パーツを付けて『ライガー・ジ・アーサー』にするわけです。 改造パーツはそんなに多くはないものの、カラーリングの違いもあってか、「ライジングライガー」とはかなり異なった印象を受ける機体になっています。 また、武器も「ライジングライガー」からは変更されていて、槍のようなものになっており、その武器と頭部装甲も相まって、中世の騎士の甲冑のようなデザインになっています。 そして、もう一つのお楽しみなのですが、先ほども言ったように、普通に作っていると、シルバーの「ライジングライガー」が完成します。 これもまた非常にかっこいいです。 動画の中ではノーマルの「ライジングライガー」とも並べて撮影したりしておりますので、宜しければそちらもご覧ください。 では、ごゆっくりお楽しみください。 Thank you for watching! This time, I would like to introduce the "ZW36LA LIGER THE ARTHUR" from the "ZOIDS WILD" series of "TAKARATOMY", which was released in a magazine limited edition in the May 2020 issue of "COROCORO COMIC". The limited edition "ZOIDS WILD" has been released so far, and I also have some, but it is probably because "LIGER THE ARTHUR" is the first to use new parts. I think. I ordered it a while ago and thought that it would arrive soon, but it arrived sooner than I expected, so I was a little surprised. By the way, in this "LIGER THE ARTHUR", the base machine is "RISING LIGER", and the instructions and stickers are "RISING LIGER". By adding modified parts to the "RISING LIGER", it becomes "LIGER THE ARTHUR". There are not so many modified parts, but due to the difference in coloring, it is a "ZOIDS" that looks quite different from "RISING LIGER". In addition, the weapon has been changed from "RISING LIGER", and it has become like a lamce, and its weapon and head armor are combined, making it a design like the armor of a medieval knight. And another fun thing, as I said before, if you make it normally, the silver "RISING LIGER" will be completed. This is also very cool. In the video, I also shoot with the normal "RISING LIGER" side by side, so please see that as well. Well, I'd appreciate it if you can see it to the end.

次の

【ゾイドワイルド】ライガー・ジ・アーサー レビュー

ライガー ジ アーサー

今回は、コロコロコミックの2020年5月号で誌上限定発売された、「TAKARATOMY」の「ZOIDS WILD」シリーズの『ZW36LA ライガー・ジ・アーサー』をご紹介します。 これまでにも限定販売されている「ZOIDS WILD」は発売されていて、僕もいくつか持っているのですが、新規パーツが使われているのはおそらくこの 『ライガー・ジ・アーサー』が始めてなんじゃないかと思います。 注文したのは少し前で、そのうち届くだろうと思っていたのですが、思っていたよりも早く届いて、少し驚いてしまいました。 さて、今回の『ライガー・ジ・アーサー』ですが、ベースとなっている機体は「ライジングライガー」で、説明書やステッカーも「ライジングライガー」のものが封入されています。 その「ライジングライガー」に、改造パーツを付けて『ライガー・ジ・アーサー』にするわけです。 改造パーツはそんなに多くはないものの、カラーリングの違いもあってか、「ライジングライガー」とはかなり異なった印象を受ける機体になっています。 また、武器も「ライジングライガー」からは変更されていて、槍のようなものになっており、その武器と頭部装甲も相まって、中世の騎士の甲冑のようなデザインになっています。 そして、もう一つのお楽しみなのですが、先ほども言ったように、普通に作っていると、シルバーの「ライジングライガー」が完成します。 これもまた非常にかっこいいです。 動画の中ではノーマルの「ライジングライガー」とも並べて撮影したりしておりますので、宜しければそちらもご覧ください。 では、ごゆっくりお楽しみください。 Thank you for watching! This time, I would like to introduce the "ZW36LA LIGER THE ARTHUR" from the "ZOIDS WILD" series of "TAKARATOMY", which was released in a magazine limited edition in the May 2020 issue of "COROCORO COMIC". The limited edition "ZOIDS WILD" has been released so far, and I also have some, but it is probably because "LIGER THE ARTHUR" is the first to use new parts. I think. I ordered it a while ago and thought that it would arrive soon, but it arrived sooner than I expected, so I was a little surprised. By the way, in this "LIGER THE ARTHUR", the base machine is "RISING LIGER", and the instructions and stickers are "RISING LIGER". By adding modified parts to the "RISING LIGER", it becomes "LIGER THE ARTHUR". There are not so many modified parts, but due to the difference in coloring, it is a "ZOIDS" that looks quite different from "RISING LIGER". In addition, the weapon has been changed from "RISING LIGER", and it has become like a lamce, and its weapon and head armor are combined, making it a design like the armor of a medieval knight. And another fun thing, as I said before, if you make it normally, the silver "RISING LIGER" will be completed. This is also very cool. In the video, I also shoot with the normal "RISING LIGER" side by side, so please see that as well. Well, I'd appreciate it if you can see it to the end.

次の

【ゾイドワイルド】ライガー・ジ・アーサー レビュー

ライガー ジ アーサー

実際に復元してみると、他のライガーと比べても存在感があるゾイドになっています。 「ライジングライガー」のゴールドのアーマーも存在感がありましたが、「ライガー・ジ・アーサー」ではシルバーのアーマーが採用されていて、より周辺の色が映り込みやすくなっています。 このシルバーのアーマーに骨格のブラックが映り込むと、アーマーに強烈なコントラストが生まれて、ゾイドの立体感が強調されます。 また周辺の色や照明によって見え方が変わってくるのが良いですね。 見る角度や場所によってライガーの印象が変わってくる、見ていて飽きがこない味わい深いゾイドになっています。 手に持って角度を変えるだけで、鮮やかに印象が変わっていくので、思わず見惚れてしまう非常に所有欲を満たしてくれるゾイドです! 最大の特徴となる追加パーツはランサーを意識したものになっていて、特に「ライジングユニット」にマウントされた「A-Zアーサーランス」が特徴的。 他のライガー系が「切る」ことに特化したブレードを取り付けていたのに対して、「突く」ことに特化したランスを装備していて、見た目と共に従来のライガーとは一線を画す存在感を放っています。 進化ゾイドのライガーと比べると、2段階のエヴォブラストが存在しないのが気になるところではありますが、イカツイデザインになっていて、エヴォブラスト時の存在感はエヴォブラストの第二段階に引けを取りません。 むしろ、どの状態で見ても「A-Zアーサーランス」が巨大で存在感があるのがメリットで、特に通常状態では他のライガー系を圧倒するボリューム感になっています。 箱については、限定品らしく白黒のシンプルなものになっていて、形式番号に「ZW36LA」が入っていたり、第2世代ゾイダーとしては「THE」の文字で「ゴジュラス・ジ・オーガ」を彷彿してニヤニヤしてしまうヤツ。 「LA」はライダーである、アーサー・ランスロットのことでしょうか。 箱を様々な角度から 箱は片側のみテープで2重に固定されていました。 高さがいつもの半分くらいになっています。 こちらは他の人のレビューをみると、レアケースのようですね。 例のウイルス関連で大変な中での出荷だったのかもしれません。 こうして無事に届けてくれるのはありがたい! ゾイドワイルド初の発掘パック「C」が付属するのも注目ポイント。 「復元の書」は「ライジングライガー」のものが入っていて、アーサー用にはバックパックが専用になっていることを知らせる紙と、改造マニュアルが付属します。 全体 完全形態で全体をみるとこんな感じ。 シルバーのアーマーが美しい!頭部や足のアーマーは「ライジングライガー」同様に塗装が行われていますが、アーサー用の追加パーツとバックパックは無塗装です。 無塗装状態でも粒子が見える美しい仕上がりになっていて、他のプラモデルでも中々みない高級感があります! 後方からみると「A-Zアーサーランス」の巨大さがよくわかります。 複雑なシルエットも相まって存在感のある武装です。 正面から見た時にヘルメットによって目が見えないデザインなのも、ゾイドワイルドでは珍しいですね。 各部 ここからは追加武装を見ていきます。 「ライジングライガー」にあった武器取り付け用の穴を使って固定していて、手動で動かすことはできません。 しっかりライガーに接続するようになっていて、一度取り付けると取り外すのが大変なパーツになっています。 武器取り付け用の凹凸を拡張できるのも良いですね。 貫通力が高く、1点に衝撃を集中することができ、四方に突き出たエッジによって、振り下ろし攻撃もできるようです。 武器取り付け用の凹凸があるのも良いですね。 エヴォブラスト エヴォブラストでは「A-Zアーサーランス」を前に展開します。 このエヴォブラスト用に背中のユニットには調整が行われているようで、目に見える追加パーツ以外にも調整が行われているのは、特別感があって良いですね。 個人的にはやはり2段階の展開ギミックが欲しかったかも。 自動は難しいにしても、手動でランスを伸ばせるようにするとかあってもよかったかもしれませんね。 コロコロでは「オメガレックス」に攻撃している衝撃の写真が載っていましたね。 「ライジングライガー」の「A-Zタテガミブレード」と「ヘビーテイル」が剰余パーツになります。 武器取り付け用の凹凸が多いので、工夫して全部の武器を取り付けたいですね。 また、「ライガー・ジ・アーサー」は「ライジングライガー」のパーツが丸ごと付属するので、シルバーの「ライジングライガー」にすることも可能です。 「ライジングライガー」にできるのはコロコロでは言及されていなかったセールスポイントですね。 「ライジングライガー」のゴールドの塗装はライオンだからこその派手なカラーリングでしたが、「ライガー・ジ・アーサー」はホワイトライオンのようなプレミア感がたまりません! もちろん、2体のアーマーを交換することができて、色を変えるとなんだか東と西の新幹線点検車両みたいな色に。 こちらはアーサー用の追加パーツです。 骨格形態 骨格形態は見慣れたものになっていますが、ライガー系では珍しい青いキャップが目を引きます。 さらにキャップは艶消しになっていて、めちゃくちゃ格好良い!このキャップだけでも売って欲しいです。 アーマーを並べるとこんな感じ。 「ライジングライガー」でもアーマーが多く感じましたが、アーサーはさらにボリュームが増えています。 個人的にはライガー系なのに赤い目が採用されているのもお気に入りポイント。 ゾイドワイルドファーストシリーズでは敵側だった「デスメタル帝国」系のオーラがあるのが、ちょいワルな感じで良いですね。 いつものように剰余キャップとシール、ライダーを並べたところ。 「ライガー・ジ。 アーサー」について、Youtubeのコロコロチャンネルでは、「ライガーの頂点」と表現されていて、当初は"言い過ぎかな"と思っていましたが、実物を手に取ると印象が変わりました。 頂点と言えるかはわかりませんが、現行のライガー系ではトップレベルにボリュームがあって、シルバーにアーマーと合わせてお気に入りのゾイドの1体です! 応募は終了していますが、今後手に入れる機会があるのか気になるところですね。

次の