なん ちゃ ら ペイ。 現金を使うのをやめたくて

「なんとかペイ」が多すぎ・乱立しすぎて意味不明。団塊な両親におすすめしたQR決済とは。

なん ちゃ ら ペイ

え?!そうなの?! 試しに私のアカウントで 顔が映っていない写真を申請してみたのですが・・・。 上記のようなメールが届きました。 このことから、顔がはっきりと分かるような写真しか登録できなくなってしまったことが分かります。 シュガーダディでは女性は顔出しが必須になりつつあります• 犬や猫のスタンプなしの写真• 加工がほとんどされていない• 本人のみが鮮明に写っている シュガダでは上記のような、 きちんとあなたの顔が鮮明に分かるような写真ではないと登録は不可です。 もちろん、写真なしのままでもたまにメッセージはパラパラと届きます。 交渉が全くできなくなるというわけではありません。 ですが、シュガダに登録している他のパパ活女子達は、顔が映っている写真を登録していることが多いです。 あなたのプロフィールに顔写真なしの場合、 パパから選ばれにくくなるためパパ活をするのにあきらかに不利となります。 パパも写真登録している女の子に優先的にメッセージを送るよね。 どんな子か分からないと会うまでに不安だからね。 その中に良パパ・太パパ候補がいるわけですので稼ぐためにはかなり有利になると言えます。 他の写真を登録していないpjよりはあきらかに勝てるようになりますからね。 シュガーダディではバックレ・ドタキャン・暴言など失礼な言動のある男性には通報ボタンを押して通報することができます。 あなたがプロフィール写真を登録することによって、男性の通報件数が表示されるようになるのです。 通報件数が10件、20件も入っているような人はあきらかに地雷ですので、会う前から避けることができるのでとても安心してパパ活ができるようになるというワケです。 パパ活サイトじゃないけれど、パパ活ができるんなら別にどこでもいいし、ここでも問題ないよね。 笑 そうなんです、 目的はあくまでもパパを探すことであって、パパ活サイトを使うことではありませんからね。 笑 パパさえ見つかればこっちのもんなんですよ。 上記で検索したプロフィールのサイトはこちらの、ワクワクメールという出会い系サイトです。 出会い系なので、婚活や恋活アカウントの人も多く、そして パパ活にも利用OKとなっているなんでも屋さんみたいなサイト。 笑 40代以上の男性登録者の割合が多いのでパパを見つけるのに適しているのが嬉しいポイント。 pjでも登録している子は結構いて、パパ活サイトと併用している子が多いイメージですね。 今のところ定期ご飯パパ1名、都度1のみ。 出会いはワクメ。 まじで娘感覚で面倒見てくれるのでやさしい。 2とちょっとしたプレゼント貰った! 気に入ってもらえたし、また服とか買いに行こって言ってくれた🥺💕 — aiueo maari10395 めちゃくちゃお金持ちのおじさん!がいるわけではないけれど、優しいふつうのサラリーマンみたいな人が多いイメージ。 笑 あんまりガツガツしている人もいないので、パパ活がやりやすいですね!.

次の

“なんちゃらペイ戦国時代”で成毛眞が「最強はSuica」と断言する理由

なん ちゃ ら ペイ

マイルが貯まるペイ(QRコード決済) なんちゃらペイ(QRコード決済)でマイルを貯めるには、最初にそのペイ(QRコード決済)を利用した時にポイントが貯まるかどうかを確認しましょう。 なんちゃらペイ(QRコード決済)では利用者に還元する方法として、ポイントで還元する場合と、キャッシュバックで還元する場合があります。 マイルが貯まるペイ(QRコード決済)は マイルに交換できるポイントが貯まるペイです。 2019年7月までは最強だったLINE Pay LINE Payは2019年7月まではコード払いでLINEポイントが貯まりました。 前月の決済履歴によりポイント還元率は異なりましたが、3. しかし2019年8月からLINE Payコード払いで還元されるのがポイントではなく LINE Payボーナスに変更されました。 LINE Payボーナスは直接LINE Pay残高に組み込まれるため、キャッシュバック方式への変更となります。 LINE Payコード払いではマイルは貯まらなくなったのです。 楽天ペイでANAマイルが貯まる 楽天市場でおなじみの楽天株式会社が運営する楽天ペイ。 いわゆる楽天経済圏に入るQRコード決済です。 楽天ペイで支払うと、200円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります(還元率0. 支払いは楽天アカウントに登録したクレジットカードから引き落とされる仕組みですが、楽天カードを登録しておけば楽天カードでも100円ごとに1ポイントが貯まり、合計すると200円ごとに3ポイント貯まります。 楽天スーパーポイントはANAマイルに交換できます。 交換レートは楽天スーパーポイント 2ポイント=ANA 1マイル。 ですから楽天ペイでは200円ごとに1. 5 ANAマイルが貯まります。 d払いでJALマイルが貯まる NTTドコモが提供するQRコード決済がd払い。 d払いで支払うと、ドコモのポイントであるdポイントが貯まります。 楽天ペイと同じく、200円ごとにdポイントが1ポイント貯まるので還元率は0. dポイントはJALマイルに交換できます。 交換レートはdポイント 2ポイント=JAL 1マイル。 d払いを利用した買い物の支払いは登録したクレジットカードから引き落とされますが、JALカードを登録しておけばJALマイルが100円ごとに1マイル貯まります(ショッピングマイル・プレミアム加入時)。 dポイントをJALマイルに交換した分と合わせると、d払い200円ごとに1. 5 JALマイルが貯まります。 コード決済ではキャンペーンによるマイルの上乗せは期待できない なんちゃらペイ(QRコード決済)ではユーザー獲得のためにさまざまなキャンペーンを実施しています。 楽天ペイやd払いでもポイントが増量、上乗せされるキャンペーンの開催がありますが、キャンペーンによる獲得マイルの上乗せは期待できません。 マイルが増えない理由は、キャンペーンにより増えるポイントは用途限定、期間限定などの利用できる範囲が限られたポイントとなっており、マイルへの交換ができないからです。 キャンペーンで増えた分のポイントはそのままポイントでの支払いに充てるしかありません。 なんちゃらペイを利用すべきシーンは? なんちゃらペイ(QRコード決済)で獲得できるマイルは200円ごとに1. 5マイルです。 ANAカードやJALカードなどのクレジットカード払いなら100円ごとに1マイル、200円なら2マイル獲得できるので、なんちゃらペイ(QRコード決済)をわざわざ利用する理由はありません。 ではどのようなシーンでなんちゃらペイ(QRコード決済)を利用すべきなのでしょうか? まずはキャンペーン開催中のとき。 いつまでも続くとは思えませんが、QRコード決済の放つキャンペーンはペイペイの100億円還元キャンペーン以来強烈なものになっています。 キャンペーンでキャッシュバックが大きくなっているときは、獲得マイルが少なくなってもQRコード決済を利用すべきでしょう。 次に現金以外ではなんちゃらペイ(QRコード決済)しか利用できない場合です。 現金払いしか受け付けなかったお店も、初期費用の低さに惹かれ、またQRコード決済のキャンペーンによる客寄せを期待して、次々とコード決済を導入しています。 それらのお店ではクレジットカードが利用できないわけですから、現金払いよりお得ななんちゃらペイ(QRコード決済)を利用してマイルを獲得すればいいのです。

次の

“なんちゃらペイ戦国時代”で成毛眞が「最強はSuica」と断言する理由

なん ちゃ ら ペイ

皆さんお久しぶりです。 大王路エマです。 いま私とジンペイさんは、謎の着ぐるみさんに、ついて来てと言われたのでついていってるのですが、いつになってもその場所につきません。 謎の着ぐるみさんもなんだか困っているようにも見えます。 どうしてでしょう? ジンペイ「おい、どうしてさっきからつかねぇーんだ?」 謎の着ぐるみ「えっと、ま、まってね、、 、ふぶきさん、まだですか?(ボソボソ)」 エマ「どうかしたのでしょうか?」 ジンペイ「さぁ、でもなんか怪しいよな、いい情報をくれるって言ってたくせに、自分がどこに行くか迷ってるなんて」 確かになんで迷うのでしょうか? 謎の着ぐるみ「できたの!やった!、、、 こほん、じゃあ二人ともついてきてよ!」 着ぐるみさんは、何故か喜び私たちについてきてと言った。 ジンペイ「やっとかよ、よし!行こうぜエマ」 エマ「は、はい!」 一体何があるでしょうか、、、? でもまだジンペイさんと一緒にいられるから 少し嬉しいです。 エマとジンペイが謎の着ぐるみについて行っているのを見て笑っている一人の少女がいた。 フブキ「ふふふ、、、第一作戦成功ね!」 [newpage] 私とジンペイさんは、着ぐるみさんについて行っています。 でもなんだか路地裏に向かっているような気がします。 ジンペイ「なぁ、なんで路地裏なんて行くんだ?」 謎の着ぐるみ「えっと、、、まぁついてきてよ、、」 ジンペイ「まぁって、、なんなんだ?、、、ん?エマ大丈夫か?」 エマ「は、はい、、大丈夫です」 うぅ、私暗いとこ、苦手なんです。 だって幽霊が出てきてしまうかも、小さい頃からずっとそんなことを考えて、お父様に、助けてもらったりしていました。 でもジンペイさんにそんな姿見せたくありません。 謎の着ぐるみ「あっ!あった!、、二人ともあれだよ!」 ジンペイ「なんで、お前が喜んでだ?、、あー!なんだこれ!」 エマ「なんですかね?、、、、お、お化け屋敷!」 ジンペイ「いい情報ってよりいい場所じゃね?」 エマ「そうですね、、、、うぅ、とても怖いです、、」ボソボソ 私が怖がっていると奥から誰かがやってきました。 魔法少女「ふふふ、、ようこそ私が作っ、、こほん、私のお化け屋敷へ、ここは 男女二人でしか入れません。 」 魔女のような格好をした、どこかフブキさんに似ている子が出てきた。 ジンペイ「なんで、男女じゃないと入れないんだ?」 ジンペイさんは不思議に思ったことをすぐに言った。 魔法少女「な、、、そ、それよりなんとこのお化け屋敷は、ゴールするとすごい賞品があるんです。 」 ジンペイ「なぁ、俺の質問は?」 エマ「すごい賞品?なんですか?」 ジンペイ「なぁ、二人して無視は酷いぞ」 魔法少女「ふっふっふ〜それゴールしてからのお楽しみですよ!」 ジンペイ「、、、、、、、、、」 すごい賞品ってなんでしょう、でもお化け屋敷ってやっぱり怖いです。 ジンペイ「まぁいいや、エマ、行ってみようぜ!」 エマ「え、、行くんですか?」ブルブル ジンペイ「エマはこう言うのだめなのか?大丈夫、俺がいるからな!」 えっ、それって私を守ってくれるってことですよね?なんだか嬉しいな ジンペイ「お化けなんて俺はいつも見てるからな、そんなの俺にかかれば一発出ぜ!」 エマ「はい!ジンペイさんなら一発です!」 ジンペイさんなら、私のことを守ってくれますよね、それならお化け屋敷なんて怖くありません! 魔法少女「さ、お二人とも入った入ったゴーゴー!」 私とジンペイさんは、女の子に押されお化け屋敷に入っていった。 きっと怖い時は、ジンペイさんが助けてくれるはず! 魔法少女「ふふふ、第二作戦も成功ね!」 [newpage] 謎の着ぐるみ「なんやかんやあったけど、成功したねフブキさん」 魔法少女「そうだね、マタロウ君あの二人の距離を、ギュッと近づけるための作戦 二人をカップルにしちゃおう作戦が うまくいってくれて良かったよ」 マタロウ「うん!」(そのまんまだなぁ) 僕たち四人はフブキさんの考えた作戦を 実行しようとしていた。 まぁ色々トラブルがあったんだけどね、 マタロウ「あれ?メラ先輩、小間くんはどこ行ったの?フブキさん」 フブキ「二人には、お化け役をやってもらおうと思ってね、それでお化け屋敷の中にいてもらってるの」 マタロウ「へぇ、そうなんだ、小間君は大丈夫だろうけどメラ先輩はなぁ」 フブキ「大丈夫よ、小間君もいるんだし、」 マタロウ「そうだよね、、、うん!フブキさんがそうゆうなら!」 マタロウは、やっぱりフブキに甘かった。 これが彼の初恋の力なのだろう。 [newpage] ふぶきの計画に気づいていない二人は、 お化け屋敷へと入っていった。 ジンペイ「結構、暗いな」 エマ「そ、そうですね、、、やっぱり怖いです、、、、」 ジンペイ「そうか?まぁエマはこういうの苦手だしな、大丈夫、俺に任せろ!」 そう言った、ジンペイさんは私の手を掴んでくれた。 ジンペイ「これから、怖くねぇだろ?」 エマ「はい、、、、」 ジンペイさんの手はとても暖かく大きかった。 自分より1つしか違うのに、、、 私は、ジンペイさんとそのまま手を繋いで先に進んだ。 私とジンペイさんは、奥まで行くと何かが、書いてある、紙があった。 ジンペイ「ん、紙?なんか書いてあるぜ? なになに、、男女が協力しないと絶対に出られない、、、」 エマ「え!?お化け屋敷出れないんですか? なんで!?」 お化け屋敷ってこう、驚かして終了みたいなのじゃなかったでしたっけ? なんだか脱出ゲームみたいになってませんか!? ジンペイさんは落ち着いていろいろ ジンペイ「なんか扉に書いてあるぜ?えーと、、、、お互いにやって欲しいことを言って実行しないと扉は開きません!、、、、、、やらないと一生開きません。 」 エマ「!?」 なんでそうなるんですか!私がジンペイさんにやって欲しいこと、、、、それは付き合って欲しいことぐらいですよ、、、そんなの今の場所じゃ言えませんよ! うぅどうすればいいんですか! 続く [newpage] 読んでくださってありがとうございます。 二話目です。 このシリーズは、四話で終わりにしようと思っています。 何かここ変じゃね?と思うところがありましたら、コメントから言ってくださると幸いです。 これからもこの小説をよろしくお願いします。 あともう一つ 外伝とかも作ってみようと思っています。 皆さんお久しぶりです。 大王路エマです。 いま私とジンペイさんは、謎の着ぐるみさんに、ついて来てと言われたのでついていってるのですが、いつになってもその場所につきません。 謎の着ぐるみさんもなんだか困っているようにも見えます。 どうしてでしょう? ジンペイ「おい、どうしてさっきからつかねぇーんだ?」 謎の着ぐるみ「えっと、ま、まってね、、 、ふぶきさん、まだですか?(ボソボソ)」 エマ「どうかしたのでしょうか?」 ジンペイ「さぁ、でもなんか怪しいよな、いい情報をくれるって言ってたくせに、自分がどこに行くか迷ってるなんて」 確かになんで迷うのでしょうか? 謎の着ぐるみ「できたの!やった!、、、 こほん、じゃあ二人ともついてきてよ!」 着ぐるみさんは、何故か喜び私たちについてきてと言った。 ジンペイ「やっとかよ、よし!行こうぜエマ」 エマ「は、はい!」 一体何があるでしょうか、、、? でもまだジンペイさんと一緒にいられるから 少し嬉しいです。 エマとジンペイが謎の着ぐるみについて行っているのを見て笑っている一人の少女がいた。 フブキ「ふふふ、、、第一作戦成功ね!」[newpage] 私とジンペイさんは、着ぐるみさんについて行っています。 でもなんだか路地裏に向かっているような気がします。 ジンペイ「なぁ、なんで路地裏なんて行くんだ?」 謎の着ぐるみ「えっと、、、まぁついてきてよ、、」 ジンペイ「まぁって、、なんなんだ?、、、ん?エマ大丈夫か?」 エマ「は、はい、、大丈夫です」 うぅ、私暗いとこ、苦手なんです。 だって幽霊が出てきてしまうかも、小さい頃からずっとそんなことを考えて、お父様に、助けてもらったりしていました。 でもジンペイさんにそんな姿見せたくありません。 謎の着ぐるみ「あっ!あった!、、二人ともあれだよ!」 ジンペイ「なんで、お前が喜んでだ?、、あー!なんだこれ!」 エマ「なんですかね?、、、、お、お化け屋敷!」 ジンペイ「いい情報ってよりいい場所じゃね?」 エマ「そうですね、、、、うぅ、とても怖いです、、」ボソボソ 私が怖がっていると奥から誰かがやってきました。 魔法少女「ふふふ、、ようこそ私が作っ、、こほん、私のお化け屋敷へ、ここは 男女二人でしか入れません。 」 魔女のような格好をした、どこかフブキさんに似ている子が出てきた。 ジンペイ「なんで、男女じゃないと入れないんだ?」 ジンペイさんは不思議に思ったことをすぐに言った。 魔法少女「な、、、そ、それよりなんとこのお化け屋敷は、ゴールするとすごい賞品があるんです。 」 ジンペイ「なぁ、俺の質問は?」 エマ「すごい賞品?なんですか?」 ジンペイ「なぁ、二人して無視は酷いぞ」 魔法少女「ふっふっふ〜それゴールしてからのお楽しみですよ!」 ジンペイ「、、、、、、、、、」 すごい賞品ってなんでしょう、でもお化け屋敷ってやっぱり怖いです。 ジンペイ「まぁいいや、エマ、行ってみようぜ!」 エマ「え、、行くんですか?」ブルブル ジンペイ「エマはこう言うのだめなのか?大丈夫、俺がいるからな!」 えっ、それって私を守ってくれるってことですよね?なんだか嬉しいな ジンペイ「お化けなんて俺はいつも見てるからな、そんなの俺にかかれば一発出ぜ!」 エマ「はい!ジンペイさんなら一発です!」 ジンペイさんなら、私のことを守ってくれますよね、それならお化け屋敷なんて怖くありません! 魔法少女「さ、お二人とも入った入ったゴーゴー!」 私とジンペイさんは、女の子に押されお化け屋敷に入っていった。 きっと怖い時は、ジンペイさんが助けてくれるはず! 魔法少女「ふふふ、第二作戦も成功ね!」 [newpage] 謎の着ぐるみ「なんやかんやあったけど、成功したねフブキさん」 魔法少女「そうだね、マタロウ君あの二人の距離を、ギュッと近づけるための作戦 二人をカップルにしちゃおう作戦が うまくいってくれて良かったよ」 マタロウ「うん!」(そのまんまだなぁ) 僕たち四人はフブキさんの考えた作戦を 実行しようとしていた。 まぁ色々トラブルがあったんだけどね、 マタロウ「あれ?メラ先輩、小間くんはどこ行ったの?フブキさん」 フブキ「二人には、お化け役をやってもらおうと思ってね、それでお化け屋敷の中にいてもらってるの」 マタロウ「へぇ、そうなんだ、小間君は大丈夫だろうけどメラ先輩はなぁ」 フブキ「大丈夫よ、小間君もいるんだし、」 マタロウ「そうだよね、、、うん!フブキさんがそうゆうなら!」 マタロウは、やっぱりフブキに甘かった。 これが彼の初恋の力なのだろう。 [newpage] ふぶきの計画に気づいていない二人は、 お化け屋敷へと入っていった。 ジンペイ「結構、暗いな」 エマ「そ、そうですね、、、やっぱり怖いです、、、、」 ジンペイ「そうか?まぁエマはこういうの苦手だしな、大丈夫、俺に任せろ!」 そう言った、ジンペイさんは私の手を掴んでくれた。 ジンペイ「これから、怖くねぇだろ?」 エマ「はい、、、、」 ジンペイさんの手はとても暖かく大きかった。 自分より1つしか違うのに、、、 私は、ジンペイさんとそのまま手を繋いで先に進んだ。 私とジンペイさんは、奥まで行くと何かが、書いてある、紙があった。 ジンペイ「ん、紙?なんか書いてあるぜ? なになに、、男女が協力しないと絶対に出られない、、、」 エマ「え!?お化け屋敷出れないんですか? なんで!?」 お化け屋敷ってこう、驚かして終了みたいなのじゃなかったでしたっけ? なんだか脱出ゲームみたいになってませんか!? ジンペイさんは落ち着いていろいろ ジンペイ「なんか扉に書いてあるぜ?えーと、、、、お互いにやって欲しいことを言って実行しないと扉は開きません!、、、、、、やらないと一生開きません。 」 エマ「!?」 なんでそうなるんですか!私がジンペイさんにやって欲しいこと、、、、それは付き合って欲しいことぐらいですよ、、、そんなの今の場所じゃ言えませんよ! うぅどうすればいいんですか! 続く [newpage] 読んでくださってありがとうございます。 二話目です。 このシリーズは、四話で終わりにしようと思っています。 何かここ変じゃね?と思うところがありましたら、コメントから言ってくださると幸いです。 これからもこの小説をよろしくお願いします。 あともう一つ 外伝とかも作ってみようと思っています。

次の