コロナ アメリカ 死者。 「新型コロナで死亡する日本人は57万人」米著名シンクタンクが掲載する報告書の中身(飯塚真紀子)

死者10万人 アメリカでのコロナ禍を他国と比較(BBC News)

コロナ アメリカ 死者

アメリカでは、日本時間の26日午前7時の時点で、新型コロナウイルスの感染で亡くなった人が10万人を超えました。 世界全体の死者数のおよそ3割がアメリカに集中しています。 一時は2000人前後だった1日当たりの死者数は、ここ数日は500人前後に減っていますが、ジョンズ・ホプキンス・メディカル・センターのパナギス・ガリアツァトス医師は、NHKの取材に対し「感染は今も収まっていない。 再び増加しても不思議ではない」と述べ、マスクをするなど予防対策をとり続けなければ、死者の増加ペースが再び上昇するおそれがあると指摘しました。 また、アメリカの民間の調査団体によりますと、今月26日の時点で、全米の40州と首都ワシントンの人口10万人当たりの死者数は、白人が22人、アジア系が24人、ヒスパニック系が24人であるのに対し、黒人が54人と、ほかの人種と比べて黒人の死亡率が2倍以上になっています。 この原因についてガリアツァトス医師は、在宅勤務ができない人が多く、感染するリスクが高い人が多いためだとしたうえで「黒人は高血圧や糖尿病などの病気の人も多く、感染した場合に重症化しやすい」と分析しました。 アメリカでは長年、人種の違いによる格差が大きな課題となってきましたが、新型コロナウイルスへの感染をめぐって、改めて人種間の格差が浮き彫りになっています。 アメリカで新型コロナウイルスに感染して死亡した人の内訳を見ますと、黒人の割合が際立って高く、人種間の格差が浮き彫りになっています。 アメリカの民間の調査団体によりますと、今月26日の時点で、全米の40州と首都ワシントンでは、人口10万人当たりの死者は、白人が22人、アジア系が24人、ヒスパニック系が24人であるのに対し、黒人が54人と、ほかの人種と比べて黒人の死亡率が2倍以上になっています。 また、感染がもっとも深刻なニューヨーク市が発表した調査によりますと、人口10万人当たりの死者数は、アジア系が100人、白人が106人なのに対し、黒人は214人、ヒスパニック系は225人と黒人やヒスパニック系の死亡率が白人の2倍に上っています。 また、医療保険に加入していない人の割合も高いと言われ、治療を受けづらいことや、糖尿病や心疾患などの病気の人も比較的多く、重症化しやすいという指摘もあります。 さらに、白人と比べて平均所得が低いことも関係しているとみられています。 黒人のあいだでは、すでに感染した人の割合が高いこともわかりつつあります。 ニューヨーク市で新型コロナウイルスの抗体検査を行ったところ、抗体が検出されたのは、市全体では19. 9%だったのに対し、平均所得の低い人が多く住む地域では27%にのぼりました。 とりわけ住民の9割以上が黒人とヒスパニック系である市北部、ブロンクスのモリサニアでは、43%の人から、市の南部、ブルックリンのブラウンズビルでは41%の人から抗体が検出され、過去に感染していたことがわかったということです。 検査の結果について、ニューヨーク州のクオモ知事は、今月20日の記者会見で「低所得者向けの公営住宅に住む人は、人との距離を取るのが難しい」と述べ、人との距離がとれない狭い場所で生活していることが、感染が広がっている原因だという見方を示しました。 人種の違いによる格差は、アメリカ社会で長年、大きな課題となってきましたが、新型コロナウイルスへの感染をめぐって、人種間の格差が改めて浮き彫りになっています。 人口10万人当たりの死者数では、アメリカは世界で9番目に多く、最も多いのはベルギーとなっています。 ジョンズ・ホプキンス大学によりますと、26日時点の人口10万人当たりのアメリカの死者数は30. 23人で、世界で9番目に多くなっています。 51人などとなっています。 また、日本の10万人当たりの死者数は、アメリカの45分の1にあたる0. 67人、中国の死者数は0. 33人です。 アメリカでここまで死者が増えた要因については、さまざまな指摘がありますが、感染症の専門家は初期の段階で、検査キットに問題が生じるなどして感染の広がりが十分に把握されず、隔離措置などの対策が徹底されなかったことも影響していると分析しています。 さらにアメリカ国内では、トランプ大統領が感染拡大を過小評価してきたことが、感染拡大を招く要因となったという批判も出ています。 ニューヨーク・タイムズなどは、コロンビア大学の公衆衛生の研究者チームによる初期段階の分析結果として、3月中旬に各地で始まった外出などの制限が、もし1週間早く始まっていれば、およそ3万6000人の死亡が防げた可能性があると伝えています。

次の

アメリカで死者10万人超える 世界全体の3割 新型コロナ

コロナ アメリカ 死者

Image copyright Reuters Image caption 4月17日の記者会見で10万人あたりの死者数を比較したグラフを指差すトランプ氏 アメリカの死者数は4月初めに世界最多になり、その後も劇的に増え続けた。 トランプ大統領は当初、アメリカでの死者は「5万人から6万人」になるだろうと話していたが、と述べていた。 しかし、その「10万人」という数字をアメリカは突破してしまった。 今なお毎日平均して約1000人が亡くなっている。 死者に注目するよりも、トランプ氏は死亡率をよく引き合いに出す。 とは、その国の人口を分母にした死者数の割合だ。 トランプ氏はこれを取り上げ、アメリカの対応は一部の国よりも効果的だという証拠だと主張する。 下の表は、特に死者が多い国の総死者数と10万人あたりの死者数を比較している。 これで見ると、人口あたりの死者の割合がアメリカより大きい国がいくつかあるのが分かる。 米ジョンズ・ホプキンス大学によるとでは、アメリカは世界9位。 ベルギー、スペイン、イギリス、イタリア、フランス、スウェーデン、オランダ、アイルランドが、アメリカより多い。 これに対して、人口約3億3000万人のアメリカでは、10万人あたり30人近くが亡くなっている。 しかし、アメリカで最も被害甚大だったニューヨーク州を見ると、10万人あたり150人近くが死亡している。 アメリカ国内ではかなりの地域差がある。 <関連記事>• 新型コロナウイルスによる死者の数え方は国によって異なる。 これが、感染状況の国別比較を難しくしている理由のひとつだ。 たとえばベルギーでは、新型コロナウイルス感染を検査で確認していないものの関連が疑われる死者は、統計に加えている。 アメリカではベルギーと同じように、未確認の疑わしいケースも含める州もあれば、そうしない州もある。 加えて国によっては、政府の公式データの信用性も問題になる。 特に中国政府に批判的な人たちは、中国がアウトブレイク(大流行)の発生以来、感染規模を一貫して少なく公表してきたと批判する。 アウトブレイクのどの段階にあるのかは国によって異なる。 それも、比較を難しくしている。 欧州では多くの国が明らかに、日別の新規感染者数が大幅に減少中で、感染のピークを過ぎた段階にある。 しかし、アメリカもそうだとは現時点では言えない。 ニューヨークはピークを過ぎた しかしアメリカは? 欧州の中には、アメリカとほぼ同時期にアウトブレイクが発生した国もある。 いずれも死者が急増し、ピークに達し、減少し始めた。 しかし、アメリカではそうなっていない。 アメリカでは日別の死者数が大幅に減るというより、一定数で平らになってしまっている。 アメリカという国の大きさがこれには関係している。 ひとつの大規模なアウトブレイクではなく、アメリカでは複数の時期に複数の場所で、複数の速度で、アウトブレイクが進行したからだ。 でアウトブレイクが始まり、急激に拡大し、4月上旬にピークに達した。 しかし、ニューヨーク以外のアメリカ国内では、1日の死者数が急減しているとは言いがたい。 Image copyright Getty Images Image caption 5月上旬には複数の州で、ロックダウンに抗議するデモが相次いだ。 写真は4月、マサチューセッツ州ボストン 死者数は、増加のペースは落ちているものの、増え続けている。 ホワイトハウスが引用したでは、8月までに死者数は15万人近くになるかもしれないと想定している。 ただし、実際の数字は同大学の予測をかなり上回りがちだという。 未来予想は容易ではない。 ひとつに、米経済を徐々に再開すれば感染拡大にどう影響するか、誰もはっきりとは分からないからだ。 かつては米人口の9割以上がロックダウンの命令を受けていた。 しかし今では大半の州が、自宅待機の行動制限を緩和しつつある。 ホワイトハウスは、を各州に示している。 要件には、新規感染者が2週間継続して減り続けることという内容もある。 しかし、は、その要件を満たしている州は一握りだけだと指摘している。 ファウチ博士は、ウイルスが十分に封じ込められていないうちから各州が経済活動を再開すれば、「小規模な急増がやがてアウトブレイクになる」と警告する。 ファウチ氏のこの警告は、トランプ大統領の主張の逆を行くものだった。 トランプ氏は再選を目指す秋の大統領選本選に向けた活動が本格化する前に、米経済を再開させようとしている。 最新の米雇用統計によると、新型ウイルスのアウトブレイクが始まって以来、アメリカの労働者の約25%が失職したという。 規制を解除することで人命が失われるのではないかと今月初めに質問されたトランプ氏は、「ひどい影響を受ける人がいるか? それはいる。 それでも国を再開しなくてはならない。 しかもすぐに」と答えていた。 とはいえ、各州が引き続き規制緩和を続けたとしても、住民がただちに小売店や飲食店に戻りたがるかは不透明だ。 米調査機関ピュー研究所によるでは、州が再開を急ぎすぎるのではないかと心配しているアメリカ人は、7割に上っていた。

次の

アメリカの死者、10万人を超す 新型コロナウイルス

コロナ アメリカ 死者

新型コロナウイルス流行によるアメリカの死者が、4カ月足らずで10万人を超えた。 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で、新たに1桁増えた。 アメリカの死者は世界最多。 同国で確認された新型ウイルス感染者は169万人に上っており、世界全体の約3割を占めている。 最初の感染者がワシントン州で見つかったのは1月21日だった。 世界全体では、新型ウイルスの感染者は約560万人、死者は35万3414人が確認されている。 新型ウイルスは昨年末、中国・武漢市で見つかった。 <関連記事> ・アメリカのロックダウン、1週間早ければ「3・6万人の命救えた」=研究 ・アメリカ、全50州で経済活動を部分再開 ・トランプ氏、世界最多の感染者数は「名誉の印」 検査を称賛 ジョンズ・ホプキンス大学の集計(日本時間28日午前現在)では、アメリカの死者は10万396人となっている。 同国の人口は約3億3000万人。 ただし、同大学によると人口10万人当たりの死者数では、アメリカは世界9位となっている。 ベルギー、スペイン、イギリス、イタリア、フランス、スウェーデン、オランダ、アイルランドが、アメリカより多い。 BBCのジョン・ソープル北米編集長はこの人数について、アメリカが朝鮮、ヴェトナム、イラク、アフガニスタンで44年間にわたり戦ったそれぞれの戦争で戦死した、米軍人の総数とほぼ同じだと指摘する。 ロイター通信の調査では、ニューヨークなど感染拡大が深刻な州において新型ウイルスの死亡率は落ちている一方、20州では24日までの1週間の新規感染者数が増えている。 ノースカロライナ、ウィスコンシン、アーカンソー各州で、感染者が増え続けているほか、シカゴ、ロサンゼルス、首都ワシントン郊外などの大都市圏でも目立った減少が見られていない。 ニューヨーク州は特に流行が深刻で、これまでに2万1000人以上が死亡しているが、死者数ははっきりと減り続けている。 同州内のホットスポットだったニューヨーク市ではピーク時、1日当たりの死者が数百人に上った。 病院は患者であふれ、医療施設の外には仮設の死体安置所が急造された。 アメリカの失業者は約3900万人に達している。 トランプ氏は、自らの政権の対策が無ければ、死者ははるかに多かっただろうと主張。 26日には、死者は現在の25倍に上っていた可能性があると述べた。 一方、トランプ氏に批判的な人は、対応が遅いと非難している。 トランプ氏は今回の感染流行を、当初は季節性のインフルエンザになぞらえるなど、あまり重視していなかった。 2月時点では、アメリカは新型ウイルスを「制圧した」と述べ、4月までには「奇跡のようにいなくなる」だろうとしていた。 死者については5万〜6万人と予測。 その後、6万〜7万人とし、さらに「10万人よりはかなり少ない」と変えた。 今月20日には、アメリカで確認された感染者数が世界最多なのは「名誉の印」だと発言。 「我々の検査がはるかに優れていることを示しているからだ」と述べた。 ニューヨーク市にあるコロンビア大学の研究は、米政府の対策が早期に取られていれば、死者は約3万6000人少なかった可能性があるとしている。 新型ウイルスの感染症COVID-19のワクチンは、現時点で存在しない。 効果が実証された治療法もないが、いくつかの治療法について試験が進められている。 死者数が増える中、アメリカ各州では社会経済活動の再開に向けた動きが続いている。 世界最大のテーマパーク、フロリダ州のディズニー・ワールドは、知事の許可が出れば7月11日に営業を再開する予定だ。 同州オーランドにあるディズニー・スプリングスはすでに、客数を制限しながら店やレストランの営業を始めている。 同時に、マスク着用を義務付けるなどのCOVID-19対策を講じている。 ラスベガスでMGMリゾーツが経営するカジノ4施設は、7月4日の営業再開を予定している。 同社は従業員に対しCOVID-19の定期検査を実施するとしている。 今月AP-NORCが実施した世論調査では、米国民の49%がコロナウイルスのワクチン接種を希望すると回答した。 新型コロナウイルス特集 感染対策 ・基本情報:1分で解説 新型コロナウイルスについて知っておくべきこと ・予防方法: 正しい手の洗い方 ・なぜ外出を控えるのか: 家にいることで人の命を助けられる ・社会的距離とは: 2メートルってどれくらい? 感染対策に必要な距離 ・感染したか判断するには: 「具合が悪いんだけど、もしかして新型ウイルス?」 感染を判断する方法とは ・心の健康:【解説】 新型コロナウイルス、心の健康はどう守る? 在宅勤務・隔離生活 ・在宅勤務:【解説】 より良い在宅勤務へ 便利なコツやツールは? ・自主隔離:新型コロナウイルス、自主隔離でやるべきこと ・必要なものの調達: 安全なデリバリーやテイクアウト、買い物の方法は.

次の