雇用 調整 助成 金 オンライン。 【システム復旧はいつ?】雇用調整助成金オンライン申請の解説

雇用調整助成金のオンライン受付をスタート&申請手続きのさらなる簡素化のポイント(ネットショップ担当者フォーラム)

雇用 調整 助成 金 オンライン

・小売業(飲食店を含む): 資本金5,000 万円以下 または従業員 50 人以下 ・サービス業: 資本金5,000 万円以下 または従業員 100 人以下 ・卸売業: 資本金1億円以下 または従業員 100 人以下 ・その他の業種: 資本金3億円以下 または従業員 300 人以下 本助成金の支給限度日数は原則として1年間で100日分、3年で150日分ですが、緊急対応期間中 令和2年4月1日~令和2年9月30日)に実施した休業などは、 この支給限度日数とは別に支給を受けることができます。 令和2年6月12日付けの特例措置により、助成金の 「上限額の引き上げ」と「助成率の拡充」を令和2年4月1日 にさかのぼって適用します。 既に支給決定を行っている事業主などに対して、追加の助成額をお支払いします。 ・差額(追加支給分)も含めて支給します。 ・すでに支給した額との差額(追加支給分)は後日支給します。 差額(追加支給分)は令和2年7月以降に順次お支払します。 ・令和2年9月30日までに次の書類をご提出ください。 15掲載 ・特例措置に関するリーフレット R2. 10掲載 R2. 17掲載 R2. 5掲載 R02. 5掲載 R2. 20掲載 R2. 20掲載 R2. 12掲載(R2. 13 一部修正) R2. 12掲載 (追加支給の詳細については、このリーフレットの裏面をご覧ください。 ) R02. 5掲載 R2.

次の

雇用調整助成金のオンライン受付をスタート&申請手続きのさらなる簡素化のポイント(ネットショップ担当者フォーラム)

雇用 調整 助成 金 オンライン

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、雇用調整助成金の申請をされている会社が多くあると思います。 休業している間の時間を有効的に活用するには、教育訓練が効果的です。 また教育訓練を実施することにより 助成金額が上乗せがされます。 新型コロナウイルス感染症の特例により、要件緩和されており利用がしやすくなっています。 普段できなかった研修を今この時間を使って取り組むことを検討してみてはいかがでしょうか。 雇用調整助成金の「教育訓練」上乗せ金額は? 教育訓練を行うことは従業員のスキルアップがされ、新型コロナウイルスの影響が回復した後の事業展開に役立ちます。 さらに助成金額も中小企業だと1日あたり2,400円 1名)が上乗せます。 通常の雇用調整助成金 自宅研修も金額アップ!! 雇用調整助成金の「教育訓練」緩和要件は? 大きな緩和要件は、新型コロナウイルス感染症を防ぐために 自宅での動画研修やオンライン研修なども助成金の対象となっています。 また通常の雇用調整助成金は対象外となっているマナー研修、メンタルヘルス研修なども対象となっており大きく緩和がされています。 よって緩和されていても趣味レベルの研修やモチベーション研修などは対象外となります。 また休日や残業時間での実施は認められず、1日3時間以上行う内容で上記ポイントを参考にカリキュラムを考えましょう。 雇用調整助成金の「教育訓練」を申請するには? 雇用調整助成金の教育訓練を申請するには、まずカリキュラムの作成が必要です。 そのうえで教育訓練協定書を作成し従業員代表の意見を聞き、必要書類を添付して計画届を提出します。 支給申請をする際には、実施が効果的になるよう学習したレポートの提出が求められます。 会社と従業員代表の押印が必要。 かならず事前に労働局へご確認ください。

次の

【オンライン緊急セミナー】雇用調整助成金の申請のポイントをたっぷり3時間でマスターする集中実践講座

雇用 調整 助成 金 オンライン

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、雇用調整助成金の申請をされている会社が多くあると思います。 休業している間の時間を有効的に活用するには、教育訓練が効果的です。 また教育訓練を実施することにより 助成金額が上乗せがされます。 新型コロナウイルス感染症の特例により、要件緩和されており利用がしやすくなっています。 普段できなかった研修を今この時間を使って取り組むことを検討してみてはいかがでしょうか。 雇用調整助成金の「教育訓練」上乗せ金額は? 教育訓練を行うことは従業員のスキルアップがされ、新型コロナウイルスの影響が回復した後の事業展開に役立ちます。 さらに助成金額も中小企業だと1日あたり2,400円 1名)が上乗せます。 通常の雇用調整助成金 自宅研修も金額アップ!! 雇用調整助成金の「教育訓練」緩和要件は? 大きな緩和要件は、新型コロナウイルス感染症を防ぐために 自宅での動画研修やオンライン研修なども助成金の対象となっています。 また通常の雇用調整助成金は対象外となっているマナー研修、メンタルヘルス研修なども対象となっており大きく緩和がされています。 よって緩和されていても趣味レベルの研修やモチベーション研修などは対象外となります。 また休日や残業時間での実施は認められず、1日3時間以上行う内容で上記ポイントを参考にカリキュラムを考えましょう。 雇用調整助成金の「教育訓練」を申請するには? 雇用調整助成金の教育訓練を申請するには、まずカリキュラムの作成が必要です。 そのうえで教育訓練協定書を作成し従業員代表の意見を聞き、必要書類を添付して計画届を提出します。 支給申請をする際には、実施が効果的になるよう学習したレポートの提出が求められます。 会社と従業員代表の押印が必要。 かならず事前に労働局へご確認ください。

次の