とつげきチョッキ 剣盾。 ドサイドンの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策【白い悪魔!嵌め殺しコンボ】

とつげきチョッキ 剣盾

5倍になる ゴリランダーの特徴 ゴリランダーの長所 種族値のバランスが良い ゴリランダーの種族値は、HとA種族値が特に高く、Cが低いです。 物理攻撃を多様するので、Cが低くAが高いのはバランスの良い種族値配分となっています。 HPと攻撃が高水準 H種族値100、A種族値125がとても高く、耐久力を確保しながらも高い攻撃力を叩き出すことができます。 素早さが速め S種族値85と素早さが高く、ウォッシュロトム S86 の1段下に位置する種族値になっている。 性格と努力値で補強すれば、相手の先制を取れる機会が多いです。 ゴリランダーの短所 弱点タイプが多い ゴリランダーはくさタイプオンリーなため、弱点タイプが5種類 ほのお・こおり・ひこう・どく・むし と多いです。 タイプ相性による弱点をつかれやすいので、せっかくの高い耐久力が意味をなさない場面が多くなりがちです。 特防が低い D種族値が70と低いので、特殊攻撃に耐えられません。 アイテムやわざで補わなければ本来の力を発揮できずに戦場から退場してしまいます。 攻撃わざの選択範囲が狭い 覚える攻撃技のタイプが少ない くさ・かくとう・じめんなど ので、覚えさせるわざが限られてしまいます。 選択できる技が限られているため、相手にこちらの持ち技を読まれやすくなります。 ゴリランダーの育成論一覧 突撃チョッキ型.

次の

耐久調整とつげきチョッキストリンダー【第八世代】

とつげきチョッキ 剣盾

買値:非売品• 売値:500円• 効果:持たせると、攻撃技しか出せなくなるが、が1. 5倍になる。 説明文 ・・ こうげきてきに なる チョッキ。 もたせると とくぼうが あがるが へんかわざを だせなくなる。 漢字 攻撃的に なる チョッキ。 持たせると 特防が あがるが 変化技を だせなくなる。 入手方法 で48と交換。 バトルハウスで48BPと交換。 で48BPと交換。 バトルツリーで48BPと交換。 で拾う。 で25BPと交換。 フルアタッカーや攻撃技で能力を上げるときに非常に役に立つ。 攻撃技で4枠埋めているストーリー攻略用のポケモンに最適。 とくぼうが上がるので特殊アタッカーに対してもある程度受けることが可能。 ただし、変化技が使えなくなるため、なるべく攻撃系能力が高いポケモンに持たせたい。 もしくは一撃技でも良いだろう。 特性を持ったに関してはを連発することで両受けも可能になる。 ただしカラマネロのすばやさはそれほど高くないので、素早いアタッカーにタイプの技を食らって一撃というのも珍しくないので過信は禁物。 に持たせればとくぼうだけなら紛れもなく最強クラスの耐久力を得られる。 ただし変化技を出せないのでは捨てることになる。 相手の肩透かしを狙うために、防御が高く特防がやや低めなアタッカーに持たせ、特防に努力値を振ることがある。 こうすると種族値次第ではあるものの、不一致で命中100の技(、、、など)なら2倍弱点でも2発耐えるということも珍しくない。 ただしその分物理防御は手薄になりがちなので、ばれた際は注意。 役割論理では火力増強アイテムが持たせるアイテムの大原則になるが、とつげきチョッキは条件を満たした極一部のポケモンにおいて例外として認められる。 末期には「役割論理でとつげきチョッキを持たせたはありか? なしか? 」と役割論理パーティの使用者(いわゆる論者)の間で議論が紛糾した。 戦闘に出した瞬間から効果が適用されるので、とは異なり1ターン目から変化技は使えない。 ただし、を受けたなどでとつげきチョッキを失えば変化技も出せるようになる。 「変化技を使用できない」というより「変化技を選択できない」と表現する方が近い。 行動前に他のポケモンからとつげきチョッキを受け取った場合、そのターンのみは変化技でも使用できる。 ・の効果によっても変化技は使用できる。 変化技しか出せないポケモンがとつげきチョッキを持っている場合、そのポケモンはしか出せなくなる。 は変化技だがとつげきチョッキを持っていても使用できる。

次の

【ポケモン剣盾】ドサイドンの対策

とつげきチョッキ 剣盾

2〜93. 7% 確定2発 ・ A振りのじしん 42. 5〜50. 7% 乱数2発(1. 7〜76. 3% 確定2発 ・ A振りDMのダイフェアリー じゃれつく 90. 8〜108. 2% 乱数1発(43. 8〜71. 4% 確定2発 ・ A振りウオのラゴンの先制エラがみ 81. 6〜96. 1% 確定2発 ・ C特化Hの眼鏡オーバーヒート72. 4〜85. 5% 確定2発 ・ C振りの 72. 4〜85. 5% 確定2発 ・ C特化の 20. 2〜23. 6% 確定5発 注目すべき点は、 に関しては弱点保険発動後でも対面から勝つことができることと のが無しでは乱1なところが確実に1発耐えることができるようになることでが安定して撃てることです 後ほど記述しますがこのは 耐久力をによる回復で大幅に補強できるのでFC達との殴り合いでも強く倒した後もHPを6割以上保ったまま突破できることが多いです 弱点をつける相手に対しては回復により実質的な無償突破ができるので2匹以上処理できることも多くとても使いやすい型となっています ・ 技構成 回復することができる かくとう技で耐久力のあるこのと非常に性能がマッチしています 回復しつつ殴り合うことでかくとうが等倍以上で入る相手のほとんどに殴り勝てる点や突破後のHP確保もできます 火力目安 ・ H振り 162. 3〜191. 3% 確定1発 ・ 無振り 145. 9〜171. 8%確定1発 ・ 無振り 116. 1〜137. 7% 確定1発 ・ 無振りG 159. 1〜186. 7% 確定1発 ・ H振り 62. 9〜74. 9% 確定2発 ・ HB特化 59. 4〜71. 2% 確定2発 ・ H振りFC 53. 5〜63. 6% 確定2発 ・ ジュラルドン 過去記事 104. 6〜124. 9〜104. 3% 乱数1発(18. 8〜91. 8% 確定2発 ・ 無振り 62. 2〜75. 4% 確定2発 ・ 無振りG 83. 9〜100. 5% 乱数1発(6. 7〜46. 7〜201. 1% 確定1発 ・ 無振り 76. 0〜90. 7% 確定2発 ・ 無振り 85. 7〜101. 7% 乱数1発(12. 9〜48. 7% 確定3発 ・ HB 42. 0〜49. 0〜121. 4% 確定1発 ・ H振り ブレード 135. 3〜160. 4% 確定1発 ・ 無振り 108. 1〜127. 4% 確定1発 ・ HB輝石G 39. 5〜46.

次の