梅 シロップ ジャム。 梅ジュース・梅シロップの作り方(レシピ)

梅シロップの残った梅はジャムや甘露煮に!レシピ&簡単リメイク法

梅 シロップ ジャム

毎年6月に入ると、梅酒や梅シロップを作るのに適した、青いままの梅の実が出回り始めます。 さっぱりした味わいで楽しめるほか、梅はクエン酸やポリフェノールなどの栄養も満点なので、お酒や砂糖に漬け込むことで、抽出したエキスを丸ごといただけます。 梅酒編に続き、ここでは梅シロップの作り方とアレンジレシピを紹介します。 梅酒の作り方はこちら 梅シロップの作り方 梅の香りと酸味がおいしい梅シロップは、水やソーダで割って飲むほか、かき氷のシロップとして使うのもおすすめです。 梅シロップが完成し、エキスが出切った後の梅の実はシワシワになりますが、じゅうぶんおいしいのでそのまま食べたりジャムにしたり、シロップと梅の実を豚肉と一緒に煮て角煮にするなどの使い道もあります。 梅の実をよく洗う 梅の実をボウルに入れ、傷つけないように一粒一粒よく洗います。 水に浸けてアクを抜く 洗い終わったら水を替え、そのまま水に1〜2時間ほど浸してアクを抜きます。 冷凍してある梅や黄色い完熟梅ではアク抜きは不要です。 ざるに広げてよく乾かす 梅の実をざるにあげたら、そのまま自然に乾くまで干しておきましょう。 水分が残っているとカビの原因になるので、表面のしっとりとした感じがなくなるまで完全に乾かします。 竹串でヘタを取る 梅の実のおへそのところにあるヘタを、竹串でそっと取り除きます。 梅の実を傷つけてしまうとカビや実崩れの原因になるので、慎重に行いましょう。 保存瓶を消毒する 少量を漬ける小さな瓶なら鍋で煮て加熱殺菌するのでもOK!しかし、大きな瓶を加熱することは難しいので、除菌アルコールスプレーを使ってまんべんなく吹きかけて、キッチンペーパーなどで拭き取って消毒します。 瓶の口や蓋などもしっかり拭きます。 作業の前に手指の消毒をすることも忘れないようにしましょう。 梅の実と氷砂糖を交互に瓶に入れる 瓶の底に梅の実を入れたら、氷砂糖をその上に入れ、交互に詰めていきます。 梅の実を押したり潰したりしないよう、ふんわりと乗せていくのがコツです。 蓋をして冷暗所に置く 入れ終わったら、冷暗所で保存しておきましょう。 梅の実から水分が出てきて砂糖が完全に溶けるまで、一週間ほどかかります。 砂糖が溶けるまでに時間がかかってしまうと発酵してしまい、そのまま放置するとアルコール度数が高くなり、梅シロップとはまったく別物になってしまうのです。 砂糖が早く溶けるように、毎日2〜3回は瓶を揺すりましょう。 1ヶ月したら梅の実を取り出す 砂糖が溶け切ったら飲みはじめられます。 1ヶ月くらいして梅の実が全部シワシワになったら、エキス抽出が終わった合図ですから、梅シロップから実を取り出してそれぞれ消毒した瓶や保存バッグなどに入れて冷蔵庫保存してください。 殺菌状態でも異なりますが、冷蔵庫であれば半年〜1年ほど持ちます。 次のページでは、梅シロップのアレンジレシピを2品、紹介します。 酸味のきいたさわやかな甘みの梅シロップが、ちょっと変わった味わいになって3度楽しめるはず。

次の

果肉感たっぷりの梅ジャムのレシピ/作り方:白ごはん.com

梅 シロップ ジャム

初めての梅しごとはお手軽な梅シロップがおススメ。 煮沸して冷蔵保存もでき、残った梅・余った梅は梅ジャムにして美味しく食べることができます。 砂糖の種類によっても味が変わるので、お好みのレシピを見つけるのも楽しいですよ。 「やってみたいけど、手間がかかりそう……」そう思っている方も少なくないはず。 今年こそは挑戦してみたいという方のために、梅シロップの作り方と簡単なレシピをお伝えします。 編集スタッフ 岡本 一年に一度、興味心をくすぐられる梅しごとの時期。 でもつい買い逃してしまったり、面倒くささが頭をよぎったりと、じっさいに自分の暮らしで楽しむことができていませんでした。 そこで身近なクラシコムスタッフにこっそり梅事情を聞いてみると、意外にも同じ気持ちでいる梅しごとビギナーが7割も。 (調査人数:35人) 今年はそんな初心者仲間たちと、梅しごとへのハードルをぐんと下げる特集をお送りしています。 では、スタッフ3人が抱えている困りごとや、一番かんたんな梅干しの作りかたをお伺いしました。 第2話でご紹介するのは、定番の「梅シロップ作り」と「3つのアレンジレシピ」です。 スタッフに作ってみたい梅レシピを聞いたところ、子どもから大人まで気軽に飲める「梅シロップ」がもっとも人気のよう。 すでに作ったことがあるスタッフから挙がった「せっかく作ったのに飲みきれなかった」「残った実がもったいない」という、あるあるな悩みにも答えていきますよ。 先生としてお招きしたのは、梅干研究家の小川睦子(おがわときこ)さんです。 梅に魅了されて10年以上。 梅干研究所の所長を務めながら、初心者でも試しやすいレシピを数多く考案されています。 他にも、黒砂糖だとこっくりと濃厚な甘さに、きび砂糖だとやさしくさらりとした口当たりにと、仕上がりに変化が。 砂糖が溶ける2週間のあいだに、ゆっくりと混ざり合っていきますよ。 出来上がったら一度鍋で煮沸し、冷蔵保存すると安心です」 梅シロップは意外と簡単に作れると聞いたことがあったけれど、本当に洗って拭いて入れるだけだったとは。 次にスーパーで梅を見かけたら躊躇なくカゴに入れられそうです。 さて、定番の梅シロップなら作ったことがある!という方、お待たせしました。 ここからはスタッフを交えてアレンジアイデアをお届けします。 梅シロップを凍らせたら…… 爽やかな「梅シャーベット」に! 材料 ・梅シロップ 150ml ・水 150ml 作りかた 【1】梅シロップと水を1:1の割合で混ぜる 【2】製氷機に入れ、数時間冷凍庫で凍らせる 【3】固まったら、食感が残る程度にフードプロセッサーで砕いたら完成(フードプロセッサーがない場合は、製氷機を使わずバットに流し、凍ったらスプーンで削り出す) スタッフ青木: 「わ〜おいしい!さっぱりした梅の甘さがシャーベットにぴったりですね。 少ない材料でできるので、夏のおやつの定番になりそう。 サイダーで割ったり、ミントや梅の実を添えたりさらなるアレンジも楽しめますね」 小川さん: 「凍らせると甘さを感じづらいので、1:1と濃いめにしています。 もし出来上がって甘さが足りなかったら、シロップをたらして調節してくださいね」 いつもの調味料と混ぜるだけの 手作り「梅ドレッシング」 材料 ・梅シロップ 大さじ2 ・オリーブオイル 大さじ2 ・レモン汁(酢でも可) 大さじ1 ・塩 小さじ1 ・醤油 小さじ1 作りかた 【1】すべての調味料を混ぜる 【2】お好みで味を微調整して完成 スタッフ佐藤: 「梅シロップがドレッシングになるなんて驚きです。 混ぜたのはふだん使っている調味料だけですが、ふわっと香る梅の爽やかさが新鮮!野菜をおいしく食べられそうです」 小川さん: 「材料はシンプルな味付けにしました。 お好みでおろし生姜や、唐辛子を入れるとピリッと大人な風味に変わっておいしいですよ。 とくに相性がいいのはシーフードサラダ。 ぜひ試してみてくださいね」 梅の実は捨てないで! やさしい甘さの「梅ジャム」 材料 ・梅シロップに漬けた梅の実 作りかた 【1】梅の実から種を取り除く 【2】実をフードプロセッサーにかける(ない場合は、包丁で細かく刻む) 【3】火にかけてプツプツと煮立ったら完成 スタッフ 上山: 「長期間、砂糖に漬けていたから甘すぎるかな?と思ったけれど、自然な甘さで食べやすいですね〜。 我が家では梅シロップでなく梅酒を漬けているのですが、その梅でもジャムは作れますか?」 小川さん: 「梅酒に使った実もジャムになりますよ。 お酒の香りが少々残ることもありますが、大人が食べる分には問題ありません。 甘さが足りないときは、火にかけるときに砂糖を足してくださいね。 アルコールを飛ばすため、梅シロップの実で作るときよりもしっかりに火にかけるのがポイントです。 また梅の実は酸がつよく、焦げつきやすいので、琺瑯やテフロン加工などコーティング加工された鍋をおすすめします」 今回梅しごとに挑んだビギナー3人に感想を聞くと、「手軽にできてあっという間だった!」「思ったよりもいろいろなレシピで使えるね〜」と、嬉しい笑顔を見せてくれました。 これまで抱いていた困りごとが解消し、実際に手を動かして触れ合ったことで、梅しごとへのハードルはぐんと下がったようです。 梅の可能性は無限大! 小川さん: 「仕事が忙しかった頃、しぜんと体が梅干しを欲していることに気付きました。 おいしい梅干しが食べたい一心でいろいろ買ってみたけれど、思い通りの味に出会えない。 『なら自分で作ってみようかな』と本を買って、見よう見まねで自家製梅干しを作ったことが、梅にはまるきっかけでした。 作り始めて10年以上になりますが、毎年梅のおいしさにびっくりさせられています。 今年の梅シーズンが、皆さんにとって自分好みのおいしさを模索する第一歩となればうれしいです」 おっくうだなあと思いつつ、興味の種を捨てきれずにいた梅しごと。 いざやってみると、自家製のおいしさはもちろんのこと、手をかける時間や瓶の佇まいまでもが愛おしく感じられました。 手慣れた様子でひょひょいっとできるわけではないけれど、自分のペースで楽しめる梅しごとに出会えた気がします。 今年こそスーパーで見かけた梅を、手に取るきっかけになれたらうれしいです。 (おわり) 【写真】木村文平 もくじ 小川睦子(おがわときこ) 梅干研究家。 編集プロダクション勤務を経て、フリーの編集者・ライターとして活動。 旅や食に関する編集・執筆を行うかたわら、梅干研究所の所長を務める。 梅干し作りのキャリアは10年以上になり、毎年6月には福岡へ梅の収穫に行くのが恒例。 テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の

梅シロップの残った梅はジャムや甘露煮に!レシピ&簡単リメイク法

梅 シロップ ジャム

スポンサーリンク 梅シロップの梅の実は再利用できる? 梅シロップを作っておいしい梅ジュースを飲めるのは幸せですね。 梅ジュースの作り方は簡単なのでぜひ試してみてください。 梅ジュースの作り方はこちらの記事でどうぞ。 1キロ単位で作ることが多いと思うのですが、出してみると1キロの梅って多いんですね。 この梅の実・・・これはどうすればいいんでしょう? 正直言って梅シロップを作ったあとの梅の実って美味しくないんですよね、なのでそのまま食べる気にはなれません。 しかし捨ててしまうのももったいないので再利用の方法がないかと調べてみました。 すると思ったよりいろいろな使い方ができて食の世界が豊かになりました。 まずはそのまま使う方法です。 お魚を料理するときによく梅干しをひとつ入れて臭み消しにするという使い方をしますが、これを梅の実で代用します。 梅の実は2~3個入れてもOKです。 しょっぱくならないのでさっぱりした味になっておいしくなります。 鰯の煮付けなどは骨まで柔らかく煮えますよ。 豚肉の塊を煮るときにも梅の実を入れて煮るとやはり柔らかく仕上がります。 豚の角煮とかに使うと良さそうですね。 肉や魚の料理に使うというのはいい方法かもしれません。 梅肉を刻んで醤油やダシと合わせたものを味付けに使うといい感じです。 梅の実は冷凍しておくと長持ちします。 次に加工して使う方法です。 「梅ジャム」「チャツネ」「ウスターソース」なんかができます。 梅シロップを作った後の梅は固いんですよね。 そこで一度お湯で煮込むと柔らかくふっくらとしてきます。 この柔らかくなった梅の種をとって加工します。 カレー好きの家族がいるならチャツネはおすすめです。 チャツネはカレーを作る時の隠し味として有名ですね。 他にも肉や魚のソテーの味付けに使ったり、ディップの材料として使ったりもできます。 梅のチャツネはパンにも合いますよ、サンドイッチ作りの調味料としてもぜひ! ウスターソースはかなり時間と手間がかかりますが、自家製は安心して食べられますし美味しいらしいです。 いろいろな材料を細かく切って煮込んでミキサーで撹拌して濾したものに酢を加えて作ります。 その材料のひとつとして梅を使うという感じです。 作る時のコツは塩とか砂糖を控えめにするとぼんやりした味になるので分量通りに入れること・・・でしょうか。 なかなかここまで作ろうという根性はないのですが、いつか機会があったらやってみたい気もします。 スポンサーリンク 梅ジャムの作り方は簡単です 一番ポピュラーなのが 梅ジャムなんじゃないかと思います。 やり方はいろいろありますが、簡単な作り方です。 梅の実を鍋に入れてひたるくらいのお湯でフタをして30分ほど煮ます。 硬い梅がふっくらしてきますのでザルにあけてください。 触れるくらいに冷めたら種を取り出します。 身をつまむと中の種が出てきますので取り除いてください。 種を取り除いた梅の実の重さを計って、半分~3分の1の量の砂糖を用意します。 甘さ控えめにしたいなら50g位でも良いかもしれません、サッパリ味の梅ジャムになります。 鍋に梅の実と砂糖を入れて水をひたるくらいに入れて弱火で煮込みます。 アクが出るのでとりながら煮込んでください。 焦げやすいので木べらでずっと混ぜながら作ってください。 ペクチンの作用で冷めると固くなるので、柔らか目で仕上げます。 煮沸消毒したガラス瓶に入れて保存してください。 他にもいろんな作り方があるので自分のやりやすい作り方でやってみると良いんじゃないかと思います。 どの作り方も難しくはないですよ。 動画で梅ジャムの作り方を探してみました。 こちらの作り方が作りやすんじゃないかと思います。 梅ジャムの美味しい食べ方は? 梅ジャムはどうやって食べたら美味しいんでしょうか。 梅の量によっては大量の梅ジャムができてしまいますよね。 梅ジャムを普通にパンのトーストに塗って食べるのもいいですが、なにか他に使いみちがないでしょうか? まずおすすめはヨーグルトにかけて食べるというやり方です。 これはヨーグルトの酸味とジャムの程よい酸味が上手く合わさっていい感じで食べられます。 あまり酸味が強いヨーグルトだと好みがあるかもしれません。 そのまま食べるのはあまり好きじゃないという場合は食材のひとつとして使うのがいいかもしれません。 調味料のひとつとして便利に使えます。 お菓子やパン作りをするなら、生地に入れ込んで作ってみてはどうでしょうか。 梅という感じがしなくなるのでむしろ食べやすいです。 普通の食パンでもプラムパンになりますからね。 クッキーに入れてもいいし、パンケーキの生地に入れても食べやすいです。 ドレッシングを作ってもおいしくいただけます。 和風ドレッシングが簡単にできます。 お酢を50mlに大さじ1の醤油と好みの量の梅ジャムを入れて混ぜます。 梅ジャムは大さじ1~2くらい入れると良いと思います。 海藻サラダや豆腐サラダにとっても合います。 普通のサラダにももちろん合いますよ。 甘酢あんを作ることもできます。 梅ジャム大さじ2と醤油大さじ1、ケチャップ大さじ1、コンソメ小さじ1、片栗粉小さじ1を混ぜます。 鍋に水150ccと材料を入れて火にかけてとろみを付けます。 最後に胡麻油を数滴垂らしてできあがりです。 酸味が足りなければ酢を足してください。 この甘酢あんにみじん切りにした野菜を入れて火を通し、揚げ物などにかければ美味しい甘酢あんかけ料理のできあがりです。 まとめ 梅酒の残りの梅だと子どもは食べられないことが多いのですが、梅シロップの残りの梅で作れば家族全員で食べることができるんですよね。 梅の実はせっかく美味しく実った果実なので最後まで美味しく活用していただきたいものですね。

次の