長芋 豚肉 レシピ。 箸がすすみます。長芋のあまから豚肉巻き

【あさイチ】河野雅子さんの長芋レシピ2品!肉巻き(照り焼き)&ソテーサラダ仕立てのレシピ。みんなゴハンだよ(10月7日)

長芋 豚肉 レシピ

今回の料理:豚肉の照り焼き テリテリにマヨ投入 枝元 では豚肉の照り焼き、略して「トンテリ」いきます。 トンテリって名前、可愛いですね。 商標登録したい。 枝元 広げた豚肉の上にスライスしたナガイモをのせ、肉を半分に折りたたみ、かたくり粉をまぶします。 お肉は肩ロースが向いています。 私、肩ロース以外の豚肉はあまり認めません。 枝元 本当ですか、バラもおいしいっすよ。 おいしいんですけど、脂が多すぎて。 脂の少ないバラ肉はどこに売っているんだろうって、いつも思います。 とにかく肩ロースが一番軟らかくて、脂もサシも適度に入っていて、お値段的にも良くてね。 枝元 ちょっと厚いナガイモも入れてみます。 シャクッとした感触が良いのです。 ジャガイモだと火の通りを心配しないといけませんが、ナガイモなら生でもいけるから。 照り焼きは、かたくり粉をつけると家族みんなの評判がいいです。 縮まないし、タレもよく吸う。 枝元 絡んでテリテリしやすい。 口触りも良くてね。 枝元 豚肉はフライに入れて縁が色付いてきたらひっくり返します。 こんがりと色が付くまで焼いたら、砂糖、酒、みりん、しょうゆの順に加えて絡ませます。 いい音。 おいしいお風呂にお肉が入っているみたい。 枝元 火を止めたら、レタスをのせた器に移します。 トンテリちゃんがテリテリしています。 枝元 これ、みりんや砂糖の照りかなって思うけれど、実はけっこうな率で脂の照りなんですよ。 あっと我に返る時があるんです。 いけないことしているんだって。 浮気するならこっちでしょ。 枝元 甘いものじゃなくてね。 盛り付けたらマヨネーズをかけます。 ここでマヨネ! ここにまた油の塊を投入するんですね。 のど越しが良すぎて大変じゃないですか! 枝元 滑るよー。 最後にサンショウを振りましょう。 ナガイモが中でシャクシャクして白米に合う。 麦とろご飯みたいな感じ。 でもこのテリテリは脂なんですよね? 枝元 あなたをテカテカにしたい。 エダモン、顔が脂まみれ。 どんな化粧水よりも脂ね! 枝元 お肌にいいよー。 【構成・矢澤秀範、写真・竹内紀臣】 豚肉の照り焼き 材料(4人分)• 豚肩ロース肉(薄切り) 300グラム• 塩・コショウ 各少々• かたくり粉 適量• レタス 3枚• マヨネーズ・サンショウ 各適量 作り方• 広げた豚肉にスライスしたナガイモ5~6枚をのせて半分に折りたたむ。 塩・コショウを少々振り、かたくり粉を薄くまぶす。 フライに油を熱し、1. の両面を香ばしく焼き、Aを順に加えて絡ませる。 レタスの上に盛り付け、マヨネーズ、サンショウをかける。 理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中! この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の家からあげなど、画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。 もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。 「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。 ミュージシャンの矢野顕子さん、家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。 オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。 みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。 ぜひ、手に取ってご覧ください! リクエスト募集します! 【理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。 野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。 自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。 応募はメール()か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。 毎日新聞での連載はこちらから。 西原理恵子のおかん飯with枝元なほみ - 毎日新聞.

次の

【あさイチ】河野雅子さんの長芋レシピ2品!肉巻き(照り焼き)&ソテーサラダ仕立てのレシピ。みんなゴハンだよ(10月7日)

長芋 豚肉 レシピ

長いもは、秋ごろから春先にかけて旬を迎えます。 胃の粘膜を保護し、たんぱく質の消化吸収を助けるムチンや、ビタミンBなどの他に、食物繊維をバランスよく含んでおり、消化がいいスタミナ食材として健康を維持ができます。 多く含まれる消化酵素のジアスターゼは生食することで効果が発揮されるので、レシピによって使用方法を変えるといいと思います。 また活性酸素を解毒する効果があるカタラーゼは肉体疲労回復に効果的で、年齢を重ねると不足しやすいで、積極的にとるといいと思います。 調理する上で、かゆみやぬめり気になり扱いにくい食材ですが、冷凍したり、酢水を使うことで解消できるので試してみてください。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 暑い夏でも食べやすく、スタミナ野菜の長芋とオクラを使った疲労回復レシピです。 まず、うどんとオクラは別々にゆでてザルにあげておきます。 長芋は千切りにして、生食で使います。 最後に、材料を全て混ぜたら完成です。 冷蔵庫に残っている野菜などを使用してもいいと思います。 簡単にできて時短になり、夏バテも解消できます。 とびきりそばと長芋を合わせた贅沢レシピです。 とびきりそばは山形県産で、高級原材料に加えて風味が豊かなそば粉を使った一品です。 食塩をほとんど使わず、山芋を加えていることから長芋との相性もいいです。 そばはゆでたら氷で絞めて、器に盛ります。 長芋をすりおろして、ねぎとしょうが汁を合わせた後、麺つゆを加えて味を整えればできあがりです。 おしゃれな和風パスタで、秋の味覚を使って栄養をとることができます。 はじめに、さんまをおろして、臭みを消すために塩をふって、冷蔵庫で少し時間を置きます。 しめじはほぐして、長芋はふたつの食感を楽しむために、すりおろしたものと刻んだものを用意します。 にんにくに火を入れて香りを出したら、さんまとしめじを炒めます。 パスタをゆでたら調味料を加えて味を整えます。 それぞれを盛り付けて完成です。 牛とろ玉うどん。 8番目におすすめする「長芋を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選」は、 「丸亀風。 牛とろ玉うどん。 」です。 ボリューム満点でヘルシーに、さらにお店で食べるようなうどんを再現できます。 はじめに、麺つゆになる材料を鍋に入れて煮立たせます。 次に牛肉を炒めて、牛肉の味付けに使う調味料を加えます。 うどんはゆでたら器に盛り付けます。 長芋はすりおろして盛り付け、牛肉と温玉をのせたら、作った麺つゆを注ぎます。 刻みネギをのせて完成です。 丸亀風。 牛とろ玉うどん。 根菜をたっぷり使って、冷え性にも効果的な体温まるレシピです。 まず野菜は大きく切って、食べ応えを出します。 カレーを作る要領で作っていき、めんつゆと水を加えます。 うどんをゆでて器に盛り、カレーをかければできあがりです。 カレーライスを食べた次の日にアレンジしても飽きずに食べられると思います。 冷蔵庫の余った野菜も活用してしまいましょう。 ヘルシーなのにボリューム満点なレシピです。 まずだしを作ります。 沸騰したらだしパックを取り出しれ、ゆでうどんを加えます。 次にほうれん草と卵を入れて、卵が半熟になるまで火を入れます。 長芋はすりおろして、1分ほど加熱します。 仕上げにねぎを散らします。 長芋は加熱すると栄養価が落ちてしまいますので、さっと火を入れるようにします。 ネバネバに栄養がたっぷり詰まった長芋は、通称「ヤマノイモ」まとめられ、地方によって呼び方が異なり、自然薯、大和芋、長芋などを総まとめして「山芋」と呼ばれます。 長芋には、亜鉛・カリウム・鉄・ビタミンB群、ビタミンCが多く含まれ、むくみや貧血対策、美容など女性には嬉しい栄養がたっぷり含まれています。 独特のぬめりには胃腸機能の回復や粘膜を保護をする働きがあり、消化にいいため、体調の優れないときにも口当たりがよく取り入れやすいため、体力回復に期待できますね。 またダイエット中の方にも失いやすい栄養を補ってくれるので積極的に摂りたいです。 生のままでも加熱しても美味しく食べられる長芋を様々な料理にアレンジして積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 長芋は、すりおろして「とろろ」として食べることが多いですが、様々な健康効果を持つ食材なんです。 消化を助ける酵素を持ち、ぬめり成分が胃の粘膜を保護し、胃もたれや胸焼けを防ぐので、胃腸が弱っている時にも最適です。 長芋はレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多く、食物繊維と同様に働き、便秘を改善したり、食後の血糖値の上昇を緩やかにし、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果的です。 ディオスコリンAは、試験管内の実験で、インフルエンザウイルスの活性を抑える作用がわかっています。 消化酵素やディオスコリンAは熱に弱く、生で摂取をおすすめしますが、レジスタントスターチは煮ても効果が得られるので、時には煮るレシピで違った長芋の食感、味を楽しんでみてはいかがでしょう。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 長芋は、ヤマノイモ科に含まれる食品です。 栄養素はカリウムを多く含み、粘り気が有るのが特徴です。 この粘り気は、胃の粘膜を保護してくれる作用を持っていることが知られています。 長芋の主な産地は、北海道や青森県が挙げられます。 選ぶときのポイントは、皮に張りがあり艶がる物を選ぶようにして下さい。 既に切られた状態で販売されているものは、断面が白い物を選ぶようにしましょう。 長芋を触るとかゆくなる場合は、調理する前に酢水を手に付けることをおすすめします。 また長芋は時間が経つと変色するので、直ぐに調理しない場合は酢水につけてあく抜きして下さいね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 そのまま食べるとサクサク、すりおろすとトロトロの食感が楽しい長芋。 中国が原産の芋で、日本では北海道と青森県で多く作られています。 長芋の旬は1年に2回。 11~1月に収穫されるみずみずしい秋堀りと、3~5月に収穫されるうま味が熟成された春堀りがあります。 長芋はムチンという粘りのもととなる成分を含んでおり、胃の粘膜を保護する力を持っています。 また、長芋は消化酵素を含んでいるため、食事に含まれるでんぷんの消化を助けるだけではなく、芋の一種でありながら、生で食べられるのです。 長芋はとろろのように生で食べられる他、焼く、揚げるといった加熱調理に向いています。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【あさイチ】河野雅子さんの長芋レシピ2品!肉巻き(照り焼き)&ソテーサラダ仕立てのレシピ。みんなゴハンだよ(10月7日)

長芋 豚肉 レシピ

長いもは、秋ごろから春先にかけて旬を迎えます。 胃の粘膜を保護し、たんぱく質の消化吸収を助けるムチンや、ビタミンBなどの他に、食物繊維をバランスよく含んでおり、消化がいいスタミナ食材として健康を維持ができます。 多く含まれる消化酵素のジアスターゼは生食することで効果が発揮されるので、レシピによって使用方法を変えるといいと思います。 また活性酸素を解毒する効果があるカタラーゼは肉体疲労回復に効果的で、年齢を重ねると不足しやすいで、積極的にとるといいと思います。 調理する上で、かゆみやぬめり気になり扱いにくい食材ですが、冷凍したり、酢水を使うことで解消できるので試してみてください。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 暑い夏でも食べやすく、スタミナ野菜の長芋とオクラを使った疲労回復レシピです。 まず、うどんとオクラは別々にゆでてザルにあげておきます。 長芋は千切りにして、生食で使います。 最後に、材料を全て混ぜたら完成です。 冷蔵庫に残っている野菜などを使用してもいいと思います。 簡単にできて時短になり、夏バテも解消できます。 とびきりそばと長芋を合わせた贅沢レシピです。 とびきりそばは山形県産で、高級原材料に加えて風味が豊かなそば粉を使った一品です。 食塩をほとんど使わず、山芋を加えていることから長芋との相性もいいです。 そばはゆでたら氷で絞めて、器に盛ります。 長芋をすりおろして、ねぎとしょうが汁を合わせた後、麺つゆを加えて味を整えればできあがりです。 おしゃれな和風パスタで、秋の味覚を使って栄養をとることができます。 はじめに、さんまをおろして、臭みを消すために塩をふって、冷蔵庫で少し時間を置きます。 しめじはほぐして、長芋はふたつの食感を楽しむために、すりおろしたものと刻んだものを用意します。 にんにくに火を入れて香りを出したら、さんまとしめじを炒めます。 パスタをゆでたら調味料を加えて味を整えます。 それぞれを盛り付けて完成です。 牛とろ玉うどん。 8番目におすすめする「長芋を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選」は、 「丸亀風。 牛とろ玉うどん。 」です。 ボリューム満点でヘルシーに、さらにお店で食べるようなうどんを再現できます。 はじめに、麺つゆになる材料を鍋に入れて煮立たせます。 次に牛肉を炒めて、牛肉の味付けに使う調味料を加えます。 うどんはゆでたら器に盛り付けます。 長芋はすりおろして盛り付け、牛肉と温玉をのせたら、作った麺つゆを注ぎます。 刻みネギをのせて完成です。 丸亀風。 牛とろ玉うどん。 根菜をたっぷり使って、冷え性にも効果的な体温まるレシピです。 まず野菜は大きく切って、食べ応えを出します。 カレーを作る要領で作っていき、めんつゆと水を加えます。 うどんをゆでて器に盛り、カレーをかければできあがりです。 カレーライスを食べた次の日にアレンジしても飽きずに食べられると思います。 冷蔵庫の余った野菜も活用してしまいましょう。 ヘルシーなのにボリューム満点なレシピです。 まずだしを作ります。 沸騰したらだしパックを取り出しれ、ゆでうどんを加えます。 次にほうれん草と卵を入れて、卵が半熟になるまで火を入れます。 長芋はすりおろして、1分ほど加熱します。 仕上げにねぎを散らします。 長芋は加熱すると栄養価が落ちてしまいますので、さっと火を入れるようにします。 ネバネバに栄養がたっぷり詰まった長芋は、通称「ヤマノイモ」まとめられ、地方によって呼び方が異なり、自然薯、大和芋、長芋などを総まとめして「山芋」と呼ばれます。 長芋には、亜鉛・カリウム・鉄・ビタミンB群、ビタミンCが多く含まれ、むくみや貧血対策、美容など女性には嬉しい栄養がたっぷり含まれています。 独特のぬめりには胃腸機能の回復や粘膜を保護をする働きがあり、消化にいいため、体調の優れないときにも口当たりがよく取り入れやすいため、体力回復に期待できますね。 またダイエット中の方にも失いやすい栄養を補ってくれるので積極的に摂りたいです。 生のままでも加熱しても美味しく食べられる長芋を様々な料理にアレンジして積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 長芋は、すりおろして「とろろ」として食べることが多いですが、様々な健康効果を持つ食材なんです。 消化を助ける酵素を持ち、ぬめり成分が胃の粘膜を保護し、胃もたれや胸焼けを防ぐので、胃腸が弱っている時にも最適です。 長芋はレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多く、食物繊維と同様に働き、便秘を改善したり、食後の血糖値の上昇を緩やかにし、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果的です。 ディオスコリンAは、試験管内の実験で、インフルエンザウイルスの活性を抑える作用がわかっています。 消化酵素やディオスコリンAは熱に弱く、生で摂取をおすすめしますが、レジスタントスターチは煮ても効果が得られるので、時には煮るレシピで違った長芋の食感、味を楽しんでみてはいかがでしょう。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 長芋は、ヤマノイモ科に含まれる食品です。 栄養素はカリウムを多く含み、粘り気が有るのが特徴です。 この粘り気は、胃の粘膜を保護してくれる作用を持っていることが知られています。 長芋の主な産地は、北海道や青森県が挙げられます。 選ぶときのポイントは、皮に張りがあり艶がる物を選ぶようにして下さい。 既に切られた状態で販売されているものは、断面が白い物を選ぶようにしましょう。 長芋を触るとかゆくなる場合は、調理する前に酢水を手に付けることをおすすめします。 また長芋は時間が経つと変色するので、直ぐに調理しない場合は酢水につけてあく抜きして下さいね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 そのまま食べるとサクサク、すりおろすとトロトロの食感が楽しい長芋。 中国が原産の芋で、日本では北海道と青森県で多く作られています。 長芋の旬は1年に2回。 11~1月に収穫されるみずみずしい秋堀りと、3~5月に収穫されるうま味が熟成された春堀りがあります。 長芋はムチンという粘りのもととなる成分を含んでおり、胃の粘膜を保護する力を持っています。 また、長芋は消化酵素を含んでいるため、食事に含まれるでんぷんの消化を助けるだけではなく、芋の一種でありながら、生で食べられるのです。 長芋はとろろのように生で食べられる他、焼く、揚げるといった加熱調理に向いています。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の