好き な 人 から line 来 ない。 急にLINEが来なくなった!好きな人から連絡が途絶えた理由は? |愛カツ

急にLINEが来なくなった!好きな人から連絡が途絶えた理由は? |愛カツ

好き な 人 から line 来 ない

諦めるのはまだ早い! 気になる人ができた!連絡先を交換し、やりとりするもその先には進めず、なかなか会えない。 あちらからはあまり連絡がこないし、なんだか態度もそっけないというか、冷たいというか...。 そうこうするうちにとうとうLINEが来なくなったりしたら「これって脈なし?」と思ってしまいますよね。 連絡頻度が減ったと思ったら、「忙しい」発言を最後に、1か月も連絡が途絶えてしまった、なんてことも珍しくありません。 こんなとき、まだ諦めきれない気持ちもあり、このままLINEを続けるべきか、それともやめどきか? 判断が難しいところ。 そんな彼を上手く誘い出して、振り向かせることはできるのでしょうか? そこで今回は、恋愛ユニバーシティに寄せられた実際の相談と回答、体験談とともに、「脈なしの彼を上手に誘う方法」を紹介します。 【相談】ドタキャンされて1 ヶ月も連絡なし... 脈なしだけど諦められない! 連絡先を交換してLINEをするようになった、気になる人がいます。 私から食事に誘いましたが、前日になって「都合が悪くなった」と彼から連絡が…。 その後、代替の日程が出ないまま、「来月までは忙しい」と連絡が途絶えて1 ヶ月が経ちます。 彼に脈なしなのは分かっていますが、諦められないです。 玉砕してもいいので彼にLINEを送ってもいいでしょうか。 (恋愛ユニバーシティ「みんなの相談」 20代後半 女性) 本当に脈なし?「LINEがこない」「忙しい」の意味 男性にとってLINEは単なる連絡ツール 気になる人や好きな人から仕事が忙しいという理由でLINEの返信がこない、いわゆる音信不通の状態になると、「脈なしかも... 」と思ってしまい、連絡がこない期間の長さで相手の気持ちを測ろうとする女性はたくさんいます。 待っているほうはヤキモキしてしまいますよね。 でも、多くの男性にとってLINEは単なる連絡ツールであり、基本的に何か用事があるときや待ち合わせをするときなど、会話の先に何らかの「目的」があるときにしか頻繁なやりとりをしないことが多いものです。 ましてや彼とはまだ恋人同士ではなく、連絡先を交換しただけの間柄。 もしかしたら、そのまま言葉の通り「来月までは忙しい」状態になり、1か月、もしくは長引いてそれ以上に忙しい状態が続いているだけかもしれません。 ですから、2週間、3週間、1か月、もしくは何か月も連絡がこないからといって完全に脈なしというわけではありません。 逆を言えば、遊び目的のマメな男性だっていますから、毎日連絡があっても本命候補で絶対に脈あり、とも言い切れません。 未読放置・既読無視にも落ち着こう 特にLINEの未読放置や既読無視には、絶望的な気持ちになりがちです。 でももし本当に忙しい時期なら、いくつもの未読の中に埋もれてしまったり、既読にしてしまったけど今は忙しいから後で返信しようと思ってそのまま忘れててしまったり、なんてこともありえます。 LINEには1度つけた既読を取り消しする方法はありませんから、メールよりも管理が難しいもの。 こういうウッカリは案外よくあることです。 気になる人とのLINEのやりとりは、彼からの返信の有無・内容・スピード・連絡頻度に一喜一憂しない「余裕」を持つと気持ちが楽になります。 上手な誘い方 たとえ今は脈なし気味であっても、あきらめずに上手に誘えば会うこともできる!と多数のユーザーがアドバイス。 ただし誘い方に注意が必要なのだとか。 「いつが良いか?」はNG 「 会う日は いつが良いか?」 は、とても断りづらい聞き方です。 「忙しいからまだわからない」とモヤっとする返事がきたり、スルーされてしまったりすることも。 さらに、相手にまだその気がないと、断るために彼が「忙しい」などと嘘をつかなければいけないため、余計な罪悪感を持たせて、ますます疎遠になる可能性があります。 自分にとって都合の良い日時を指定しよう そこで、自分が都合の良い日時を指定するのがベスト。 特定の日時で誘われたなら「その日は都合が悪い」と言えるので、断るほうの負担が少なくてすみます。 もし相手に会う気があれば、具体的な代替日を指定してくるので、その時の相手の本心もわかりやすいですよね。 断られたら 断るだけで代替日を提示してこない場合、今はそのタイミングではなかったと諦めてあっさりと引き、1~2ヶ月経った頃に同じようにお誘いをしてみましょう。 このように時々誘いをかけていれば、相手の状況次第でそれに乗ることがあります。 また、ふと思い出して相手の方から誘ってくることもありえます。 どんな調子で誘う?誘い方のコツ また、日付の指定以外にも誘い方のコツがあるようです。 ・図々しいくらいが恋愛はうまくいく 「『お忙しいところ申し訳ないのですが…』『お仕事が落ち着いたらでいいので…』『迷惑なら返信はいりません』などと女性は気を使いがちですが、わかりやすくかわいく、図々しいくらいが恋愛ではうまくいく、と私は思います。 これでうまくいかないなら、控えめにしてもうまくいかない運命ではないでしょうか。 」 ・相手が答えやすい内容で 「玉砕覚悟で、失うものがないのならサラッとシンプルに、相手が答えやすいパスを出してあげましょう。 」 ・彼が忘れたころに 「少し長い目で見て、彼が約束をしたことすら忘れたあたりに、軽い感じで送ってみてもいいかもしれません。 」 ・まずは様子伺いから 「私なら、『元気?』など様子伺いのラインします。 スルーされたら、こちらもまたしばらく放置。 返事があれば、相手のテンションに合わせて、軽い感じで日にち指定で誘います。 断られても、あくまで軽くまたそのうち遊ぼうねって言って放置です。 わたしも脈なしの彼に半年毎くらいにこんな感じで連絡してデートできたことあります。 相手に執着しないことが大事ですよ。 なるほど!つまり、あくまで軽くシンプルに誘い、ダメならしばらく放置。 忘れた頃にまたさりげなく誘ってチャンスを待てばいい、ということですね! 体験談:脈なし彼には「長期戦」の覚悟を ここで連絡が途絶えた彼からの連絡を待っていたらデートができ、しかもお付き合いすることになったユーザーの体験談をご紹介。 体験談:潔く一切連絡しないと決めたら連絡が 「以前落としたい男性がいたのですが、『忙しいのでまた予定が分かったら連絡します』とLINEで言われ、『分かりました、連絡待ってます!仕事頑張ってくださいね』と送りましたが、そこから全く連絡はありませんでした。 」 そこで次のようにルールを決めて実行したら、連絡がなくなって3週間後、「遅くなってすみません」という言葉とともに、日程調整のLINEがきたのだとか。 ・日常の軽い会話なども含めて、一切連絡しない ・2か月は連絡来るまで待つと決め、だめならその後一度誘ってみて、それでもだめならきっぱり諦める その後デートを重ねて、彼からの告白で付き合うことになったのだそう。 これは希望が持てるエピソードですね! 「連絡がきたとき、『遅くなってすみません』とは言われましたが、彼が実際にはどう思っていたかは分かりません。 でももし、彼からの連絡を待たず数日で『元気?』『どうですか?』『ごはん行きませんか?』などと私から連絡していたら、彼は『催促されている』『こちらはまだそれほど盛り上がってないのに、相手はノリノリで重い…』と思って、付き合うことはなかった、と思います」と彼の心理を分析。 気長に待てる女性になろう 女性側の気持ちが強すぎて彼との気持ちに温度差があり、それが彼に伝わると、「嫌いなわけじゃないんだけど、ちょっと相手が前のめりすぎ…」と感じ、男性は一度距離をおきたくなるもの。 このような男性心理を頭に入れておけば、冷静に対処できそうです。 気になる人ができたら、焦らないこと!男性の気持ちに変化が訪れるまで、気長に待つのが得策です。 追われるよりも追いたいのが男性ですから、パタっと何の連絡もない状態が続けばあなたのことが気になり始めるかもしれません。 それに「忙しい」という言葉を信じて何も言わず待っててくれる女性って、多忙な男性にはそれだけで魅力的なのかもしれませんね。 まとめ もし彼のテンションが低く、「脈なし」と感じても、それは「今だけ」のことかもしれません。 しばらくすると彼の気持ちに変化が訪れることもあります。 返事が来なくなったからといって、即諦めたり、焦る必要はありませんが、長期戦になる覚悟は必要です。 好きバレすると避けられる可能性があるので、LINEのやりとりはさりげなく、こちらのテンションの高さが伝わらないよう、サラっと簡潔に。 誘うときはシンプルに断りやすくが基本。 断られたらしばらく放置し、忘れた頃にまたさりげなく誘って次のチャンスを待ちましょう。 また、多くのユーザーが「恋愛の選択肢は多いほうがいい」ということで、脈なしの彼だけにこだわらず、他の出会いも探すことをお勧めしていました。 これらのアドバイスを受け、好きという気持ちを全面に出さず、彼が忙しいと言っていた期間を過ぎてから、相談者さんは彼にLINEを送ってみる勇気が出たようです。 (この記事は、相談者本人が特定されないため、記事の意図に影響のない範囲で内容を変えています。 ) (恋愛ユニバーシティ編集部 ).

次の

好きな人からLINEの返信や連絡が来ない3つの理由と対処法

好き な 人 から line 来 ない

諦めるのはまだ早い! 気になる人ができた!連絡先を交換し、やりとりするもその先には進めず、なかなか会えない。 あちらからはあまり連絡がこないし、なんだか態度もそっけないというか、冷たいというか...。 そうこうするうちにとうとうLINEが来なくなったりしたら「これって脈なし?」と思ってしまいますよね。 連絡頻度が減ったと思ったら、「忙しい」発言を最後に、1か月も連絡が途絶えてしまった、なんてことも珍しくありません。 こんなとき、まだ諦めきれない気持ちもあり、このままLINEを続けるべきか、それともやめどきか? 判断が難しいところ。 そんな彼を上手く誘い出して、振り向かせることはできるのでしょうか? そこで今回は、恋愛ユニバーシティに寄せられた実際の相談と回答、体験談とともに、「脈なしの彼を上手に誘う方法」を紹介します。 【相談】ドタキャンされて1 ヶ月も連絡なし... 脈なしだけど諦められない! 連絡先を交換してLINEをするようになった、気になる人がいます。 私から食事に誘いましたが、前日になって「都合が悪くなった」と彼から連絡が…。 その後、代替の日程が出ないまま、「来月までは忙しい」と連絡が途絶えて1 ヶ月が経ちます。 彼に脈なしなのは分かっていますが、諦められないです。 玉砕してもいいので彼にLINEを送ってもいいでしょうか。 (恋愛ユニバーシティ「みんなの相談」 20代後半 女性) 本当に脈なし?「LINEがこない」「忙しい」の意味 男性にとってLINEは単なる連絡ツール 気になる人や好きな人から仕事が忙しいという理由でLINEの返信がこない、いわゆる音信不通の状態になると、「脈なしかも... 」と思ってしまい、連絡がこない期間の長さで相手の気持ちを測ろうとする女性はたくさんいます。 待っているほうはヤキモキしてしまいますよね。 でも、多くの男性にとってLINEは単なる連絡ツールであり、基本的に何か用事があるときや待ち合わせをするときなど、会話の先に何らかの「目的」があるときにしか頻繁なやりとりをしないことが多いものです。 ましてや彼とはまだ恋人同士ではなく、連絡先を交換しただけの間柄。 もしかしたら、そのまま言葉の通り「来月までは忙しい」状態になり、1か月、もしくは長引いてそれ以上に忙しい状態が続いているだけかもしれません。 ですから、2週間、3週間、1か月、もしくは何か月も連絡がこないからといって完全に脈なしというわけではありません。 逆を言えば、遊び目的のマメな男性だっていますから、毎日連絡があっても本命候補で絶対に脈あり、とも言い切れません。 未読放置・既読無視にも落ち着こう 特にLINEの未読放置や既読無視には、絶望的な気持ちになりがちです。 でももし本当に忙しい時期なら、いくつもの未読の中に埋もれてしまったり、既読にしてしまったけど今は忙しいから後で返信しようと思ってそのまま忘れててしまったり、なんてこともありえます。 LINEには1度つけた既読を取り消しする方法はありませんから、メールよりも管理が難しいもの。 こういうウッカリは案外よくあることです。 気になる人とのLINEのやりとりは、彼からの返信の有無・内容・スピード・連絡頻度に一喜一憂しない「余裕」を持つと気持ちが楽になります。 上手な誘い方 たとえ今は脈なし気味であっても、あきらめずに上手に誘えば会うこともできる!と多数のユーザーがアドバイス。 ただし誘い方に注意が必要なのだとか。 「いつが良いか?」はNG 「 会う日は いつが良いか?」 は、とても断りづらい聞き方です。 「忙しいからまだわからない」とモヤっとする返事がきたり、スルーされてしまったりすることも。 さらに、相手にまだその気がないと、断るために彼が「忙しい」などと嘘をつかなければいけないため、余計な罪悪感を持たせて、ますます疎遠になる可能性があります。 自分にとって都合の良い日時を指定しよう そこで、自分が都合の良い日時を指定するのがベスト。 特定の日時で誘われたなら「その日は都合が悪い」と言えるので、断るほうの負担が少なくてすみます。 もし相手に会う気があれば、具体的な代替日を指定してくるので、その時の相手の本心もわかりやすいですよね。 断られたら 断るだけで代替日を提示してこない場合、今はそのタイミングではなかったと諦めてあっさりと引き、1~2ヶ月経った頃に同じようにお誘いをしてみましょう。 このように時々誘いをかけていれば、相手の状況次第でそれに乗ることがあります。 また、ふと思い出して相手の方から誘ってくることもありえます。 どんな調子で誘う?誘い方のコツ また、日付の指定以外にも誘い方のコツがあるようです。 ・図々しいくらいが恋愛はうまくいく 「『お忙しいところ申し訳ないのですが…』『お仕事が落ち着いたらでいいので…』『迷惑なら返信はいりません』などと女性は気を使いがちですが、わかりやすくかわいく、図々しいくらいが恋愛ではうまくいく、と私は思います。 これでうまくいかないなら、控えめにしてもうまくいかない運命ではないでしょうか。 」 ・相手が答えやすい内容で 「玉砕覚悟で、失うものがないのならサラッとシンプルに、相手が答えやすいパスを出してあげましょう。 」 ・彼が忘れたころに 「少し長い目で見て、彼が約束をしたことすら忘れたあたりに、軽い感じで送ってみてもいいかもしれません。 」 ・まずは様子伺いから 「私なら、『元気?』など様子伺いのラインします。 スルーされたら、こちらもまたしばらく放置。 返事があれば、相手のテンションに合わせて、軽い感じで日にち指定で誘います。 断られても、あくまで軽くまたそのうち遊ぼうねって言って放置です。 わたしも脈なしの彼に半年毎くらいにこんな感じで連絡してデートできたことあります。 相手に執着しないことが大事ですよ。 なるほど!つまり、あくまで軽くシンプルに誘い、ダメならしばらく放置。 忘れた頃にまたさりげなく誘ってチャンスを待てばいい、ということですね! 体験談:脈なし彼には「長期戦」の覚悟を ここで連絡が途絶えた彼からの連絡を待っていたらデートができ、しかもお付き合いすることになったユーザーの体験談をご紹介。 体験談:潔く一切連絡しないと決めたら連絡が 「以前落としたい男性がいたのですが、『忙しいのでまた予定が分かったら連絡します』とLINEで言われ、『分かりました、連絡待ってます!仕事頑張ってくださいね』と送りましたが、そこから全く連絡はありませんでした。 」 そこで次のようにルールを決めて実行したら、連絡がなくなって3週間後、「遅くなってすみません」という言葉とともに、日程調整のLINEがきたのだとか。 ・日常の軽い会話なども含めて、一切連絡しない ・2か月は連絡来るまで待つと決め、だめならその後一度誘ってみて、それでもだめならきっぱり諦める その後デートを重ねて、彼からの告白で付き合うことになったのだそう。 これは希望が持てるエピソードですね! 「連絡がきたとき、『遅くなってすみません』とは言われましたが、彼が実際にはどう思っていたかは分かりません。 でももし、彼からの連絡を待たず数日で『元気?』『どうですか?』『ごはん行きませんか?』などと私から連絡していたら、彼は『催促されている』『こちらはまだそれほど盛り上がってないのに、相手はノリノリで重い…』と思って、付き合うことはなかった、と思います」と彼の心理を分析。 気長に待てる女性になろう 女性側の気持ちが強すぎて彼との気持ちに温度差があり、それが彼に伝わると、「嫌いなわけじゃないんだけど、ちょっと相手が前のめりすぎ…」と感じ、男性は一度距離をおきたくなるもの。 このような男性心理を頭に入れておけば、冷静に対処できそうです。 気になる人ができたら、焦らないこと!男性の気持ちに変化が訪れるまで、気長に待つのが得策です。 追われるよりも追いたいのが男性ですから、パタっと何の連絡もない状態が続けばあなたのことが気になり始めるかもしれません。 それに「忙しい」という言葉を信じて何も言わず待っててくれる女性って、多忙な男性にはそれだけで魅力的なのかもしれませんね。 まとめ もし彼のテンションが低く、「脈なし」と感じても、それは「今だけ」のことかもしれません。 しばらくすると彼の気持ちに変化が訪れることもあります。 返事が来なくなったからといって、即諦めたり、焦る必要はありませんが、長期戦になる覚悟は必要です。 好きバレすると避けられる可能性があるので、LINEのやりとりはさりげなく、こちらのテンションの高さが伝わらないよう、サラっと簡潔に。 誘うときはシンプルに断りやすくが基本。 断られたらしばらく放置し、忘れた頃にまたさりげなく誘って次のチャンスを待ちましょう。 また、多くのユーザーが「恋愛の選択肢は多いほうがいい」ということで、脈なしの彼だけにこだわらず、他の出会いも探すことをお勧めしていました。 これらのアドバイスを受け、好きという気持ちを全面に出さず、彼が忙しいと言っていた期間を過ぎてから、相談者さんは彼にLINEを送ってみる勇気が出たようです。 (この記事は、相談者本人が特定されないため、記事の意図に影響のない範囲で内容を変えています。 ) (恋愛ユニバーシティ編集部 ).

次の

好きな人からLINEの返信や連絡が来ない3つの理由と対処法

好き な 人 から line 来 ない

なぜかというと、ずっと「話続けていること」で安心する女性と、「必要なことしか話さない」男性では、ラインに求めるものが違うから。 女性は知り合った男性が「好ましいな」と思えば、LINEでつながっていたいと思いますし、「好きなら誘ってくるはず」とも思います。 けれど、「男性のLINEの頻度=愛」ではないので、「LINEがたびたび来ないからといって、好かれてないわけじゃない」ということをまずは知っておきましょう。 誘われないのはつながっているから また、「私からLINEをしないと、交流が絶たれてしまうのでは?」と不安になる方もいるでしょう。 なぜって、こちらから連絡しないと、向こうから連絡が来ない状態だから。 「私が連絡を止めると、向こうからもう連絡が来なくなるのでは」とおびえる気持ちになるのはわかりますが、それも大きな誤解です。 男性は女性からラインが来るのでついつい「返信する」スタイルを取りますが、まるで連絡が来なくなれば「自分からする」という人がほとんど。 なので、一度、自分からLINEするのを止めてみてください。 何日か経てば、気になる間柄になっているなら、男性は自分で連絡して来ますから。 すでに女性からLINEをしていて「つながっている状態」にあるから、男性からLINEが来ないのだと知っておくといいでしょう。 最初に書いた通り、男女では「求めるLINEの頻度」がそもそもだいぶ違います。 たいていの男性が「2,3日で一度でいい」と考えているのに、女性は「毎日…いえ、私は朝晩ほしい」という人もいるでしょう。 なので、男性の頻度に合わせると、女性が辛くなってくる。 「これって、やっぱり脈ナシかな?」と不安になって、LINEしてしまい、結果、女性が男性を追いかけるスタイルになってしまうのです。 追いかけるスタイルは損 「でも追いかけるスタイルでもいい。 彼とLINEできるなら」という声もあるでしょうが、それでうまく行くなら、そもそもあなたはやきもきしないはずですから、この場合は、「追いかけるスタイルではうまく行かない」男性を対象にしていると思ってください。 で、ではどうして追いかけるスタイルがうまく行かないのかと言いますと、男性は女性が頻繁に連絡してくると、「すでに手に入れた」感覚になってしまうから。 すでに手に入れた者に対しては、なかなか情熱は湧きませんから、関係が固定化するまでは、頻度は上げないほうがいいのです。 「連絡をくれないならくれるまで放置しなさい」といわれても、なかなかできないのは普通です。 そこで、オススメしたいのが、「連絡をくれない間の彼を想像すること」です。 この想像がうまくできないから、ネガティブな考えに陥るわけで、うまくできれば乗り切れます。 では、どのような想像をするか、なのですが、オススメなのは「連絡をくれない間に彼は未来の2人のために頑張ってくれているのだな」と思うことです。 そうポイントは「彼が頑張っている」ということと、「2人のため」…つまり、あなたのためでもあると思うこと。 「頑張ってくれていたのだな」と思っていれば、その後彼から連絡が来た時に、「忙しいのにありがとう」「頑張っていて、ほんとお疲れ様」と心から言えるハズ。 すると、彼も嬉しく思ってくれて2人の関係は本当によくなっていくのです。 ということで、好きな人からLINEが来なくてやきもきしたときは、「まずは自分から連絡するのを止める」「連絡を取らない間は彼が自分のために頑張ってくれていると考える」そして、連絡が来た時に「心からお礼を言う」「ねぎらう」気持ちでいるのがいいでしょう。

次の