メル ペイ スマート 払い 支払い 方法。 メルペイスマート払いとは?使える店・支払い方法・清算方法(残高・コンビニ・銀行口座)・上限金額から設定方法・使えないときの3つの注意点まで紹介【メルペイあと払い】

メルペイスマート払い(あと払い)が支払えないとどうなる?滞納した時の対処法をやらかした筆者が解説

メル ペイ スマート 払い 支払い 方法

最高金額の上限はユーザーごとに違い、利用状況などによって決まると言われています。 メルペイスマート払いの注意点 メルペイスマート払いには、いくつか注意点があります。 事前に本人確認が必要 メルペイであらかじめ本人確認が必要です。 本人確認が済んでいない人は、メルペイスマート払いを利用することができません。 18歳未満は利用できない メルペイスマート払いは、18歳未満は利用できません。 本人確認のときの年齢で判断されますので、18歳未満だとメルペイスマート払いは使えないのです。 18歳未満でもメルペイ残高での支払いはできるので、メルペイ残高でメルペイを利用するようにしましょう。 とりあえず1000円分もらえる「すすメルペイ」 今は「すすメルペイ」というキャンペーンがあり、新規で始める方は招待コードを入力するとポイントがもらえます。 メルカリ登録で500ポイント• メルペイ登録本人確認で1,000ポイント 既にメルカリをやっているでも、これから メルペイを新しく始める人は1,000円分のポイントもらえます。 これから始める人は、ボクの招待コードを使ってくれると嬉しいです。 メルペイスマート払いのやり方 メルペイスマート払いの使い方を説明します。 初回のみ初期設定が必要です。 <初期設定の手順>• 本人確認 (銀行口座登録 or かんたん本人確認)• メルペイスマート払い設定• 上限金額設定 初期設定が完了すれば、支払い方法を事前に設定するだけで買い物の度に何か操作する事は不要です。 買い物する前にやること まずは支払い方法を「メルペイスマート払い」にしましょう。 方法はラクラクです。 「 メルペイ」タブに移り、右上の「 メルペイスマート払い」をクリックするだけです。 これで切り替わりました。 文字が小さくて見にくいかもしれませんが、ここをクリックする度に「 メルペイ残高」と「 メルペイスマート払い」を切り替えることができます。 <拡大画面> この画面になっているときが、「メルペイスマート払い」の状態です。 買い物するとき 買い物するときは、いつものようにiDで支払いするかメルペイコード払いを使ってください。 店員さんとのやりとりで、何か言ったりする必要はありません。 あわせて読みたい 3つの清算方法 翌月の1日になるとアプリで清算できるようになります。 Push通知をオンにしていると、アプリに通知が来て支払いをするよう促されますと思います。 清算する方法は3つあります。 その理由は次のとおりです。 手数料で損したくないですよね。 必ずメルペイ残高から支払いするようにしましょう。 メルペイ残高の増やし方は、次の2つでしたね。 銀行口座からチャージ• クレジットカードだと、カード会社によって15日や27日であったりと、引き落とし日が決まります。 メルペイスマート払いの場合は、翌月の1日から月末が支払い期間となっています。 特定の日にちではなく、この期間内であればいつでもOKです。 嬉しいことにポイントでも清算可能! 清算が必要ですが、ポイントでも清算できるのです。 これは嬉しいですよね! メリット・デメリット ここで「メルペイスマート払い」のメリットとデメリットを考えてみましょう。 メルペイスマート払いのメリット メルペイスマート払いは後払いなので、前もってチャージしたりとお金を準備する手間がありません。 メルペイ残高は、「 メルカリの売上金」もしくは「 銀行口座からチャージ」で増やすことは先ほど伝えました。 つまり、メルペイ残高でメルペイを使って買い物しようとすると、事前にフリマで出品して売上を作ったり、銀行からチャージする必要があるのです。 事前に銀行口座からチャージした後、使わなくて返金したいときは手数料200円が発生します。

次の

【メルペイ】「スマート払い(旧:あと払い)」で支払い可能な利用上限額を変更する方法

メル ペイ スマート 払い 支払い 方法

iD払い コード払い 使えるスマホの機種• iPhone7以降• Android5. 0以降で、おサイフケータイ『Felica』が 入っているもの ほとんどのスマホで利用OK! 使える店舗 全国約90万カ所 (iDマークのあるお店) 全国約45万ヶ所 (メルペイマークのあるお店) 使えるコンビニ ほとんどのコンビニで利用OK! ローソン・ミニストップ 支払い方法 レジにある端末に スマホをかざして支払い QRコード・バーコードを レジに提示して支払い レジでの伝え方 iD(アイディ)払いでと伝える メルペイ払いでと伝える メルペイの『iD払い』と『コード払い』の共通のサービス 『メルペイ』は、メルカリの売上金でポイントを購入してから、はじめてお買い物で使うことができるようになります。 しかし、『支払い用銀行口座(チャージ用口座)を登録』するか『アプリでかんたん本人確認』をすると、わざわざポイントを購入しなくても、売上金がそのままメルペイ残高となります。 よく『メルペイ』を使うのであれば、銀行口座を登録しておくことで手数料無料で簡単にチャージできて便利ですよ。 また、後払い可能なアカウントであれば、どちらの支払い方法でも後払いすることができます。 メルペイ『iD払い』と『コード払い』で使えるスマホの機種の違いは? 『iD払い』は、メルペイとおサイフケータイを連携して使うことになるので、 おサイフケータイ『Felica』が入っているものに限られます。 iPhoneだと7以降のモデル• Apple WatchはSeries2以上のモデル• Androidだと5. 0以降で『Felica』が入っているモデル しかし、 『コード払い』であれば、それ以前のモデルでもOKです。 もちろん、iPhone6・iPhone6s・iPhoneseなどでも使えますよ。 コード払いだと、わざわざ機種変更をしなくても、多くのスマホに対応しているのがいいですよね。 メルペイ『iD払い』と『コード払い』で使えるお店の違いは? 使えるお店に関しては、 店舗側が『iD払い』や『コード払い』に対応しているかどうかによって変わってきます。 『iD』の主な加盟店は、コンビニだとセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ、他にもイオン系列のお店や、マクドナルド・ガスト・マツモトキヨシ・ドン・キホーテなど・・・たくさんあります。 実際に『iD』を使ってみると、レジでマークがあるかどうか気にするようになると思うんですが、本当に 多くのお店で使うことができるので、びっくりしますよ。 それに対して、『コード払い』は、主な加盟店は今のところ、 ローソンやミニストップ、牛丼の松屋、阪急・阪神百貨店くらいです。 しかし、『コード払い』は、『iD払い』のように決済用の端末がいるわけではなく、お店としても比較的簡単に導入することができます。 また、2019年夏くらいには、コード払いで有名な『LINE Pay』と提携することが発表されていますので、『コード払い』も使えるお店がどんどん増えていくでしょう。 メルペイ『iD払い』と『コード払い』で支払い方法の違いは? iD払いのやり方 1.メルカリアプリの下にある『メルペイ』をタップします。 2.電子マネー iD を開くをタップします。 3.ロックを外した後、レジの店員さんに「iD(アイディ)払いでお願いします」と言って、レジ付近にある端末にかざせばOKです。 コード払いのやり方 1.メルカリアプリの下にある『メルペイ』をタップします。 2.コード払いをタップします。 3.レジの店員さんに「メルペイ払いでお願いします」と言って、QRコード・バーコードを提示すればOKです。 さいごに いかがだったでしょうか? まだ今のところは、『メルペイ』は『iD払い』が主流です。 なので、iDが使える機種や店舗であれば、わざわざコード払いしなくても大丈夫です。 しかし、これからは『コード払い』も多くなってくると思いますので、使い方を覚えておくといいですね! もしも、メルペイが使えない時には、こちらもご覧になってみてください。

次の

メルペイスマート払いとは?使える店・支払い方法・清算方法(残高・コンビニ・銀行口座)・上限金額から設定方法・使えないときの3つの注意点まで紹介【メルペイあと払い】

メル ペイ スマート 払い 支払い 方法

目次 メルペイの後払いサービス「メルペイスマート払い」とは? メルペイスマート払いとは、お店で支払った代金を翌月にまとめて後払いできるサービスであり、 メルカリでの買い物やコンビニなどの実店舗における支払いに利用可能です。 元々メルカリでは支払いを翌月にまとめて行える「メルカリ月イチ払い」と呼ばれるサービスがありましたが、メルペイの登場で同サービスが後継される事となり、 メルカリ内の買い物以外にもiDを使った決済に対応されるようになりました。 メルペイスマート払い 後払い を利用するメリット メルペイスマート払いを利用するメリットを見ていきます。 何度買い物をしても支払いは月に一度のみ• 支払いは翌月後払いなので商品をすぐに購入できる• 利用金額の上限は全て自分で設定できる メリット1:何度買い物をしても支払いは翌月に一度のみ メルペイスマート払いを活用すれば、 当月に何度買い物をしても支払いを翌月の一回切りで済ませられます。 なので、利用者は現金を持っていなくてもメルペイを使って買い物が出来る上、その都度メルペイにチャージする手間を省く事が出来るようになります。 メリット2:支払いは翌月後払いなので商品をすぐに購入できる 「今買いたい商品があるけど、まとまったお金が無い…。 」 そんな人は、 メルペイスマート払いを使う事で欲しいものをすぐに購入する事もできます。 特に、クレジットカードを持っていないような方であれば、このサービスはかなり画期的なのでは無いでしょうか。 当月の支払い分の利用明細は翌月1日に通知されますが、 1日から末日まで好きなタイミングで清算する事が可能です。 出典: このように、実質メルカリ側からお金を借りる事が可能となるので、クレジットカードを持っていない人でもお金のやり繰りを柔軟に設定する事が出来るようになります。 メリット3:メルペイスマート払い 後払い の上限金額は全て自分で変更できる 「とはいっても、後払いだと使い過ぎてしまいそうだし心配だな…。 」 そう考える方も多いかもしれませんが、 メルペイスマート払いサービスでは利用金額の上限を自分で設定できます。 このように、予め自身で上限額を設定しておけば、使い過ぎの心配も解決出来るでしょう。 ただし、自分で最大上限金額の増額を行うことはできないので注意が必要です。 メルペイスマート払い 後払い にかかる手数料は? メルペイスマート払いにかかる手数料について見ていきます。 手数料は精算時の300円 メルペイスマート払いでかかる手数料は毎月の精算時に300円となっており、 月に何度使っても料金は変動しません。 残高払いとは、銀行口座からチャージした「メルペイ残高」で清算する方法。 残高払いなら1ヶ月間無理しで後払い制度を利用できる上、「自動引き落とし」も設定できるので、面倒な清算作業をせずに済みます。 残高払いでお得にスマート払いを使いたいなら「ジャパンネット銀行」に登録しよう! というわけで、メルペイスマート払いを使っていくなら、清算手数料が無料でかつ自動引き落としにも設定できる「残高払い」が圧倒的にオススメなわけですが、 残高払いをする為には「メルペイ残高」へ銀行口座からチャージする必要があります。 そこで! メルペイへのチャージにオススメな銀行口座が です! ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金なら手数料無料 の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されていますが、2回目以降も3万円以上の入出金であれば、 いつでも何回でも手数料無料となります。 ご覧のように、主要なコンビニに設置されているコンビニATMでも、 3万円以上なら手数料が完全無料。 今まで「コンビニのATMだと手数料がかかっちゃう…。 」といって、わざわざ地方銀行のATMまで駆けつけていた人も、ならある程度まとまった入出金をすれば、 コンビニのATMで24時間手数料無料で便利に使っていけます! メルペイ以外の主要なスマホ決済サービスにも登録できる なお、はメルペイ以外にもLINE PayやPayPayのチャージにも使えるので、 複数のスマホ決済サービスへのチャージを一つの銀行口座で管理できます。 最近では、各キャンペーン毎にスマホ決済サービスを使い分ける機会も多いと思いますが、それぞれ違った銀行でチャージをしてると お金の管理がしにくくなりますよね。 なので、「複数のスマホ決済のチャージを一元管理したい!」という方は、主要なスマホ決済に対応しているを選ぶと良いでしょう。 Visaデビットを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバックされる それだけではありません! 今ならのVisaデビット機能を3回以上使えば、 もれなく1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催中です! 以上のように、はメルペイに登録して使うメリットが盛りだくさんなので、是非この機会にジャパンネット銀行を使ってみてください! もちろん発行手数料は無料で、 最短5日でカードが届きます! メルペイスマート 後払い の上限金額の増額はどうやって決められてるの? 「メルペイスマート払いの上限金額を増やしたい…。 」 メルペイスマート払いを今後も継続的に利用していきたいと考えているあなたは、このような疑問を持っているのではないでしょうか? 結論、メルペイスマート払いの最大上限金額は、 利用者一人一人のメルカリでの商品のやり取りなどに基づいた「信用スコア」によって決められています。 なので、 人によってその上限金額が異なる場合があります。 なお、mercariBox内でのユーザーによる投稿によると『上限金額がたった1,000円しかなかった』という声もありました。 お店でのメルペイあと払い設定を行う• 「メルペイ>支払い方法を変更」より、「メルペイあと払い」を選択• 銀行口座の登録を行う場合、まずはメルカリのアプリを開いて「メルペイ」を選択し、「お支払い銀行口座を登録する」をタップして「銀行口座を登録する」を押してください。 次に自身の登録したい銀行を選択すると、各金融機関毎に必要事項を記入する為のフォーマットが表示されるので、指示に従いながら記入を進めて銀行口座の登録を完了させましょう。 メルペイスマート払いの設定を行う メルペイスマート払いで設定する方法ですが、メルペイの画面から「メルペイスマート払い」を選択して「設定をはじめる」をタップします。 次にメルペイスマート払いの申し込みをしますが、利用目的を確認して赤いボタンをタップして、利用上限金額を自分で選んでください。 するとメルペイスマート払いの設定が完了するので、自身で設定した利用上限金額をしっかりと確認しておいてください。 なお、設定後は以下のように、支払い方法を「スマート払い」に変更すれば、スマート払い利用枠に沿った支払いができるようになります。 残高払いでの清算方法 残高払いでの清算方法ですが、まずはメルペイから[メルペイスマート払い]をタップして、次の画面で支払い方法を[残高払い]に選んでおきましょう。 そして、メルペイのスマート払いを使った翌月に「支払いが可能になりました」と通知が届くので、以下の赤枠をタップして、その月の支払い分を確認してください。 「メルペイ画面下部にある「使った履歴」の「メルペイスマート払い」をタップする• 「お客さま番号を発行する」を選択• セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• ミニストップ• デイリーヤマザキ• セイコーマート の6つであり、銀行ATMの場合は「Pay-easy」が利用されています。 口座振替での清算 口座振替での清算を選択した場合、利用月の翌月10日が振替申請締日の為、 翌月9日までに口座振替の設定をしておく必要があります。 その後、27日に自動的に銀行口座から引き落としされるようになります。 そして、その設定方法は以下の通りです。 メルペイの画面下部で「使った履歴」の「メルペイスマート払い」をタップ• 「支払い方法」を選択して「支払い方法の選択」画面で「口座振替」を選択• 口座情報、氏名等の必要事項を入力し、「登録」を選択• 銀行のページで必要情報を入力し、口座振替の認証を行う• 新たな機能の搭載によってグレードアップする予定の「メルペイあと払い」ですが、「メルカリ」「メルペイ」の利用実績を基に利用上限金額が拡大され、翌月のお支払いだけではなく、 数ヶ月、数回に分けてのお支払いも可能とされるとのことです。 柔軟な支払い手段が確立されることで、今後は高額な買い物でも、メルペイを使って分割払いで購入していけるようになるかもしれません。

次の