出産祝い お礼 メール。 【楽天市場】出産祝いをもらったときの対応

ありがとうを伝えよう!出産祝いの「お礼メール」マナーと例文集

出産祝い お礼 メール

出産のお祝いをもらったときの『お礼メール』ビジネスメール例文と、完璧に書くためのコツを紹介する記事。 ビジネス取引先あて・社内上司あて・友達あて・親戚あてなど、シーンごとにふさわしい例文を紹介していきます。 まずは基本の書き方について少し。 出産のお祝いをもらったときの『お礼メール』の基本となる書き方は6ステップあり、以下のような構成が好ましいです。 つづいて「このたびは出産に際し、たいそうな品を頂き誠にありがとうございました」と手短にお礼をのべる。 祝い金・ご祝儀をもらったのであれば「お心遣いをいただき~」とする。 近況報告として適当なひと言、ふた言をくわえる。 ビジネスメール結び・締めくくり。 この記事の目次• to社内・上司・職場:結婚のお祝い『お礼ビジネスメール』文例 まずは社内上司・職場から結婚のお祝いをもらったときの「お礼ビジネスメール」例文についてご紹介。 ここでは祝い品を想定していますが、ご祝儀やお金をもらったときには「お品」ではなく「お心遣い」とします。 お祝いのお礼メールをする例文。 口頭でお礼を伝え、内祝いを渡すだけでもよい。 が、上司が不在だったり、あなたが産休で出社しない場合はメールする。 メール件名:お礼 〇〇 部長(社内上司) お疲れ様です。 このたびは出産に際し、たいそうなお品を頂き誠にありがとうございました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 早速、頂きましたお品を大切に使わせて頂きます。 夫婦ともども大変嬉しく思っており、改めて感謝申し上げます。 なお、ささやかながら、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 略儀ではございますが、まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 口頭でお礼を伝え、内祝いを渡すだけでもよい。 が、皆がそろっている可能性は低いのでメールもしておくべき。 極めて丁寧にしているが、もっとカジュアルでもよい。 メール件名:お礼 営業部の皆さま(社内上司~全員) お疲れ様です。 このたびは出産にあたり、結構なお品を頂き誠にありがとうございました。 いつもながら、皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 頂きましたお品のほう、大切に使わせて頂きます。 なお、お礼のしるしに、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納くださいませ。 大変略儀ながら、まずはお礼かたがたメールにてご報告申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 口頭でお礼を伝え、内祝いを渡すだけでもよい。 メール件名:お礼 人事部の皆さま(社内上司~全員) お疲れ様です。 このたびは出産に際し、素晴らしいお品を頂き誠にありがとうございました。 皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 さて私事ではございますが、妻が無事に出産を終え、誕生した長女には野眞子(のまこ)と命名いたしました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 また、頂きましたお品のほう、大切に使わせて頂きます。 なお、お礼のしるしに、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 末筆ながら、皆さまのますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 友達との親密度に応じてカジュアルにするかどうかを決めるべき。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしています。 また近いうちに遊ぼうね! 追伸: お礼の品を贈ったのでよかったらどうぞ。 お祝いのお礼メールをする例文。 極めて丁寧にしているが、もっとカジュアルでもよい。 このたびは出産に際して、お祝いを頂きありがとうございました。 いつもながら、叔母さんの温かいお心遣いに感謝しています。 さて、妻のほうは無事に出産を終え、誕生した長女には野眞子(のまこ)と命名しました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 また、お品のほうも大切に使わせてもらいますね! まだまだ未熟な二人ではございますが、力を合わせて温かな家庭を築いていきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。 追伸: お礼のしるしに、心ばかりの品をお送りいたしました。 ホントは社外取引先からお金を受け取ってはいけないのですが、念のため2つのパターンでお礼メールの例文を作成しました。 お祝いのお礼メールをする例文。 口頭でお礼を伝え、内祝いを渡すだけでもよい。 が、相手が不在だったり、会う機会が無かったり、あなたが産休で出社しない場合はメールする。 株式会社転職・ノマドでございます。 このたびは妻の出産に際し、たいそうなお品を頂き誠にありがとうございました。 さて私事ではございますが、妻が先日無事に出産を終え、誕生した長男には野窓(のまど)と命名いたしました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 早速、頂きましたお品を大切に使わせて頂きます。 夫婦ともども大変嬉しく思っており、改めて感謝申し上げます。 なお、ささやかながら、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 略儀ではございますが、まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 口頭でお礼を伝え、内祝いを渡すだけでもよい。 が、皆がそろっている可能性は低いのでメールもしておくべき。 極めて丁寧にしているが、もっとカジュアルでもよい。 メール件名:お礼(転職・ノマド) ビジネス株式会社 営業部の皆さま(社外ビジネス取引先) お世話になっております。 株式会社転職・ノマドでございます。 このたびは出産にあたり、結構なお品を頂き誠にありがとうございました。 いつもながら、皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 頂きましたお品のほう、大切に使わせて頂きます。 なお、お礼のしるしに、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納くださいませ。 大変略儀ながら、まずはお礼かたがたメールにてご報告申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 メール件名:お礼(転職・ノマド) ビジネス株式会社 営業部の皆さま(社外ビジネス取引先) 時下 営業部の皆さまにおかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 このたびは、出産に際して素晴らしいお品を頂き誠にありがとうございました。 皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 私事ではございますが、妻が先日無事に出産を終え、誕生した長女には野眞子(のまこ)と命名いたしました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 また、頂きましたお品のほう、大切に使わせて頂きます。 なお、お礼のしるしに、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 末筆ながら、皆さまのますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 そんなとき「結構なお品をいただき」はおかしいので以下の例文をご参考にどうぞ。 株式会社転職・ノマドでございます。 このたびは妻の出産に際し、お心遣いを頂き誠にありがとうございました。 私事ではございますが、先日、妻が無事に出産を終え、誕生した長男には野窓(のまど)と命名いたしました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 なお、ささやかながら、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 略儀ではございますが、まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 メール件名:お礼(転職・ノマド) ビジネス株式会社 営業部の皆さま(社外ビジネス取引先) 時下 営業部の皆さまにおかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 このたびは、妻の出産に際してお心遣いを頂き誠にありがとうございました。 いつもながら、皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 私事ではございますが、先日、妻が無事に出産を終え、誕生した長男には野窓(のまど)と命名いたしました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 皆さまのお心遣いに夫婦ともども大変嬉しく思っており、改めて感謝申し上げます。 なお、ささやかながら、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 末筆ながら、皆さまのますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 社内あてメール件名: お礼 1-2. 社内メール件名: お品のお礼 2-2. 社内メール件名: 出産祝いのお礼 2-3. 社外メール件名: お品のお礼(社名・名字) 2-4. 社外メール件名: 出産祝いのお礼(社名・名字) icon-arrow-circle-o-up メール件名の書き方 ・件名で何を知りたいか、相手に伝わるようにすること。 (株式会社転職・ノマドでございます。 ) このたびは出産に際し、たいそうなお品を頂き誠にありがとうございました。 いつもながら、皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 このたびは、妻の出産に際して結構なお品を頂き誠にありがとうございました。 いつもながら、皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 (株式会社転職・ノマドでございます。 ) このたびは妻の出産に際し、お心遣いを頂き誠にありがとうございました。 icon-arrow-circle-o-left メール挨拶文の書き方 ・社内の相手には「お疲れ様です」「こんにちは」などのカジュアルな挨拶を使う。 ・社外のビジネスメールには初対面だと「(これから)お世話になります」を使い、面識のある相手には「(今)お世話になっております」を使う。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 icon-arrow-circle-o-up メール本文の書き方 ・気の利いたひと言、ふた言をいれる ・万人むけに使えるのが「近況報告」と、もらった品を「大切に使う」というひと言 ・お金をもらったのであれば「祝い金」とは書かず「お心遣い」などとボンヤリした表現に言い換える ・すでに贈り物を使ったのであれば感想などを書いてもよい。 柔軟にご対応を。 ご笑納いただければ幸いです。 末筆ながら、皆さまのますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 ご笑納くださいませ。 大変略儀ながら、まずはお礼かたがたメールにてご報告申し上げます。 icon-arrow-up メール結びの書き方 ・内祝いをわたす旨を丁寧に伝える。 「内祝い」「お返し」といった表現ではなく「心ばかりの品」というように謙遜する。 ・さらに「ご笑納」という謙遜する表現をつかい、自分の贈り物に対してへりくだる。 ・メール結びは「礼儀を略していますが、お礼をするために挨拶しますよ」の丁寧な敬語フレーズ、あるいは「末筆ながら」などで締めるとスムーズ。 お礼に贈る品として「内祝い」「お返し」といった表現は使いません。 これらの表現をビジネスメールで使うと「オレってお返しするんだ、偉いだろう」みたいなニュアンスになるためご注意を。 そこで、• 相手からもらったお祝い品は…「結構なお品」「たいそうなお品」というように尊敬表現をつかい、• あなたがお礼に贈る品は…「心ばかりの品」「お礼の品」「つまらないモノですが…」というようにします 自分が贈る品にたいして「結構なお品」というような尊敬表現をつかうと、自分で自分の行為を高めることになってしまい、敬語の使い方としては間違いです。 他にも、自分が贈る品にたいして「お礼のお品」と尊敬語「お・ご」を使うのは間違い。 「自分が贈るモノは低め、相手からもらうモノは高める」というのが敬語の基本。 ビジネスメールでは「お祝い金」「ご祝儀」という表現も使いません。 取引先からどうあれ、お金を受け取ったことをメールで残すと後々めんどうなことになるリスクあり。 とくに最近はコンプライアンスがうるさくなっているのでなおさらです。 そこで「お祝い金」「ご祝儀」の代わりに「お心遣い」などとし、ボンヤリとした表現を使いましょう。 「金」「祝儀」という言葉は会話だけで使い、ビジネスメールや文書など残るものには決して使わないこと。 会って直接お礼し、内祝いを渡すのが基本 ビジネスシーンで出産お祝いをもらったあとの『お礼メール』で気をつけるべきこと。 社内でのお礼の基本マナーは『会って直接お礼する』です。 どこかのタイミングで顔を合わせるのであれば、わざわざ面倒くさいお礼メールすることに意味はありません。 ところが、 あなたが産休に入っていてあと一年くらいは出社しないとか、のお礼すべき相手が出張でいないとか、多数のヒトにお礼する必要があったりとか、あなた自身が出張したりで会う機会のないとき。 こんなときには必ずお礼メールを使います。 つまり会ってお礼するのが難しいときにメールで伝えるとよいでしょう。 できるだけ早く送る ビジネスシーンで出産お祝いをもらったあとの『お礼メール』で気をつけるべきこと。 お礼メールはできるだけ早く。 出産に関する一連の流れが完結したらすぐお礼メールしましょう。 これは理屈ではなく単なるビジネスマナーです。 ときが経てば経つほど、お礼メールを送るのがめんどくさくなりますし、受け手である社内上司や相手からの心象も悪くなります。 お礼メールはダラダラと書く必要はない ビジネスシーンで出産お祝いをもらったあとの『お礼メール』で気をつけるべきこと。 ところで出産のお祝い・お礼メールの例文をネットで調べてみると、あまりにかしこまり過ぎというか、ダラダラと書いている例文が多いです。 たとえば「〇〇が家事にとっても役立っています。 ホントに助かりました」とか。 明らかに不要な文章です。 あなたが嬉しかったとかそうでないとか、好きとか嫌いとか、どうでもいい部分は省きましょう。 出産のお祝い「お礼ビジネスメール」敬語フレーズ 最後にまとめとして、ビジネスシーンで出産お祝いをもらったあとの『お礼のビジネスメール』に使える敬語フレーズを紹介しておきます。 イロイロと組み合わせてメールを作ってみましょう。 「ご笑納」 出産お祝いをもらったあとの『お礼のビジネスメール』に使える敬語フレーズ。 ビジネスシーンでは自分が相手に贈るモノはすべて、謙遜することが好まれます。 たとえば「つまらないモノですが…」といってお土産を渡したりするのもその一つ。 相手からもらったお祝い品は…「結構なお品」「たいそうなお品」というように尊敬表現をつかい、• あなたがお礼に贈る品は…「心ばかりの品」「お礼の品」「つまらないモノですが…」というように謙遜します 末筆ながら、皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます 出産お祝いをもらったあとの『お礼のビジネスメール』に使える敬語フレーズ。 メール結び「末筆ながら、皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」• メール結び「末筆ではございますが、皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」 「末筆ながら」の意味は「これで最後になりますが」。 ビジネスシーンでは意味どおりに、メール結びとして使われます。 後に続く文章は基本、相手を気づかうフレーズです。 とくに、これからしばらく会わないであろう相手に対して使います。 退職の挨拶とか、転職の挨拶とかイロイロ。 あなたが産休に入るのであればふさわしいフレーズですが、男性で1週間ほどしか休まないのであれば不要な表現です。 お土産・お見舞い・お祝いをもらったときのお礼メールなど、とにかくもらい物をしたときに活躍するフレーズ。 「お心遣い」 出産お祝いをもらったあとの『お礼のビジネスメール』に使える敬語フレーズ。 すると例文の意味は原文に示したとおりになります。 ここで「頂く」は「もらう」の謙譲語。 「恐れ入る」「恐縮」はどちらも「申し訳なく思う、とんでもなく恐れる」。 とくにお礼のビジネスメールに使われることの多い表現です。 例文「精進して参ります」• 例文「まい進して参ります」• 例文「努めて参ります」 意味はどれも似たようなもので、「ある目標に向かって突き進むこと、頑張ること」。 ここで「参ります」は「行く」の謙譲語「参る」に丁寧語「ます」をくっつけて敬語にしています。 とくにビジネスメール締め・結びに使われることの多い表現であり、決意表明の挨拶として使われます。 ビジネスメールに使える例文• メール例文「少しでも早く戦力になれるよう、仕事に精進して参ります」• メール例文「仕事にまい進して参ります」• メール結び「まだまだ至らない点も多いことと存じますが、今後ともご指導のほど宜しくお願い致します」• メール結び「まだまだ至らぬ二人ではございますが、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します」 「至らない・至らぬ」の意味は「未熟であること」。 「至る」は「到達する」の意味であるため、「至らない」は「到達してない」つまり「未熟であること」の意味となります。 とくにビジネスメール締め・結びに使われることの多い表現であり、決意表明の挨拶として使われます。 例文「お忙しいところ大変恐れ入りますが(恐縮ですが)、お取り計らいのほど何卒よろしくお願い申し上げます」• 例文「たいそうなお品をいただき、大変恐れ入ります(恐縮です)」 「恐縮です」「恐れ入ります」の意味はどちらも、「申し訳なく思う・恐れ多く思う」であり、相手からの厚意にたいしてのお礼にも使えます。 相手になにか負担をかけてしまって「申し訳なく思う・恐れ多く思う」というニュアンスの言葉。 お礼やお詫び、とにかくどんなシーンでも万能に活躍するフレーズであり、「ありがとう!」というような直接的な表現よりもビジネスシーンでは好まれます。 例文「先日はお忙しいところ、人事研修にお付き合い頂き誠にありがとうございました」 意味は「付き合ってもらってありがとう」。 ここで「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 主催者側の人が社内の講師に「ホント、仕事忙しいのに講師してもらってありがとう」というようなニュアンスで使います。 「お力添え」 出産お祝いをもらったあとの『お礼のビジネスメール』に使える敬語フレーズ。 ビジネスメール締め・結びにも使えますし、感謝の気持ちを表すフレーズにも使えます。 ここで「頂ければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」に仮定形「~れば」を使っています。 さらに「思う」の謙譲語「存じる」に丁寧語「ます」をくっつければ「頂ければと存じます」という敬語フレーズとなります。 ビジネスメールに使える例文• とくにビジネスメール締め・結びに使われることの多い表現であり、「今後もよろしく」的な意味で使われることの多いフレーズ。 とくに、社内メールで使われるフレーズであり、社外メールではあまり使いません。 ビジネスメールに使える例文• メール結び「まだまだ至らない点も多いことと存じますが、今後ともご指導のほど宜しくお願い致します」• メール結び「まだまだ至らぬ二人ではございますが、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します」 その他イロイロ•

次の

結婚祝いの感謝の気持ち、お礼メールで伝えましょう!

出産祝い お礼 メール

スポンサーリンク 直接会うのが難しい場合はメールでOK! 出産祝いは、赤ちゃんが生まれてから貰うことがほとんどです。 しかし、今回のように、 産休に入る前に先に渡しておくね というパターンもゼロではありません。 文明が生み出した便利ツールであるメールを、 惜しげもなく使うのが、一番お互いに負担が少なくいです。 つまり「今度実際にお会いする時までの間」「お返しの品を渡すまでの間」 を繋ぐためのものが、お礼のメールの役割なんです。 お祝いをいただいたら、まずは躊躇せずにお礼のメールを送りましょう。 ただし、忘れてはいけないのは、 この時送るメールは「取り急ぎ」であるということです。 メール文面の中に、 「取り急ぎ、御礼まで」という言葉を入れるといいですね! その後無事に赤ちゃんが生まれたら、内祝いを贈る時に一筆手紙を添えて、 改めてお祝いを頂いたことのお礼を、伝えるようにしましょう。 ちなみに、この時送るメール文には、 「お祝いを頂いたにも関わらず、ご連絡が遅くなり申し訳ございませんでした」 という感じで、一言お詫びを添えることもお忘れなく。 無事に贈り物が届いてたことがわかるだけで、相手も安心してくれますよ。 メール文面はビジネスマナーを守って さて、いざメールでお礼をしようと決めたのはいいけれど、 一体どんな風に書けばいいのでしょう? お祝いを贈ってくれるくらい仲のいい上司だから、砕けた文面でも良い? と思いがちですが、相手は上司という立場の人です。 最低限のビジネスマナーを持って文面を作りましょう。 本来であれば、面と向かってお礼を言うべきところを、 そうは出来ないからメールを使うわけです。 どんなに仲のいい上司でも、ここは 感謝の意を伝えることが 目的であることを忘れないようにしましょう。 ちなみに、ビジネスマナーは必要ですが、 メール文全体の量としてはそう多くなくて大丈夫です。

次の

親戚に出産祝いのお礼の電話のかけ方や内容は?内祝いのお返し期間も紹介!

出産祝い お礼 メール

出産のお祝いをもらったときの『お礼メール』ビジネスメール例文と、完璧に書くためのコツを紹介する記事。 ビジネス取引先あて・社内上司あて・友達あて・親戚あてなど、シーンごとにふさわしい例文を紹介していきます。 まずは基本の書き方について少し。 出産のお祝いをもらったときの『お礼メール』の基本となる書き方は6ステップあり、以下のような構成が好ましいです。 つづいて「このたびは出産に際し、たいそうな品を頂き誠にありがとうございました」と手短にお礼をのべる。 祝い金・ご祝儀をもらったのであれば「お心遣いをいただき~」とする。 近況報告として適当なひと言、ふた言をくわえる。 ビジネスメール結び・締めくくり。 この記事の目次• to社内・上司・職場:結婚のお祝い『お礼ビジネスメール』文例 まずは社内上司・職場から結婚のお祝いをもらったときの「お礼ビジネスメール」例文についてご紹介。 ここでは祝い品を想定していますが、ご祝儀やお金をもらったときには「お品」ではなく「お心遣い」とします。 お祝いのお礼メールをする例文。 口頭でお礼を伝え、内祝いを渡すだけでもよい。 が、上司が不在だったり、あなたが産休で出社しない場合はメールする。 メール件名:お礼 〇〇 部長(社内上司) お疲れ様です。 このたびは出産に際し、たいそうなお品を頂き誠にありがとうございました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 早速、頂きましたお品を大切に使わせて頂きます。 夫婦ともども大変嬉しく思っており、改めて感謝申し上げます。 なお、ささやかながら、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 略儀ではございますが、まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 口頭でお礼を伝え、内祝いを渡すだけでもよい。 が、皆がそろっている可能性は低いのでメールもしておくべき。 極めて丁寧にしているが、もっとカジュアルでもよい。 メール件名:お礼 営業部の皆さま(社内上司~全員) お疲れ様です。 このたびは出産にあたり、結構なお品を頂き誠にありがとうございました。 いつもながら、皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 頂きましたお品のほう、大切に使わせて頂きます。 なお、お礼のしるしに、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納くださいませ。 大変略儀ながら、まずはお礼かたがたメールにてご報告申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 口頭でお礼を伝え、内祝いを渡すだけでもよい。 メール件名:お礼 人事部の皆さま(社内上司~全員) お疲れ様です。 このたびは出産に際し、素晴らしいお品を頂き誠にありがとうございました。 皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 さて私事ではございますが、妻が無事に出産を終え、誕生した長女には野眞子(のまこ)と命名いたしました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 また、頂きましたお品のほう、大切に使わせて頂きます。 なお、お礼のしるしに、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 末筆ながら、皆さまのますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 友達との親密度に応じてカジュアルにするかどうかを決めるべき。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしています。 また近いうちに遊ぼうね! 追伸: お礼の品を贈ったのでよかったらどうぞ。 お祝いのお礼メールをする例文。 極めて丁寧にしているが、もっとカジュアルでもよい。 このたびは出産に際して、お祝いを頂きありがとうございました。 いつもながら、叔母さんの温かいお心遣いに感謝しています。 さて、妻のほうは無事に出産を終え、誕生した長女には野眞子(のまこ)と命名しました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 また、お品のほうも大切に使わせてもらいますね! まだまだ未熟な二人ではございますが、力を合わせて温かな家庭を築いていきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。 追伸: お礼のしるしに、心ばかりの品をお送りいたしました。 ホントは社外取引先からお金を受け取ってはいけないのですが、念のため2つのパターンでお礼メールの例文を作成しました。 お祝いのお礼メールをする例文。 口頭でお礼を伝え、内祝いを渡すだけでもよい。 が、相手が不在だったり、会う機会が無かったり、あなたが産休で出社しない場合はメールする。 株式会社転職・ノマドでございます。 このたびは妻の出産に際し、たいそうなお品を頂き誠にありがとうございました。 さて私事ではございますが、妻が先日無事に出産を終え、誕生した長男には野窓(のまど)と命名いたしました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 早速、頂きましたお品を大切に使わせて頂きます。 夫婦ともども大変嬉しく思っており、改めて感謝申し上げます。 なお、ささやかながら、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 略儀ではございますが、まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 口頭でお礼を伝え、内祝いを渡すだけでもよい。 が、皆がそろっている可能性は低いのでメールもしておくべき。 極めて丁寧にしているが、もっとカジュアルでもよい。 メール件名:お礼(転職・ノマド) ビジネス株式会社 営業部の皆さま(社外ビジネス取引先) お世話になっております。 株式会社転職・ノマドでございます。 このたびは出産にあたり、結構なお品を頂き誠にありがとうございました。 いつもながら、皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 頂きましたお品のほう、大切に使わせて頂きます。 なお、お礼のしるしに、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納くださいませ。 大変略儀ながら、まずはお礼かたがたメールにてご報告申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 メール件名:お礼(転職・ノマド) ビジネス株式会社 営業部の皆さま(社外ビジネス取引先) 時下 営業部の皆さまにおかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 このたびは、出産に際して素晴らしいお品を頂き誠にありがとうございました。 皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 私事ではございますが、妻が先日無事に出産を終え、誕生した長女には野眞子(のまこ)と命名いたしました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 また、頂きましたお品のほう、大切に使わせて頂きます。 なお、お礼のしるしに、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 末筆ながら、皆さまのますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 そんなとき「結構なお品をいただき」はおかしいので以下の例文をご参考にどうぞ。 株式会社転職・ノマドでございます。 このたびは妻の出産に際し、お心遣いを頂き誠にありがとうございました。 私事ではございますが、先日、妻が無事に出産を終え、誕生した長男には野窓(のまど)と命名いたしました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 なお、ささやかながら、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 略儀ではございますが、まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。 お祝いのお礼メールをする例文。 メール件名:お礼(転職・ノマド) ビジネス株式会社 営業部の皆さま(社外ビジネス取引先) 時下 営業部の皆さまにおかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 このたびは、妻の出産に際してお心遣いを頂き誠にありがとうございました。 いつもながら、皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 私事ではございますが、先日、妻が無事に出産を終え、誕生した長男には野窓(のまど)と命名いたしました。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 皆さまのお心遣いに夫婦ともども大変嬉しく思っており、改めて感謝申し上げます。 なお、ささやかながら、心ばかりの品をお送りいたしました。 ご笑納いただければ幸いです。 末筆ながら、皆さまのますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 社内あてメール件名: お礼 1-2. 社内メール件名: お品のお礼 2-2. 社内メール件名: 出産祝いのお礼 2-3. 社外メール件名: お品のお礼(社名・名字) 2-4. 社外メール件名: 出産祝いのお礼(社名・名字) icon-arrow-circle-o-up メール件名の書き方 ・件名で何を知りたいか、相手に伝わるようにすること。 (株式会社転職・ノマドでございます。 ) このたびは出産に際し、たいそうなお品を頂き誠にありがとうございました。 いつもながら、皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 このたびは、妻の出産に際して結構なお品を頂き誠にありがとうございました。 いつもながら、皆さまの温かいお心遣いに恐縮するばかりです。 (株式会社転職・ノマドでございます。 ) このたびは妻の出産に際し、お心遣いを頂き誠にありがとうございました。 icon-arrow-circle-o-left メール挨拶文の書き方 ・社内の相手には「お疲れ様です」「こんにちは」などのカジュアルな挨拶を使う。 ・社外のビジネスメールには初対面だと「(これから)お世話になります」を使い、面識のある相手には「(今)お世話になっております」を使う。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 お陰さまで母子ともに健康に過ごしております。 icon-arrow-circle-o-up メール本文の書き方 ・気の利いたひと言、ふた言をいれる ・万人むけに使えるのが「近況報告」と、もらった品を「大切に使う」というひと言 ・お金をもらったのであれば「祝い金」とは書かず「お心遣い」などとボンヤリした表現に言い換える ・すでに贈り物を使ったのであれば感想などを書いてもよい。 柔軟にご対応を。 ご笑納いただければ幸いです。 末筆ながら、皆さまのますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 ご笑納くださいませ。 大変略儀ながら、まずはお礼かたがたメールにてご報告申し上げます。 icon-arrow-up メール結びの書き方 ・内祝いをわたす旨を丁寧に伝える。 「内祝い」「お返し」といった表現ではなく「心ばかりの品」というように謙遜する。 ・さらに「ご笑納」という謙遜する表現をつかい、自分の贈り物に対してへりくだる。 ・メール結びは「礼儀を略していますが、お礼をするために挨拶しますよ」の丁寧な敬語フレーズ、あるいは「末筆ながら」などで締めるとスムーズ。 お礼に贈る品として「内祝い」「お返し」といった表現は使いません。 これらの表現をビジネスメールで使うと「オレってお返しするんだ、偉いだろう」みたいなニュアンスになるためご注意を。 そこで、• 相手からもらったお祝い品は…「結構なお品」「たいそうなお品」というように尊敬表現をつかい、• あなたがお礼に贈る品は…「心ばかりの品」「お礼の品」「つまらないモノですが…」というようにします 自分が贈る品にたいして「結構なお品」というような尊敬表現をつかうと、自分で自分の行為を高めることになってしまい、敬語の使い方としては間違いです。 他にも、自分が贈る品にたいして「お礼のお品」と尊敬語「お・ご」を使うのは間違い。 「自分が贈るモノは低め、相手からもらうモノは高める」というのが敬語の基本。 ビジネスメールでは「お祝い金」「ご祝儀」という表現も使いません。 取引先からどうあれ、お金を受け取ったことをメールで残すと後々めんどうなことになるリスクあり。 とくに最近はコンプライアンスがうるさくなっているのでなおさらです。 そこで「お祝い金」「ご祝儀」の代わりに「お心遣い」などとし、ボンヤリとした表現を使いましょう。 「金」「祝儀」という言葉は会話だけで使い、ビジネスメールや文書など残るものには決して使わないこと。 会って直接お礼し、内祝いを渡すのが基本 ビジネスシーンで出産お祝いをもらったあとの『お礼メール』で気をつけるべきこと。 社内でのお礼の基本マナーは『会って直接お礼する』です。 どこかのタイミングで顔を合わせるのであれば、わざわざ面倒くさいお礼メールすることに意味はありません。 ところが、 あなたが産休に入っていてあと一年くらいは出社しないとか、のお礼すべき相手が出張でいないとか、多数のヒトにお礼する必要があったりとか、あなた自身が出張したりで会う機会のないとき。 こんなときには必ずお礼メールを使います。 つまり会ってお礼するのが難しいときにメールで伝えるとよいでしょう。 できるだけ早く送る ビジネスシーンで出産お祝いをもらったあとの『お礼メール』で気をつけるべきこと。 お礼メールはできるだけ早く。 出産に関する一連の流れが完結したらすぐお礼メールしましょう。 これは理屈ではなく単なるビジネスマナーです。 ときが経てば経つほど、お礼メールを送るのがめんどくさくなりますし、受け手である社内上司や相手からの心象も悪くなります。 お礼メールはダラダラと書く必要はない ビジネスシーンで出産お祝いをもらったあとの『お礼メール』で気をつけるべきこと。 ところで出産のお祝い・お礼メールの例文をネットで調べてみると、あまりにかしこまり過ぎというか、ダラダラと書いている例文が多いです。 たとえば「〇〇が家事にとっても役立っています。 ホントに助かりました」とか。 明らかに不要な文章です。 あなたが嬉しかったとかそうでないとか、好きとか嫌いとか、どうでもいい部分は省きましょう。 出産のお祝い「お礼ビジネスメール」敬語フレーズ 最後にまとめとして、ビジネスシーンで出産お祝いをもらったあとの『お礼のビジネスメール』に使える敬語フレーズを紹介しておきます。 イロイロと組み合わせてメールを作ってみましょう。 「ご笑納」 出産お祝いをもらったあとの『お礼のビジネスメール』に使える敬語フレーズ。 ビジネスシーンでは自分が相手に贈るモノはすべて、謙遜することが好まれます。 たとえば「つまらないモノですが…」といってお土産を渡したりするのもその一つ。 相手からもらったお祝い品は…「結構なお品」「たいそうなお品」というように尊敬表現をつかい、• あなたがお礼に贈る品は…「心ばかりの品」「お礼の品」「つまらないモノですが…」というように謙遜します 末筆ながら、皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます 出産お祝いをもらったあとの『お礼のビジネスメール』に使える敬語フレーズ。 メール結び「末筆ながら、皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」• メール結び「末筆ではございますが、皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」 「末筆ながら」の意味は「これで最後になりますが」。 ビジネスシーンでは意味どおりに、メール結びとして使われます。 後に続く文章は基本、相手を気づかうフレーズです。 とくに、これからしばらく会わないであろう相手に対して使います。 退職の挨拶とか、転職の挨拶とかイロイロ。 あなたが産休に入るのであればふさわしいフレーズですが、男性で1週間ほどしか休まないのであれば不要な表現です。 お土産・お見舞い・お祝いをもらったときのお礼メールなど、とにかくもらい物をしたときに活躍するフレーズ。 「お心遣い」 出産お祝いをもらったあとの『お礼のビジネスメール』に使える敬語フレーズ。 すると例文の意味は原文に示したとおりになります。 ここで「頂く」は「もらう」の謙譲語。 「恐れ入る」「恐縮」はどちらも「申し訳なく思う、とんでもなく恐れる」。 とくにお礼のビジネスメールに使われることの多い表現です。 例文「精進して参ります」• 例文「まい進して参ります」• 例文「努めて参ります」 意味はどれも似たようなもので、「ある目標に向かって突き進むこと、頑張ること」。 ここで「参ります」は「行く」の謙譲語「参る」に丁寧語「ます」をくっつけて敬語にしています。 とくにビジネスメール締め・結びに使われることの多い表現であり、決意表明の挨拶として使われます。 ビジネスメールに使える例文• メール例文「少しでも早く戦力になれるよう、仕事に精進して参ります」• メール例文「仕事にまい進して参ります」• メール結び「まだまだ至らない点も多いことと存じますが、今後ともご指導のほど宜しくお願い致します」• メール結び「まだまだ至らぬ二人ではございますが、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します」 「至らない・至らぬ」の意味は「未熟であること」。 「至る」は「到達する」の意味であるため、「至らない」は「到達してない」つまり「未熟であること」の意味となります。 とくにビジネスメール締め・結びに使われることの多い表現であり、決意表明の挨拶として使われます。 例文「お忙しいところ大変恐れ入りますが(恐縮ですが)、お取り計らいのほど何卒よろしくお願い申し上げます」• 例文「たいそうなお品をいただき、大変恐れ入ります(恐縮です)」 「恐縮です」「恐れ入ります」の意味はどちらも、「申し訳なく思う・恐れ多く思う」であり、相手からの厚意にたいしてのお礼にも使えます。 相手になにか負担をかけてしまって「申し訳なく思う・恐れ多く思う」というニュアンスの言葉。 お礼やお詫び、とにかくどんなシーンでも万能に活躍するフレーズであり、「ありがとう!」というような直接的な表現よりもビジネスシーンでは好まれます。 例文「先日はお忙しいところ、人事研修にお付き合い頂き誠にありがとうございました」 意味は「付き合ってもらってありがとう」。 ここで「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 主催者側の人が社内の講師に「ホント、仕事忙しいのに講師してもらってありがとう」というようなニュアンスで使います。 「お力添え」 出産お祝いをもらったあとの『お礼のビジネスメール』に使える敬語フレーズ。 ビジネスメール締め・結びにも使えますし、感謝の気持ちを表すフレーズにも使えます。 ここで「頂ければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」に仮定形「~れば」を使っています。 さらに「思う」の謙譲語「存じる」に丁寧語「ます」をくっつければ「頂ければと存じます」という敬語フレーズとなります。 ビジネスメールに使える例文• とくにビジネスメール締め・結びに使われることの多い表現であり、「今後もよろしく」的な意味で使われることの多いフレーズ。 とくに、社内メールで使われるフレーズであり、社外メールではあまり使いません。 ビジネスメールに使える例文• メール結び「まだまだ至らない点も多いことと存じますが、今後ともご指導のほど宜しくお願い致します」• メール結び「まだまだ至らぬ二人ではございますが、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します」 その他イロイロ•

次の