アライブ 松下 奈緒 カバン。 【アライブ】松下奈緒の衣装ブランドは?恩田心のコートやブラウスの詳細を公開!

松下奈緒『アライブ』クランクアップに涙「ひとまず解散です」

アライブ 松下 奈緒 カバン

アライブ がん専門医のカルテ ジャンル 脚本 演出 髙野舞 出演者 音楽 眞鍋昭大 オープニング 『』 国・地域 言語 製作 プロデュース 太田大 有賀聡 製作 放送 放送チャンネル フジテレビ系 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 木曜 22:00 - 22:54 放送枠 放送分 54分 回数 11 特記事項: 初回は15分拡大(22:00 - 23:09)。 第5話は『』中継のため10分繰り下げ(22:10 - 23:04)。 また関東地区のみ21:58 - 22:04に『まもなくアライブ』を別途放送。 最終話は21:48 - 21:54に『まもなくアライブ』を別途放送。 『 アライブ がん専門医のカルテ』(アライブ がんせんもんいのカルテ)は、系「」でから同年まで放送された。 のオリジナル作品で、主演は。 なお、「木曜劇場」枠でが放送されるのは、2018年夏クール「」以来1年半ぶり。 この作品記事はが望まれています。 ください。 キャスト [ ] 主要人物 [ ] 恩田心(おんだ こころ) 演 - 主人公。 の横浜みなと総合病院の腫瘍内科医。 医学部卒業後はに進むが、より多くのがん患者を救いたいという強い思いから、腫瘍学を学んだのち腫瘍内科への転科を決める。 梶山薫(かじやま かおる) 演 - 横浜みなと総合病院の医。 物語が開始する1週間前に関東医大中央病院から転院してきた。 それ故にがんに関する知識は豊富である。 しかし、バディを組むことになる心にも話せない隠された秘密を抱えている。 横浜みなと総合病院 [ ] 腫瘍内科 [ ] 結城涼(ゆうき りょう) 演 - 横浜みなと総合病院の研修医。 物事をはっきりと言う性格のため、周りから誤解されることがある。 冷静沈着でありながら、素直になれない不器用な性格である。 家系が外科医であるため、本能的に外科医を目指している節がある。 夏樹奈海(なつき なみ) 演 - 横浜みなと総合病院の研修医で結城とは同期。 あるきっかけから医を目指している。 真面目で努力家だが、時折羽目を外してしまう。 光野守男(みつの もりお) 演 - 横浜みなと総合病院の腫瘍内科医で心の同僚。 元はに所属していたが、5番目の子供ができたこともあり、勤務時間が安定している腫瘍内科に異動した。 腫瘍内科医としてのキャリアは浅いが、大変明るく朗らかな性格のため、医師や患者たちからの信頼度は厚い。 阿久津晃(あくつ あきら) 演 - 横浜みなと総合病院の腫瘍内科の部長。 病院内に腫瘍内科を創設した人物。 基本的に診療は心に任せているが、心をはじめとする部下たちに対しては極めて寛容。 開放的で明るい性格。 婦人科 [ ] 前園敬之(まえぞの のりゆき) 演 - (第1話・第5話・第9話) 消化器外科 [ ] 美川史郎(みかわ しろう) 演 - (第1話・第6話・最終話) 消化器外科の部長。 薫の上司。 看護師 [ ] 松井聡 演 - 渡辺 演 - 病院関係者 [ ] 高坂民代(こうさか たみよ)〈64〉 演 - (第1話 - 第10話) 長年通院している全身がんの患者。 そのため、病院内の事情に詳しい。 元化粧品メーカーの美容部員。 心が一貫して担当しているが、薫からも診療を受けている。 佐倉莉子(さくら りこ)〈26〉 演 - (第2話 - 最終話) 会社員。 ある日乳がんが見つかり、心の診察を受ける。 全摘手術の話を心から聞かされ、現実を受け入れられなくなるが、心と薫の説得により、手術と抗がん剤治療を受ける事を決断する。 恩田家 [ ] 恩田匠(おんだ たくみ)〈45〉 演 - 心の夫。 父の京太郎に憧れになったが全く売れておらず、生計は心に任せて、自身は家事と漣の育児を務めていた。 意識不明の重体。 恩田漣(おんだ れん) 演 - 心と匠の一人息子。 小学1年生。 恩田京太郎(おんだ きょうたろう) 演 - 匠の父。 職業は。 関東医科大学附属中央病院 [ ] 須藤進(すどう すすむ) 演 - 消化器外科の副部長。 薫の元上司。 その他 [ ] 関河隆一(せきかわ りゅういち) 演 - (第3話 - 第7話) スポーツジムで薫に近づいてきた謎の男性。 正体は医療であり、過去にある病院で起きたについて調査している。 ゲスト [ ] 第1話 [ ] 村井恵子(むらい けいこ)〈55〉 演 - 原発不明のがんを患っている女性患者。 余命3ヶ月を宣告されているため医師からの入寮を勧められているが、本当に助からないのか否かを確かめるために、結婚を約束している忠司とともに心のもとを訪れる。 山本忠司(やまもと ただし) 演 - 恵子の大学時代の同級生。 恵子とは結婚を約束している。 原発不明のがんを患っている恵子と共に心のもとを訪れる。 殿山俊樹(とのやま としき)〈38〉 演 - () 美川の親友の病院から転院してきた患者。 胃がんの肝転移ステージ4という診断を受けていたが、それは画像のみの診断であり、を行った結果、胃、肝臓共に初発のステージ1のがんである事が判明した。 第2話 [ ] 日ノ原徹(ひのはら とおる)〈58〉 演 - 男性乳がんを患っている患者。 かつては妻と娘の3人暮らしだったが、離婚して現在は独り暮らし。 赤城紀子(あかぎ のりこ) 演 - 徹が乳腺科で出会った乳がん患者。 緩和ケアを別の病棟で受けている。 佐倉裕子(さくら ゆうこ) 演 - 莉子の母。 手術に来なかった莉子を病院に連れてくる。 吉田葵(よしだ あおい) 演 - 莉子の友人。 第3話 [ ] 木内陽子(きうち ようこ) 演 - 複数のがんを患っている患者。 抗がん剤治療による身体の負担を軽減させるために緩和治療を打診される。 田所歩美(たどころ あゆみ) 演 - 陽子の次女。 心から打診された母への緩和治療の方針を受け入れられず、抗がん剤治療の続行を望む。 猪瀬浩美(いのせ ひろみ) 演 - 陽子の長女。 心からの説明を受け、母への緩和治療の方針に賛成するが、在宅医療については同じく家庭を持つ妹と共に反対している。 母を苦しませたくないと思っているため、抗がん剤治療の続行を望む妹と対立してしまう。 木内修造(きうち しゅうぞう) 演 - 陽子の夫で浩美と歩美の父。 川谷潤平(かわたに じゅんぺい)〈45〉 演 - 4年前に肝臓がんを切除するも、再発を宣告された患者。 妻の美沙と息子が1人いる。 川谷美沙(かわたに みさ) 演 - 潤平の妻。 第4話 [ ] 中山 演 - 出版社「徳文社」の社員。 森川 演 - 半年前に妻を亡くした男性。 妻の担当医だった阿久津からグリーフケアを受けている。 第5話 [ ] 長尾春香(ながお はるか)〈40〉 演 - 希少がんの一種である粘液型腫瘍肉腫を患う患者。 夫と別居中で、息子の優斗の親権を争っている。 長尾優斗(ながお ゆうと) 演 - 春香の息子。 夜中にこっそり家から出ようとして二階の窓から落下し左腕を骨折、母である春香が通う横浜みなと総合病院に搬送された。 本間 演 - 北陸総合病院の医者。 第6話 [ ] 土方絵麻(ひじかた えま)〈27〉 演 - 若くしてステージ3の胃がんを患う患者。 心から抗がん剤治療を勧められる。 土方徳介(ひじかた とくすけ) 演 - 絵麻の父。 病院が勧める標準治療に懐疑的である。 土方律子(ひじかた りつこ) 演 - 絵麻の母。 第7話 [ ] 武井正弘(たけい まさひろ)〈65〉 演 - 3年前にを患い膀胱を摘出するも、肺への転移が発覚し、がん性胸膜炎を診断される。 心から入院し抗がん剤治療をする事を勧められたが、自宅に引きこもっている息子の健太を気にかけており、息子のために入院を拒む。 後日、を起こし、健太の通報により心の病院に搬送される。 武井健太(たけい けんた) 演 - 正弘の息子。 自宅に引きこもっている。 父とは、母が10年前に亡くなって以降一切話をしていない。 呼吸不全により苦しむ父を見つけ、119番通報をする。 第8話 [ ] 井上和樹(いのうえ かずき) 演 - 横浜東高校に通う高校3年生のがん患者。 幼い頃からがんで入退院を繰り返し、大学進学を目前に胚細胞腫瘍の再発を診断された。 入院後もブログを更新しているが、がんの再発を隠し、「免許を取って初ドライブ」や「家族とスキー」などの嘘を綴っている。 井上弥生(いのうえ やよい) 演 - 和樹の母。 第9話 [ ] 小山内静(おさない しずか)〈39〉 演 - 切迫流産で緊急搬送されてきた妊婦。 5年前に大腸がんを患い、無事に退院して凍結保存した卵子を用いて妊娠したが、搬送されてきた際の検査でがんが肝臓に転移していたことが発覚した。 心は静に妊娠の継続は難しく、母体の命を優先したいと話すが、夫の敬と共にを拒んだ。 小山内敬(おさない たかし) 演 - 静の夫。 第10話 [ ] 佐伯芳雄(さえき よしお) 演 - すい臓がんの患者。 隼人の兄。 佐伯隼人(さえき はやと) 演 - 芳雄の弟。 芳雄を有馬総合病院に転院させようとする。 結城美紀子(ゆうき みきこ) 演 - 涼の母。 有馬総合病院の理事。 結城駿(ゆうき しゅん) 演 - 涼の弟。 最終話 [ ] 橘千寿子 演 - 橘麗奈 演 - スタッフ [ ]• 脚本 - 、神田優(第4話、7話、10話)• プロデュース - 太田大、有賀聡• 演出 - 髙野舞、、• 音楽 - 眞鍋昭大• 制作協力 -• 製作 - 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 取り上げられたがん・病名 第1話 1月 09日 原発部位が不明のがん 倉光泰子 高野舞 8. 『 関東版』2020年4号、、 54頁。 MANTAN. 2019年11月6日. 2019年11月13日閲覧。 ナターシャ. 2019年11月22日. 2019年11月22日閲覧。 2019年12月28日. 2020年1月9日閲覧。 クランクイン!. 2020年1月9日. 2020年1月9日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年1月23日. 2020年1月23日閲覧。 ナターシャ. 2019年12月17日. 2019年12月17日閲覧。 2020年1月12日閲覧。 スポーツ報知 2020年1月10日. 2020年1月10日閲覧。 2020年1月17日. 2020年1月17日閲覧。 まんたんウェブ. 2020年1月24日. 2020年1月27日閲覧。 まんたんウェブ MANTAN. 2020年1月31日. 2020年1月31日閲覧。 MANTANWEB(まんたんウェブ). 2020年2月7日閲覧。 MANTANWEB(まんたんウェブ). 2020年3月6日閲覧。 2020年3月6日. 2020年3月11日閲覧。 MANTANWEB(まんたんウェブ). 2020年3月24日閲覧。 外部リンク [ ]• - プレイリスト この項目は、に関連した です。

次の

「アライブ・がん専門医のカルテ」あらすじや原作は?みどころもまとめてみた!

アライブ 松下 奈緒 カバン

ちなみに「FODプレミアム」では現在 2週間 の無料お試しキャンペーンを実施中。 見逃してしまった 過去の放送も【第1話~最終話までの全話】まとめて見ることができます。 登録方法については「」のページで解説していますので、そちらを参照してください。 タイトルは『 アライブ がん専門医のカルテ』。 主演・松下奈緒さん、そして木村佳乃さんとは14年ぶりの共演でお届けする本作は 完全オリジナル作品です。 また、彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。 薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科ですが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在です。 fujitv. 心は人を救う職業に就きたいという思いから医師を目指し、奨学金で医学部に進学。 医学部卒業後、最初は放射線科に進のですが、画像診断でがん患者を救った経験をきっかけにがんの専門家になりたいと思うようになり、腫瘍学を学び腫瘍内科へ転科を決めます。 患者に対して自然と寄り添う事ができる医師。 梶山薫 かじやま・かおる 木村佳乃 有能な消化器外科の梶山薫(かじやま・かおる)は消化器外科医になって15年のキャリアを持つ。 腕が良いと評判の医師で数々の手術をこなしてきた経験の持ち主。 仕事では常に冷静沈着で瞬時に正しい判断ができるものの、大胆な性格で周囲を驚かせる女性で、恋愛関係になるのは常に一筋縄ではいかない男性ばかりという一面も・・・。 職場を転籍した先が心の勤める病院で、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支えるバディとなっていく。 2013年より「バルーン」の名義で活動しているボーカロイド楽曲アーティストで、自ら歌うセルフカバーでも数多くの支持を得ています。 主題歌の「はるどなり」も彼自身がドラマのために書き下ろした楽曲で、「自分の中にある命への価値観とリンクする描写に対して丁寧に製作した」とのこと。 冷たくも温かい、ドラマの内容に寄り添うような楽曲に仕上がっています。 ドラマとあわせてチェックしておきたいですね。 ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ』各話のあらすじ・感想 第1話:「原発部位が原因不明のがん」 恩田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。 様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日。 この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。 民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。 一息つく間もなく、次は、化学療法室から緊急の連絡。 初日の研修医・結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていた。 心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻すが、紹介状に添えられたカルテを見て、心は違和感を感じる。 担当医である消化器外科部長の美川に生検を進言しようとするが、「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまう。 仕事を切り上げ、向かったのは別の病院。 3ヶ月前に事故に遭い意識不明となっている夫を見舞うためだ。 少しの滞在の後、すぐに息子の蓮を迎えに行き帰宅すると、義父・京太郎(北大路欣也)が出迎える。 来ることは聞いていない。 世話を焼いてくれるのはいいが、気を使う相手。 公私共に息つく暇がない…これが、最近の心の日常だった。 引用: 【第1話:視聴者のネタバレ感想】 松下奈緒さんが演じるがん専門内科医の心、彼女の仕事は、今まさに必要とされている、患者さんの気持ちに寄り添う大切な仕事です。 その反面自分で手術できない歯がゆさも感じざるを得ないとも思います。 消化器外科医の薫(木村佳乃)を信じ、患者さんを託し祈るだけの立場でしかなく、その時の患者さんにとっては手術の成功が喜びなのかもしれません。 人の人生を変えてしまうまでの病(やまい)というのは、手術で全てが終わるわけではなく、その後どのように生きていけるのかが、患者にとっては必要で、一生抱えていかなければならない重い悩みとなるのです。 病が発症してから人生の終わりを迎えるまで、最も長く必要とされるのは専門内科医という仕事だと改めて思いました。 恩田心(松下奈緒)に夫、匠(中村俊介)の容態が急変したと関東医科大学附属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫(木村佳乃)と共に病室に駆けつける。 京太郎(北大路欣也)と 漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤進(田辺誠一)から状況の説明を受けるが…。 『横浜みなと総合病院』では、心が担当する末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)の容態が悪化。 腫瘍内科で、陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われる。 心は抗がん剤治療をまだ続けることが出来るかを考えるが、光野守男(藤井隆)と阿久津晃(木下ほうか)は否定的だ。 緩和医療への切り替えについては、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の意見も割れる。 休憩中、心は薫に匠の病院に付き添ってくれたことへの礼を言い、辛い時にいつもタイミング良く現れてくれると話す。 そして、心は先日、薫が何か言いかけたことを尋ねるが…。 一方、薫は、容姿端麗な男性・関河隆一(三浦翔平)とジムで出会う。 その後も、偶然再会し、言葉を交わすが…。 引用: 第4話:「愛する人の死の受け入れ方」 恩田心(松下奈緒)の夫、匠(中村俊介)の告別式が行われる。 参列した光野守男(藤井隆)、阿久津晃(木下ほうか)たちは心に弔いの言葉をかけるが、梶山薫(木村佳乃)は声をかけることが出来ない。 葬儀を終えた心は、悲しみを抱えながらも日常に戻ろうと、数日後から勤務を再開する。 阿久津や光野は心配するが、心は、仕事をしている方が気が紛れると気丈にふるまう。 その言葉通り、以前より仕事に打ち込んでいく心だが、突然、警察から京太郎(北大路欣也)に関しての連絡を受け…。 一方、薫は、匠の死に繋がる真相を心に言えないでいた…。 思い悩む薫の元に、先日薫と偶然の出会いを果たしていた関河隆一(三浦翔平)が姿を現し、真の目的を打ち明ける…。 愛する人を失ったとき、遺された家族は、悲しみをどう乗り越えていくのかー。 引用: 第5話:「ついに暴かれる過去…」 恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎(北大路欣也)、漣(桑名愛斗)たち家族と、匠(中村俊介)を亡くした悲しみを共有することが出来た。 そうして腫瘍内科の勤務に戻った心に、ジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)が接触してくる。 心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだったが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学で梶山薫(木村佳乃)が起こしたとされる医療過誤問題だった。 しかし、心に思い当たる節はなく、取材の件を薫に話して関河には気をつけるようにと話す。 そんな心と薫の会話を高坂民代(高畑淳子)が聞いていた。 引用: 第6話:「抗がん剤への拒否感.. 」 恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされる。 しかも、薫はその時に匠の手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。 薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心は、信頼していた薫に裏切られていたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて…」と伝える。 数日後、薫はまだ横浜みなと総合病院にいた。 退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していたが、薫の手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。 心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。 しかし、心は薫を避けるようになっていた。 引用: 第7話:「孤独すぎる二人きりの親子を救え…」 恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。 心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。 薫の心中は複雑だ。 心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。 武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。 がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。 心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。 同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。 引用: 第8話:「若きがん患者の苦悩.. 」 恩田心(松下奈緒)は、抗がん剤治療を受けないと言う高坂民代(高畑淳子)に理由を尋ねる。 動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と梶山薫(木村佳乃)の関係を心配していた。 薫に会った心は、本当に横浜みなと総合病院を辞めるつもりかと聞く。 そんな時、高校生の井上和樹(萩原利久)が入院してくる。 和樹は幼い頃からがんで入退院を繰り返し、今回も大学入学を目前に控えての再発だった。 心と一緒に和樹と会った夏樹奈海(岡崎紗絵)は医局で光野守男(藤井隆)が、かつて入院していた時の様子を聞く。 光野は子供の頃の和樹は優しくて頑張っていたと教えるのだが…。 和樹もその家族たちも病気に疲弊していた。 自分の弟もかつて入退院を繰り返していた経験がある奈海は和樹に寄り添おうとするが…。 引用: 第9話:「二つの命を守ることはできるのか.. 」 恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が、婦人科医の前園敬之(高橋洋)に呼び出される。 前園は、切迫流産で緊急入院した小山内静(山田真歩)の胎児をエコーで確認したところ気になる部分が見つかったと二人に話す。 静はかつて大腸がんで入院したときに心が担当した患者だが、肝臓への転移が見つかったのだ。 カンファレンスで、心たち医師たちはがん治療のために静の妊娠継続は難しいということで一致した。 心と薫は静の病室へ行き、病状を説明。 心は妊娠の継続が困難なので静の命を優先させたいと告げる。 しかし、静に中絶の選択肢はなく、その意思はゆるぎないものだった。 静に付き添っている夫の敬(落合モトキ)にもやっと授かった子供だと中絶への同意は得られない。 引用: 第10話:「最後に試される、二人の絆。 」 恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智己)が、兄を転院させると申し出てきた。 芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。 心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。 アライブアライブ 一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。 阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。 阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばらならない理由があるようだ。 引用: 第11話:「がんと共に歩む、私らしく生きるために」 医療系のドラマは多くありますが、「アライブ」は、松下奈緒さん演じる腫瘍内科医の恩田心先生を中心にがんに立ち向かう今までにないドラマです。 恩田先生(通称オンコロ)先生とと一緒に活躍するのが、木村佳乃さん演じる消化器外科医の梶山薫先生です。 二人とも演技が上手で、医者の風格もあるので、どんなやり取りがあるかとても楽しみです。 また、恩田先生は事故で意識不明になった夫がいますし、梶山先生にも秘密がありそうです。 それがどのように影響するかも楽しみです。 他のキャストは、若手の清原翔さん、岡崎紗絵さん、ベテランの藤井隆さん、木下ほうかさん等です。 どのようにして、困難を乗り越えて患者を救っていくのでしょうか。 とても楽しみです。

次の

アライブ

アライブ 松下 奈緒 カバン

「アライブ-がん専門医のカルテ」の無料動画 第一話 原発部位が不明のがん テーマとなった癌の種類・・・原発不明がん 恩田心(松下奈緒)は腫瘍内科医として横浜みなと総合病院に勤務している。 毎日にように様々な状態の患者を診察している。 担当の患者・高坂民代の診察を終えたのだが、直後の初来院の男性患者が倒れていたとの緊急連絡が入ってきた。 ドラマ「アライブ」 第二話 知られざる、男性の乳がん テーマとなった癌の種類・・・ ドラマ「アライブ」 第三話 愛する家族との最期の時間 テーマとなった癌の種類・・・ ドラマ「アライブ」 第四話 愛する人の死の受け入れ方 テーマとなった病気の種類・・・ ドラマ「アライブ」 第五話 離婚調停中の母と希少がん テーマとなった癌の種類・・・ ドラマ「アライブ」 第六話 がんの標準治療と民間療法 テーマとなった癌の種類・・・ ドラマ「アライブ」 第七話 がん再発の父と引きこもりの息子6030問題 テーマとなった癌の種類・・・がん性 ドラマ「アライブ」 第八話 18歳の少年が抱えるがん テーマとなった癌の種類・・・ 高校生の患者・井上和樹が入院してきた。 幼少頃からがんで入退院を繰り返してきた和樹だったが大学入学を目前に控えて、また癌が再発したのだった。 一方、心(松下奈緒)は若い患者たちの気持ちを知ってもらおうと患者との交流会を開くことを提案する。 梶山薫(かじやま かおる)演 — 横浜みなと総合病院の消化器外科医。 結城涼(ゆうき りょう)演 — 横浜みなと総合病院の研修医。 夏樹奈海(なつき なみ)演 — 横浜みなと総合病院の研修医。 結城とは同期。 光野守男(みつの もりお)演 — 横浜みなと総合病院の腫瘍内科医。 心の同僚。 阿久津晃(あくつ あきら)演 — 横浜みなと総合病院の腫瘍内科の部長。 病院内に腫瘍内科を創設した人物。 みなと総合病院の事情通。 乳がん患者、心の診察を受けている。 恩田匠(おんだ たくみ)演 — 心の夫。

次の