ご教示いただきたく存じます。。 「いただきたく存じます」の意味と類義語、ビジネスにおける使い方

ご教示ください /文例・敬語の使い方・意味

ご教示いただきたく存じます。

この表現は単純になにか物が欲しい時に使う表現です。 「お菓子を頂きたいと存じます」というような使い方は少ないかもしれませんが、このような使い方をすることで相手から何か物をいただきたいという意思表示ができる表現になっています。 頂きたいと存じますはこちらの意味合いで使われることの方が圧倒的に多くなっています。 ビジネスにおいて何かをしてもらいたいあるいはさせてもらいたいというシーンではまっさきにこの表現が頭をよぎることでしょう。 頂きたいと存じますという言葉は「頂きたい」と「存じます」の2つに分かれていますが下記の関連記事は「存じます」という表現に絞って内容を説明しています。 「存じます」という表現は「頂きたいと存じます」以外にも様々な言葉と組み合わせてビジネスで多用される表現なのでこちらもしっかりチェックしておきましょう。 「頂く」という表現が相手から何かをもらう謙譲語であり、その意味を表す時には「いただく」という言葉は漢字で表記をすることができます。 ただしここから説明する2つ目の意味でも漢字を使うのも、現在は許容されているようです。 「もらう」以外のいただくにはこのような意味があります。 「頂く」とここで説明する「いただく」は意味が違うので本来は漢字表記はNGなのですが、「もらう」という意味合いで使われることが限られていて意味の履き違いが起こりづらいため、今ではこちらの意味でも漢字を使うことがしばしばあります。 例文は説明会への参加を促している表現ですが、ビジネスのシーンにおいて参加を促す際に「ご参加いただきたいと存じます」という言い回しはよく使われます。 非常に丁寧で良い印象を与える表現になっています。 この表現に関しては本来であれば「していただきたくお願い申し上げます」という敬語表現を省略している表現にあたります。 また依頼は「していただけましたら幸いでございます」というような強制感のない言い回しがベターです。 ここまでで「させていただきたく」という表現をいくつか紹介しており、これが単独でNGではありません。 しかしながら「させていただきたく」を多用すると相手に身勝手な印象を与えるので多用はNGとされています。 この表現に関しては目上の人に使える類語表現の中でも、非常に相手への気遣いを感じる表現になっています。 強制感がなく相手に判断を委ね、引き受ければ「ありがとうございます」と感謝される言い回しだからです。 ビジネスにおいて相手に対して「お願いします」と言い切る場面はかなり限定されます。 言い切ってしまうとその依頼に強制感が出るからです。 しかし「お願い申し上げます」は丁寧さが強い表現なので強制感はやや薄れます。 頂きたいと存じますをビジネスで活用しよう! 頂きたいと存じますをビジネスで活用することで、何かを目上の人や取引先に依頼をする時に今までよりもスムーズに物事が運ぶようになることでしょう。 それはビジネスパーソンとしてのスキルアップを実感できる瞬間でもあります。 ここで紹介したことがいち早くあなたのビジネスで活用できる状況になればうれしいです!.

次の

ビジネスの場における「頂きたく存じます」の意味・使い方・注意点

ご教示いただきたく存じます。

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の

「ご助言」の意味とは|覚えておきたいビジネス用語の使い方を解説

ご教示いただきたく存じます。

目上の人やお客様などに対して、許可や同意を得るために使います。 同じ立場や目下の人に対しては使えませんので注意してください。 漢字で書く「頂きたく存じます」との違い 「いただきたく存じます」の「いただき」はひらがなですが、ここを漢字にした「頂きたく存じます」というフレーズもよく見かけますよね。 この二つのフレーズには、何か意味の違いがあるのでしょうか?それとも単なる書き方の違いで、意味は全く同じなのでしょうか? 実はひらがなの「いただきたく存じます」と、漢字の「頂きたく存じます」には、 はっきりした意味の違いがあります。 漢字の「頂く」は、「(物などを)もらう」という動作を表す時、つまり動詞として使う時に使用します。 一方でひらがなの「いただく」には動詞としての「もらう」という意味はなく、「~して欲しい」という意味で補助的に用いられています。 このように動詞としての本来の意味を失って、補助的に使われる動詞を「補助動詞」といいます。 「いただきたく存じます」の正しい使い方 ここまで「いただきたく存じます」の意味を詳しく見てきましたが、次は具体的にどんな文章で使えるのかを知りたいところですよね。 特に「いただきたく存じます」は日常生活ではあまり使わないフレーズですから、どう使えばいいかピンとこない方もいるはずです。 以下で 「いただきたく存じます」の基本的な例文をいくつかご紹介しますので、ぜひ実際のビジネスシーンで使ってみてください。 ビジネスシーンやメールで使える「いただきたく存じます」の例文 お時間をいただきたく存じます 例えば 先方とアポイントメントを取りたい時に、「打ち合わせのお時間をいただきたく存じます」といった使い方ができます。 または 用事や準備などで相手を待たせなければならない時、「少々お待ちください」のより丁寧な表現として、「お時間をいただきたく存じます」と使うことも可能です。 お教えいただきたく存じます 相手から何かを教えてもらいたい時、「教えていただけますか」などの代わりに「お教えいただきたく存じます」を使うとより丁寧になります。 もっと丁寧にしたい場合は「 ご教示(きょうじ)いただきたく存じます」を使うのもオススメです。 ご高覧(こうらん)いただきたく存じます 「ご高覧」は「見てもらう」の丁寧語で、「ご覧いただく」よりさらに丁寧な表現になります。 目上の人に書類や資料を見てもらいたい時に使える表現です。 「ご高覧」は日常生活ではほぼ使うことはありませんが、ビジネスシーンでは活用の幅が広い単語です。 知らなかった方はこの機会に知っておきましょう。 「いただきたく存じます」の言い換え表現 上で説明したように、「いただきたく存じます」は、「~して欲しいと思います」「~してもらいたいと思います」を丁寧にしたフレーズです。 なので 同じ意味になる表現ならどれでも言い換えることができます。 といってもどんなフレーズで言い換えればいいか分からないと思いますので、以下で少しだけ例をご紹介しましょう。 「いただきたく存じます」の言い換えで使える例文 「いただきたいと思います」「いただければ幸いです」 「いただきたく存じます」では堅苦しすぎる場合、 もう少しくだけた表現として、「いただきたいと思います」「いただければ幸いです」などを使うとよいでしょう。 相手との立場の違いや距離感を踏まえて、うまく使い分けられれば完璧です。 「~くださいますようお願いします」「~いただきますようお願い申し上げます」 「いただきたく存じます」は非常に丁寧な表現ですが、 こればかり繰り返すと堅苦しく不自然になってしまいます。 「~くださいますようお願いします」「~いただきますようお願い申し上げます」などの言い換え表現を混ぜて、同じフレーズばかり続かないように気をつけましょう。 「いただきたく存じます」の英語表現 英語には日本語の「いただきたく」や、「存じます」にピッタリ対応する英単語というのはありません。 なので英語で「いただきたく存じます」を表現したい場合は、へりくだって同意を求めるような表現の中から、その場に合ったものをケースバイケースで使い分けることになります。 シンプルな表現としては 「Can I ~」「Could you ~」 などがあります。 「いただきたく存じます」に比べるとかなり軽いニュアンスなので、同僚や少し目上の人などに使うとよいでしょう。 もう少し丁寧にしたい場合は 「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」 といった表現がおすすめ。 「もしかしたら乗り気ではないかもしれませんが、よかったら~してくれませんか」といったニュアンスになります。 ビジネス英語でよく使われる表現です。 日本人が多用しがちな 「I would like you to ~」 は 少し上から目線な印象になるので使わないほうがいいでしょう。 「いただきたく存じます」をビジネスシーンで上手に使おう! 「いただきたく存じます」のような 相手に同意・許可を求めるフレーズは、ビジネスシーンでは頻繁に出てきます。 ちゃんとした正しい表現ですので、二重敬語を心配して使うのをためらっていた方も、ぜひこの機会に使ってみてください。 表現の幅が広がって、ビジネスをより円滑に進められるようになるでしょう。

次の