中国 ペスト 流行。 人類と感染症 1 「ペスト」発生源は中国か

ペストの原因、感染経路、致死率、種類、予防 日本の発生状況は?世界では?怖い理由も解説|アスクドクターズトピックス

中国 ペスト 流行

(CNN) 中国でこのほど2人が肺ペストと診断され、北京の病院で治療を受けている。 当局が12日に明らかにした。 この地域でペストの患者が確認されたのは、今年に入ってこれで2度目。 5月にはモンゴル人の夫婦が現地で療法食とされるマーモットの腎臓を生で食べ、腺ペストのため死亡していた。 新華社通信によると、今回感染が確認されたのは内モンゴルから来た2人の患者で、北京の病院で肺ペストと診断された。 現在は北京の朝陽区にある病院で治療を受けており、当局は感染予防のための対策を講じた。 ペストは病原菌によって引き起こされる感染症で、ノミや動物を通じて感染する。 症状は3種類に分類され、腺ペストはリンパ節が腫れ、敗血症型ペストは血液に感染、肺ペストは肺に感染する。 世界保健機関(WHO)によると、今回中国で患者が発生した肺ペストは特に危険性が高く激しい症状を伴い、治療しなければ確実に死に至る。 中世の欧州ではペストの流行で5000万人が死亡した。 その後抗生剤が開発され、早期に治療を受ければほとんどは回復が見込めるようになった。 それでもペストが消えることはなく、ここ数年は再び台頭する傾向にある。 WHOによると、2010~15年にかけて世界で報告された症例は3248例を超え、うち584人が死亡した。 感染報告が多かった国の筆頭はコンゴ民主共和国(旧ザイール)、マダガスカル、ペルーの順だった。 米疾病対策センター(CDC)米国でも年間数人から数十人の症例が報告されている。

次の

ペスト

中国 ペスト 流行

(CNN) 中国でこのほど2人が肺ペストと診断され、北京の病院で治療を受けている。 当局が12日に明らかにした。 この地域でペストの患者が確認されたのは、今年に入ってこれで2度目。 5月にはモンゴル人の夫婦が現地で療法食とされるマーモットの腎臓を生で食べ、腺ペストのため死亡していた。 新華社通信によると、今回感染が確認されたのは内モンゴルから来た2人の患者で、北京の病院で肺ペストと診断された。 現在は北京の朝陽区にある病院で治療を受けており、当局は感染予防のための対策を講じた。 ペストは病原菌によって引き起こされる感染症で、ノミや動物を通じて感染する。 症状は3種類に分類され、腺ペストはリンパ節が腫れ、敗血症型ペストは血液に感染、肺ペストは肺に感染する。 世界保健機関(WHO)によると、今回中国で患者が発生した肺ペストは特に危険性が高く激しい症状を伴い、治療しなければ確実に死に至る。 中世の欧州ではペストの流行で5000万人が死亡した。 その後抗生剤が開発され、早期に治療を受ければほとんどは回復が見込めるようになった。 それでもペストが消えることはなく、ここ数年は再び台頭する傾向にある。 WHOによると、2010~15年にかけて世界で報告された症例は3248例を超え、うち584人が死亡した。 感染報告が多かった国の筆頭はコンゴ民主共和国(旧ザイール)、マダガスカル、ペルーの順だった。 米疾病対策センター(CDC)米国でも年間数人から数十人の症例が報告されている。

次の

【感染経路】中国で肺ペスト発生!症状や治療方法は?

中国 ペスト 流行

肺ペストとは? ペストは、腸内細菌科に属する通性嫌気性のグラム陰性桿菌Yersinia pestis に起因する全身性の侵襲性感染症で、ノミやエアロゾルを介して伝播する。 感染ルートや臨床像によって腺ペスト、肺ペスト、および敗血症型ペストに分けられる。 侵入 部位にほとんど変化を起こすことなく、近くの局所リンパ節に伝播する。 リンパ節は壊死、膿瘍を形成し、クルミないしアヒルの卵大に腫大する。 その後、リンパ流、血流を介して脾臓、肝臓、骨髄を経て、心臓、肺臓など全身に伝播して敗血症を起こす。 通例、発症後3~4日経過後に敗血症を起こし、その後2~3日以内に死亡する。 なお、稀に、ノミの刺咬部位の皮膚、または眼に化膿性潰瘍や出血性炎症を形成する場合がある。 その場合は特に皮膚ペスト、眼ペストと呼ぶこともある。 臨床症状としては急激なショック症状、および昏睡、手足の壊死、紫斑などが現れ、その後、通例2~3日以内に死亡する。 3 )肺ペスト 非常に稀な事例ではあるが、最も危険なタイプである。 腺ペスト末期や敗血症型ペストの経過中に肺に菌が侵入して肺炎を続発し、肺胞が壊れて、痰やペスト菌エアロゾルを排出するようになると、この患者が感染源になってヒトからヒトへと素早く伝播する肺ペストが発症する。 潜伏期間は通例2~3日であるが、最短12~15時間という報告例もある。 発病後12~24時間(発病後5時間の例も記載あり)で死亡すると言われている。 niid. html ペストには腺ペスト・敗血症型ペスト・肺ペストの3種類がある。 腺ペストが80~90%、敗血症型ペストが10%を占めている。 ということは肺ペストの割合は1%以下? 通常、腺ペストはペスト菌を持つノミに咬まれることによって感染する。 人以外の動物にも感染するので、ノミがネズミに取りつき感染、ペスト菌を持つネズミとノミが繁殖、感染エリアが拡大する。 ペスト菌は嫌気性なので空気感染はしない。 一般的にはペスト流行エリアで動物に触れない限りは感染することはない。 しかし、肺ペストの場合は、患者の発する痰やペスト菌エアロゾルを介して感染が拡大する。 つまり、患者が咳き込むと目に見えない飛沫が飛散し、肺ペスト患者と同じ空間にいるだけで感染するリスクがある。 潜伏期間は1~7日程度。 悪寒・高熱・激しい頭痛・手足のしびれ・嘔吐・めまい・意識障害などの症状が表れ、心不全や循環器障害を発症して死に至る。 ペストマスク 14世紀のヨーロッパでペストが大流行し、黒紫色の斑点ができるところから「黒死病」と呼ばれた。 交易品の毛皮についたノミがペスト菌を保有していたためにヨーロッパ中に感染が拡大したと考えられている。 当時のヨーロッパの人口の3分の1~3分の2にあたる約2000万~3000万人が罹患し、イギリスやフランスでは人口の半分がペストにより死亡したとされている。 ウィルスや菌の存在が発見される以前の時代、病気の原因は瘴気(悪い空気)のせいだと考えられており、医者はペストマスクを装着して治療を行った。 ペストマスクのくちばしの部分には香辛料が詰められていて、香辛料が瘴気を取り除いてくれると信じられていた。

次の