テレビ 東京 十津川 警部。 西村京太郎サスペンス十津川警部

十津川警部シリーズ (渡瀬恒彦)

テレビ 東京 十津川 警部

十津川警部シリーズのドラマ化作品 [ ] 概要 [ ] 『』のドラマ化作品としては、系の『 』、系の『 』が主なシリーズ作品である。 『西村京太郎トラベルミステリー』は「」枠で放送されているシリーズである。 より・・制作の3作品が放送され、より現在放送中の・制作版が放送されている。 『西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ』は、「」枠で放送されたシリーズである。 放送枠のタイトルが「」であったより・制作版が放送されている。 ただし、現在の版とは別に、よりTBSが「」枠で、『 』と題した製作のシリーズを放送していた。 第1作は十津川警部が、亀井刑事が、日下刑事がで、第2作以降は十津川警部が、亀井刑事が、日下刑事がである。 ちなみに、網走刑務所から刑期を終えて事件に巻き込まれてしまう、十津川警部の元部下の橋本豊を演じたのはだった。 亀井刑事の名前は、テレビ朝日・東映版では「亀井定夫」、TBS・テレパック版では「亀井定雄」、フジテレビ・FINE版では「亀井定男」と若干異なる。 また、階級も巡査部長、警部補と作品によりまちまちである。 なお、役名は異なるが、いずれの作品も西村京太郎とゆかりの深いの娘・が出演していることでも知られる(このほか「金曜プレステージ」版にも平塚八重子として出演している)。 より、テレビ朝日の「」で、『 』と題して、十津川警部を、亀井刑事を、日下刑事をが演じた新シリーズが、3作品放送された。 よりが『 』のタイトルで3作品を放送した。 こちらは亀井警部補をメインにしており、が亀井警部補を、(第1作)と(第2作以降)が十津川警部を演じている(山村紅葉はこのシリーズにも出演していた)。 2009年からは、フジテレビの「金曜プレステージ」で若き日の十津川刑事を描く『 十津川刑事の肖像』、のち改題して『 』が放映され、十津川刑事を、亀井刑事をが演じている。 ・・制作による3作品と、・制作による現在放送中のシリーズがある。 朝日放送版はからまでに『』にて3作品が放送され、前後してテレビ朝日版がから放送を開始した。 第65作までは『土曜ワイド劇場』にて、第66・67作は『・土曜ワイド劇場』 にて、それぞれ放送されている。 は、朝日放送・大映版とテレビ朝日・東映版を通じて1981年から1999年までが演じ、2000年からはが演じている。 西村京太郎スペシャル(高橋英樹) [ ] 1990年から1991年まで・の製作、『』にて3作品が放送された。 キャスト [ ] 警視庁捜査一課 十津川班 [ ]• (警視庁捜査一課 警部) -• (警視庁捜査一課 刑事) -• (警視庁捜査一課 刑事) - (第3作)• (警視庁捜査一課 刑事) - (第3作)• (警視庁捜査一課 刑事) - 警察関係者 [ ]• 佐々木季見子 -• 石崎駿 -• 森さつき -• 堀江正彦 -• 山脇 -• 、、、、、、、 第2作「十津川警部の対決」(1991年)• 永井桐子 -• 井原さよこ - 山村紅葉• 、、、、、、、 第3作「十津川警部の反撃」(1991年)• 井岡あや子(中原雅男の婚約者) -• 伊原孝平(ジャーナリスト) -• 沼田(石川県警 刑事) -• 原田光江(ユキエの叔母) -• エリ(大野の秘書) -• ケイ・トーマス(告発グループの代表者) -• 大野(三津山化学工業 研究所所長) -• やよい観光の担当者 -• ハルコ(金沢のホステス・恭子の同僚) -• 田代恭子(金沢のホステス) -• 桂木雄一郎(三津山化学工業 社長) -• 有沢雄三(三津山化学工業 本社部長・元警視庁刑事部長) - スタッフ [ ]• 企画 - (テレビ朝日)• 脚本 -• 音楽 -• 監督 - 、• プロデューサー - (テレビ朝日)、(テレビ朝日)、(東映)、(東映)• テレビ東京 [ ] 西村京太郎トラベルサスペンス(小林稔侍) [ ] 2003年から2004年まで・共同制作「」で放送されたシリーズ。 全3回。 主演は。 キャスト [ ] 警視庁捜査一課 十津川班 [ ]• (警視庁捜査一課強行犯捜査3係 警部補) -• (警視庁捜査一課強行犯捜査3係 刑事) -• 大田(警視庁捜査一課強行犯捜査3係 刑事) - (第2作・第3作)• 高橋保(警視庁刑事部長) - ゲスト [ ] 第1作「日本一周「旅号」殺人事件」(2003年)• 赤森陽子(「日本一周ツアー」主任添乗員) -• 福原雅樹(「日本一周ツアー」添乗員) -• 和田由紀(「日本一周ツアー」客・柴田の恋人) -• 柴田大輔(「日本一周ツアー」客) -• 井上哲郎(「日本一周ツアー」客) -• 矢沢和也(雑誌記者) - 小林健• 川崎聡(「日本一周ツアー」客・病院の事務長) -• 刑事 -• 刑事 -• 藤井正博(「日本一周ツアー」客) -• 西岡洋二(「日本一周ツアー」客) -• 安藤行雄 -• 岡島 - 尾形大作• 古賀(三田の秘書) -• 浜野宏(純正堂大学病院 薬学部 教授) -• 「日本一周ツアー」に参加した女性客 -• 「日本一周ツアー」に参加した女性客の友人 -• 機動捜査隊 -• 小村康夫(医師) -• 柳沼郁子(三田の愛人) -• 三田良介(代議士) - 第2作「寝台特急「はやぶさ」の女」(2004年)• 小田あかり -• 原口由紀 -• 古賀正夫 -• 原口昭 -• 、、、 第3作「寝台特急(ブルートレイン)八分停車」(2004年)• 中根恭子(鳥場総合病院 副院長) -• 江島陽一(鳥場総合病院 外科医) -• 川合伸義(鳥場総合病院 研修医) -• 鳥場正行(鳥場総合病院 院長) -• 小野英明(鳥場総合病院 経理課長) -• 鳥場優子(鳥場の娘) -• 石井三郎(鳥場総合病院の入院患者・トラックドライバー) -• 佐山あきら(君枝のヒモ・新宿ホスト) -• ファッションエステ「夢」店長 -• 君枝のアパート管理人 -• 広田紀子(鳥場総合病院 看護師) -• 農家 -• 篠原孝政(東都医科大学付属病院 事務局長) -• 冒頭のジョギングの女性 -• 林君江(ファッションエステ「夢」エステ嬢・東都医科大学付属病院 元看護師) -• 斉藤秀雄(鳥場総合病院 外科部長・優子の婚約者) - スタッフ [ ]• 脚本 - (大映テレビ版・第1作)、(PROTX版・第2作 - )• 監督 -• 制作 - 、(第1作)、(第2作 - ) 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 1 2003年4月23日 日本一周「旅号」殺人事件 「日本一周『旅号』殺人事件」 友澤晃一 南部英夫 11. 『十津川刑事の肖像』のタイトルで開始され、第7作から『十津川捜査班』に改題された。 若き日の十津川刑事を描いており、十津川刑事を、亀井刑事をが演じている。 その他 [ ] シリーズ化していない作品には以下のものがある。 にの「」で、が十津川警部を演じた『 』が放送されたが、本作の主役は十津川警部ではない。 にフジテレビの「」で、『 展望車殺人事件』が、が演じる西本刑事を主人公にして放送された。 十津川警部は、亀井刑事はが演じている。 にフジテレビの「」で、十津川警部を、亀井刑事をが演じた『 寝台特急はやぶさの女』が放送された。 にフジテレビの「」で、十津川警部を、亀井刑事をが演じた、『 』が放送された。 その他の2時間ドラマシリーズ [ ] 西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 [ ] 詳細は「」を参照 2003年から2005年まで系の「」で放送されたシリーズ。 の主演で、十津川警部の妻であるを主人公にしている。 第3作には、演じる亀井刑事が登場したが、十津川警部が登場したことは無い。 美人OL探偵と窓際刑事 [ ] からまで系「」で放送されたシリーズ。 全3回。 主演は。 テレビ朝日・の製作。 『西村京太郎トラベルミステリー』と冠しており、『十津川警部シリーズ』を原作としているが、十津川警部たちは登場せず、河合奈保子演じるOLの矢木明日美と、演じる刑事の矢木耕介の親子が事件に挑むシリーズである。 後に原作者の短編「死体は潮風に吹かれて」に矢木親子が登場した。 内容は十津川と共に捜査協力するというもの。 キャスト [ ] レギュラー [ ]• 矢木明日美(OL) -• 染奴 - (第2作・第3作)• 矢木耕介(明日美の父・刑事) - ゲスト [ ] 第1作「死を運ぶ新特急「谷川7号」」(1988年)• アヤコ(前田の事務所の社員) - 蜷川有紀• 前田哲夫(新進デザイナー) -• 秋山久志(一子の元夫・フリーの雑誌記者) -• マキ(前田の事務所の社員) -• 赤木(刑事) -• ホステス -• ユカリ(秋山が電話していた女性) -• 刑事 -• ケイコ(一子の秘書) -• 渋川駅の駅員 -• ユカリの友人 -• 林一子(商業デザイナー) -• 田辺(沼田中央警察署 警部・の上司) - 第2作「南紀白浜振り子電車殺人事件」(1989年)• 池田章子 -• 崎田幸枝 - 山村紅葉• ぼたん - 城源寺くるみ• 西川(刑事) - 樋口悟郎• 小坂友子 -• 大山(警部) -• 、、 第3作「L特急あさま信濃路殺人事件」(1989年)• 池田有子 -• 永井恵美子 - 山村紅葉• 深見次郎 -• 横井弥生 -• 真田政司 -• 田所(警部) - 名古屋章• スタッフ [ ]• 企画 - (テレビ朝日)• 脚本 -• 音楽 -• 監督 -• プロデューサー - (テレビ朝日)、(テレビ朝日)、(東映)、(東映)• 制作 - 、 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 1 1988年7月19日 死を運ぶ新特急「谷川7号」 「死を運ぶ特急『谷川5号』」 (「展望車殺人事件」所収) ちゃき克彰 山本邦彦 2 1989年4月18日 南紀白浜振り子電車殺人事件 「振り子電車殺人事件」 (「L特急踊り子号殺人事件」所収) 3 12月26日 L特急あさま信濃路殺人事件 「EF63形機関車の証言」 美人女子大生妻探偵と田舎刑事 [ ] 1990年に系で放送されたシリーズ。 放送枠が「」から「」へ改められたため、シリーズも前作の『美人OL探偵と窓際刑事』から一新した。 演じる女子大生の森池朝子と、近藤正臣演じる刑事の森池雄司の夫妻が事件に挑むシリーズである。 制作は・である。 キャスト [ ] レギュラー [ ]• 森池朝子(聖明女子大学の学生) -• 梅田美鈴(コンパニオン) -• 田所幸子(田所の娘) -• 田所(松山南警察署 警部・雄司の上司) -• 森池雄司(朝子の夫・松山南警察署 刑事) - ゲスト [ ] 第1作「特急しおかぜ四国殺人ルート」(1990年)• 今中みゆき(定期入れを拾った女性) -• 刑事 -• 刑事 -• ヤスオ(裕子の夫) -• 竹内裕子(結婚紹介所の社長) -• 鉄道警察隊の職員 -• 公園の管理事務所の職員 -• 加東俊一 -• 第2作「特急ひたち奥久慈温泉殺人ルート」(1990年)• 今西めぐみ -• 池島弘子 -• 津村明男 -• 高峰圭二 スタッフ [ ]• 脚本 -• 監督 - (第1作)、(第2作)• 土曜ワイド劇場 [ ] 系の「」では、『』の他にも、西村の小説を原作としたドラマを単発で放送している。 (1978年2月18日、主演:) 女と愛とミステリー [ ] 系の「」では、『十津川警部シリーズ』を原作とする『』(上述)の他にも、西村の初期の小説をテレビドラマ化している。 (2001年1月17日、主演:)• (2001年7月4日、主演:)• (2001年10月21日、主演:) 西村京太郎サスペンス トラベルライター 榊佑子の殺人紀行 [ ] 2008年1月30日に制作、「」枠で放送された。 原作は『愛と殺意の中央本線』。 主演は。 キャスト [ ]• 榊佑子(トラベルライター) -• 岩本良夫(レストランチェーン店社長・郁美の夫) -• 伊東みどり(スキューバインストラクター) -• 榎田俊一(功の同期) -• 及川徳松(松本北警察署 刑事) -• 三田功(佑子の従兄弟) -• 神谷典子(トラベルプレス社 編集長) -• 三田洋子(功の母) -• 片山(警部) -• 榊隆則(佑子の父・技能継承官) - スタッフ [ ]• 脚本 - 小森名津• 監督 - 日名子雅彦 関西テレビ制作のドラマ [ ] - (1975年) - (1976年) - (1977年) - (1977年) - (1978年) - (1980年) - (1981年) - (1981年) - (1982年) - (1983年) - (1983年) - (1983年) - (1984年) - (1984年) - (1985年) - (1985年) - (1985年) - (1986年) - (1987年) - (1987年) - (1988年) - (1989年) - (1989年) - (1989年) - (1989年) - (1990年) - (1991年) - (1992年) - (1995年) - (1998年) - (2007年) - (2008年) 左文字進シリーズ.

次の

西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ48 江ノ電に消えた女~十津川警部への挑戦状~

テレビ 東京 十津川 警部

概要 [ ] 1979年度から2015年度までは「」枠で放送され、2016年度・2017年度は「・土曜ワイド劇場枠」(2016年度・2017年度前半)と「枠」(2017年度後半)で放送され、2018年度からは「枠」で放送されている。 ・大映企画・制作による3作品と、・制作による現在放送中のシリーズがある。 朝日放送版はからまでに3作品が放送され、前後してテレビ朝日版がから放送を開始している。 『西村京太郎トラベルミステリー』のシリーズタイトルは、1989年のテレビ朝日・東映版の第15作「アルプス誘拐ルート」以降に定まったもので、それ以前には放送のたびにさまざまなタイトルが付されていた。 また作曲のテーマ曲が使われたのはテレビ朝日版第4作「寝台特急あかつき殺人事件」からで、前3作品はそれぞれ独自のテーマ曲を使っていた(後述)。 朝日放送・大映版 はが演じ、は綿引洪(現・)が演じ、十津川警部の元部下であるはが演じた。 テレビ朝日・東映版 十津川警部は1981年から1999年まで三橋達也が演じ、2000年からはが演じている。 原作とは異なり、三橋の年齢を考慮して十津川警部があまり動き回らない設定にし、代わってが演じる亀井刑事をメインにしていた。 十津川警部役が高橋に交代して以降は、原作通り十津川警部をメインに描くようになっている。 ナレーションも亀井刑事メイン時代は主に愛川が担当、十津川警部メインになってからもしばらくは作品により愛川が担当していた回があったが、その後は完全に高橋の担当となっている。 亀井刑事は1981年のスタート以来32年にわたって愛川欽也が演じてきたが 、2012年からに交代した(高田純次は2008年の第50作でゲスト出演している)。 愛川が出演していた当時のラストシーンはほぼ全作(一部例外あり)で、事件を総括するような内容の会話を十津川役の三橋・高橋と交わすツーショットシーンとされていた(高田に交代してからはその原則は崩されている)。 十津川警部の元部下である橋本豊は、とが演じた。 西本刑事は第5作から68作までが演じており、歴代シリーズで最長の出演記録となった。 第68作を最後に降板しており、代役は設けられていない。 近年では過去の作品(亀井刑事メイン時代)のリメイク版もいくつか放送されている。 その他 高橋英樹は1990年から1991年にかけてテレビ朝日系の「」で放送された『』3作品ですでに十津川警部を演じていた。 このシリーズでの亀井刑事役はである。 朝日放送・大映版 [ ] 西村京太郎トラベルミステリー ジャンル 原作 脚本 監督 帯盛迪彦 出演者 オープニング を参照 製作 プロデューサー 杉本宏(朝日放送) 島田開(大映企画) 制作 大映企画 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 を参照 回数 3 ・大映企画・の製作。 キャスト [ ] 警視庁捜査一課 十津川班 [ ] 演 - 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部。 演 - (第1作、第2作は旧芸名の綿引洪で出演) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部補。 ゲスト [ ] 第1作「ブルートレイン・寝台特急殺人事件」(1979年)• 高田(弁護士) -• 田久保涼子 - 第2作「幽霊船の謎」(1980年)• 、、 第3作「北帰行殺人事件」(1982年)• 和田久志 -• 古川みどり(の恋人・女子大生) -• 金子貢太郎 -• 柴田邦彦 -• 市川三郎 -• 君島則文 - スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 - 高橋誠(第1作・第2作)、中川昌(第3作)• 監督 - 、帯盛迪彦• プロデューサー - 杉本宏(朝日放送)、島田開(大映企画)• 制作 - 、大映企画、 放送日程 [ ]• 視聴率は調べ、・世帯・リアルタイム。 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 1 1979年10月20日 ブルートレイン・寝台特急殺人事件 「」 佐々木守 黒田義之 18. ・の製作。 放送枠は「」(第1作 - 第65作)、「・土曜ワイド劇場」(第66作・第67作)、『』(第68作)、『』(第69作 - )。 第70作では本作と同じく原作で、また同じく「土曜ワイド劇場」出身のシリーズである「」とのコラボレーションが行われ 、「鉄道捜査官」から花村乃里子()、手塚真理絵()、大沢次郎(山口竜央)がゲスト出演している。 キャスト [ ] 詳細はそれぞれの役名を、他の登場人物は「」を参照 警視庁捜査一課 十津川班 [ ] 演 - (第1作 - 第4作・第6作 - 第27作・第29作 - 第33作)、(第34作 - ) 第5作ではが、第28作ではが三橋の代役で出演した。 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部。 演 - (第4作 - 第7作・第11作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - 【旧・伴杏里 】(第52作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は巡査部長。 演 - 【旧・天原まさみち 】(第35作 - 第52作・第61作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - (第69作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - (第1作 - 第57作)、(第58作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部補。 警察関係者 [ ] 演 - (第7作・第8作・第11作・第15作)、(第34作 - 第37作)、(第59作・第61作) 警視庁捜査一課長。 演 - (第26作・第28作・第30作・第32作)、(第45作) 警視庁刑事部長。 十津川班の親族 [ ] 演 - (第36作・第40作・第42作・第46作・第48作・第50作・第52作・第55作・第59作・第61作・第62作) 十津川省三の妻。 演 - (第34作・第40作・第42作・第43作) 亀井定夫の妻。 スタッフ [ ]• 脚本 - 猪又憲吾、名倉勲、亜槍文代、、(第54作)、(第55作・第67作)、森宮栄(第56作・第57作・第63作)、坂田義和(第58作 - 第62作)、(第64作)、(第65作)、(第65作)、(第66作)、(第68作)、(第69作 - )• 音楽 - (第2作・第3作)、(第4作 - )• 監督 - 長谷和夫、島崎喜美男、永野靖忠、、、松島稔、、• ゼネラルプロデューサー - 関拓也(テレビ朝日)• 現プロデューサー - 山川秀樹(テレビ朝日)、河瀬光(東映)• 旧プロデューサー• テレビ朝日 - 宇都宮恭三、白崎英介、佐藤涼一、川田方寿、井上隆、稲垣健司、、大井素宏、高戸晨一、田中芳之、、塙淳一、高橋浩太郎• 東映 - 大久保忠幸、香月純一、、、池ノ上雄一• 制作 - 、 放送日程 [ ] 『 西村京太郎トラベルミステリー 』のシリーズタイトルとなったのは第14作 からである。 第54作からテレビ朝日制作分でのによるをスタートした。 それまでは朝日放送制作分に限られていた。 放送時間は基本的に『』(第65作まで)、『・土曜ワイド劇場』(第65作~第67作)、『』(第69作~)の通常編成時の放送時間に放送。 例外は以下の通り。 第4作、第7作、第9作、第11作、第13作、第15作は21時02分から23時21分までの拡大放送。 第38作、第42作、第47作、第50作、第55作、第57作、第59作、第61作、第62作、第66作は21時00分から23時21分までの拡大放送。 第14作は1990年3月10日に「傑作アンコール特選」として放送。 第17作は1991年2月23日に「傑作アンコール特選」として放送。 第23作は1994年3月12日に「傑作アンコール特選」として放送。 第25作は1995年3月25日に「傑作アンコール特選」として放送。 第54作は21時30分から23時21分までの放送。 第58作は中継のため21時30分から23時36分までの放送。 第60作は2017年6月4日の『』で「ミステリー傑作選」として、短縮版を放送。 第68作は『』で放送。 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 [ ] 三橋達也・愛川欽也版 1 1981年10月17日 終着駅〈ターミナル〉殺人事件 「」 猪又憲吾 長谷和夫 24. 5% 69 2018年 09月16日 金沢〜東京殺人ルート 2時間33分の罠 「北陸新幹線殺人事件」 深沢正樹 10. 4% 70 2019年 03月17日 十津川警部VS鉄道捜査官・花村乃里子 「びわ湖環状線に死す」 12. 3% 71 2020年 01月 05日 ニセ十津川とニセ亀井!! 「草津逃避行」 11. 2007年のみオリジナル作品は作られなかった。 第1作から第24作まではフィルム撮影、第25作からVTR撮影となっている(第7作と第18作〜第24作はフィルム撮影のVTR編集)。 前述の通り、第4作から甲斐正人作曲によるテーマ音楽が固定され、タイトルバックおよび出演者紹介はショートバージョン、スローバージョンも含め3パターンが用意された。 は第4作から第29作までテーマ音楽のアレンジバージョンが使われたが、第6作、第8作、第9作、第19作、第23作は劇中に挿入された曲がそのまま使用された。 第30作から「土曜ワイド劇場」のエンディングテーマとなったが、「日曜プライム」に移行した第69作から再びテーマ音楽のアレンジバージョンが使用されている。 なお、テーマ音楽は第50作より新録されている。 視聴率は調べ、・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ] []• 愛川は1995年から『土曜ワイド劇場』のである『』()の司会に就任したが、通常裏番組で見られるような特段の調整は行われず、本番組放送日には同時間帯で重複出演することがあった。 第56作では亀井が青森県警に派遣されていて不在だったが、このシーンは亀井の役割を森本レオ演じる西本刑事が肩代わりする形で収められている。 但し、原作小説やオリジナル版に登場した列車や路線がダイヤ改正で廃止されていることも多く、設定が大幅に異なっている(尤も、本作に限らず列車が舞台になった十津川警部シリーズのドラマ作品ではこうした改変は多く見られる)。 テレ朝POST. テレビ朝日 2019年3月17日. 2020年3月31日閲覧。 第52作から第68作まで。 第49作から第52作まで。 作品によっては「西村京太郎 のトラベルミステリー」「西村京太郎トラベル ・ミステリー」「西村京太郎 ・トラベルミステリー」などの表記揺れがある。 また新聞テレビ欄では「西村京太郎トラベル」と略される場合がある他、「西村京太郎スペシャル」と表記される場合もある。 第14作以前にも『西村京太郎トラベルミステリー』が冠されることはあったが、固定はしていなかった。 劇中のオープニングタイトルでも『西村京太郎トラベルミステリー』と明記されるようになったのは第31作から。 また、主演がに交代した第34作のみ「新西村京太郎トラベルミステリー」。 「土曜ワイド劇場」9周年記念特別企画として放送。 「土曜ワイド劇場」10周年記念特別企画として放送。 「土曜ワイド劇場」20周年記念特別企画として放送。 「土曜ワイド劇場」25周年記念スペシャルとして放送。 テレビ朝日開局45周年記念番組として放送。 「土曜ワイド劇場」特別企画として放送。 - テレビ朝日(アーカイブ)• 「土曜ワイド劇場」30周年記念特別企画として放送。 テレビ朝日開局50周年記念番組として放送。 内容が若干異なる• 「土曜ワイド劇場」35周年記念特別企画として放送。 テレビ朝日開局55周年記念番組として放送。 内容が若干異なる• アリバイトリックが異なる• 2015年1月22日. 2016年1月18日閲覧。 2015年8月28日. 2016年1月18日閲覧。 2016年2月22日. 2016年2月24日閲覧。 2016年7月15日. 2017年2月3日閲覧。 「土曜ワイド劇場」最終回。 2017年4月21日. 2017年6月3日閲覧。 2017年11月10日閲覧。 2019年1月20日閲覧。 2019年4月11日閲覧。 2020年1月30日閲覧。 外部リンク [ ] テレビ朝日 [ ]• - (2000年10月17日アーカイブ分)• - (2001年3月6日アーカイブ分)• - (2001年12月21日アーカイブ分)• - (2002年1月3日アーカイブ分)• - (2002年12月29日アーカイブ分)• - (2004年10月30日アーカイブ分)• - (2005年1月5日アーカイブ分)• - (2005年3月28日アーカイブ分)• - (2005年12月26日アーカイブ分)• - (2006年7月3日アーカイブ分)• (2008年2月28日アーカイブ分)• - (2007年7月8日アーカイブ分)• - (2016年4月2日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2015年11月14日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2017年9月9日アーカイブ分)• - (2017年8月10日アーカイブ分)• - (2016年9月5日アーカイブ分)• - (2016年9月7日アーカイブ分)• - (2017年3月3日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2018年3月18日アーカイブ分)• - (2017年6月4日アーカイブ分)(再放送)• - (2017年7月1日アーカイブ分)• - (2016年4月6日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2016年5月29日アーカイブ分)• - (2016年6月14日アーカイブ分)• - (2016年10月5日アーカイブ分)• - (2017年5月8日アーカイブ分)• - (2017年9月14日アーカイブ分)• 東映 [ ]• 動画 [ ]• - テレ朝動画•

次の

船越英一郎、“テレ東”版十津川警部に 角野卓造と新コンビ誕生|ニフティニュース

テレビ 東京 十津川 警部

最終更新日: 2020年6月26日(金) 17時5分 鎌倉彫が生んだ愛と悲しみの逆襲! 十津川に届く挑戦状の真意!? 殺人ゲームの幕開け あらすじ 連続強盗犯・鬼頭辰巳 河西祐樹 を逮捕した十津川警部 渡瀬恒彦。 その活躍をマスコミが大きく報じると、十津川宛に怪電話がかかる。 その日までわずか二日。 十津川たちは鎌倉へ急行する。 あらすじ 2 十津川は神奈川県警の伊吹悟警部 片桐竜次 の紹介で鎌倉の人気DJ・岡部ちづる 安達祐実 に意見を求める。 彼女は鎌倉彫の職人でもあり、弟の服部彰一 渡辺大 の下絵を彫ったちづるの作品は評判が良い。 江ノ電沿線や鎌倉の事情に詳しい、ちづるの意見を参考にして鎌倉の各所に警察官を配備。 あらすじ 3 警備の盲点を突き、ある寺で美術館の学芸員・麻生真理恵 赤澤輝美 が刺殺死体となって発見された。 十津川に恨みを持っている人物の犯行なのだろうか。 かつて関わった事件を洗い出すと、十津川が逮捕した鬼頭の舎弟の名が容疑者として浮かぶ。 そして再び犯行予告の電話が入る。 今度は同じ予告を報道各社にも郵送するという念の入れようだ。 あらすじ 4 世間も注目する中、またも裏をかかれて鎌倉在住の人気作家・神部実篤 森下哲夫 が同じ手口で殺された。 説明を求めマスコミが集まる記者会見の席で十津川は必ず犯人を逮捕すると強調して挑発する。 十津川の狙い通り、犯人から三度目の犯行予告が届く。 十津川は犯行を予告する郵便物やそれを投函したポストなどを丹念に調べ、犯人を絞り込むが…。 出演者 渡瀬恒彦、安達祐実、渡辺大、鶴田忍、山村紅葉、中西良太、古川りか、清野秀美、山田アキラ、内山翔人、片桐竜次、伊東四朗 他 原作 西村京太郎 脚本 土屋保文 その他.

次の