俺ガイル ss 八幡 当主。 暁 〜小説投稿サイト〜:

【pixiv】HACHIMAN信者を見守るスレ23【ハーメルン】

俺ガイル ss 八幡 当主

SS・二次小説ばかり読んでいる凡夫です。 この記事では戦極姫のおすすめSS・二次小説を紹介していきます。 ・・・・・・本当に本も読まずに、ツンドク本も消化せずに何をしているのだろう? でも面白いんだよな。 おもしろいけど完結していない作品とかも多いけど好きなんだ。 ちなみに今回紹介する戦極姫は原作未プレイです。 それでも楽しめるとか雑食にもほどがあるな。 を読んでいたら英雄・英傑・大名が美少女でもいいよねという悟りをひらき、この記事を書くことに相成りました。 かわいいは正義。 予定は未定ですがいつか絶対、恋姫と戦極姫はプレイします。 そういえばモバマスも原作より先にSSから入ったな。 どんなルートで好きになっているんだよ。 獣道か。 Contents• 戦極姫おすすめSS・二次小説ランキング• 『信長の庶兄として頑張る』 転生憑依 大阪の日本橋から自宅に帰る途中で轢き逃げで死んだと思った生駒和樹は気付けば戦国時代の人物に憑依した。 憑依したのは織田信長の庶兄と言われた織田信広である。 しかしその戦国時代は少しおかしかった。 歴史上の人物の半分は女性だったからだ。 そして織田信長も女性だったのだ。 信長って身内には甘かった説があるので、理解ある兄ポジションになれたら理想的な妹なんじゃないか!?ということに気づかせてくれた二次小説作品です。 書いていてどこから自分で自分をツッコんでいけばいいのかわかりません。 チート設定が多めで、特に火縄銃がなんかもうとんでもないことになっています。 なにこの幕末仕様? 義輝伝~幕府再興物語~ 転生憑依 気がついてみれば戦国時代の足利家へ。 剣聖と称されながらも、戦乱の中で壮絶な最期を遂げた足利義輝(男)となってしまった主人公。 しかも、周りは美少女化した武将達。 義輝は、幕府を再興することができるのか!?というか、生き残ることができるのか!? 足利義輝に転生憑依してしまった主人公が室町幕府再興を志す二次小説作品。 桶狭間以前の話で畿内が中心のため展開が地味と言えば地味なのですが、信長の野望足利プレイをしたことがある凡夫としてはとても楽しめる作品です。 なんかもうデフォルトになっているのですが、千歯扱きってすごいんですね。 島津飛翔記 オリ主 転生憑依 島津家に天下を取らせる為、主人公——伊集院掃部助忠棟は軍師として暗躍する。 だが、彼には誰も知らない秘密があった。 島津義久と伊集院忠棟が出会う時、歴史が変わろうとしていた。 子孫が戦極姫世界の伊集院忠棟に憑依し、島津家に天下を取らせるために暗躍する二次小説作品です。 内政チート、未来知識に加えて島津チートを遺憾なく発揮しているので天下取りは安泰だと思われる作品。 2015年8月8日から連載が始まり、順調に話が進んでいます。 完走してくれよ!と応援している作品です。 ・・・・・・そのうち、妖怪首おいてけも登場するだろうか? 同じ島津ルートで という作品もあります。 大内家の野望 大内晴持に生まれ変わってしまった男が主人公。 所謂転生物です。 舞台は戦国時代の大内家。 公家文化に傾倒する大内義隆の義理の息子として活躍し、大内家の発展に尽くす青年の物語。 大内晴持に憑依転生した主人公が活躍する二次小説作品。 内政も軍事もできて跡継ぎではあるけれど当主ではないから結構自由があるとか使いどころ多すぎな主人公が八面六臂の大活躍をします。 大内家は信長の野望でもそうだけど、地力があるからプレイヤーが入ると天下統一しやすい大名だったりします。 ただ、同盟しすぎて身動きとりづらかったりは多少ある。 それとお隣さんが大国というのも辛い。 創造だととにかく中央に陣を取らないと!となるから尼子さえ潰せばなんとかなる。 戦国時代転生二次小説だと絶対千歯扱きが登場するけど、やはりあれは農業の大発明だったのだろうか。 農業の歴史とか本を読んでみようかな。 この作品の良いところは大内義隆がしっかり大名をやっていて、外交分野では主人公を上回る点です。 転生チートとか味蕾知識はあってもいいけど、やはり主要武将には主人公の能力を上待っていて欲しいと思います。 だって武将好きなんだもの。 凡夫が好きな武将は真田信幸です。

次の

俺の親戚は間違っている

俺ガイル ss 八幡 当主

SS・二次小説ばかり読んでいる凡夫です。 この記事では戦極姫のおすすめSS・二次小説を紹介していきます。 ・・・・・・本当に本も読まずに、ツンドク本も消化せずに何をしているのだろう? でも面白いんだよな。 おもしろいけど完結していない作品とかも多いけど好きなんだ。 ちなみに今回紹介する戦極姫は原作未プレイです。 それでも楽しめるとか雑食にもほどがあるな。 を読んでいたら英雄・英傑・大名が美少女でもいいよねという悟りをひらき、この記事を書くことに相成りました。 かわいいは正義。 予定は未定ですがいつか絶対、恋姫と戦極姫はプレイします。 そういえばモバマスも原作より先にSSから入ったな。 どんなルートで好きになっているんだよ。 獣道か。 Contents• 戦極姫おすすめSS・二次小説ランキング• 『信長の庶兄として頑張る』 転生憑依 大阪の日本橋から自宅に帰る途中で轢き逃げで死んだと思った生駒和樹は気付けば戦国時代の人物に憑依した。 憑依したのは織田信長の庶兄と言われた織田信広である。 しかしその戦国時代は少しおかしかった。 歴史上の人物の半分は女性だったからだ。 そして織田信長も女性だったのだ。 信長って身内には甘かった説があるので、理解ある兄ポジションになれたら理想的な妹なんじゃないか!?ということに気づかせてくれた二次小説作品です。 書いていてどこから自分で自分をツッコんでいけばいいのかわかりません。 チート設定が多めで、特に火縄銃がなんかもうとんでもないことになっています。 なにこの幕末仕様? 義輝伝~幕府再興物語~ 転生憑依 気がついてみれば戦国時代の足利家へ。 剣聖と称されながらも、戦乱の中で壮絶な最期を遂げた足利義輝(男)となってしまった主人公。 しかも、周りは美少女化した武将達。 義輝は、幕府を再興することができるのか!?というか、生き残ることができるのか!? 足利義輝に転生憑依してしまった主人公が室町幕府再興を志す二次小説作品。 桶狭間以前の話で畿内が中心のため展開が地味と言えば地味なのですが、信長の野望足利プレイをしたことがある凡夫としてはとても楽しめる作品です。 なんかもうデフォルトになっているのですが、千歯扱きってすごいんですね。 島津飛翔記 オリ主 転生憑依 島津家に天下を取らせる為、主人公——伊集院掃部助忠棟は軍師として暗躍する。 だが、彼には誰も知らない秘密があった。 島津義久と伊集院忠棟が出会う時、歴史が変わろうとしていた。 子孫が戦極姫世界の伊集院忠棟に憑依し、島津家に天下を取らせるために暗躍する二次小説作品です。 内政チート、未来知識に加えて島津チートを遺憾なく発揮しているので天下取りは安泰だと思われる作品。 2015年8月8日から連載が始まり、順調に話が進んでいます。 完走してくれよ!と応援している作品です。 ・・・・・・そのうち、妖怪首おいてけも登場するだろうか? 同じ島津ルートで という作品もあります。 大内家の野望 大内晴持に生まれ変わってしまった男が主人公。 所謂転生物です。 舞台は戦国時代の大内家。 公家文化に傾倒する大内義隆の義理の息子として活躍し、大内家の発展に尽くす青年の物語。 大内晴持に憑依転生した主人公が活躍する二次小説作品。 内政も軍事もできて跡継ぎではあるけれど当主ではないから結構自由があるとか使いどころ多すぎな主人公が八面六臂の大活躍をします。 大内家は信長の野望でもそうだけど、地力があるからプレイヤーが入ると天下統一しやすい大名だったりします。 ただ、同盟しすぎて身動きとりづらかったりは多少ある。 それとお隣さんが大国というのも辛い。 創造だととにかく中央に陣を取らないと!となるから尼子さえ潰せばなんとかなる。 戦国時代転生二次小説だと絶対千歯扱きが登場するけど、やはりあれは農業の大発明だったのだろうか。 農業の歴史とか本を読んでみようかな。 この作品の良いところは大内義隆がしっかり大名をやっていて、外交分野では主人公を上回る点です。 転生チートとか味蕾知識はあってもいいけど、やはり主要武将には主人公の能力を上待っていて欲しいと思います。 だって武将好きなんだもの。 凡夫が好きな武将は真田信幸です。

次の

「動画工房&feel」の原画展が秋葉原で開催!俺ガイル、うまるちゃん、NEWGAMEなど人気作が展示されるぞ!!

俺ガイル ss 八幡 当主

フェロモン 動物の体内で作られて体外に放出、同種の他のオブジェクトを刺激したり、特定の行動を誘導する物質の総称である 人間はまた、体内にフェロモンが存在することが確実視されてきたが、脳のフェロモン分泌を処理する部位が退化しており、これに対する正確な情報を得ることは困難であった それにもかかわらず、人間が微弱だけれどフェロモンを分泌するということは退化した脳の代わりにフェロモンを管掌する機関が体のどこかにあるという証拠。 つまり、人体の明らかにされていない秘密とはある しかし、その秘密が秘密で残ることができる日は、その先端が見えていた スタンフォード大学のエルリオトインスタンス教授が率いる研究。 彼らはついに明らかにしてしまったのだ。 人間の体の中に数百万年以上眠っていたフェロモン遺伝子の正体を さらにそれだけではなかった。 彼らはフェロモン遺伝子を解明したことにとどまらず、様々な変異体のフェロモンを製造することも成功した。 これがこの研究の中核となるまでそれほど多くの時間がかからなかった もちろんフェロモンとが同種の他のオブジェクトを刺激したり、特定の行動を誘導する物質なので、人間が任意にフェロモンを作り出して利用すれば、かえって人間に害を及ぼす意見も研究者の中で小さくナマ存在したが、それでもこの突然変異フェロモンを介して、現代医学この解決できない多くの精神疾患の治療に大きな進展があるだろうということが研究者の大半の意見だった さらに、人類の祖先であるアウストラロピテクス。 いや、更に遡ってサヘラントロプス前人類の母胎に言語というコミュニケーション手段さえなかったとき、何でお互いの意思を表現したのかについても明らかにできる余地も存在した 結局、言語と呼ばれるツールもしたオブジェクトが一定レベルの知能まで進化しなければなら誕生することができるのだから もしこの研究が世界中に公開ばノバルティス、ファイザーをはじめとするいくつかの多国籍製薬会社のラブコールはもちろん、学界から人類史に大きな一線を引く研究と評価を受けるのは当然の手順だろ 彼らの研究が公開されたし。 何年よりすれば、実際にいくつかの年より、モデルHをはじめとする他のモデルの開発も終わるね。 実際に理論を構築したのは先生であら、前それにより、しただけですからね。 私がなくても十分にこなしていただけだろうとします」 教授「ミス有木下。 私今回の研究が終わったら、あなただけ正しく学界に浮かべ与える。 あなたが謝罪する必要はありません」 教授「この数年の間本当にお疲れ様でしたはい、ミスユー木下」 教授「あなたがなければ、今の私はなかったゲヤ。 突然由比ヶ浜量からかかってきた電話。 とても久しぶりの連絡だった) 結衣「ゆきのん、ゆきのん。 次の週の週末に時間ある?」 結衣「みんな集まらないかももう何年かな。 だから久しぶりにみんな集まることにした!小町ちゃんや間ちゃん。 結婚はいつするの?」 八幡「一度大学を卒業後、またはできないかと思う。 とりあえず今は、いくつかの無理だからな」 いろは「するっディップ先輩。 適切思ってくれていらっしゃいますね。 率直に言って私、たくさん不安って?」 八幡「?」 いろは「先輩と川崎先輩が同じ出版社に入社を希望するも、その出版社にめぐり先輩が先に入射することも全部偶然というにはあまりにも行き過ぎたレベルですよ。 なぜ解釈がそのような方向になるのか?」 めぐり「ふふっ。 私はシカゴ大学の教授、エルリオトインスタンスとやま」 ゆき(はい) 教授「君の論文を見て、本当に感心したね。 是非、私たちの研究に参加してくれることがオプゲトナ?」 雪乃(人間を含むすべての動物に、自分の気持ちを示すことは、コミュニケーションの基本中の基本) 教授「このモデルを投与するとすぐ、他のチンパンジーが一斉に対応するチンパンジーを攻撃し始めた!実験は成功一世!成功!」 雪乃(だからこそこの研究の最初のモデルで感情と関連突然変異フェロモンが作られたのは、見方をすれば決まっていた結果) 雪乃(すべて決まっていた結果に過ぎないのだろう) 雪乃(行動は早かった) 雪乃(かつて私は研究者の一人で研究施設を使うことが可能になるようにインスタンス教授に信頼されている研究。 そのため、数少ないモデルA、すなわち突然変異フェロモン剤のサンプル搬出はとても簡単でした。 初めての考えとは異なり、正の感情を作り出すことは否定の感情を生み出すことよりもはるかに難しかったからだ) 雪乃(しかも私の忍耐も既に限界だった。 私と同い年で普通白人系イギリス人。 他のすべての研究者が有木下さんののしっも、私だけはそうでした。 有木下になっても大丈夫よ。 ウィリアムさん」 ウィリアム「最悪、からである。 どうせ前ユ木下さんに受け入れられない運命。 ユ木下氏は、日本に帰って、その男との愛を共有た結婚をしても勝手にしてください。 その、そうだった。 その、それよりもヒッキー行くくん」 八幡「ん?」 雪乃「比企行く君と一色量の結婚式に行かなくて、本当に申し訳ありません。 本当に時間が流れロトギン流しロトナボグナ」 八幡「私たちももう20代半ばだからだ」 八幡(その後も出て油木下の会話は続いた) 八幡(もちろん、その会話は有木下が言ったとおりわずかな日常の話の連続。 このように油木下と会話を交わしていようと、昔のそのボンサブに戻ったような感じさえた) 八幡(また、私はコーヒーを最初に口にした瞬間軽く笑うまでした。 ヒッキー行くくん」 八幡(眉間を確認ひそめる有木下この売りを聞いてみるのも非常に久しぶりであるが、というか本気で気持ち悪いんですか?!) 雪乃「それでも比企行く君がした家庭の中で最もなんて、人間の物事とどうなるか知ることができないな」 八幡「そうなことだ。 そろそろ出国する時間なのでね」 八幡「ほら?あなた他の人々はない会うのか?ユ木下さんも君かなり心配していた」 雪乃「時間がかなりタイトすれば。 それでも引き行くグンマンは必ず会いたかったというか、そんなんだよ」ふふっ 八幡「お、おい。 妻もいる身だから自重合う。 久しぶりに会って楽しかった」 雪乃「同感だ。 そして両家の支援を与えたお金を合わせ山ジャグマンハン住宅当然両家で支援を与えたお金は、一つ残さず返済考えである) 八幡「もしもし?ああ、これである。 臨床試験を経ていないためだ。 それでも、その範囲が非常に広いということを確信することができる) 雪乃(日本を開くやいなや比企行く君と連絡することができる手段は全部切れしまおう。 まあ、先輩という単語も聞く悪くないからね。 ただここの子供がいると思うと感無量てな」 いろは「そ、そんなんですか。 このような私を妻に迎えてくれて、本当にありがとうございます。 なぜなら、今日はこれ下妊娠の事実を知ってから合わせて最初の朝。 朝です。 先輩」 八幡(ようやく私に気づいた。 私としては正直速度ならいい先輩の不満を一つ一つ聞きたくはないですね」 八幡(これ下末には完全にとげがドトヒョた) 八幡(私。 妊娠初期なので多くは難しい?実は私も会社で仕事があって早く出勤みたよ。 ただし、その男が私にとって生理的嫌悪感だけ呼び起こす存在というのは間違いない事実) いろは(そのため、今だけ、その人を思い浮かべただけで嘔吐をするほど騙し嫌状態です) いろは「先輩。 好きです。 危ないよ。 ガタガタ揺れる電車の中。 むしろ、遠くから私を円形に囲んでいるだけ) 八幡(もちろん最初は勘違いだと思った。 それもせず日絶え間なく圧迫してくる周辺の悪の視線。 早朝だからか、オフィス内は閑静た) 八幡「あ、先輩。 あなたは解雇された。

次の