ホラン 千秋 メイ ちゃん の 執事。 ホラン千秋「成り上がり」までの下積み時代(1)怖くて髪はもう伸ばさない

ホラン千秋、本名、学歴、親のルーツ

ホラン 千秋 メイ ちゃん の 執事

ホラン千秋プロフィール まずは簡単にホラン千秋さんのプロフィールから見てみましょう 名前:ホラン千秋 生年月日:1988年9月28日 出身地:東京都多摩市 身長:160cm 体重:非公開 お父様はアイルランド人、お母様は日本人です。 2005年に、【魔法戦隊マジレンジャー】の悪役・ナイとしてテレビ女優デビュー。 2009年には【メイちゃんの執事】にも出演していましたが、ロングヘアーで当時は気づきませんでしたw 民放キー局のアナウンサー試験に全敗し、アルバイト生活をしながら生活していた時期がありますが、2011年頃からキャスターとしての仕事が入るようになりました。 ホラン千秋が嫌いな理由:偉そう ホラン千秋さんについて見ていくと、目立つのが「偉そう」との声。 コメントが上から目線。 偉そうで優しさを感じない。 ホラン千秋って、偉そうにものをいうわりに熟知していない。 キャスターとしてのホラン千秋さんを観てでしょうか、なかなか手厳しい意見が目立ちます。 「タレントだから…」とナメられないために、しっかり話そうとする姿勢が裏目に出ているのではないかと思います。 また、和田アキ子さんがテレビ番組内で『ポケモンGO』を遊んでみたときのこと。 操作に手間取り、なかなか「ポケモンゲットだぜ」出来ないアッコさんにホラン千秋さんが放った一言が 「アッコさん、チンタラしてると逃げますから!」 正直一般人から見ても、和田アキ子さんにそんな物言いは失礼なことは分かりますよね… なんとかポケモンをゲットした和田アキ子さんは、ゲームの感想を述べながら、ホラン千秋さんの発言にも怒りのコメントをしていました。 「この番組に2回しか出てないホランに『チンタラしてんじゃねえ!』って…ちゃんと私は聞こえてんだよ!」 共演者の方々に「先輩だよ!?」とつっこまれながらも、ホラン千秋さんは笑っていましたが。 思わず出たとはいえ、 こういった失言も「偉そう」といわれる要因なのかもしれません。 ホラン千秋が嫌いな理由:性格悪そう 「性格悪そう」って、パッと見の印象なのかなぁと思ったわけですが、どうやらこれにはホラン千秋さんの 毒舌っぷりが絡んでいる模様。 バラエティで後輩の田中みな実さんが、ぶりっ子キャラをしていたときに 「さっきからみな実ちゃんの話聞いてると笑い堪えるの必死で…」 「いい年してなに舌出してんだろう」 田中みな実さんを、小馬鹿にしたようにも取れる発言をしていたみたいです。 また、「白湯を飲むのが好き」と田中みな実さんが言うと、 「違う、白湯が好きなんじゃない!あなたは白湯を飲んでる自分が好きなの!」 とまたまた厳しいコメント。 これには、同性ぶりっ子が嫌いな女性にもさすがに印象が悪かったようで ホラン千秋性格悪い~どーでもいいぢゃんね(笑) ぶりっ子ゎぶりっ子してたいんだもん黙って見てればいいし(笑) 微笑んで見てればいいぢゃんね~ との声が上がりました。 また、ホラン千秋さんとSHELLYさんが、人気番組MC集合ということでバラエティ番組に出演したときのこと。 敬語話せない。 ハーフタレントの中でもいろいろある」 と反論しました。 ホラン千秋の「ワタシは顔だけの女じゃなく自分の力で人生切り開いてきました」感を全面に出すスタンスが嫌い 敬語使ってるだけで、ズバッと言っているのとは違う。 キャラじゃなくて性格悪い~。 批判するなら、現行犯(?)というか、有吉弘行さんが「悪口はいうけど陰口はいわない」のと同じように、本人がいるときにした方がいいんでしょうね。 そこで応酬が始まると、バラエティ的にも「毒舌」が成立すると思うんで。 スポンサードリンク ホラン千秋が嫌いだからいらない? かなり過激だと思うんですが、ホラン千秋さんの情報番組出演に「いらないんじゃないか」との声も出てきています。 ホラン千秋いらないだろ。 アナウンサー使えよ。 タレントなのかキャスターなのか、立ち位置が分かんないからいらないんだけど。 これは、毒舌キャラで通ってきたホラン千秋さんが、キャスターをやることにギャップを感じていることから出てくる部分もあると思います。 先ほどの「ハーフタレント飽和状態」というのもあるでしょうね。 また、テレビ局の狙いなどを垣間見ている声もありました。 ホラン千秋にキャスターやらせることで、第二の滝川クリステルを作りたいんだろ 滝川クリステルさんには、正直こんな批判ってなかったですよね。 恐らく、 元からアナウンサーであることと、タレントさんがキャスターを務めることには、まだまだ違和感を感じる人が多いということなんでしょう。 そう考えると、櫻井翔さんや小山雄一郎さんってすごい… まとめ ホラン千秋さんが嫌いという声には、その毒舌キャラの印象が発端となっているものが多かったように思います。

次の

ホラン千秋

ホラン 千秋 メイ ちゃん の 執事

経歴 の父親、の母親の間に生まれる。 5歳の時、友人の母親から記念にモデルをやってみたらと勧められ、キッズモデルを始める。 14歳で芸能事務所「アミューズ」に所属し、女優として活動を始めた。 2005年2月スタートの『』の敵キャラクター、ナイ役でテレビドラマ初出演を果たす。 、、2011年3月卒業。 2009年度学業奨励賞受賞。 2009年から2010年にかけて一年間に留学し、舞台を専攻。 帰国後、すべての民放キー局試験を受けるも全敗。 近所のスーパーでレジ打ちのアルバイトをしていたが、2011年秋よりキャスターの仕事が入るようになった。 2013年の時点で、実家暮らしである。 片付けは苦手と言う。 のため周りからは社交的と思われがちであるが、実際はかなりの人見知りでインドア派。 仕事が休みの日は、誘いが無い限り殆ど家から出ない。 食事やテレビを見るとき以外は自分の部屋からも出ない。 実家ではでメガネ、部屋着は高校時代の、といった姿で一日を過ごす。 大学時代は、4年間通して学園祭には一度も行かず(一度だけ参加しようとしたが、校門前で引き返して、そのまま自宅に帰ってしまったという)、サークルや部活にも入らず、ほぼ学業と上述したスーパーでのアルバイトだけの生活という、地味で孤独な日々だったと述懐している。 事務所の同僚であるとは下積み時代から交流があり、自著で対談している。 デビューから10年間ずっとだったが、2011年に『』ののために髪をバッサリ切ってショートカットにした。 その後はキャスターやの仕事が次々と入るようになったため、『THE BEAUTY WEEK AWARD 2014』授賞式では「まさか髪の毛を切っただけでこんなに変わるなんて」と感激していた。 「」に同じ事務所のがゲスト出演した時は、「ほらんち」というニックネームで呼ばれていた。 スーパーでアルバイトをしていた時に、「ホラン」という名札を付けた状態では目立つため、店長に当て字の名札を依頼したところ、「保嵐」「保乱」と暴走族のようなものになったため却下した。 主な出演作品 テレビドラマ• (2005年2月 - 2006年2月、) - ナイ 役• (2006年7月 - 9月、) - 天堂由加里 役• 第5話(2007年、日本テレビ)- 村田ゆり子役• 第7話(2007年、)• 第1・2話「君の歌(前後編)」(2008年、) - カナエ 役• (2009年1月 - 3月、フジテレビ) - 水沢聡美 役• (2011年7月 - 9月、テレビ朝日) - 小宮山チカ 役• (2014年7月7日、フジテレビ) - リサ アンダーソン 役• (2014年11月22日、フジテレビ) - 野々宮看護師 役• (2015年1月3日、フジテレビ) - マリー 役• 「2」(2015年6月19日、フジテレビ)• 第3話(2015年8月9日、) - 坪内夏美 役• (2016年6月25日・26日、フジテレビ) - 響子ギブソン(青年期・1968年) 役• (2016年10月、TBS) - 尾野綾香 役• 第3話(2019年7月28日、TBS) - 雄太の母親 役 映画• (2005年)- ナイ 役• (2014年) - 幻蜂絵利香 役• (2014年) - 伊集院比瑳子 役• (2018年) - グローリー・水領 役(声の出演) 報道番組・情報番組• (2011年10月 - 2012年3月、) - ナビゲーター(月曜担当) 1回だけ水曜日を担当(付け)した。 これは本来水曜を担当する がプロモーションの一環「日中青少年交流団」の一員で参加したことによる代役。 (2011年10月 - 2012年3月、) - MC• (2012年4月 - 2013年3月、) - キャスター(月〜木曜担当)• (2012年12月22日、) - 進行• (2013年1月14日 - 9月19日、関西テレビ) - 進行• (2013年10月21日 - 2014年3月、関西テレビ) - レギュラーパネラー• (2013年10月7日 - 2016年3月、・) - 進行• (2014年4月6日 - 2017年3月26日 、日本テレビ) - シューイチガールズ• BIRTH OF THE COOL(2014年4月25日 - 2015年2月、) - アシスタント 不定期• ワーキングデッド〜働くゾンビたち〜(2014年10月2日 - 12月25日、) - キャスター• スーパーステージ(2015年4月 - 2018年3月、TBS) - ナビゲーター• 日本のいいところ再発見! 世界が認めたニッポンのお宝(2015年9月7日 - 2016年9月28日、) - MC• (2017年4月3日 - 、TBS) - キャスター• (TOKYO MX) - ナビゲーター• Stories〜あなたのライフを探す家〜(2018年10月6日 - 、日本テレビ) - ナレーション バラエティ番組• ピアブーランド(2001年 - 2005年、)- 「KIDS SONG」コーナー担当(英語の歌のお姉さん)• (テレビ朝日) - 準レギュラー• (フジテレビ)- 不定期出演• (2014年8月24日 - 、) - レギュラーMC 不定期• (2014年9月29日 - 2017年3月31日、NHK Eテレ)• (2016年10月28日 - 2017年9月29日、フジテレビ) - 準レギュラー 音楽番組• 2019年1月5日 - 、NHKワールドTV・総合 - 司会• (2019年6月23日 - 、テレビ東京) - 番組MC・産休不在時の代理。 それ以前にもゲストパネラーとして複数回出演していた。 「」(2015年)• ベンザブロックIPプラス「ホランさんのかぜ」篇(2015年)• 2016年 -• 「」(2017年 - )• 「シュミテクト」(2017年 - ) オリジナルビデオ• (2006年) - ナイ役• (2006年) 舞台• ミュージカル「」(2004年)- 長谷部真子役• ミュージカル「小さな炎のファンタジー」(2001年)- ミライ役(主演) PV• 「」(2008年)• 夏音色「Love Love Love」(2011年) ラジオ• 「WORLD POD」(2012年10月 - 2013年3月、含む)• 「」(2013年4月 - 2017年3月、 TOKYO FM系JFN全国ネット)• 「山田運送グループpresents. DRIVING MUSIC TRANSPORTATION」(2019年4月 -、 FM OH! ) フォトエッセイ• 『ホラン千秋』(・2014年・) 受賞歴• (2014年) - ショートヘアスタイル部門• 2015年 ベストレザーニスト2015(2015年) 脚注 []• - gooテレビ番組 関東• ホラン2014 P55• デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2020-02-16. 2020年2月16日閲覧。 com 2013年7月10日. 2014年9月16日閲覧。 ホラン2014 P91• ホラン2014 P78• ORICON STYLE. 2014年9月3日. 2014年11月7日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年6月8日. 2016年6月8日閲覧。 ホラン同様2011年10月からレギュラー参加している。 スポーツニッポン. 2012年2月18日. 日本テレビ 2014年3月30日閲覧。 、2014年9月1日閲覧• スポーツ報知 報知新聞社. 2017年1月25日. 2017年1月25日閲覧。 Smartザテレビジョン. 2016年10月19日. 2016年10月20日閲覧。 2018年2月5日閲覧。 2015年8月28日. 2015年8月28日閲覧。 外部リンク• Powered by (2011年9月 - )• 知恵蔵mini『』 -• 石田夢実• 稲沢朋子• 植村友結• 浦まゆ• 国本梨紗• 組橋星奈• コルファー・ジュリア• 佐藤愛桜• 佐野杏羽• 芝咲美穂• 李婕(ジェニー・リー)• 瀧七海• 根岸姫奈• 藤本林花美愛• 前田茉耶• 牧野仁菜• 真広佳奈• 森下ひさえ• 八木美樹•

次の

【ホラン千秋】プロフィール(年齢・身長・インスタグラム・映画・ドラマ)

ホラン 千秋 メイ ちゃん の 執事

芸能界で活躍するハーフ美女は数多くいる。 だが、報道とバラエティーという番組の垣根を越えて出ずっぱりなのはだけ。 業界の慣習を打ち破ることを可能にしたのは、長い下積み時代に培った経験。 わずかなチャンスも逃さない「オンナの勘」だった。 「情報番組ならいざ知らず、さすがに報道番組のキャスターとなると、イメージの問題もあり、バラエティー番組やドラマへの出演は避けそうなものですが、それをみごとに両立させていますからね。 芸能界でも稀有なマルチタレントと言えるでしょう」 こう、うなずいて語るのはスポーツ紙デスク。 手放しでホラン千秋(31)をベタボメする業界関係者は多い。 17年4月からキャスターを務めるTBSの報道番組「Nスタ」で凛々しくニュースを読む一方で、バラエティーでは芸人相手に軽妙なトークをこなす。 ホランの存在感は際立っているというのだ。 その幅広い活躍の源泉をたどれば、長い下積みに行き着く、と多くの関係者は指摘する。 アイルランド人の父親と日本人の母親を持つホランは、6歳でジュニアモデルとしてデビューする。 14歳の時に本格的な女優を目指し、現在も在籍する大手芸能事務所に所属。 中学、高校に通いながら芸能活動を続けていた。 「05年に放送された『魔法戦隊マジレンジャー』(テレビ朝日系)で戦隊ヒーローの敵役でしたが、パンクファッションに身を包んでギター演奏を披露するなど、今のキャスター姿からは想像できないコミカルな演技を見せました。 鳴かず飛ばずの状態が続いたのです」(スポーツ紙デスク) 女優業での不振からか、青山学院大学文学部に進学。 在学中に米・オレゴン州立大学に留学して演劇を学ぶなど、現在の才色兼備ぶりの下地を作るも、帰国後に受けた民放キー局5社のアナウンサー試験に全て落ちてしまう。 芸能事務所関係者はこう分析する。 「ルックスはもちろん頭もキレる反面、かなりの人見知り。 そのマジメすぎる性格が災いしたのでしょう。 まだバブルのノリを引きずっていた当時のテレビ局上層部からは敬遠されたようです。 実際、アナウンサー試験だけでなく、テレビ局の一般職試験まで落ちたようですしね」 結果、大学卒業後は就職せず、地元スーパーでのレジ打ちのアルバイト生活を送ることに。 だが、22歳の時に転機が訪れる。 11年放送の連続ドラマ「陽はまた昇る」(テレ朝系)に出演。 ホランは役作りのために、長かった髪をバッサリ切った。 「今やトレードマークになったショートへアですが、ホラン本人は『もう怖くて伸ばせない』と、髪型を変える気はないようです。 髪を伸ばすと売れない時代に戻ってしまうと考えているのです」(スポーツ紙デスク) 大胆なイメチェンが奏功し、多くの業界関係者の目に留まることに。 同年には経済情報番組「ビジネス・クリック」(TBS系)のナビゲーター、「ULALAナナパチ」(TOKYO MX)のMCに就任する。 就活で苦汁をなめた女子アナへのリベンジを開始したのだ。

次の