通算 ホームラン。 通算本塁打ランキング

万波中正(横浜高校)の通算ホームラン数や動画は?父と母の職業(仕事)は?投手との二刀流!

通算 ホームラン

日本人メジャーリーガーが誕生したのは1964年で、マッシーこと村上雅則が野球留学中にスカウトされたのが始まり。 日本人のメジャー初ヒットを記録したのも1965年の村上雅則。 しかし、大リーグ在籍の二年間でホームランは打てませんでした。 そんな村上の初ヒットから30年後の1995年に野茂英雄がメジャーデビュー。 トルネード旋風を巻き起こすなど新人王を獲得する大活躍を果たしました。 実は 日本人メジャー初ホームランを記録したのは野茂で、1998年4月28日のこと。 メジャー先発100試合目の節目に見事完投勝利、初ホームランで花を添えました。 打者出場で初めてホームランを打ったのは、2001年4月6日のイチロー。 メジャー1年目(新人)の日本人ホームラン記録 ルーキーイヤーに最も多くホームランを打った日本人は、日本で50本塁打の実績のある松井秀喜ではなく、しばらくは城島健司でしたが、2018年に大谷翔平が記録を塗り替えました。 イチローが「初めてホームランバッターが日本人で来たな、という感じ」と評価した大谷翔平が、二刀流で少ない打席数ながら放った22本が最多です。 大谷翔平 22本(2018)• 城島健司 18本(2006)• 松井秀喜 16本(2003)• 井口資仁 15本(2005)• 新庄剛志(2001)、福留孝介(2008)、青木宣親(2012) 10本 新人として二桁本塁打を達成したのはこれまでに7名。 以下、イチロー8本塁打、松井稼頭央と岩村明憲の7本塁打と続きます。 日本人ホームランのシーズン記録(最多は松井秀喜) 次にシーズン記録に目を向けると、 松井秀喜だけが30本塁打超えを達成しています。 松井秀喜 31本(2004)• 松井秀喜 28本(2009)• 松井秀喜 25本(2007)• 松井秀喜 23本(2005)• 大谷翔平 22本(2018)• 松井秀喜 21本(2010) 見ての通り、上位は松井秀喜が独占状態。 メジャーリーグでシーズン20本塁打を達成したのは、松井と大谷の二人だけです。 20本未満は、ルーキー城島と井口が2年目に放った18本塁打、ルーキー松井の16本塁打、2005年のイチローとルーキー井口が放った15本塁打と続きます。 大谷翔平はトミー・ジョン手術の影響もあって2019年は打者専念なので、2年目のジンクスを打ち破って松井秀喜のシーズン31本塁打を上回れるか注目です。 日本人ホームランの通算記録(最多は松井秀喜) 長くプレーを続けていると増えていくのが通算の数。 日本人バッターはこれまで5シーズン前後でメジャーリーグを去るケースが多く、通算ホームラン数は50本が一つ大きな壁となっています。 松井秀喜 175本(10シーズン)• イチロー 117本(18シーズン)• 城島健司 48本(4シーズン)• 井口資仁 44本(4シーズン)• 福留孝介 42本(5シーズン)• 青木宣親 33本(6シーズン)• 松井稼頭央 32本(7シーズン) 30本塁打以下の記録は、大谷翔平の22本塁打(1シーズン)、新庄剛志の20本塁打(3シーズン)、田口壮の19本塁打(8シーズン)、岩村明憲の16本塁打(4シーズン)、川﨑宗則の1本塁打(5シーズン)となっています。 中村紀洋、西岡剛、田中賢介は一本も打てませんでした。 大谷はメジャー挑戦時の年齢が23歳(ルーキーイヤーの7月5日に24歳の誕生日)と若いので、これから先長く二刀流または打者専念で活躍することで、通算ホームラン数は伸びていきそうです。 日本人メジャーリーガー初の通算200号も達成できるかもしれません。 余談ですが、アジア人メジャーリーガーに範囲を広げると、通算最多ホームランを記録しているのが韓国の秋信守(チュ・シンス)。 かつては3割・20本塁打・20盗塁を2年連続でマークするなど優秀な中距離バッターとして活躍してきた秋は、14シーズンで通算189ホームランを積み上げてきました。 レギュラーで出場できれば、2019年シーズン中のメジャーリーグ通算200号を打てそうで、こちらも楽しみです。 記録ではあまり名前が出てきませんでしたが、個人的に強く印象に残っているのは松井稼頭央です。 メジャー挑戦一年目に一番でスタメン出場すると、開幕戦の初球を振り抜き先頭打者ホームラン。 メジャー史上初の開幕戦新人による初打席初球本塁打を記録しましたが、何とその翌年の開幕戦で二年連続となる第一打席ホームラン。 大谷翔平のバットからも、感動的なアーチが多く飛び出しますように。 以上、メジャーリーグ日本人打者のホームラン記録についてでした! 大谷翔平の2019年シーズンは30ホームラン超えに期待 大谷翔平が5月9日にメジャー合流後すぐに3番・DHでスタメン出場して、2019年シーズンがスタートしました。 打者専念が想定されている2019年は、故障などで離脱しなければ年間500打席近くのチャンスが到来する見込みです。 メジャー挑戦元年に、400打席に満たない中で22ホームランを放った大谷翔平。 2年目のジンクスも囁かれていますが、抜群の対応力で周囲の雑音をかき消して欲しいものです。 そして、松井秀喜以来となる年間30本塁打達成と、新記録のシーズン32ホームランに期待しましょう! スポーツネット配信サービス大手のDAZNでは、現在1ヶ月無料体験を実施中です。 メジャーリーグのみならず、2019年はヤクルト・広島の主催試合以外を全て生中継。 香川真司や長友佑都らトルコリーグも含めた海外サッカーや、大坂なおみが躍動する女子テニスなど、多岐にわたるスポーツを一挙生配信しています。 この機会に是非無料体験をしてみてください。

次の

メジャー日本人ホームラン記録(シーズン・通算ほか)

通算 ホームラン

高校通算ホームランの裏側 早稲田実業の清宮選手の 高校通算ホームランに大きく注目が集まっています。 このペースでいけば高校通算ホームランは100本を超え、その勢いで歴代最多記録を作るのではないかと言われています。 (現在の最多記録は107本) しかし、この高校通算ホームランという数字はなかなか厄介なもので注意してみなければいけない数字でもあります。 高校通算ホームランは文字通り、高校3年間(実際に野球部に所属するのは3年の夏までなので2年と3カ月ほど)の間に打った本塁打の本数です。 高校通算ホームランには公式戦はもちろん、練習試合に打った本数も入ります。 対外試合のみカウントされるので、紅白戦はカウントされません。 高校通算ホームランが多くても必ずしもプロで活躍できない理由 もちろんこの数字は多いに越したことはないのですが、この数字が多ければプロに必ずいけるわけでもありませんし、必ずしも長打力があるとは言い切れません。 ここで歴代の高校通算ホームランの上位選手を見てみましょう 名前 通算本塁打 ()内は甲子園で打った本数 山本 大貴 107本 黒瀬 健太 97本 伊藤 諒介 94本(1) 中田 翔 87本(4) 大島 裕行 86本(1) 横川 駿 85本 鈴木 健 83本(1) 中村 剛也 83本 伊奈 龍哉 74本 岡本 和真 73本 高橋 周平 71本 奥浪 鏡 71本 城島 健司 70本 平田 良介 70本(5) 参照 この上位全員がプロに入ってホームランを量産しているかと思えばもちろんそんなことはありません。 この中でプロで大成したのは、中田、中村、城島くらいです。 それ以外だと平田良介選手が侍ジャパンに選ばれてこれからが楽しみです。 山本、伊藤、横川選手はプロにも言っていません。 ここでいよいよ高校通算ホームランがあてにならない理由について考えてみましょう。 この高校は甲子園に3回出場したことがあるのですが、別の意味で高校野球の世界では有名な高校です。 有名になった理由は、野球部のグラウンドのレフト側がとても狭く、普通の球場ならレフトフライのあたりがすべて ホームランになってしまうことです。 練習試合の半分くらいは自分の高校のグラウンドで行われますから、そこでしょうもないホームランを連発している、というわけです。 有名な強豪校となれば招待試合に招かれるなど、多くの練習試合を行うのが一般的ですが、田舎の無名高校や離島の学校は練習試合をするのも一苦労です。 昔は練習試合が今ほど多くなかったので、清原選手 高校通算ホームラン64本)今の時代に高校生ならもっと打っていたに違いありません。 練習試合の多い大阪桐蔭のような学校では当然高校通算ホームランは激増します。 上のランキングでは、中村、中田、平田の3選手が大阪桐蔭高校の出身です。 また清宮選手は1年の春からレギュラーに抜擢されていますが、1年生はどんなに早くても夏から、もしくは秋からしか試合に出れないような高校も存在します。 その数か月の差が高校通算ホームラン数に響いてしまうのです。 練習試合では新しい球種を試したり、普段ベンチに入らない控え投手と対戦することもあり、公式戦とは本気度が違います。 ドラフトにかかるような打者ならそんな低レベルの投手を攻略できて当然です。 バッティング練習でいくら打てても、本番で生きた球を打てなければ意味がないのと同じです。 逆に甲子園の試合や強豪校との対戦で打つ本塁打は、投手のレベルを考えれば大きな意味があります。 高校1,2年生のときは体ができていなくても、3年生で急成長することはあります。 高校時代は無名でも、大学に入って急激に長打を打てるようになるバッターも存在します。 体格だけでなく技術でも同じことが言えます。 ポテンシャルはあっても良い指導者に恵まれず埋もれていた選手が、大学でいい指導者に出会い、才能が開花するケースもありますし逆にいいコーチがいなくなると急に成績が落ちることもあります。 指導者に恵まれずに悩んだスーパー一年生 かつて帝京高校の1年生として甲子園のマウンドにあがり、時速148kmのストレートを投げ、スーパー一年生と呼ばれた伊藤拓郎というピッチャーをご存知でしょうか。 彼は中学時代からプロのスカウトの注目を浴び「今の時点でもうドラフト候補」なんて言われていました。 しかし彼は二年後、急速を大きくさげ、プロに高い評価を受けることもなく、ドラフト9位で横浜になんとか入団し、プロで1勝もあげられずに数年でプロを引退しました。 彼が高校二年生になるとき帝京の投手コーチが退任しました。 伊藤選手は良い指導者に恵まれず、球速を追い求めてフォームを崩し、結局元の球速に戻ることはありませんでした。 指導者に恵まれて一気に成長した例も 他の例では、あのイチロー選手もプロに入団した当初は1軍の監督に振り子打法が認められず2軍暮らし。 3年目に監督が代わりレギュラーに抜擢されいきなり。 シーズン210安打の日本記録を樹立、その後の活躍は言うまでもないでしょう。 そのくらい指導者との相性というものは大事なのです。 下級生時代には無名でも、体格が急に成長したり、良い指導者に巡り合って3年生になって才能を開花させ、ドラフト候補まで上り詰めた選手も多くいます。 高校時代に一本もホームランを打っていないのにプロで ホームラン王をとった小笠原道大選手のような例もあります。 他にもプロで通算ホームラン歴代4位の門田博光、阪神の4番掛布、金本、日本ではホームラン王争いをしたイチロー、トリプルスリーを達成した柳田はいずれも高校時代ほとんどホームランを打っていません。 彼らはいずれも左バッター、引っ張ったホームランが多い、スイングがダウンスイング気味、などの共通点があります。 彼らのスイングを見ると何か似ている部分があるのは、何か理由があるのかもしれません。 チーム事情で伸び悩んだスラッガー プロで大成できないのは必ずしも本人だけに原因があるわけではありません。 埼玉栄高校時代に通算86本塁打を放ち大きく注目を浴びた大島裕行選手はドラフト1位で西武に入団し、和製大砲として期待されましたが、チーム事情もありあまり活躍できませんでした。 当時の西武は選手層が厚く、カブレラ、中島、GG佐藤、栗山、中村剛也、和田一浩、松井などクリーンナップを打てるバッターがずらり。 守備や走塁でアピールできない大島は苦しみました。 村田修一をはじめとする厚い選手層に阻まれている巨人の大田 高校通算55本塁打 、岡本(高校通算73本塁打)も同様です。 若手が積極的に登用される環境で結果を残した、大谷、筒香、鈴木、中田、山田とは対照的ですね 高校通算ホームランはあくまで評価の一部 長打力を見るなら高校通算ホームランをみるよりスイングスピードや打球の速さを見るのが、一般的です。 いくら遠くに飛ばせても守備や走塁があまりにひどいと評価はガタ落ちです。 他にもスイングの軌道、故障歴、勝負強さ、フライの滞空時間、変化球への対応、苦手なコース、練習態度、選球眼、あらゆることが評価の対象になります。 清宮選手の魅力は高校通算ホームランの多さだけではありまえん。 スイングの柔らかさ、インコースの裁きのうまさ、選球眼、豊富な大舞台の経験、甲子園での実績などもプロのスカウトが評価しています。 くれぐれも高校通算ホームランという数字だけに惑わされないように気を付けましょう。 ホームページ開設から7ヶ月で月間1万pvを達成2017年の2月から始めているこのホームページです…• ネカマ歴10年のベテランとの接触に成功「ネカマ」という言葉を聞いたことのある人は多い…• その節約、逆効果になっていませんか?いつの時代でも、人はいかに節約するかということは共通の大きな…• ショートカットキーを語呂で覚えようパソコンの便利なショートカットキーは頻繁にPCを使う人なら自然と覚…• 疑似相関とは「疑似相関」は統計学でよく使われる言葉です。 言葉で説明すると「因果関係のない2つの事象…• プログラミングが重要だといわれる風潮の中で流行するビジネスモデル人工知能だ機械学習だ自動化だなどと…• , パスワードはどう作る? 使いまわしは恐ろしいネット上に便利なサービスやツールがあふれかえる中、パ…• 兄に遺言を操作され20年の歳月を失った女性先日、うちの事務所に相談にいらっしゃった女性がなかなか…• 宝くじ専用のソフトを売る時代は終わった「宝くじ詐欺」という詐欺をご存知でしょうか。 簡単にいえば、…• ドラフトの指名順位はどのくらい重要なのかプロ野球の新人選手選択会議(以下 ドラフト会議)が10月…•

次の

日米通算248本の本塁打を浴びた上原浩治氏 忘れられない5本を裏話交え紹介

通算 ホームラン

シンシナティ・レッズの打順2~4番、 エウヘニオ・スアレス、 ジェシー・ウィンカー、 デレク・ディートリックが打った。 3球連続ホームランは、2007年6月12日に、ニューヨーク・メッツの ジョン・メインが、ロサンゼルス・ドジャースの ウィルソン・ベテミット、 マット・ケンプ、 ホンチー・クオに打たれた。 こちらの打順は7~9番。 投手のクオがメジャーリーグで打ったホームランは、この1本しかない。 1923年6月1日のニューヨーク・ジャイアンツと、1964年9月13日のセントルイス・カーディナルスに続く3度目。 それらのうち、カーディナルスとロッキーズは、どちらもシカゴ・カブスを相手に、リグリー・フィールドで記録した。 なお、1回裏から9回裏までの全イニングで得点も、可能性としてはゼロではないが、現時点では皆無。 最初の8イニングとも得点を挙げた試合は、いずれも9回裏の攻撃がなかった。 ワシントンの出場は、1974~75年に計105試合。 1974年のポストシーズン5試合を含め、いずれの試合でも代走として起用され、打席に立つことも、守備につくことも、マウンドから投げることもなかった。 通算31盗塁、17盗塁死、33得点。 ポストシーズンでは、0盗塁、2盗塁死、0得点。 ナ・リーグでは1880年に リー・リッチモンド(6月12日)と ジョン・ウォード(6月17日)の2人が完全試合を成し遂げているが、ア・リーグではこれが初めてだった。 ヤングは1897年9月18日と1908年6月30日に、ノーヒッターも記録した。 ちなみに、「サイ」はニックネームの「サイクロン」を縮めたもの。 フルネームは、デントン・トゥルー・ヤング。 5月4日のMLBは、こちら。

次の