剣盾アローラガラガラ厳選。 【ポケモン剣盾】アローラガラガラの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】リージョンフォーム解説

剣盾アローラガラガラ厳選

近況は次なるポケモンの育成 以前、ボーマンダの育成論に沿った厳選と育成を行いました。 参考記事 次は現環境トップクラスのカプ・コケコ対策としてやはり環境で使用率の高い「ガラガラ」(アローラ)を厳選、育成してみました。 ガラガラ(アローラ)育成 外部サイト「ポケモン徹底攻略」さんのを参考にしました。 ふといほね 入手は? ガラガラに必須とも言える持ち物「ふといほね」を取るのが苦労しました…。 入手法は野生のカラカラが持っているものを入手するのみ。 捕まえて持っていればいいのですが、一匹目では持っていなかったので捕まえるより時間短縮できる「どろぼう」に切り替えました。 所持率は5%と言われています。 実際、50回くらいは「どろぼう」しました…。 なお、ガラガラ自体の出現率も高くはないので「仲間を呼ぶ」で何体も「どろぼう」した方が効率は圧倒的にいいです。 相手のHPを赤まで削って「ビビリだま」を使用して「仲間を呼ぶ」確率を上げましょう。 もう1つ、特性: ふくがん を持つバタフリーを先頭にすると野生ポケモンがアイテムを持っている確率が 5%なら20%に、50%なら60%になる効果が。 「仲間を呼ぶ」で乱入したポケモンには「ふくがん」の効果が適応されないとのことなので、「ふくがん」を利用する場合はドロボウして倒してウロウロして再出現を繰り返したほうが良さそうです。 厳選にタマゴグループ遺伝利用 すでにボーマンダ厳選時にタツベイの特攻以外5Vが存在し、ガラガラも同じ個体値目標ですので遺伝させることにしました。 ここでタマゴグループが重要になります。 タツベイ、カラカラではタマゴグループが異なるのでタマゴが発見されません。 しかし、それぞれが属するタマゴグループであるタツベイの「ドラゴン」と、カラカラの「怪獣」を併せ持つポケモンに「エンニュート」、「ヤトウモリ」がいます。 ここを中継することで遺伝が可能です。 (エンニュートも優秀なので攻撃以外の5Vを途中で厳選しておき、次の育成準備を進めています。 ) このように、ポケモンごとに最大で2種類のタマゴグループに属しているため、一度厳選したポケモンが次に応用出来る事も多いです。 メタモンで捕まえられるのは4Vまでなので、5Vが1体いるとかなり楽になるでしょう。 ヤドンは「水中1」グループでもあるので「みず」ポケモンに転用出来る可能性が出てきます。 アシマリが「水中1」「陸上」なので更に多くのポケモンに…といった具合。 厳選中に産まれた5Vの中には物理特化だから特攻はいらない…などもあるでしょうが、このような他のポケモンへの遺伝のために取っておくといいでしょう。 今回のカラカラは技遺伝もないため、比較的ラクに準備が済みました。 ホント、ふといほね だけは出なくて苦労しましたが…。 ポケモン サン・ムーン関連記事 シナリオ攻略 基本情報 さまざまな機能 ポケモンのゲット方法 ポケモン厳選と育成.

次の

【ポケモン剣盾】アローラガラガラの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

剣盾アローラガラガラ厳選

【ポケモン剣盾】ロズレイドの育成論と対策【草最強火力ポケモン】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はロズレイドの育成論と対策を考えていきたいと思います。 ロズレイドの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ロズレイドの特徴1】そこそこの火力と素早さ ロズレイドは特攻種族値125と、実はあのサザンドラやサーナイトと同じレベルの火力が出せるポケモンです。 サザンドラでおなじみの通り素の状態ではやや物足りない火力であるものの、こだわりメガネなどの補正が活きる火力レベルになっています。 そこそことかいってますが、実は特攻種族値125は草タイプでは最強です。 また、素早さがルカリオやピカチュウと同じ90族となっており、先発で出てきやすく鈍足系の多い起点作成ポケモンを対策しやすい性能です。 アタッカー面の数字だけ見るとカットロトムの上位互換と見えなくもないですね。 特防もロトムの107とほぼ同じ種族値105となっていてHP種族値もロトム系の50に対して60なので特防方面はタイプ不一致サブウェポンくらいなら耐える性能があります。 カバルドンやヌオーなどはタイプ一致で弱点をつけるということもあり、非常に有利な相手ですし特に有効打のない相手に対してもねむりごななどの各種状態異常をまけるので、妨害することもできます。 ロトムやドリュウズも抜ける素早さなのは大きなアドバンテージですね。 ただ、物理耐久はかなり低いので注意しましょう。 【ロズレイドの特徴2】特性:しぜんかいふく、夢特性:テクニシャン ロズレイドの特性はしぜんかいふくとどくのトゲ、夢特性でテクニシャンです。 このうち、しぜんかいふくは交代すると状態異常が治るので眠らされたり麻痺させられたりといった状況で強い特性です。 夢特性のテクニシャンは威力60以下の技の威力が1. 5倍なので、必中のマジカルリーフの威力を90に上げることができます。 一般的にはしぜんかいふくを採用するのがメジャーです。 【ロズレイドの特徴3】対策の薄い草毒タイプ ロズレイドはフシギバナと同じ草毒タイプです。 草も毒も環境には多くないタイプなので、全体的には対策が薄くなっています。 ただしほぼ確実に相手のパーティにいるダイジェットに弱い点は気をつけていきたいところです。 通る相手にはとことん通り、そうでなければとことん通らないようなポケモンと言えるかもしれません。 ロズレイドの育成論と戦い方 ランクバトルでは意外と早い素早さと特攻を活かして初手の起点作成(主にカバルドン)を妨害するアタッカー型と、くろいヘドロ+やどみが戦法でハメていく型を見かけます。 【ロズレイドの育成論】メガネロズレイド• 特性:しぜんかいふく• 個体値:A抜け5V• もちもの:こだわりメガネ(たつじんのおび)• わざ:エナジーボール・マジカルシャイン・シャドーボール・ヘドロばくだん 特徴 基本ムーブは初手に投げて相手の起点作成ポケモンに負荷をかけていく立ち回りになります。 特に初手に投げられる上に選出率もそこそこ高いカバルドンや水・草ロトム、オーロンゲやニンフィアなどのフェアリーが相手にいるときに出すと刺さりやすいでしょう。 また、こだわりメガネの1発の火力が重要な型なのでCぶっぱです。 カバルドン程度なら万が一D特化されてても確定1発で落とせます。 D特化のカバルドンでも水ロトムでもこだわりメガネならエナジーボールで十分落とせるので、命中安定のエナジーボールを採用しています。 ギガドレインにすると調整次第(SではなくB振り性格B補正)でドリュウズも倒せるようになりますが、今回は上から殴れることを重視して非採用。 なお、ドヒドイデを強く意識する場合はどちらかを外してじんつうりきを採用するのがおすすめです。 メガネ型を紹介しているトレーナーがいたので貼っておきますね。 ロズレイドの対策 相手にロズレイドが見えたら草毒弱点のポケモンは注意しましょう。 意外と早い素早さから意外と高い火力で下手すると起点作成ポケモンが一撃で葬られてしまいます。 ロズレイドは環境にほとんどいないため無警戒のトレーナーも多いと思いますが、少なくともロトムよりも早い可能性がある、ということは頭の片隅に置いておきましょう。 受けループはやどみが戦法でハメられないように注意しましょう。 どくどくが通らない上に特にドヒドイデなんかは水タイプも半減、熱湯でやけどにしたところで特殊型なので意味がなく、さらに交代によるしぜんかいふくで治ってしまう一方でロズレイドからはタイプ一致の草技が飛んでくるため、受けきれなくなる可能性があります。 どくどくベースの受けループ使いのトレーナーはロズレイドには注意しましょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】ロズレイドの育成論と対策【草最強火力ポケモン】 いかがでしたでしょうか。 環境には100試合で数試合あたるかどうかというくらいのレアポケモンですが、尖った性能をしているので刺さるパーティにはかなり刺さるポケモンです。 カバルドンや初手ロトムなど起点作成ポケモンに手を焼いているトレーナーはロズレイドを育ててみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

ポケモンサンムーン ガラガラ厳選と育成

剣盾アローラガラガラ厳選

どうも、Master. 166です。 今回は S0メルメタルを厳選してみました。 メルメタルは素早さが遅いなので、「せっかくだからS0にしたい!」…と思い、頑張りました。 今回はその厳選を記録として残そうと思い、この記事を書いています… それでは、記録していきます。 メルタンはからピカブイに何かしら個体を送った時に貰える不思議な箱を内で使用する事で手に入れる事が出来る幻 ? のです。 メルタンは内でのみ進化する事ができ、進化に必要なアメは… なんと 400個。 1体捕獲する事に3個 パイルのみ使用で6個 しか手に入らないので集めるのに非常に苦労しました… しかしを少しやり込んでた時に乱獲しまくっていたのでアメは約1500個ぐらい集まっており、問題なく進化させる事が出来た。 捕まえた適当なメルタンを進化させ、ピカブイへ転送してからが厳選の始まりです… 転送や捕獲は、シティのGOパークで行ないます。 まず、厳選の前にGOパークでの仕様を知っておきましょう。 GOパークで捕まえる個体は、 でのに基づいた個体を捕まえる事が出来ます。 内でのの最大は 15ですが、ピカブイへ転送すると以下のようになります。 レベルは 依存です。 最大レベルは 40、最低レベルは 1となります。 今回は何となく低レベルにしました。 後で育てるので低レベルにする必要は無いのですが… 性格は内では性格の概念が無い為 ランダムで決まりますが、ピカブイでは性格固定をする事が出来ます。 シティの内の左のケーシィと一緒にいるきとうし 占い師 に話しかけると、 午前0時まで出現する個体の性格を全て同じにする事が出来ます。 性格の決まり方は簡単に説明すると… 最初に選ぶのが「上がりやすい能力」 その次に選ぶのが「上がりにくい能力」 選ぶ際に花の色を聞かれるが、上から順に 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ と覚えておけば問題無いです。 これが「上がりやすい能力」を決める画面 これが「上がりにくい能力」を決める画面。 今回はS0を厳選するので、 勇敢にしました。 任意で性格固定をしたら、いよいよメルメタルのS0厳選に入ります。 メルメタルのいるGOパークへ戻ってメルメタルの前でセーブしておきます。 そしてメルメタルに話しかけ、捕獲します。 捕獲したらステータス確認画面でジャッジをしてS0かどうか確認します。 S0だと素早さが ダメかもと表記されます。 ジャッシ機能は、クチバシティの右側の道路に行きずっと右にいくと建物があるのでそこに入り、2階にいる助手に話しかけます。 この時、捕まえたの種類が30種類以上あればジャッジ機能が解禁されます。 たったこれだけの単純な作業ですが、まあメルメタルが全然捕まらない… 捕まる時はすぐに捕まりますが、捕まらない時は全然捕まらずに最終的には逃げられます… その為にを確認出来ないままというのが非常に辛い点であります… 自分は運が悪過ぎて、GOパークで約14時間厳選してようやく… S0メルメタルを捕獲する事に成功しました。 本当に長かった… 厳選中に間違えてセーブしてしまい、メルメタル1匹が無駄になってしまうという悲劇に見舞われましたが、何とかやり遂げました… 日付がこの記事を書いた時よりだいぶ前になっているのは、厳選を考えてなかった時にGOパークへ鑑賞用として送ってきた個体を捕まえた為です。 間違えてセーブしてなければこの個体を捕まえる事は無かったのですが… とにかく厳選は終える事が出来たので、剣盾へ連れて行って育成しようかと思います。

次の