お 宮参り 靴。 お宮参りの服装】ママ、赤ちゃん、祖母、パパ、祖父母、春・夏・秋・冬、レンタル

お宮参りのママ(母親)の服装!服の色や靴・季節それぞれのポイントと注意点

お 宮参り 靴

この記事のもくじ• そもそもお宮参りとは? 赤ちゃんの誕生を祝い、健康と長寿を祈り、お祝いするための行事です。 お宮参りの服装のマナーは? 一応マナーというものがあるようなので、載せておきます(笑) お宮参りするときの赤ちゃんの正式な衣装は、紋のついた掛け着(祝着)。 男の子の場合は、羽二重の紋付で、鷹や鶴などのおめでたい絵柄「熨斗目模様」が定番で、女の子の場合はちりめん花柄や綸子(りんず)をあしらった「友禅模様」の白羽二重の祝着が正式とされています。 祝い着は、赤ちゃんを抱いているひとの後ろで結び、その紐にお守りやお祝いをぶらさげる地域もあります。 昔は、赤ちゃんに和装の祝い着を着せた場合は、祖母や母親は紋付の礼装で付き添っていたそうです。 現在は、授乳のしやすさや赤ちゃんのお世話のしやすさを重視して、和装よりも洋装のワンピースやスーツなどでお参りしているママの方が多いですね。 服装について ママの服装 割合でいうとワンピースやスーツを選ぶ方が多い印象で、なるべく素足、露出を控えた派手すぎない衣装が一般的のようです。 ヒールを履いた方がいいの? 結婚式やパーティなどのフォーマルな場では、ヒールのある靴を履く方が良いとされていますよね。 ただ、お宮参りとなると赤ちゃんのお世話をしたり、もしママが抱っこするなら長時間抱いて歩かなければいけません。 産後で骨盤もまだしっかり戻っていない時期であれば、ヒールで長時間歩くのはかなり体に負担がかかります。 わたしは産後2ヶ月で友達の結婚式があって、3センチくらいのヒールを履いていったんですけど、骨盤や腰がめっちゃ痛かったです。 上手く歩けなかったですね。 体の負担を考慮して無理のない靴を選ぶ方がいいと思います。 なんかこんな感じとか、 参照: こんな感じとか。 参照: 写真も撮るし、赤ちゃんのお祝いだから少し華やかにはするけども、派手すぎない人の方が多いな、というような感覚です。 最近では、レンタル衣装を利用する人も多く、お宮参りの写真撮影に使った祝着をそのままお参りに着ていけるサービスもあります。 祖父母の服装は? 和装であれば、祖父は黒羽二重地に染め抜き五つ紋付の着物と羽織り、仙台平か博多平の袴。 祖母は色留袖や付け下げ。 色無地などの礼装が正式な服装と言われています。 男性の場合はほとんどが洋装で、濃紺やダークグレーのスーツを着ている方が多いです。 こちらも、シャツにジャケットを羽織っている方もいます。 女性の洋装は、シンプルなデザインのスーツやワンピースでフォーマルな着こなしをしている方がほとんどでした。 あくまでも主役は赤ちゃんとママといった感じの装いをしている方が多かったですね。 何と言っても授乳のしやすさとお世話のしやすさ! そして産後まもない体調を考慮して無理なく参拝してくださいね^^.

次の

お宮参りのママ(母親)の服装!服の色や靴・季節それぞれのポイントと注意点

お 宮参り 靴

お宮参りの時の服装を解説していきます。 赤ちゃんが主役のお宮参りですが赤ちゃん用の服装を祝い着といって縁起の良いとされる行事服を着せてあげるのが基本です。 そして、一緒にお宮参りをされるご両親はお子さんの服装に合わせた形でフォーマル、カジュアルなどを選ぶようにしましょう。 祖父母が参加した形でのお宮参りの際はカジュアルで参加される方も多いですが、ご両家の間で合わせた方が全体のまとまりとして良い、• お宮参りを予定している日が近づいてきて焦ることのないようにお宮参りに適した服装を準備しておきましょう。 この記事ではお宮参りの際にどんな服装で行くのか、風習はあるのか?季節(春夏秋冬)で変えるのかなども踏まえて適した服装を体験談なども踏まえて紹介していきます。 古くからのお宮参りの風習では父方の祖母が一緒に参列するしきたりがあり、お宮参りを行う産まれて一月の頃はまだ、忌が開けていない時期のため母親はお宮参りに参加するものではありませんでした。 しかし、現代では父母ともにお宮参りに参加して赤ちゃんの行事を一緒にされる方が圧倒的に多くなりました。 お宮参りにの時に男性の服装は比較的合わせやすいものですが、赤ちゃん母親、祖母の服装などは選ぶ服装がありますので、選び方なども紹介していきます。 お宮参りの服装の気をつけておきたいポイント お宮参りの際の服装で気をつけておきたいことは、一番には全体のバランスです。 例えば参列者の中で特に赤ちゃん、ご両親、祖父母の服装はできれば事前に相談し統一しておくことが大事です。 お着物で参加されるのは準備、当日の行動のしやすさなども考え、比較的動きやすい服が好まれるようになってきているようです。 カジュアルな服装で行う場合でも大事な行事なので清潔感のある服でのぞみたいものです。 友禅模様【ゆうぜんもよう】 現代ではベビードレスにケープなどでお着物なしでお宮参りをされる方もいらっしゃいます。 お着物を着せる風習に合わせて着せている方が圧倒的に多いですが、この時に考えておきたいこととして、お宮参りの時に着せたお着物は、仕立て直して男の子は5歳、女の子は3歳の時に使用するというものがありました。 仕立て直しが難しい状態でも小物入れやなどに直して持たせてあげるというのも素敵な風習だと思います。 ここからはお宮参りの時に赤ちゃんに着せる服装(お着物)について少し詳しく紹介します 正式なお宮参りの赤ちゃんの服装 お宮参りの際に赤ちゃんには白羽二重の着物を着せた上から紋の入った祝い着をかけるのが正式なものです。 祝い着は男の子であれば鷹や兜や鶴や武者などの勇ましい柄が描かれた物が定番で色は黒や紺や灰色や白などが好まれます。 女の子であれば花柄や蝶や手まりや御所車などの柄で赤やピンクなどの色合いが定番でしょう。 お宮参りの時に使用した着物は男の子の5歳のお祝いと女の子であれば3歳のお祝いの着物に仕立て直すことができます。 祝い着は母方の祖父母が用意するのがしきたりです。 現代ではご自身で準備されたり、レンタルで済ませる方も増えてきているようです。 お宮参りの赤ちゃんの服装のアンケート アンケート結果ではご自身で購入や、母方の祖母からいただいたお祝い金などで自分たちで選んで買い与えるというものと、母方の祖父母からいただいたものと半々くらいで行われているようです。 祝い着の下に着るものもベビードレスや産着などで赤ちゃんが過ごしやすい服装に祝い着をかけてあげる服装が選ばれているようです。 お宮参りの祝い着の着せ方 ベビードレスを着てよだれかけとケープを付けた赤ちゃんを抱っこし、その前に祝い着をかけ、抱っこしている人の背中で祝い着の紐を結びます。 この時よだれかけは祝い着の上に出すようにします。 レンタルの場合は祝い着のほかにこのよだれかけとケープもセットになっています。 祝い着も伝統柄だけでなくリボン柄などの現代的な柄やフリルがついたようなかわいらしいものも好まれているようです。 また祝い着を用意せずベビードレスのみでお参りする人も増えているようです。 各家庭の事情に合わせて無理のない形でお祝いを迎えたいですね。 赤ちゃんの服装のポイント お宮参りの時期はまだ体温調整が苦手だったり、授乳の後戻したりと赤ちゃんにとっても大変な時、気候に合わせて過ごしやすくしてあげることが大切です。 お出かけの時のセットをそのまま持ってきておくことも大事。 体温調整がしやすい服装• 男の子と女の子でお着物は違う• ベビードレスにケープなども可(相談しましょう) お宮参りは伝統ある儀式ですから、やはり参列者にはしっかりとした正装をしてもらいたいものです。 ただし、季節やお宮参りをされる神社などでどこを選ばれるかによっても服装は使い分けされている印象を受けました。 今回お宮参りを体験された方からのアンケートを実施しその中からお宮参りをされた方からの意見を参考にご自身のお宮参りの際に役立ててもらえればと思います。 お宮参りのときの母親の服装が着物の場合 昔は母親と父方の祖母は黒留袖と決まっていたそうですが、最近は訪問着やつけ下げ、色無地など落ち着いた色合いで清楚なものが好まれるようです。 お宮参りの記念撮影では赤ちゃんからみておばあちゃんが抱っこすることが多いので、赤ちゃんの祝い着の色に合うような色の着物を選びたいものですね。 ただ最近は着物を着なれない人も増えているため洋装を選ぶお母さんが多くなってきているようです。 お宮参りのときの母親の服装が洋装の場合 神社では露出の多い服装はふさわしくありません。 フォーマルなワンピースにジャケット、もしくは少しフォーマルなスーツのセットなどを着ると良いでしょう。 お宮参りのときの母親の服装の注意点 正装をしなければならないのはもちろんですが、赤ちゃんが快適に過ごせるようにするため気を付けておきたいことがあります。 授乳をしている期間であるから気を付ける 母乳のみで育てている場合、突然哺乳瓶を使おうと思っても赤ちゃんが受け付けてくれない可能性があります。 そのため着物を着る場合は長時間授乳できないため、哺乳瓶でミルクや搾乳しておいた母乳を飲むことに赤ちゃんを慣れさせておく必要があります。 洋装の場合は授乳しやすい服装を選ぶようにしましょう。 上質な生地で作られたワンピースは改まった印象を与えるため、こういった正式な場所ではよく着られるものですが、前で開くタイプのデザインでなければ外で授乳をするのはとても大変です。 授乳が必要な時に動けるように前にボタンのあるブラウスなどを着用する方が良いです。 お宮参りのときの母親の服装で気を付けたいのが足元 着物の場合は草履、洋装の場合はパンプスなどを履きますが、神社というのは滑りやすい石畳やつまずきやすい砂利道など実は危ない場所と言えます。 ですので少々不格好でも慣れない場合はかかとの低いパンプスやフェミニンなデザインのスニーカーを履いて臨むようにしましょう。 大事な赤ちゃんにけがをさせては意味がありません。 安全を考え万全の態勢でお宮参りに臨みましょう。 母親の服装のポイント お宮参りの時に赤ちゃんにとって一番の便りは母親です。 母親の服装も短い時間とはいえ動きやすく、授乳や抱っこしている時に転んだりしない服装が良いでしょう。 授乳しやすい• 歩きやすい靴.

次の

お宮参りの服装は?赤ちゃん・母親・父親・祖父母の服装 | お宮参り

お 宮参り 靴

Writer : Modefied at : 2019年5月21日 Genre : ,• 赤ちゃんが生まれて最初の行事である「お宮参り」。 「寺院や神社」、など決めなくてはいけないことは多々ありますが、「衣装決め」に時間をかけられる方がとても多いですよね。 突然ですが、質問です!当日の服装が決まったという方、「靴」や「足元」などの細部まで考えてコーディネートを決めましたか? せっかくお宮参りに適した服装をしていても、靴が場に適していなければ、その服装はお参りに適しているとは言えません。 お母さんの靴!安全性を重視して お母さんの靴を選ぶ際に最も考慮していただきたい点は、「安定感」です! 転倒の危険性がある=お子様が怪我をする可能性がある、という事なので、まずは安定感がある事が絶対条件になります。 お参りが屋内で行われる時は、その都度靴を脱ぐ履きしなければなりませんので、簡単に履ける(履き慣れている)靴を選ぶようにしましょう! ヒールを履くなら、絶対にローヒール! 正直に言うと、お宮参りにヒールはおすすめできません。 理由としては寺院に砂利道や階段などの、転倒してしまう可能性がある場所が多くあることです。 参拝場所によっては、歩きづらい道を歩かなければならないかもしれません。 もし赤ちゃんを抱っこしている時にお母さんが転んでしまったら、大切なお子様が大怪我をしてしまうかもしれませんよね。 しかし、どうしてもヒールを履きたい! というママさんもいるかもしれません。 そんな方にオススメしたいのは、ヒールの中では比較的安定感のある「ローヒール」です! ウェッジソール・インヒール こちらの靴はくさび形の靴底という意味合いがあり、土踏まずがしっかり掛かり、かかと部分が高くなっているパンプスのことを言います。 靴底の高さは、ご自分にとって安全な高さの物を選んでください! プラットフォーム プラットフォームは厚底靴です。 少し前に流行った、底が高い靴と近いものです。 底が高いタイプが一般的なデザインですが、底が低いものも販売されています。 かかとに少し高さがあり、フィット感もあるため、ヒールなのにも関わらず、歩きやすいという声も多いそうです。 地面に設置している部分が通常のヒールより広いため、普通のヒールよりも安心して歩くことができます。 ヒールを履かなくてはならない場所やシチュエーションには、チャンキーヒールもおすすめですが、お宮参りに関しては、第一選択肢にならないかもしれません。 ソフトパンプス 歩きやすさを追求したのがソフトパンプスです。 歩行のしやすさを目的として作られたパンプスなので、かかと部分が低く、ストラップ部分がしっかりしており、つま先部分に余裕があります。 柔らかいのも特徴で、安定感抜群です! お宮参りに最も適したヒールといえるかもしれませんね。 また、お宮参りは出産後1ヵ月ほどで行われるので、まだママさんの体調が十分ではないかもしれません。 そのような時に体を冷やしてはいけないので、足袋の枚数を増やすなどして、足元から体を冷やさないようにしましょう! スニーカーでも大丈夫!? 「神社や寺院に参拝をする際に、スニーカーはどうなんだろう?」 と思われる方も多いかと思いますが、実はスニーカーで参拝しても大丈夫なんです! スニーカーは運動用としても作られている物もあるので、安定感という点においてはお宮参りに最適ですね! ただ、派手すぎるスニーカーなどは避けるようにしましょう。 これら二つには定番の履き物がありますので、素直にその中からお好きな物を選ぶことがオススメです! スーツには革靴を! 普段からスーツを着てお仕事をしているお父さんも多いと思います。 その方は普段の服装のまま参拝していただいて全く問題ありません。 パーティーなどで派手なネクタイやスーツを着用される場合には、派手な靴がピッタリです。 しかし「お宮参り」はお子様が主役の行事です。 ネクタイや スーツと同様に、靴も落ち着いたものを選ぶようにしましょう! 和服には下駄や草履!意外とブーツも合う! 日本の伝統的な服装といえば「着物」ですよね。 袴や着物を着用して、お参りされるお父さんも多くいらっしゃいます。 和服の場合もスーツの時と同じで、服装に適した靴を選ぶようにしましょう。 オススメなのが「下駄」と「草履」です。 足首を覆ってくれる長さ 特に、室内に上がってお参りをすることが事前にわかっている場合は、確実に足首まで覆える靴下を履くようにしましょう! 社会人の方はこのような靴下を履いている方がほとんどだと思いますが、普段の仕事でスーツなどを着用しない方は、特に注意が必要です。 和服の場合には足袋を履くようにしましょう。 冷え性の方が足袋を履く場合には、足が冷えないようにする工夫が必要です。 重ね履きするなどして、身体を冷やさないようにしましょう。 赤ちゃんにとっても靴下は大切です。 一番身体が弱いのは間違いなく赤ちゃんです。 体温を保てるように、足先の体温には注意して観察しておきましょう! 注意点!場の雰囲気と家族の服装に合わせよう! 多くの方は、服を決めてから靴を決める順番だと思いますが、その順番で決めていただいて全く問題はありません。 「靴は服装の一部」とよく言われますよね。 言い換えると、靴がお宮参りに適さない場合は、服装自体が適さなくなってしまうという事です。 当日着用する服,靴については事前に話し合っておくようにしましょう! おわりに ここまでお宮参りの「靴」に関してまとめてきましたが、いかがでしたか? たかが靴ではありますが、行事を成功させるための大切な1ピースです。

次の