親知らず 腫れ。 親知らず周辺の歯茎の腫れは智歯周囲炎ー原因と対処法とは

親知らずが腫れる智歯周囲炎(ちししゅういえん)の自宅でできる対応策と治療法

親知らず 腫れ

【痛みを和らげる方法3】直接冷やす 親知らずが原因で痛みを伴う場合、頬や顎が大きく腫れることもあります。 痛さと恥ずかしさでどうしようもない気持ちになってしまいますよね。 体のどの部位でも同様ですが、腫れている場合は炎症を起こしている可能性が高いです。 炎症は冷やすことで痛みや腫れを緩和することができます。 親知らずが原因で痛いときは濡らしたタオルや冷却シートなどで痛む部位を冷やしましょう。 炎症を抑えることで痛みや腫れを軽減できることもあります。 ただし、氷などあまりに低い温度で直接冷やすのは逆に痛みや腫れが強くなってしまう場合もあるためおすすめできません。 水で濡らしたタオル程度の冷たさに抑えるようにしましょう。 【痛みを和らげる方法4】柔らかい歯ブラシで磨く、詰まりを取る 親知らずは、周辺に溜まっている汚れや細菌によって腫れや痛みを生じているケースもあります。 その場合、柔らかめの歯ブラシで親知らず周辺を優しく磨いて汚れを取ることも対処法の1つです。 歯磨きすることは、口の中の細菌を減らすことにもつながります。 とは言え、ゴシゴシ磨いてしまうと痛みがひどくなるだけでなく、歯茎を傷つけてしまうので優しく磨くことを心がけてください。 また、親知らず周辺の歯茎に食べかすが詰まることで歯茎が腫れることもあります。 親知らずは横向きや斜めに向かって歯が生えていることも多いので、食べかすが詰まりやすい構造なのです。 歯と歯の間に詰まっている食べかすを取り除いてあげましょう。 歯ブラシだけでは取りづらい場合は、歯間ブラシや糸ようじ、デンタルフロスを使うとよく取れます。 【痛みを和らげる方法5】無理に食事を摂らない 親知らずに痛みがあるときは、硬いものを食べてしまうとさらに痛みがひどくなってしまう場合があります。 また、冷たいものや辛いものなど刺激がある食べ物も同様です。 そのため、無理に食事を摂ろうとせず一時的にゼリー食などを利用するのが良いでしょう。 1日、2日であれば、水分とゼリー食で十分栄養が摂れるので決して無理をしないように。 もちろん、ゼリー以外でも豆腐や柔らかく茹でた温野菜など、柔らかいものを口にできるようなら積極的に食べましょう。 また、親知らずを治療した後や治療中も痛みが生じるケースもあります。 治療後、治療中は、極力硬いものや刺激物を避けるのがおすすめです。 親知らずの痛みが起こる原因は? 親知らずの痛みを和らげる方法をご説明しましたが、ここからはそもそもなぜ親知らずが痛むのか原因について解説します。 主に5つの原因が考えられます。 親知らずの痛みを和らげる方法をご説明しましたが、ここからはそもそもなぜ親知らずが痛むのか原因について解説します。 主に5つの原因が考えられます。 【原因1】歯茎を突き破る 親知らずは歯茎を突き破って生えてきます。 歯茎を突き破る際、痛みを生じることが多いようです。 【原因2】虫歯 親知らず自体が虫歯になること、あるいは親知らずと親知らずの横の歯の間に虫歯ができることで痛みが生じることがあります。 親知らずは口の奥の方に斜めに生えることが多いため、歯ブラシで上手にケアできず虫歯が進行する傾向にあります。 【原因3】炎症を起こしている 親知らずは通常の歯と比べて入り組んだ形で生えてくることが一般的です。 そのため歯ブラシでもケアしづらい箇所に細菌が溜まりやすく、溜まった細菌が炎症を起こし、痛みや腫れを引き起こすことがあります。 【原因4】隣の歯を圧迫する 親知らずが横向きや斜めに向かって生えてしまうと、隣の歯を圧迫してしまい痛みが生じやすくなります。 また、歯並びに影響することもあります。 【原因5】噛むと歯茎に当たる 上下どちらか一方に親知らずが生えている場合、かみ合わせが悪いと親知らずが歯茎に当たって痛む場合もあります。 食事や生活に影響があるほど痛みが生じる場合は、親知らずを抜歯するのが一般的です。 親知らずの治療方法 親知らずの治療方法は3つあります。 痛みが生じている場合もそうでない場合も、以下の3つのうちいずれかで対処するのが一般的です。 親知らずの治療方法は3つあります。 痛みが生じている場合もそうでない場合も、以下の3つのうちいずれかで対処するのが一般的です。 【治療法1】抜歯する 親知らずの治療法としてもっとも一般的なものが抜歯です。 親知らずの痛みや腫れは再発しやすいことが多いため、早めに抜いてしまうのが効率的だからです。 また、痛みがない場合でも、他の歯への影響を考えて抜歯を行うこともあります。 【治療法2】薬で一時的に腫れや痛みを緩和する 痛みや腫れがひどいときは、口を大きく開けるのも困難な場合があります。 その場合は、一時的に抗生物質や痛み止めを使用し症状を緩和するのが先決です。 症状がある程度改善されれば、その後の対処法を検討します。 【治療法3】削る 歯茎へ当たる箇所、噛み合わせなどを考慮して親知らずを削るのも1つの方法です。 歯茎へ当たらないように削る、噛み合わないように削ることで痛みが緩和することもあります。 今回は親知らずの痛みが起こる原因と痛みを和らげる方法をご紹介しました。 痛みが生じた場合はぜひ参考にしてみてください。 ただし、親知らずは根本から解決しない限り痛みや腫れが再発しやすいものです。 早めに歯科を受診し、再発しないよう治療を受けることをおすすめします。

次の

親知らず抜歯レポート 腫れや痛みが引かない理由を解説!あると便利なものも紹介

親知らず 腫れ

親知らずを抜いたことはありますか? 親知らずとは、10代後半から20代前半に生えてくるという最後の歯です。 これから行う親知らず抜歯が不安な方、また、抜歯後に血が止まらない、腫れが引かない、痛みが続く、口が開かない…とお悩みの方の参考になればいいなと思います。 か~なりしんどかった親知らず抜歯レポートになります。 経過や詳しいことなどは省いて「何に気をつけたら良いか」というポイントだけ知りたい方は、に飛んでいただければと思います。 なぜ抜くの?親知らず抜歯について 日本人は顎が小さいので、親知らずが正常に生えてくるということが少なく、横に生えていたり、半分歯肉に埋まっていたり、埋まっていて見えていないような場合があります。 虫歯になりやすかったり、神経を刺激して頭痛を引き起こしたり、横に生えることで隣の奥歯の治療を邪魔したりなどの理由から抜歯を進められることが多い親知らず。 また、矯正をしている、またはこれからする方は、 歯を揃えるために抜くことになるのではないでしょうか。 生えていても意味がない、身体に悪影響を及ぼすので抜くのですね。 私も外科矯正治療のために親知らずを抜くことになりました。 まっすぐ、埋もれていない場合は気軽でOK! まっすぐ生えている歯を抜くことは、かなり簡単で出血も少なく、抜いた後の痛みもそこまでひどいものではありません。 不便することといえば、半日くらいの出血と、食事の際に穴に食べかすが詰まることくらいです。 ですので、完全に生えている親知らずを抜く方は、特に心配をする必要はないかと思います。 私は数年前に、横に生えてきている完全に埋まっている下の親知らずを1本抜いたことがあるのですが、そのときはほとんど腫れもなく痛みも出血も続かず、3日間休めば問題なく日常生活を送ることが出来ました。 ところが今回、親知らずを3本同時に抜歯したら、1週間ほど激痛が続き、貧血を起こして倒れるくらい出血し、開口障害も残り約1ヶ月たった今でも口が満足に開きません。 同じ埋もれている親知らずの抜歯でも、どうしてここまで差がでてしまったのでしょうか。 何が原因で、痛みの差はなんなのかを書いていきたいと思います。 親知らず抜歯レポート 私が抜いた歯は、丸で囲った3つの歯です。 左の下の親知らずはすでに抜歯済で、左上の親知らずの一個手前の歯が根管治療をしていて寿命が短いので、そちらを抜いて、左上の親知らずを矯正で持ってきて奥歯の代わりにする、ということです。 ネットで調べていたら、「両方とも抜いて、空いた穴に抜いた親知らずを植え付ける」みたいな話を見かけたので怖かったのですが、普通にワイヤーで引っ張ってくるみたいです。 今回私が苦しめられたのは、右側の2つの親知らずたち。 2つともかなり奥に埋まっていて、特に右上の歯は曲がって骨に埋まっていたそうでかなりの時間を要しました。 3本抜くのにかかった時間は30~45分くらいだったかな…と思います。 麻酔は何度も注射針を刺します。 特に歯と歯茎の間の隙間に打たれるのが痛い。 この30分~45分くらいの抜歯時間が長いのか普通なのかはわかりませんが、 時間がかかればかかるほど、腫れや出血に関わってくるそうです。 そして、麻酔をしていても涙が出るくらい痛いです。 麻酔をしているので歯茎を切開したりするときに感じる痛覚は無いのですが、感覚はあります。 今切られてるな~と分かりますし、今どの歯を触られているかくらいまで分かります。 引っこ抜くときに、ペンチのようなもので思いっきり引っ張られる時が一番痛いです。 上手く引っこ抜け無いと何度も何度もすごい力で引っ張られます。 全体的に口が痛い。 そして、歯を砕かれている感覚。 すべてが力尽くです。 奥歯として普通に使っていた、まっすぐ生えていて埋もれていない左上の銀歯は、数秒で抜けました。 驚くくらいあっさりと。 ガーゼを噛みながら15分ほど放置されたあと、先生から「 明後日が一番腫れます。 麻酔が切れたら痛み始めるので、痛み止めを薬局で貰ったらすぐ飲むことをおすすめします。 今夜まで出血は続くと思うので、ガーゼを買うことをおすすめします。 」と言われておしまい。 壮絶な抜歯が終わり、涙をにじませながらタオルで口を抑えて、お会計、処方箋をもらい薬局へ。 8000円でした。 この時点でかなりメンタルがやられていて呆然としていました。 麻酔が残っているので感覚が無く、口が閉じれないので、血まみれのよだれがとまらなくて、持っていたタオルはあっという間に真っ赤に。 少しタオルを外したときにたれてきた血のよだれによって服もカバンも血まみれ。 11時から抜歯だったのでお昼も食べていなく、お腹がすいていたので帰りにウィダーインゼリーを買って帰ったのですが、出血と痛みで全く飲める気がしなくて断念。 全く止まらない血に恐怖を覚えながら、ガーゼを噛んで一日過ごしました。 シャワー中も血がだらだら垂れてきて不便でした… 腫れの経過写真 今回、かなり腫れましたので経過を載せていきたいと思います。 抜歯当日~翌日 初日の腫れは、右頬がすこしぷっくりしているかな~程度。 朝起きてみるとびっくり…右頬がぱんぱんに膨れ上がっていました。 ガーゼを噛んで寝て、夜中に痛みで起きて、また薬を飲みガーゼを変えて、朝も血は止まっておらずガーゼを噛んで出勤。 口は指が1本やっと入るくらいにしか開きません。 小さいスプーンでヨーグルトを食べましたが、血の気持ち悪さと口の痛さとで食欲も失せ、二口でやめてしまいました。 お昼はウィダーインゼリーを飲もうと思ったのですが「吸う」という行為が痛みで出来ず断念。 そしてアルバイト中に、ひどい痛みと吐き気とめまいに襲われて早退をした後、電車の中で貧血を起こして倒れ込みました。 親知らず抜歯の翌日・翌々日くらいまでは念の為にお休みをとっておいたほうが良いです。 抜いた穴からの出血の量が多く、貧血を起こしたみたいです。 Twitterにて、他の方も親知らず抜歯で貧血を起こして倒れたという話を聞きました。 普段から貧血気味の方は特に要注意です。 やっとの思いで帰宅して顔をみるとまたまたびっくり…。 顔がパンパンに腫れています。 痛みも本当にひどく、口も開かない。 8時間に1回は欠かさず痛み止めを飲まないと、痛すぎて何も手に付かないというくらいです。 酷い虫歯を経験した方はわかるかなと思うのですが、「ズキンズキンズキン」という痛みが永遠に続き、顔全体に響いているような痛みです。 ですが無情にもお腹はすき、食欲は湧いてくるものです。 お味噌汁、おかゆの丸呑み、ねぎとろなど全く歯を使わずに、口も大きく開けなくて済むようなものでしたら食べる(ほぼ飲むに近いですが。 )ことが出来ました。 抜歯から2日後~6日後 抜歯から3日後までは休みを取り、4日後からマスクをしてアルバイトに出勤したのですが、痛みと腫れとでしんどかったです。 夜中3時~4時頃に薬が切れて、痛くて一回起きて痛み止めを飲むという日々。 食事はひたすらおかゆとネギとろとお味噌汁。 口が開かないのと痛いのとで「噛む」という行為が一切出来ませんでした。 口が指1本分も開かないので小さい歯ブラシですら入らないから、4日間くらい歯磨きができませんでした。 さらに大学病院から「強いうがい」を禁止されていたので、口臭が辛いです。 腫れと口臭とで外出はマスク必須になります。 どうして腫れや痛みが引かなかったのか 地獄の一週間が終わり、ようやく抜糸のためにいつもの矯正歯科へ。 痛くてどうしようもないので連絡をして1日早くみてもらうことになりました。 親知らず抜歯は大学病院でやってもらい、その縫った糸を抜く抜糸は通っている矯正歯科でやることになっていました。 先生に、「かなり腫れている。 少し化膿している。 特に右の下のところ。 」といわれました。 化膿のせいで口臭も悪化していたみたいです。 本来ならば、 歯茎を切り開いて抜歯を行った場合、翌日に消毒、化膿止めの塗布を行わなければならないらしいです。 大学病院は「抜糸は矯正歯科で行うのだから、消毒も矯正歯科で」と思っていたのか(それにしたってそんなこと聞いてない)、はたまた消毒はやらないスタンスなのかはわかりませんが…。 そして痛み止めを1日3回服用しないと辛くて無理だったのですが、「痛み止めは本当に痛い時以外はもうなるべく飲まないように…」とのことで処方は1錠だけでした。 そしてまた翌々日に見てもらえるとのこと。 時間が経てばおさまるものと思って痛みを我慢して過ごしてしまったのですが、化膿が原因だったみたいです。 この抜糸の日から、みるみる痛みが減っていき、口も徐々に開くように。 ゆっくりですが柔らかいハンバーグや蒸しパンなどは食べられるようになりました。 痛み止めも服用しなくても大丈夫なように。 翌々日も薬を詰めてもらいます。 まだ指1. 5~頑張って2本分くらいしか口が開けず、「 開口障害」と言われました。 固まってしまうので、痛くない範囲でいいから自分の指で口を開かせるリハビリを行ってくださいとのこと。 1ヶ月経った今は、指が3本ギリギリ入るくらいに開くまでに。 抜歯した穴に食べ物が詰まると痛みが走りますが、もう問題なく普通の食事が出来ています。 「噛めない」「口が開かない」って本当に本当にしんどいんだな~って実感しました。 まとめ:原因は化膿!異変を感じたら歯医者へ! 今回の抜歯で、顔が腫れ、痛みが収まらず、大変な思いをしたのは化膿が原因でした。 先生の説明によると、本来、歯茎を切開して抜歯を行う場合は、翌日に消毒をしたり、化膿止めをきちんと行わなければならないとのことでした。 私が抜歯をした大学病院では消毒自体を行っていないのか、それとも一週間後の抜糸をしてもらう歯科矯正で消毒や化膿止めを行ってもらおうと考えていたのかはわかりませんが、それをきちんと行わなかったことで、このような痛くて辛い思いをすることになりました。 また「少しでも痛みが続いたり、なにかおかしいなと思ったらすぐに連絡して下さいね、簡単な処置でおさまりますので。 」ということも言われました。 なので、痛いのが普通なのだろう、いずれおさまるのだろう、などと思わずに、 我慢せずにすぐに歯科医院に連絡して処置をしてもらってください! 「抜糸の翌日は消毒をするもの」という知識を持っていると安心ですね。 また、私の「抜歯後は痛いのが普通、そのうちおさまる」という考えは危険でした。 親知らず抜糸に備えてあると便利なもの紹介! 親知らず抜糸後は、とにかく血が止まりません。 麻酔によって口がしびれていて閉じられず、血がだらだらと垂れてくるので タオルとティッシュは必ず持っていったほうがいいです。 また、そのような状態で薬局にいくのもつらいと思いますので、 ガーゼは事前に購入しておいたほうが良いです。 口に入れるものですので、小さいサイズがおすすめです。 また、かなりの頻度で変えることになるので多めに入っているものだと良いです!.

次の

親知らず抜歯後に腫れる期間はどのくらい?痛みを抑える対処方とは

親知らず 腫れ

親知らずがこの程度見えていないと、抜いた後に腫れるかもしれません 親知らずが痛くなり、歯科医を受診すると、抜いた方が良いとの診断。 でも親知らずを抜いた後はひどく腫れて大変そうだ……というイメージで抜歯を躊躇してしまう人もいるかもしれません。 今回は親知らずを抜いた後の腫れについて解説します。 <目次>• 親知らず抜歯後は腫れる? 親知らずの生え方で変わる腫れ方 親知らずを抜く場合でも、必ず腫れるわけではありません。 親知らずの生え方などによって、腫れやすくなる場合があります。 このように骨などを削って歯を取り出さなければならない場合には、抜いた後に腫れる場合が多くなります。 ただし虫歯などで歯がボロボロになっている場合は、隠れているときと同じように歯の周囲の骨を修正してから取り出すため、腫れることもあります。 親知らずも骨の中に埋まっていることも多く、骨を修正しなければ抜けないこともしばしばです。 さらに抜くのにも時間がかかることあります。 上に比べると、抜いた後に腫れやすいといえます。 一般的に下の骨にもぐっているような見えない親知らずを抜いた場合は、抜いた後に腫れるのが普通です。 親知らず抜歯後の腫れへの対処法 親知らずを抜いた後に腫れてしまったときに覚えておくと良いことは、次のようなことです。 痛みを感じる前に、薬を飲むように指示されることもあります。 通常は2日~1週間程度で落ち着いてきます。 ほとんど腫れないこともあれば、握りこぶしが入っているかのように腫れてしまうこともあります。 ただし冷やしすぎは良くありません。 ジェル状の熱を吸収するシートなどを利用するか、保冷材などをタオルでくるんで適度に冷やすと良いでしょう。 この親知らずを抜くと顎の感覚が無くなったりすることがあります。 この場合、感覚が回復するのには時間がかかります。 どんな名医でも、全ての親知らずの抜歯で、腫れない保証することは困難です。 また同じ人が抜歯しても、抜いた場所によって腫れる、腫れないといったことがよく起こります。 腫れは、抜歯後の生体反応として現れるためです。 腫れてしまったときは、大変かもしれませんが、安静にして腫れが治まってくるのを待つようにしましょう。 【関連記事】•

次の