爪 何科。 爪の病気は何科の病院

爪水虫(爪白癬)の治療には病院の何科に行けばいい?病院に行くべき爪水虫の症状について

爪 何科

巻爪というと足の爪に起こるというイメージがあると思います。 実際に、手よりも足の爪のほうが起こりやすいのにも原因があります。 何が原因で巻爪になるのか、なってしまった場合にどうしたらよくなるのかまとめました。 短くした部分の肉が盛り上がって、伸びてくる爪を邪魔してしまうのです。 その結果、正しい方向に爪が伸びなくなって湾曲していきます。 また、深く爪を切ると肉が露出して傷ついたり、爪が食い込みやすくなって炎症を起こし、それを繰り返して悪化させることがあります。 また、硬い革靴や合わないサイズのものも足には負担がかかるので、女性だけではなく男性も巻爪になる可能性はそう変わりません。 また、下半身の麻痺などで足への負担の変化やむくみなどによって、爪の生え方も変わってくることがあります。 麻痺のある人だと知覚があれば痛みなどで気付くことがありますが、感覚のない人だと発見が遅く重症化する場合があります。 走ったり、急に止まって方向転換するような動きが多いと爪に圧力がかかります。 バスケットボールやサッカー、陸上などがそういった動きが多いので注意が必要です。 巻爪の治療方法まとめ 軽度の場合 症状が軽ければ局所麻酔を使って巻いているところの部分切除や、抗生物質などの内服薬、軟膏などの外用薬の使用で治療できます。 巻爪の場合はまずは外科や皮膚科で見てもらうことが多いですが、ひどい場合は形成外科や整形外科など大きな手術をおこなえるような科になります。 重度の場合 重度の治療の一つ目にあげられるのが、フェノール法といって消毒薬のフェノールを爪の根元の爪母(そうぼ)に塗って組織を破壊します。 局所麻酔を使って短時間でできるので最初の治療に使われることが多いですが、再発率が約30%と少し高めです。 再発した場合は、爪母部分切除法といってメスで少し爪の根元を切開して爪母を切除する方法が選ばれることが多いです。 次の段階でおこなうのが保険適用外のやり方でワイヤーや金属、プラスチックのプレートを使って矯正する方法です。 曲がった爪を持ち上げて平らに生えるように、半年くらいかけておこないます。 爪母全切除法 爪の根元の両側を切開して爪母を全て取ってしまう方法で、最終手段とも言えます。 爪の生えてくる部分をとってしまうので、二度と爪は生えてきません。 体の麻痺があったり、他の方法では改善の見込みがない場合に選ばれます。 進行する前に原因を見つけましょう 巻爪だと思ったら、切除が必要になるくらい進行する前に原因を見つけ、改善しましょう。 靴や爪の切り方を見直すだけでも、その後の爪への負担は変わってきます。

次の

爪の病気は何科を受診するべき?

爪 何科

2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年 小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。 足をぶつけた衝撃などで爪が剥がれてしまったことはありませんか? 爪が剥がれたときは適切な応急処置をして、その後きちんと病院で診てもらうことが大切です。 この記事では爪が剥がれたときの対処法と、病気の可能性について解説していきます。 爪が剥がれたときの応急処置 1. 爪が完全に剥がれている場合 爪が完全に剥がれているときは、傷の部分が汚れていないかをまず確認します。 砂や木くず、泥などが付着していたら、 流水で軽く洗い流しましょう。 汚れが取れたことが確認できたら、湿らせたガーゼなどでやさしく覆って病院へ行きます。 市販薬を使っても良い? 爪が剥がれてその下の皮膚がどんな状態であるかわからないときに、自己判断で市販薬を使うと悪化するリスクがあります。 軟膏類や、粉末状の消毒薬は使用しない方が良いでしょう。 爪の一部が剥がれている場合 爪が半分くらい剥がれて浮いているような場合は、無理に剥がしたり切ったりしないでください。 残っている爪は剥離面を保護するのに必要なので、そのまま爪をかぶせて上から包帯を巻き、病院に行きましょう。 病院での治療について 爪が剥がれたときは、形成外科を受診します。 外傷によって爪が剥がれた場合 外傷によって爪が剥がれた場合、 出血や浸出液がなくなるまで治療を続けます。 爪が生えてくる部分に傷がなければ、 基本的には新しい爪が生えてくるのを待つのみですが、患部の細菌感染を防ぐために抗生剤の軟膏を処方されることがあります。 病気が原因で爪が剥がれた場合 外傷ではなく病気の症状として爪が剥がれた場合、原因となる病気の治療を行います。 爪が剥がれる病気としては、「爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)」をはじめとしていくつかあるので紹介していきます。 爪が剥がれる「爪甲剥離症」とは? 爪甲剥離症とは爪が自然に剥がれる病気で、原因としては次のようなものが挙げられます。 感染症 原因のひとつとして感染症が考えられます。 この場合、 カビの一種である「カンジダ感染」によるものがほとんどです。 また、梅毒なども原因のひとつです。 皮膚疾患に伴うもの 次のような皮膚疾患の症状として、爪甲剥離症が起こることがあります。 ・乾癬(かんせん)• ・接触皮膚炎• ・多汗症• ・扁平苔癬(へんぺいたいせん)• ・尋常性天疱瘡(じんじょうせいてんぼうそう)• ・薬疹 3. 全身疾患に伴うもの 全身疾患に伴って起こることもあり、次の病気が当てはまります。 ・甲状腺機能亢進症• ・甲状腺機能低下症• ・ペラグラ• ・糖尿病• ・鉄欠乏性貧血• ・肺がん• ・黄色爪症候群• ・強皮症• ・全身性エリテマトーデス 4. 薬の副作用 薬の内服によって爪甲剥離症が起こるケースもあります。 「テトラサイクリン」系統の抗生剤や、抗がん剤、経口避妊薬(低用量ピル)などが原因となり得ます。 服用によって爪甲に日光紫外線が作用することが原因とされており、「光爪甲剥離症」と呼ばれています。 爪への負担なども原因に 下記のような、爪への負傷や負担なども爪甲剥離症の原因となります。 ・怪我:爪の間にとげやえんぴつの芯が入るなど• ・指先を使う職業:料理人・美容師・タイピストなど• ・爪への刺激:マニキュア・洗剤・有機溶剤・ガソリンなど 爪が再生するまでの過ごし方と注意点 爪は少しずつ再生されますが、 以前と同じ状態に戻るまでは最低でも1ヵ月かかると言われています。 剥がれた爪が引っ掛かるようであれば、切りそろえてガーゼや絆創で覆うのが一般的です。 爪が再生されるまではダメージを受けやすくなっているので、日常生活でも十分な注意が必要です。 バランスの良い食事を 健康的な爪が生えてくるように、 バランスの良い食事を毎日摂ることが大切です。 特に硫黄は健康な皮膚や髪、爪をつくるためには欠かせません。 硫黄はアミノ酸に含まれており、さらにアミノ酸はたんぱく質を構成する栄養素です。 つまり健康的な爪の再生にはたんぱく質が重要なので、次のような食材からしっかり取り入れましょう。 ・魚類• ・肉類• ・牛乳 2. 入浴時は患部に気を遣う 患部を清潔に保つためにも入浴は必要ですが、熱いお湯はダメージになるので注意しましょう。 傷口を洗うときは、シャワーで軽く流す程度で十分です。 ただし痛みがある場合は無理に入浴する必要はないので、悪化させないよう安静にすることが大切です。 まとめ 爪が剥がれたときは落ち着いて対処することが大切です。 傷口が細菌感染を起こさないよう、汚れがあれば流水でやさしく流しましょう。 適切な治療を受けるためにも、ガーゼなどをあてて早めに形成外科を受診することをおすすめします。 2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年 小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

次の

爪が剥がれた時の応急処置と伸びるまで過ごし方。何科へ行くべき?

爪 何科

爪の病気は何科を受診しに行けばよいのでしょうか。 爪に関しての病院、クリニック選びについて。 爪の病気は皮膚科へ 爪は皮膚細胞が角質化して固くなり、体の外へ出てきたものですから元はといえば皮膚です。 体としては皮膚と同じように扱えば良いのであり、 爪に異常が見られた場合は病院やクリニックの 皮膚科へ診察を受けに行くのが正しい。 手荒れ、水虫、ニキビ、吹き出物など皮膚や肌のトラブルで皮膚科へ行くことをイメージすると思いますが、それと同じだとお考え下さい。 二枚爪、爪甲剥離症の治療は外科・整形外科・形成外科 外科、整形外科、形成外科などの病院では、巻き爪、陥入爪、二枚爪、爪甲剥離症などを診察治療する。 大きく捉えて爪の切断や変形矯正などを用いる治療法、外科的処置をすることが中心になります。 爪白癬や水虫菌の細菌感染は皮膚科 爪白癬や水虫菌、グリーンネイル(緑膿菌)など、何らかの細菌感染が疑われる場合には、 専用の抗生物質を用いた薬での細菌治療が必要になりますので皮膚科の方が向いている。 陥入爪・巻き爪は外科や皮膚科、あるいは専門クリニック 陥入爪・巻き爪に関して病院へ行くのなら、外科・形成外科もしくは皮膚科を受診する。 ただ、巻き爪および陥入爪に関しては、巻き爪だけを治療する巻き爪専門クリニックという施設もあります。 医師が行っている場合もありますが、それ以外の専門分野の方が病院というよりも美容整形のように処置していくクリニックなど。 巻き爪や陥入爪に関してだけ専門的に研究しており、最新の治療法や特殊な器具などで、 病院ではできないような巻き爪矯正をしてもらえる傾向も見られますので、完治できれば悪いことではありません。 内科で爪の治療は可能か 爪に異常が見られ、同時に体調も良くないという場合は内科へ診察を受けに行き、 爪の問題も相談して構いませんが、爪の処置や治療が行われるかはわかりません。 そのクリニックの医師や看護師の判断で、応急処置が行われる可能性はありますが、 簡単なアドバイスで終わってしまうかもしれません。 なぜなら内科で爪の分野は厳密には専門外だからです。 爪の症状に関しては、内科の先生から皮膚科を紹介されるかもしれません。 関節痛・突き指など指の痛みや治療は外科 爪の問題は、その指先の痛みから関節痛・突き指などと混同しやすい。 指の関節痛であれば整形外科、それが無理なら内科を受診する。 突き指など指自体に何らかの問題がある場合も外科へ。 爪の病気は皮膚科を受診しに行けばよい 爪のことで病院へ行くならば皮膚科を受診することが一般的。 爪の病気、爪の異常、爪に関する問題が発生したときに、 二枚爪、爪甲剥離症、巻き爪、陥入爪、スプーンネイル、 爪白癬、水虫菌、グリーンネイル、 その爪の異常や症状がどのような病名なのかわからなくても医師ではないのですから当然です。 何の症状であれ まずは皮膚科へ行けば間違いないということになります。 それで外科での治療が適切であれば、皮膚科の先生から整形外科を提案されますので、その案内に従えばよい。 爪は健康のバロメーターと言われるほど身体全体の健康状態を表していることがあります。 爪の色がおかしかったり形が変形していたり、ただそれだけでも、それが内臓疾患や重篤な病気を示していることも否定できない。 気が付いたら、早めに皮膚科を訪れることをおすすめします。 関連記事.

次の