オペレーター または 管理 者 が 要求 を 拒否 しま した。 windows

windows2012

オペレーター または 管理 者 が 要求 を 拒否 しま した

PC環境をドメインからローカルログインに環境変更後 スケジュール予約していた「ラジオ体操の音楽」タスクが起動しなくなりました。 そのため、再度、ローカルログイン環境のもと タスクスケジュールを登録しようとすると下記のエラーが表示されます。 エラー: 0x80070005:アクセスが拒否されました。 要求された操作を実行するアクセス許可がありません。 どう対応すればよろしいのでしょうか?教えて下さい。 PCは、WindowsXP SP2 周知の事実で見当違いの回答であったり、不適切な表現等ありましたらご容赦ください。 尚、小生、家庭用のパソコンで同環境下の検証ができません。 回答が来てないようなので推定ですが今まで、見聞きし、読んだ知識、経験の範囲内で回答します。 【疑問点】 1.パソコンは職場か何かのパソコンで昔からadministratorで起動していたものでしょうか? 2.ローカルにした時のユーザー名は職場名や管理者であるあなたの名前に何故、変更してないのでしょうか? 3.ラジオ体操第1. wmaは普通のオーディオデータファイルです。 必ず再生ソフトが必要です。 Playerは何でしょうか?(exp. Windows Media Player)タスクはデータには作成できないと思いますが… 4.ラジオ体操第1. wmaはそのパソコンに存在しますか?共用のサーバーにあったものですか?それは現在の環境下で使えますか? 5.タスクのスケジュールは新規に追加、登録しようとしたもでしょうか?それとも、もともと存在したタスクをを変更しようとしたのででしょうか? 以上を踏まえたうえで考えられる要因を列記します。 【推定原因】 1.ユーザーアカウントが混乱している。 以前のタスクは、別のコンピュータからのadministrator(管理者)が作成していると思われます。 よって新しく、administratorとして、ローカライズした場合、パソコンが別のユーザーとみなしているか、もしくは昔のadministratorとみなしている。 2.データーやWMP等の再生ソフトの問題 【回避策】 1-A1. 現在のアカウントでもともとのタスクを変更しようとした場合に発生したトラブルであれば、新しくタスクを追加する。 出来ればアカウントをadministrator(管理者)から別のユーザー名に変更すべき どうしてもそのままで実行したいならば、一旦、検証のため時間をずらして追加でタスクのスケジュールを行う。 1-A2. 現在のアカウントでタスクの新しい追加ができないとすれば別のユーザーとして認識しているか、もしくは最初のタスク作成時のadministratorのパスワードが生きているため拒否している。 この場合はユーザーアカウント名をadministratorから職場名やパソコン管理者にし、新しくタスクのスケジュールを追加する。 2-A1. 現在のアカウントがPlayerソフトの使用を許可されていない。 (コントロールパネルのユーザーアカウントから変更) 2-A2. ラジオ体操第1. wmaが現在のパソコンに無い wmaファイル旧ネットワーク上のサーバー上とかの共用フォルダー等に存在していませんでしたか? 現在の環境下で使用できない所にあるならばwmaファイルをそのコンピュータ上にコピーしMyMusicフォルダー等に移動してください。 2-A1. A2をやった上でタスクを新規に登録をしてください。 再生できていればタスク登録できるはず。 【補足説明】 -より『スケジュールされたタスクを修正するには』を参照願います。 以上で直らなかった場合は疑問点の5項を明示あるいは回答してください 以上参考になれば幸いです。 その後、このメッセージにて調査したところ、 ・ユーザー名とパスワードを入力する画面で、パスワードを入力しなかった場合と、 ・パスワードが間違っていた場合 に表示されるようです。 作成したタスクをダブルクリックし、[パスワードの設定] をやり直します。 または B. パスワード空白のAdministrator権限でチェックされてたようです。

次の

windows

オペレーター または 管理 者 が 要求 を 拒否 しま した

Office 365 のカスタマーロックボックス Customer Lockbox in Office 365• この記事の内容 この記事では、お客様のロックボックスの展開と構成に関するガイダンスを示します。 This article provides deployment and configuration guidance for Customer Lockbox. Customer ロックボックスは、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for business のデータにアクセスするための要求をサポートしています。 Customer Lockbox supports requests to access data in Exchange Online, SharePoint Online, and OneDrive for Business. 他のサービスのサポートを推奨するには、 で要求を送信してください。 To recommend support for other services, please submit a request at. Microsoft 365 のコンプライアンスの提供 2020 年4月1日現在 を利用してユーザーにライセンスを付与するためのオプションを確認するには、「 」を参照してください。 To see the options for licensing your users to benefit from Microsoft 365 compliance offerings, including this one, as of April 1, 2020, see the. カスタマーロックボックスを使用すると、明示的な承認なしにサービス操作を実行するために、Microsoft がコンテンツにアクセスできなくなります。 Customer Lockbox ensures that Microsoft cannot access your content to perform a service operation without your explicit approval. お客様のロックボックスによって、コンテンツにアクセスする要求の承認ワークフローに入ります。 Customer Lockbox brings you into the approval workflow for requests to access your content. Microsoft のエンジニアは、サポートプロセスでお客様から報告された問題のトラブルシューティングと修正に役立つ場合があります。 Occasionally, Microsoft engineers help troubleshoot and fix customer reported issues in the support process. 通常、問題は広範なテレメトリおよびデバッグツールによって Microsoft がサービスに適用されています。 Usually, issues are fixed through extensive telemetry and debugging tools Microsoft has in place for its services. ただし、場合によっては、Microsoft のエンジニアにお客様のコンテンツにアクセスして、根本的な原因を特定し、問題を修正する必要があります。 However, some cases require a Microsoft engineer to access customer content to determine the root cause and fix the issue. お客様のロックボックスには、エンジニアが承認ワークフローの最後の手順として顧客からのアクセスを要求する必要があります。 Customer Lockbox requires the engineer to request access from the customer as a final step in the approval workflow. これにより、組織はこれらの要求を承認または拒否し、顧客への直接アクセスコントロールを提供することができます。 This gives organizations the option to approve or deny these requests, and provide direct-access control to the customer. 顧客ロックボックスの概要ビデオ Customer Lockbox overview video 顧客ロックボックスのワークフロー Customer Lockbox workflow 次の手順では、Microsoft のエンジニアがカスタマーロックボックス要求を開始するときの一般的なワークフローの概要を示します。 The following steps outline the typical workflow when a Microsoft engineer initiates a Customer Lockbox request:• 組織内の誰かが Microsoft 365 メールボックスで問題を経験している。 Someone at an organization experiences an issue with their Microsoft 365 mailbox. ユーザーが問題のトラブルシューティングを行った後、問題を修正できない場合は、Microsoft サポートにサポートリクエストを開きます。 After the user troubleshoots the issue, but can't fix it, they open a support request with Microsoft Support. Microsoft サポートエンジニアがサービス要求を確認し、Exchange Online の問題を修復するために組織のテナントにアクセスする必要があるかどうかを判断します。 A Microsoft support engineer reviews the service request and determines a need to access the organization's tenant to repair the issue in Exchange Online. Microsoft サポートエンジニアは、カスタマーロックボックス要求ツールにログインして、組織のテナント名、サービス要求番号、およびエンジニアリングがデータにアクセスする予想時間を含むデータアクセス要求を行います。 The Microsoft support engineer logs into the Customer Lockbox request tool and makes a data access request that includes the organization's tenant name, service request number, and the estimated time the engineer needs access to the data. Microsoft サポートマネージャーが要求を承認した後、顧客のロックボックスは、Microsoft からの保留中のアクセス要求に関する電子メール通知を組織内の指定された承認者に送信します。 After a Microsoft Support manager approves the request, Customer Lockbox sends the designated approver at the organization an email notification about the pending access request from Microsoft. Microsoft 365 管理センターで者の役割を割り当てられたすべてのユーザーは、顧客ロックボックス要求を承認できます。 Anyone who is assigned the admin role in Microsoft 365 admin center can approve Customer Lockbox requests. 承認者は、Microsoft 365 管理センターにサインインし、要求を承認します。 The approver signs in to the Microsoft 365 admin center and approves the request. この手順では、監査ログの検索によって使用可能な監査レコードの作成が開始されます。 This step triggers the creation of an audit record available by searching the audit log. 詳細については、「」を参照してください。 For more information, see. 顧客が要求を拒否した場合、または要求を12時間以内に承認しなかった場合、要求は有効期限が切れ、Microsoft のエンジニアにはアクセス権が付与されません。 If the customer rejects the request or doesn't approve the request within 12 hours, the request expires and no access is granted to the Microsoft engineer. 重要 Microsoft では、Office 365 にサインインする必要がある、カスタマーロックボックスの電子メール通知にリンクは含まれていません。 Microsoft does not include any links in Customer Lockbox email notifications requiring you to sign in to Office 365. 組織からの承認者が要求を承認した後、Microsoft エンジニアは承認メッセージを受信し、Exchange Online のテナントにログインして、お客様の問題を修正します。 After the approver from the organization approves the request, the Microsoft engineer receives the approval message, logs into the tenant in Exchange Online, and fixes the customer's issue. Microsoft のエンジニアは、要求された期間に、アクセスが自動的に取り消される前に問題を修正します。 Microsoft engineers have the requested duration to fix the issue after which the access is automatically revoked. 注意 Microsoft のエンジニアによって実行されるすべての操作は、監査ログに記録されます。 All actions performed by a Microsoft engineer are logged in the audit log. これらの監査レコードを検索して確認することができます。 You can search for and review these audit records. カスタマーロックボックス要求を有効または無効にする Turn Customer Lockbox requests on or off Microsoft 365 管理センターでカスタマーロックボックスコントロールをオンにすることができます。 You can turn on Customer Lockbox controls in the Microsoft 365 admin center. カスタマーロックボックスをオンにすると、テナントのコンテンツにアクセスする前に、Microsoft は組織の承認を取得する必要があります。 When you turn on Customer Lockbox, Microsoft must obtain your organization's approval before accessing any of your tenant's content. グローバル管理者または [ カスタマーロックボックス] [アクセス承認] 役割が割り当てられている職場または学校のアカウントを使用して、に移動し、サインインします。 Using a work or school account that has either the global administrator or the Customer Lockbox access approver role assigned, go to and sign in. [ 顧客ロックボックス] タイルで、[ 編集] を選択し、トグルを オンまたは オフにして、機能をオンまたはオフにします。 On the Customer Lockbox tile, choose Edit, and then move the toggle to On or Off to turn the feature on or off. カスタマーロックボックス要求を承認または拒否する Approve or deny a Customer Lockbox request• グローバル管理者または [ カスタマーロックボックス] [アクセス承認] 役割が割り当てられている職場または学校のアカウントを使用して、に移動し、サインインします。 Using a work or school account that has either the global administrator or the Customer Lockbox access approver role assigned, go to and sign in. 顧客のロックボックス要求の一覧が表示されます。 A list of Customer Lockbox requests displays. 顧客のロックボックス要求を選択し、[ 承認または 拒否] を選択します。 Select a Customer Lockbox request, and then choose Approve or Deny. 顧客のロックボックス要求の承認に関する確認メッセージが表示されます。 A confirmation message about the approval of the Customer Lockbox request displays. 顧客ロックボックス要求の監査 Auditing Customer Lockbox requests 顧客のロックボックス要求に対応する監査レコードは、監査ログに記録されます。 Audit records that correspond to the Customer Lockbox requests are logged in the audit log. カスタマーロックボックス要求の承諾または拒否に関連する操作 アクセス要求が承認された場合 は、監査ログにも記録されます。 Actions related to a accepting or denying a Customer Lockbox request and actions performed by Microsoft engineers when access requests are approved are also logged in the audit log. これらの監査レコードを検索して確認することができます。 You can search for and review these audit records. カスタマーロックボックス要求に関連するアクティビティの監査ログを検索する Search the audit log for activity related to Customer Lockbox requests 監査ログを使用して顧客ロックボックスの要求を追跡できるようにするには、監査ログを設定するためにいくつかの手順が必要になります。 Before you can use the audit log to track requests for Customer Lockbox, there are some steps you need to take to to set up audit logging. 詳細については、「」を参照してください。 For more information, see. セットアップが完了したら、次の手順を使用して監査ログ検索クエリを作成し、顧客ロックボックスに関連する監査レコードを返します。 Once you've completed setup, use these steps to create an audit log search query to return audit records related to Customer Lockbox:• に移動します。 Go to. 職場または学校のアカウントを使用してサインインします。 Sign in using your work or school account. [ 監査ログの検索] ページが表示されます。 The Audit log search page displays. 次の検索条件を設定します。 Configure the following search criteria: a. アクティビティ-検索ですべてのアクティビティの監査レコードが返されるようにするには、このフィールドを空白のままにします。 Activities - Leave this field blank so that the search returns audit records for all activities. これは、カスタマーロックボックス要求と、Microsoft のエンジニアによって実行される対応するアクティビティに関連する監査レコードを返すために必要です。 This is necessary to return any audit records related to Customer Lockbox requests and corresponding activity performed by Microsoft engineers. 開始日と 終了日-その期間内に発生したイベントを表示する日付と時刻の範囲を選択します。 Start date and End date - Select a date and time range to display the events that occurred within that period. ユーザー -このフィールドは空白のままにします。 Users - Leave this field blank. ファイル、フォルダー、またはサイト - このフィールドは空白のままにします。 File, folder, or site - Leave this field blank. [ 検索] をクリックして、設定した検索条件で検索を実行します。 Click Search to run the search using your search criteria. 検索結果が読み込まれ、しばらくすると、[ 監査ログの検索] ページの [ 結果] の下に表示されます。 The search results are loaded, and after a few moments they are displayed under Results on the Audit log search page. [検索結果] ページで [ 結果のフィルター処理] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。 Click Filter results on the search results page, and do one of the following things:• 組織内の承認者に関連する監査レコードを表示するには、顧客のロックボックス要求を承認または拒否します。 [ アクティビティ] 列の下のボックスに「 AccessToCustomerDataRequest」と入力します。 To display audit records related to an approver in your organization approving or denying a Customer Lockbox request: In the box under the Activity column, type Set-AccessToCustomerDataRequest. Microsoft のエンジニアに関連する監査レコードを表示するには、承認された顧客ロックボックス要求に対する処理を実行します。 [ ユーザー ] 列の下のボックスに、「 Microsoft Operator」と入力します。 To display audit records related to a Microsoft engineer performing actions in response to an approved Customer Lockbox request: In the box under the User column, type Microsoft Operator. [ Activity ] 列には、エンジニアが実行したアクションが表示されます。 The Activity column displays the action performed by the engineer. 結果の一覧で、監査レコードをクリックして表示します。 In the list of results, click an audit record to display it. カスタマーロックボックスのアクセス要求の監査レコード Audit record for a Customer Lockbox access request 組織内のユーザーがカスタマーロックボックス要求を承認または拒否すると、監査ログが監査ログに記録されます。 When a person in your organization approves or denies a Customer Lockbox request, an audit record is logged in the audit log. このレコードには、次の情報が含まれています。 This record contains the following information. Audit record プロパティ Audit record property 説明 Description 日付 Date 顧客のロックボックス要求が承認または拒否された日時。 The date and time when the Customer Lockbox request was approved or denied. IP アドレス IP address 承認者が要求を承認または拒否するために使用したコンピューターの IP アドレス。 The IP address of the machine the approver used to approve or deny a request. User User Prod. outlook. com のサービスアカウント[BOXServiceAccount ]。 The service account BOXServiceAccount [customerforest]. prod. outlook. com. アクティビティ Activity AccessToCustomerDataRequest;これは、顧客のロックボックス要求を承認または拒否するときに記録される監査アクティビティです。 Set-AccessToCustomerDataRequest; this is the auditing activity that is logged when you approve or deny a Customer Lockbox request. アイテム Item 顧客のロックボックス要求の Guid The Guid of the Customer Lockbox request 次のスクリーンショットは、承認された顧客ロックボックス要求に対応する監査ログレコードの例を示しています。 The following screenshot shows an example of an audit log record that corresponds to an approved Customer Lockbox request. 顧客のロックボックス要求が拒否された場合、 Approvaldecisionパラメーターの値は Denyになります。 If a Customer Lockbox request was denied, then the value of ApprovalDecision parameter would be Deny. ヒント 監査レコードに詳細情報を表示するには、[ 詳細情報] をクリックします。 To display more detailed information in an audit record, click More information. Microsoft のエンジニアによって実行されたアクションの監査レコード Audit record for an action performed by a Microsoft engineer カスタマーロックボックス要求が承認された後に Microsoft のエンジニアが実行した操作 およびお客様のコンテンツへのアクセスが発生する可能性がある は、監査ログに記録されます。 The actions performed by a Microsoft engineer after a Customer Lockbox request is approved and that may result in accessing customer content are logged in the audit log. これらのレコードには、次の情報が含まれています。 These records contain the following information. Audit record プロパティ Audit record property 説明 Description 日付 Date アクションが実行された日時。 Date time when the action was performed. この操作が実行された時間は、顧客のロックボックス要求が承認された4時間以内になることに注意してください。 Note that the time that this action was performed will be within 4 hours of when the Customer Lockbox request was approved. IP アドレス IP address Microsoft エンジニアが使用したコンピューターの IP アドレス。 The IP Address of the machine Microsoft engineer used. User User Microsoft Operator;この値は、このレコードが顧客のロックボックス要求に関連付けられていることを示します。 Microsoft Operator; this value indicates that this record is related to a Customer Lockbox request. アクティビティ Activity Microsoft エンジニアによって実行されたアクティビティの名前。 Name of the activity performed by the Microsoft engineer. アイテム Item よく寄せられる質問 Frequently asked questions どの Microsoft 365 サービスが顧客ロックボックスに適用されますか。 Which Microsoft 365 services does Customer Lockbox apply to? お客様のロックボックスは現在、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for business でサポートされています。 Customer Lockbox is currently supported in Exchange Online, SharePoint Online, and OneDrive for Business. お客様のロックボックスはすべてのお客様が利用できますか? Is Customer Lockbox available to all customers? カスタマーロックボックスは、Microsoft 365 または Office 365 E5 サブスクリプションに含まれており、情報の保護とコンプライアンス、または高度なコンプライアンスアドオンサブスクリプションを使用して他のプランに追加できます。 Customer Lockbox is included with the Microsoft 365 or Office 365 E5 subscriptions and can be added to other plans with an Information Protection and Compliance or an Advanced Compliance add-on subscription. 詳細については 」を参照してください。 Please see for more information. 顧客コンテンツとは What is customer content? 顧客コンテンツは、Microsoft 365 のサービスとアプリケーションのユーザーによって作成されたデータです。 Customer content is the data created by users of Microsoft 365 services and applications. 顧客コンテンツの例は次のとおりです。 Examples of customer content include:• 電子メール本文またはメールの添付ファイル Email body or email attachments• SharePoint サイトのコンテンツ SharePoint site contents• SharePoint ファイルの本文に含まれる情報 Information in the body of a SharePoint file• Skype for Business プレゼンテーションファイルの本文 Skype for Business presentation file body• インスタントメッセージ IM または音声会話 Instant messages IM or voice conversations• ユーザーが生成した blob または構造化ストレージデータ SQL コンテナーなど Customer-generated blob or structured storage data for example, SQL Containers• 顧客が所有するセキュリティ情報 証明書、暗号化キー、パスワードなど Customer-owned security information for example, certificates, encryption keys, and passwords• お客様のコンテンツが残っている場合の推論、以降のすべての推論 Inferences, and all subsequent inferences, if customer content remains Office 365 の顧客コンテンツの詳細については、「 」を参照してください。 For additional information about customer content in Office 365, see the. 自分のコンテンツへのアクセスを要求された場合、だれに通知されますか。 Who is notified when there is a request to access my content? グローバル管理者と、カスタマーロックボックスアクセス許可管理者役割に割り当てられているユーザーに通知します。 Global administrators and anyone assigned the Customer Lockbox access approver admin role are notified. これらのユーザーは、顧客のロックボックス要求の承認を行うこともできます。 These are also the same users who can approve for Customer Lockbox requests. 組織内でこれらの要求を承認または拒否できるユーザー Who can approve or reject these requests in my organization? グローバル管理者と顧客ロックボックスアクセス許可管理者ロールに割り当てられたユーザーは、顧客ロックボックス要求を承認できます。 Global administrators and anyone assigned the Customer Lockbox access approver admin role can approve Customer Lockbox requests. お客様は、組織内でこれらの役割の割り当てを制御します。 Customers control these role assignments in their organizations. お客様のロックボックスにどのように選択しますか? How do I opt in to Customer Lockbox? グローバル管理者は、Microsoft 365 または Microsoft 365 管理センターでカスタマーロックボックスを有効にして構成することができます。 A global administrator can enable and configure Customer Lockbox in the Microsoft 365 or Microsoft 365 admin center. カスタマーロックボックス要求を承認した場合、エンジニアは何をすることができますか。 また、Microsoft のエンジニアが何をしたかを知る方法を教えてください。 If I approve a Customer Lockbox request, what can the engineer do and how will I know what the Microsoft engineer did? カスタマーロックボックス要求を承認した後、Microsoft のエンジニアは、事前承認済みコマンドレットを使用して、お客様のコンテンツにアクセスするためにこれらの必要な権限を付与しました。 After you approve a Customer Lockbox request, the Microsoft engineer granted these necessary privileges to access customer content by using pre-approved cmdlets. Microsoft が承認プロセスに従うことをどのように確認できますか? How do I know that Microsoft follows the approval process? 組織内の管理者および承認者に送信される電子メールの承認通知は、Microsoft 365 管理センターのカスタマーロックボックス要求の履歴と相互参照できます。 You can cross-reference the email approval notifications sent to admins and approvers in your organization with the Customer Lockbox request history in the Microsoft 365 admin center. お客様のロックボックスは、最新のに含まれています。 Customer Lockbox is included in the latest. 詳細については、 の最新レポートを参照してください。 For more details, you can find the latest reports in the. Microsoft は、自分のテナントの承認者の一覧を変更できますか? Can Microsoft modify the list of approvers for my tenant? そうでない場合は、どのような方法で回避できますか。 If not, how is it prevented? 顧客のロックボックス要求を承認できるユーザーを指定できるのは、組織内のグローバル管理者のみです。 Only a global administrator in your organization can specify who can approve Customer Lockbox requests. これは、Azure Active Directory の全体管理者グループのメンバーのみが、要求を承認できるユーザーを指定できることを意味します。 That means only the members of the Global administrator group in Azure Active Directory can specify who can approve request. Azure Active Directory の全体管理者グループのメンバーシップは、組織によってのみ管理されます。 Membership of the Global administrator group in Azure Active Directory is managed only by your organization. 承認のためにコンテンツアクセス要求に関する詳細情報が必要な場合は、どうすればよいですか? What if I need more information about a content access request to approve it? 各顧客のロックボックス要求には、Microsoft 365 サービス要求番号が含まれています。 Each Customer Lockbox request contains an Microsoft 365 service request number. 要求に関する詳細情報を取得するには、Microsoft サポートに連絡して、このサービス番号を参照してください。 You can contact Microsoft Support and reference this service number to get more information about the request. 顧客のロックボックス要求が承認されると、アクセス許可はどのくらいの期間有効になりますか。 When a Customer Lockbox request is approved, how long are the permissions valid? 現時点では、Microsoft のエンジニアに付与されるアクセス許可の最大期間は4時間です。 Currently, the maximum period for the access permissions granted to the Microsoft engineer is 4 hours. Microsoft のエンジニアは、短い期間を要求することもできます。 The Microsoft engineer can also request a shorter period. すべてのカスタマーロックボックス要求の履歴を取得するにはどうすればよいですか? How can I get a history of all Customer Lockbox requests? すべてのカスタマーロックボックス要求は、Microsoft 365 管理センターで表示されます。 All Customer Lockbox requests are viewed in the Microsoft 365 admin center. コンテンツアクセス要求を関連する監査ログと関連付けるにはどうすればよいですか。 How do I correlate the content access requests with the related audit logs? コンプライアンスセンターのアクティビティフィードには、顧客ロックボックスのログアクティビティが含まれています。 The Compliance Center Activity Feed contains log activities of Customer Lockbox. 顧客は、受信した電子メール要求に対して、顧客のロックボックスログアクティビティをアクティビティフィードから相互参照できます。 Customers can cross-reference the Customer Lockbox log activities from the activity feed against the email request they receive. お客様がお客様のロックボックス要求に応答しない場合はどうなりますか? What happens when a customer doesn't respond to a Customer Lockbox request? 顧客のロックボックス要求の既定の期間は12時間です。 Customer Lockbox requests have a default duration of 12 hours. 12時間以内に要求に応答しない場合、要求は有効期限が切れます。 If you don't respond to a request within 12 hour, the request expires. 顧客が顧客のロックボックス要求を拒否した場合、Microsoft は何を行いますか? What does Microsoft do when a customer rejects a Customer Lockbox request? 顧客が顧客のロックボックス要求を拒否した場合、顧客コンテンツへのアクセスは行われません。 If a customer rejects a Customer Lockbox request, no access to customer content occurs. この問題を解決するために Microsoft がお客様のコンテンツにアクセスする必要があるというサービスの問題が組織内のユーザーから引き続き発生する場合、サービスの問題が持続する可能性があり、Microsoft はそのことをユーザーに通知します。 If a user in your organization continues to experience a service issue requiring Microsoft to access customer content to resolve the issue, then the service issue might persist and Microsoft will inform the user about this. カスタマーロックボックスは、法律執行機関または他のサードパーティからのデータ要求に対して保護されるものですか? Does Customer Lockbox protect against data requests from law enforcement agencies or other third parties? いいえ。 Microsoft は、お客様のデータに関するサードパーティの要求を真剣に引き受けます。 Microsoft takes third-party requests for customer data seriously. クラウドサービスプロバイダーとして、Microsoft はお客様のデータのプライバシーを常に重視しています。 As a cloud service provider, Microsoft always advocates for the privacy of customer data. 召喚を受け取った場合、Microsoft は常にお客様に情報を取得するためにサードパーティのリダイレクトを試行します。 In the event we get a subpoena, Microsoft always attempts to redirect the third party to the customer to obtain the information. 行政スミスのブログ:。 Read Brad Smith's blog:. Microsoft が受け取る法的執行機関の要求に関するを定期的に公開しています。 We periodically publish about the law enforcement requests that Microsoft receives. 詳細については、「」の「サードパーティのデータ要求に関する 」と「顧客データの開示」を参照してください。 See the regarding third-party data requests and the "Disclosure of Customer Data" section in the for more information. Microsoft では、Office 365 アプリケーションの顧客コンテンツへの継続的なアクセス権を、スタッフのメンバーが持っているかどうかを確認する方法を教えてください。 How does Microsoft ensure that a member of its staff doesn't have standing access to customer content in Office 365 applications? Microsoft は、アクセス制御システムを使用して広範な予防措置を実装しており、これらのアクセス制御システムを回避する試みを識別して対処するための検出対策を行います。 Microsoft implements extensive preventive measures through access control systems, and detective measures to identify and address attempts to circumvent these access control systems. Microsoft 365 は、最小限の特権とジャストインタイムアクセスの原則を使用して操作します。 Microsoft 365 operates with the principles of least privilege and just-in-time access. そのため、Microsoft の担当者は、継続的にお客様のコンテンツにアクセスするためのアクセス許可を持っていません。 Therefore, no Microsoft personnel have permission to access customer content on an ongoing basis. アクセス許可が付与されている場合は、期間に制限があります。 If permission is granted, it is for a limited duration. Microsoft 365 は、 ロックボックスと呼ばれるアクセス制御システムを使用して、サービス内で運用および管理機能を実行する機能を付与するアクセス許可に対する要求を処理します。 Microsoft 365 uses an access control system called Lockbox to process requests for permissions that grant the ability to perform operational and administrative functions within the service. オペレーターは、ロックボックスを使用してユーザーのコンテンツへのアクセスを要求する必要があります。 その後、アクセス許可が付与される前に、要求に対してアクションを実行する たとえば、承認する 必要があります。 An operator must request access to customer content using Lockbox, which then requires a second person to take action on the request e. , approve it before access is granted. この2番目のユーザーはリクエスターになることができず、顧客コンテンツへのアクセスを承認するように指定する必要があります。 That second person can't be the requestor and must be designated to approve access to customer content. 要求が承認された場合にのみ、オペレーターは顧客コンテンツへの一時的なアクセス権を取得します。 Only if the request is approved does the operator acquire temporary access to customer content. 昇格期間が過ぎると、ロックボックスはアクセスを取り消します。 After the elevation period expires, Lockbox revokes access. Microsoft の一般的なセキュリティ対策の詳細については、の使用条件を参照してください。 Please refer to the for more details about Microsoft general security practices. Microsoft のエンジニアがコンテンツにアクセスする必要があるのはどのような状況ですか。 Under what circumstances do Microsoft engineers need access to my content? Microsoft のエンジニアがお客様のコンテンツへのアクセスを必要とする最も一般的なシナリオは、お客様がトラブルシューティングのためのアクセス権を必要とするサポート要求を行った場合です。 The most common scenario where Microsoft engineers need access customer content is when the customer makes a support request requiring access for troubleshooting. Microsoft 365 の基本原則は、Microsoft がお客様のコンテンツにアクセスしなくてもサービスを運用できることです。 A foundational principle of Microsoft 365 is that the service operates without Microsoft access to customer content. Microsoft によって実行されるほとんどすべてのサービス操作は完全に自動化されており、人的関与はユーザーのコンテンツによって高度に制御および抽象化されています。 Nearly all service operations performed by Microsoft are fully automated and human involvement is highly controlled and abstracted away from customer content. Microsoft 365 の目標は、お客様が Microsoft access の特定の要求を承認するまで、サービスをサポートするためにお客様のコンテンツにアクセスすることです。 The goal for Microsoft 365 is access to customer content to support the service isn't needed until the customer approves a specific request for Microsoft access. Microsoft クラウドでデータをセキュリティで保護したことが既に考えられていますが、なぜお客様のロックボックスが必要ですか? I already thought my data was secure with the Microsoft cloud, so why do I need Customer Lockbox? カスタマーロックボックスは、サービス操作の明示的なアクセス承認を提供する機能をお客様に提供することによって、特別な制御層を提供します。 Customer Lockbox provides an extra layer of control by offering customers the ability to give explicit access authorization for service operations. 明示的なデータアクセス承認のためにプロシージャが配置されていることを示すことにより、お客様のロックボックスは、顧客が HIPAA、FEDRAMP などの特定のコンプライアンス義務を満たすのを支援します。 By demonstrating that procedures are in place for explicit data access authorization, Customer Lockbox also helps customers meet certain compliance obligations such as HIPAA and FEDRAMP. 関連記事.

次の

タスクスケジューラの実行結果が「オペレーターまたは管理者が要求を拒否しました。(0x800710E0&#

オペレーター または 管理 者 が 要求 を 拒否 しま した

コールセンターや、電話の問い合わせ窓口では、避けては通れないのがクレーム。 できることならとりたくないと思っていても、クレームは発生する場合があります。 様々な理由で怒りを抱えているお客様からの入電には、 『困っていることを解決してもらえる』、『きちんと対応してくれるはず』といった会社への信頼が潜在的に含まれています。 適切に対処することで会社への重大な被害を避け、場合によってはお客様との距離をより縮めたり、 会社の改善点を発見することが可能です。 しかし、クレームへの対応は、ただ謝るだけでは相手の不満は解消されず、さらに怒らせてしまうこともあります。 また、 謝ったのだから全面的に非を認めたと勘違いを生んでしまう場合もあるので、謝罪する場合には、何に対しての謝罪なのかを具体的に伝えることが大切です。 ここでは クレームの種類、対処法、やってはいけない対応など、いざという時に慌てず状況を悪化させないための基本的な対応方法とコツを紹介します。 クレームの種類と対処法 クレームには大きく分けて3 つの種類があります。 それぞれ対処法は異なりますので覚えておいてください。 感情的なクレーム(苦情) このタイプのクレームは、商品やサービス、応対者の態度などに不満があり、その不満を聞いてほしいというものです。 時間はかかるかもしれませんが、感情が収まるまで不満を伝えることで気が済むケースが多いです。 対処法 まずはじっくり相手の話を聞き、何に対して不満があるのかをしっかり確認する。 相手が間違えていたり勘違いしていると思っても頭から否定せず、『さようでございますか』と共感していると態度で示し、『ご不快な思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした』と丁寧に謝罪する。 解決策がほしいクレーム このタイプのクレームは、こちら側の不備やミスなどで起こることが多く、具体的な解決策を求めているケースです。 対処法 このタイプのクレームに対しても、まずはじっくり相手の話を聞き、何が問題で何を求めているのかを確認します。 その上で丁寧に謝罪し、できることとできないことを明確に伝える必要があります。 判断がつかない場合、せかされても焦らず、必ずいったんお待ちいただき、上司などに確認後に解決策を伝えましょう。 クレーマーによるクレーム このタイプのクレームは、不当な要求や嫌がらせ、虚偽の問題などを伝えてくるケースです。 対処法 このタイプのクレームに対しては一人で対応せず、上司に交代したり、必ず組織で連携して対応しましょう。 悪質なケースの場合には毅然とした態度で対応し、連絡を拒否することが大切です。 また社内でクレーマー認定された顧客を情報共有し、社内で一貫した共通の対応をする必要があります。 警察や弁護士などとの連携で不当な行為を制限する必要もあります。 クレーム対応のコツ 相づちを入れ、相手の言葉を繰り返す(積極的傾聴法) 『そうでしたか』、『なるほどですね』など、相づちを必ず入れて、相手の使った言葉を『〇〇だったんですね』と繰り返すことで、相手に話をしっかり聞いていますという態度を伝えます。 時間を空けて対応する 相手が感情的になっている場合、こちらの話を冷静に聞けない場合が多いです。 そういった場合、意識を変えるように『詳しく確認して、〇分以内に折り返しお電話させていただきます』や、『対応可能か社内で確認させていただきます』といった形で、いったん電話を切り、時間を改めて連絡するとこで、相手の怒りの継続性は途切れるので非常に有効です。 状況に応じて謝罪の言葉を変える 『ご不快な思いをさせてしまい、 申し訳ございませんでした』 『ご意向に添えなくて、申し訳ございませんでした』 『たいへんご迷惑をおかけして、 申し訳ございませんでした』 といったように、状況に応じてふさわしい謝罪の言葉を伝えることで、ただ『申し訳ございません』と伝えるより、誠意が伝わりやすく、効果的です。 クレーム対応でのNGワード 4D言葉を使わない 「だって」「どうせ」「ですが」「でも」の4つの言葉は弁解、言い訳、反論に当たり、さらなるクレームに発展する可能性があるので使わないようにしましょう。 『絶対』を使わない 『絶対にそんなことはありません』や『絶対に解決します』などの、もしも絶対でなかった場合に対処できなくなるような『絶対』という言葉は、絶対使わないようにしましょう。 『と思います』などの憶測を言わない 自分で判断できない内容や、知識が及ばないことを憶測で伝えて、できないことをできると伝えてしまうと、さらなるクレームになります。 しっかり確認してから事実を伝えるようにしましょう。 クレーム発生に備える 1. エスカレーションの仕組みを作る エスカレーションとは、オペレーターが応対し、解決が難しい場合、上司に電話を交代して対応してもらうことで、クレーム発生時にオペレーターで解決できない場合は上司へ、それでも解決しない場合さらに上司へと対応を交代できるようにしておく必要があります。 小規模の組織の場合でも、なるべく上司に対応を交代してもらう体制を作っておくことで、お客様の心理でも自分のために業務の責任者が対応してくれているという満足感と安心感を感じるからです。 また、オペレーターレベルで判断できないような問いに対し、慌てて間違った内容を伝えてしまっては、状況は悪化してしまいますので、さらなるクレームを防ぐために、オペレーターで判断がつかないような問いの場合、上司に確認、交代できる仕組みを作っておくことは非常に重要です。 通話録音、または通話内容をメモできるようにしておく クレーム発生時の応対でお客様に伝える内容は非常に重要です。 言った言わないのトラブルを避け、クレーム内容と結果を上司に報告したり社内共有するためにも、一番効果的なのは通話内容の録音です。 コールセンターであれば標準で通話録音されていると思いますが、小規模な電話受付で通話録音できていない場合は、必ずメモを用意してお客様がお怒りの理由やこちらから伝えたことをメモしておきましょう。 過去クレームになったお客様情報は社内共有しておく 一度クレームになったお客様との応対履歴は、顧客管理などで社内で情報共有しておき、過去の応対内容を確認できるようにしておく必要があります。 一度クレームになったお客様は再度クレームになる場合があり、過去の応対の話を持ち出してこられる場合もあります。 その際、過去の応対内容を参考にできるようにしておきましょう。 まとめ いかがでしたか?コールセンターや電話窓口では避けては通れないクレームですが、対処方法を学んでおけば、いざというときに焦らず対応が可能です。 いつ発生するかわからないクレームにしっかり備えておきましょう。

次の