小金屋食品納豆専門店。 小金屋食品 納豆工場直売所

【飛ぶように売れる!】「納豆専門店」「冷凍でもおいしい焼き芋」のヒットの秘密

小金屋食品納豆専門店

当店の商品は、100%自社工場で製造している新鮮な 手作り納豆です。 店内に入るとショーケースに並ぶ、納豆BAR小金庵の オリジナル商品が勢ぞろい。 市販では味わえない「ち ょっと贅沢な納豆」を、店舗にてご購入いただけます。 店内は納豆専門店とは思えない、モダンで落ち着いた 空間となっております。 納豆BARは美味しい大豆とたれ、そしてトッピング。 大豆は大粒・小粒・ひきわりの3 種類をご用意。 次に8 種類のトッピング(玉ねぎ・おぼろ昆布・赤しそ・青唐辛子味噌・初摘み海苔・うずら卵・キムチ・ラー油奈良漬け)の中からお好みの味を選んでいただけます。 まるでBARでカクテルを選ぶようにおしゃれにお好みの納豆を見つけてください。 (注)大豆の産地・トッピングの味は変更になる場合がございます。 納豆BAR小金庵の ジより <豆の種類>• ひきわり <トッピングの種類>• 玉ねぎ• おぼろ昆布• 赤しそ• 青唐辛子味噌• 初摘み海苔• うずら卵• キムチ• 本わさび• 鰯削りぶし• ラー油奈良漬け <値段>• 大粒おぼろ昆布:270円• 大粒赤しそ:270円• 大粒青唐辛子味噌:270円• 大粒初摘み海苔:270円• 大粒うずら卵:270円• 大粒キムチ:291円• 大粒本わさび :324円• 大粒鰯削りぶし :270円• 大粒ラー油奈良漬け:291円• 小粒おぼろ昆布:270円• 小粒赤しそ:270円• 小粒青唐辛子味噌:270円• 小粒初摘み海苔:270円• 小粒うずら卵:270円• 小粒キムチ:291円• 小粒本わさび :324円• 小粒鰯削りぶし :270円• 小粒ラー油奈良漬け:291円• ひきわりおぼろ昆布:270円• ひきわり赤しそ:270円• ひきわり青唐辛子味噌:270円• ひきわり初摘み海苔:270円• ひきわりうずら卵:270円• ひきわりキムチ:291円• ひきわり本わさび :324円• ひきわり鰯削りぶし :270円• ひきわりラー油奈良漬け:291円 その他、ギフトなどにオススメの色々な種類の納豆が詰め合わせられたセットがあります。 納豆1つの値段は270円以上と高いですが、納豆嫌いな人が気になる匂いが消えて、とても食べやすいです。

次の

イオン 臼井店(専門店「レイクピア旬鮮館」含む)(千葉県佐倉市)

小金屋食品納豆専門店

ご贈答用最高級納豆詰合せです。 納豆がたっぷり14袋とみそたまり80ml、男鹿半島の塩50gのセットです。 当店特別価格 送料無料 7,000円(+税)• 二代目福治郎が自信を持ってお届けする 最高級納豆の詰め合わせです。 秋田杉木箱入り・風呂敷包みでお届けします。 当店特別価格 送料無料 12,000円(+税)• 納豆8袋にみそたまり無添加たれ80ml、男鹿半島の塩50gが付いた少人数にぴったりのセットです。 当店特別価格 送料無料 4,900円(+税)• 極限まで豆のやわらかさを追求し、納豆の熟成時間にも徹底的にこだわった納豆です。 当店特別価格 550円(+税)• 納豆ごはんにピッタリなのがこれ!完熟した北海道産の鈴丸大豆を100%使用しています。 当店特別価格 280円(+税)• お酒のおつまみには塩でどうぞ!甘味とやわらかさが特徴の秘伝は、東北産の秘伝大豆を100%使用しております。 当店特別価格 380円(+税)• 1週間を超えますと、自動的にキャンセルとなります。 jpに登録された配送先情報(アドレス帳)やクレジットカード情報を利用してお買い物できます。 (ご注文が多い時期には多少発送でご迷惑をお掛けすることがございます。 また地域により、多少お届け日が異なることがございます。 予めご了承くださいませ。 あらかじめご了承ください。 不良品、欠損品に限り送料着払いでお送りください。 必ず理由を書面で明記の上、食べかけも入れて、ご返送ください。 なお、冷やかしのお客様を防ぐために、返送料はお客様がご負担くださいませ。 5日以内に返送料を含めた金額を、お客様ご指定金融機関へお振込みいたします。 当ショップでは、お客様とのやり取りの中で得た個人情報を裁判所、警察機関等、 公共機関からの提出要請があった場合以外の第三者に譲渡または利用することは一切ありません。 ご注文送信等にはSSLで暗号化するシステムを採用しております。 お客様の個人情報が他から見られる心配はございません、 どうぞご安心してご利用ください。 11COPYRIGHT C NIDAIME FUKUJIRO Co. ,Ltd ALL RIGHTS RESERVED.

次の

納豆BAR小金庵(大阪)の納豆は納豆嫌いでも食べれる!つぶれない店でも紹介!

小金屋食品納豆専門店

Contents• 創業57年と、歴史はけっこう長いですね! 創業者「小出金司(こいできんじ)」の頭文字をとって 小金屋食品という社名にしました。 昔ながらの製法を守り、丁寧に作った納豆でお客様に 「美味しさの感動」と「健康である喜び」を届けることを目指しています。 スポンサードリンク 吉田恵美子社長の経歴は!? 1982年 商業高校を卒業し、文具メーカー・クレパスに入社。 1988年 結婚を機に退職し、3人のお子さんを育てる専業主婦となる。 子育てが一段落してからは、スーパーなどでパートをしていたとか。 先代のお父様が経営していた小金谷食品の創業当初、 納豆不毛の地での挑戦は意外にも順調で、会社は成長していったといいます。 しかし、大手食品メーカーの関西進出により 価格競争の波に飲み込まれてしまうようになると、 小金谷食品の経営は苦しくなっていきました。 吉田さんは主婦として子育てに専念する日々を送っていました。 そんな折、2003年に小金屋食品の創業者である父 小出金司さんが癌で逝去されました。 お父様の死を受けて、吉田さんは決意を固めます。 父の跡を継ぎ、姉妹しかいないからこそ 「女性ならではの経営」を目指すと。 これまで主婦として生活を送っていたなら、 自分にできるのか?とか、 会社の経営に対する不安もあったと思いますが、 父の会社を潰したくないという思いと覚悟が素晴らしいです。 そして、2007年に 小金谷食品の2代目社長 として 吉田恵美子さんが就任しました。 スポンサードリンク 苦労の日々・・・ 吉田さんが社長に就任されたとき、 実は納豆づくりに関してまったくの 素人同然だったのです! 父親から納豆づくりのノウハウをまったく受け継いでいませんでした。 そこからは猛勉強の日々が始まりました。 異業種交流会やセミナーなどに何度も参加しました。 就任した当初はなかなか納豆が売れず、在庫を抱える日々・・・ 吉田社長の母親が取引先に頭を下げて買ってもらおうとしている姿 を見て、情けなくて惨めな気持ちで涙が出てきたと当時を語ります。 スポンサードリンク 業績回復の秘策!看板商品「なにわら納豆」 業績回復のためには看板商品づくりが不可欠と感じていた吉田社長は、 『なにわら納豆』を開発しました。 okeihan. 特徴として自然発酵のため、 一般的な納豆と比較して「糸引き」がやや弱いんです。 大豆本来の薫りにわらの芳香が加わって、 納豆特有のにおいはほとんど感じられないそうです。 これなら納豆のニオイが苦手な方も受け入れやすそうですね! 吉田社長と4名の従業員が すべて主婦という女性だけの商品づくりも 地元のマスコミに注目を浴びました。 なにわら納豆は、 2014年3月に大阪府より 「大阪産名品」として認証され、 2014年11月には 「大阪産PR大使賞」を受賞しました。 他にもアイデア商品を続々と生み出し、 口コミでどんどん人気になっていきました。 大阪は「食い倒れの街」。 本当に美味しいものは受け入れられるという吉田さんの言葉が 印象的です。 なんと! 年商は、父の時代の3倍にまで伸び たそうです。 スポンサードリンク 小金谷食品の納豆はどこで買えるの?通販は? 10種類のトッピングが選べるカップ納豆も、 女性ならではの視点の商品ですよね! 色々な味が楽しめるのがうれしい。 小金谷食品の商品は「納豆BAR 小金庵」という公式サイトから 通販で購入が可能です。 お近くの店舗に取り扱いがあるかご確認してから、 買いに行かれると良いと思います。 スポンサードリンク なにわら納豆のオススメの食べ方やクチコミは? みなさん、オリジナルの食べ方で「なにわら納豆」を楽しんでいますよ~。 大豆の粒が大きくて味がしっかりしてる!と口コミで評判でした。 ネギとか薬味などの無駄な味付けがない方が豆本来の美味しさが 生きるみたいです。 スポンサードリンク 吉田恵美子社長の年収は? メディアでも多数紹介されて、 大人気となった小金谷食品の納豆ですが、 現在の吉田社長の年収が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今ではネット通販が直売売上の15%程度にまで増えてきていますが、 百貨店やスーパーが売上の大半だそうです。 10年で売上が3倍になり、現在では年商8,000万円ほどとのこと。 従業員数も、役員3名・社員3名・パートナー6名と少人数です。 これらの情報からの推測になりますが、 年収は1000万円弱、700~800万円前後かと予想しました。 スポンサードリンク 最後に 女性だからこそ、できる納豆づくりがあるはず。 一見すれば弱みのようでも、工夫しだいでは、それが私どもの強みに変わる。 そう信じて、いつか大阪の中心街に納豆の専門店を出店してみたいというのが、 いまの私の夢です。 njh. 「伝統的な製法で品質にこだわり納豆を大阪の食文化にしたい」 という吉田社長の苦難を乗り越えるパワフルさと志に尊敬しました。 これからも吉田社長の挑戦はまだまだ続きますね。 筆者も納豆は大好きで毎日食べますが、 大阪納豆「なにわら納豆」、ぜひ頂きたいと思います。

次の