ハード オフ 永田。 『ジャンク品で演奏する動画クオリティがハンパない!!』ハードオフの永田さんが話題沸騰!

【ありがとうサービス】人事ブログ 759 ハードオフ筑後店社員さんが、またTV出ます!

ハード オフ 永田

こんにちは、土曜日担当の ハードオフゆめモール筑後店永田です。 先週はハードオフの ジャンク品ってどんなもの?について書かせていただきました。 今回はゆめモール筑後店にあった楽器のジャンク品達を使って、今や世界中で活躍する あのヴィジュアル系バンドのデビュー曲を弾いてみます。 今回はこちらのジャンク達を使っていきます。 ギターやベース、アンプに鍵盤、電子ドラムにミキサー、大正琴にフィルムカメラ。。 フィルムカメラ。。 ? それぞれピックアップが片方鳴らなかったり音が出ない部分があったり症状は様々です。 まずこの小さな古い電ドラを見つけたのが今回の動画を撮ってみようと決めたきっかけでした。 これ、ちゃんとキックペダル用のパーツもあります、ちゃっちぃですが。 真ん中パッドとクローズハイハットが全くなりませんが他のパットはすべて生きてます。 最悪スネアとシンバルとバスドラさえ生きてればリズムは作れますからね!これで1000円くらいです。 これは付箋の貼ってある鍵盤が音なりません。 他は全てなります。 なんとかなるなるっ。。 ちなみにジャンクベースのヘッドにこんな文字が。 ESP 風ですね。 もちろんESPでは全くないです。 つまみがなかったり回らなかったり色々ですが、とにかく撮ってみました。 X JAPANの「紅」です。 ちなみに私は普段ドラムとか頻繁に叩かないのでちょいちょいリズム乱れますが、それもきっとジャンクだからでしょう!と思っておきます。 フレーズはそれぞれ少し簡単にしてあります。 じゃないと無理なので! 録音はGaragebandで行いました。 あ、ちゃんとフィルムカメラも使ってますよ? こんな風に使い方によっては全然使えるものがジャンクコーナーには山ほど眠ってます。 練習用や遊び用に是非手にとってみてください! それでは私はこれで。。。 投稿ナビゲーション.

次の

ハードオフ店員が壊れた楽器で演奏する動画。GLAY・HISASHIも絶賛のスーパー店員がこちらwww

ハード オフ 永田

ハードオフは需要の多い家電から ハードオフでビギナーが最初にブチ当たるのが、商品が多くてどのアイテムから物色していけばいいのか分からないという壁。 しかし、せどりの基本概念「安く仕入れて高く売る」を理解していれば問題ありません。 まずは、ハードオフでは需要の多い家電から攻めていくのが得策。 その中に特価品があれば、「せどりスカウター」で相場を調べましょう。 この流れなら知識がなくても掘り出し物を見つけられます。 せどりで確実に利益を上げるならば、該当時期により需要が高まる季節家電を忘れてはなりません。 ハードオフで即買いのプリンター 例えば3~4月の入学時期ならば電子辞書。 転居時期はガスコンロや掃除機。 夏場は冷房、冬場は暖房家電などです。 需要のない時期に購入しておき、需要の高まる直前に売るのがコツとなります。 ハードオフで利ざやが出やすいアイテムといわれているのが、プリンターとオーディオ。 プリンターで即買いなのが、ユーザー数が多くインクの普及率が高いエプソンの「PM」シリーズと、キヤノンの「MP」シリーズです。 ピュアオーディオは高単価商品で、利益が出やすいもの。 しかし、回転率は決して高くないので確実なメーカー品を手堅く仕入れるのがコツです。 オンキョーとデノン製品なら間違いナシ。 値崩れしにくく高値で売れます。 ハードオフでジャンクをチェック ハードオフでは、ジャンクコーナーとショーケースは要チェックです。 100円単位から販売しているジャンクコーナーはガラクタがほとんどですが、未開封品には掘り出し物が眠っていることがあります。 未開封品は確実に作動するので、安心して仕入れることが可能。 ジャンクコーナーに箱入り未開封品があったら、Amazonの相場を必ずチェックしましょう。 プリンターのメーカー純正インクは高く売れます。 また、ショーケース品は、電源が入った程度のチェックしかせずにジャンク扱いで販売している場合があるのです。 故障も簡単な修理で復活する可能性が高いため、値札に明記されたジャンクレベルを店員にしっかり確認して見極めましょう。

次の

ハードオフでジャンクPCを久々にゲット!このお宝をどう再生しようか?

ハード オフ 永田

ハードオフといえばジャンク、ジャンクといえばハードオフ。 本がメインなブックオフや衣料品がメインなモードオフでは、わりと長期の使用を想定して買い物をする筆者。 それに対してハードオフは電化製品のパーツ取り目的での利用がメイン。 筆者に買われたジャンク品は即バラバラ。 目的の部位を抜き取ったら他はゴミ捨て場行きである。 この通りジャンク品に対する愛が無さすぎる筆者だが、先日ネットでハードオフのある店舗の公式っぽいYouTubeチャンネルを見た結果、それまでの行いをおおいに反省することに。 無慈悲なジャンク品クラッシャーを改心させた動画とは一体!? ガチで必見の内容となっているので紹介するぞ! ・ハードオフ ゆめモール筑後店 この動画はハードオフ全体のものではなく、福岡県にある「ハードオフ ゆめモール越後店」独自のもの……というか、同店舗で働く永田さん1人の手によるものと思われる。 演奏に使用される楽器は全てジャンク品で、演奏もボーカルも全て永田さんという 脅威のマルチプレーヤーっぷり。 初っ端からクオリティが高く、歌も上手い。 本家の動画と見比べれは見比べるほど上手さに関心するばかりである。 動画の編集センスも抜群で、永田さんがまさかの10人に分身した時には思わず爆笑してしまった。 それにしても多才すぎる永田さんだが、ハードオフ店員たるものこのくらいできなくては勤まらない……ということなのだろうか。 ・ジャンク品への愛 そんなこんなで、高すぎる動画のクオリティに見入っていたところ、動画の最後で 「ジャンクは宝の山」のテロップが。 そうだよな……クオリティ高すぎて見落としていたけど、 全部ジャンク品使ってたよな……。 ジャンクをジャンクのまま使いこなしてやるのも大事だよな……! 今まで軽んじてきてごめんよ、ジャンクたち。 これからはパーツを抜き取って捨てるんじゃなく、壊れている部分を直して使う方向も模索するよ……。 …… …… ・他のアーティストのコピーも なお同店舗のYouTubeチャンネルでは、GLAYだけでなくX JAPANの「紅」や、DA PUMPの「U. A」の演奏動画もあがっている。 これらもやはりジャンク品を見事に使いこなして製作されていて必見だ。 また、動画内で使用されたジャンク品は、全て同店舗にて実際に販売されているものと思われる。 時折値札も写っているが、やはりジャンク品というだけあって どれも安い。 その値段でこれだけの演奏ができるとなれば購入待ったなしだろう。 「あの動画で使ってたヤツ」という感じで即売れてしまいそうだ。 というか、動画を古いものから順番に見ていくと 使う楽器が変化している。 これは恐らく売れたからではないだろうか。 店舗の宣伝もしつつ、ジャンク品への愛を広め、さらにジャンク品の再生を促して経済も回すハードオフ店員マジぱねぇ! ちなみに同店舗Twitterのプロフィール欄によると「いつかGLAYと共演するのが夢」だそう。 叶うように応援していますね! 参照元:YouTube [] []、、Twitter 執筆:.

次の