ソリッド タイヤ。 リーチ式フォークリフト用ソリッドタイヤ 商品詳細

フォークリフトタイヤ通販【フクナガタイヤ】

ソリッド タイヤ

1867年に車輪の回りにゴムを巻きつけたのが、ゴムタイヤの始まりですが、この時のタイヤはソリッドタイヤでした。 ソリッドタイヤは空気の入ったチューブタイヤやチューブレスタイヤのように、パンクやバーストなどによる危険は無く、空気の充填の必要も無いもありません。 また、空気入りタイヤより許容荷重が大きく、トレーラーやクレーン車などの特殊車両にも使用されています。 ソリッドタイヤの種類• 2層タイプ・3層タイプ ソリッドタイヤは空気入りタイヤに比べて乗り心地が悪くなりますが、3層タイプなどは、タイヤの接地面のゴムとホイール部分のゴムとの間に柔らかいゴムを入れる事で、2層タイプより乗り心地を良くするなど、違う特性を持ったゴムを使用したタイヤの事です。 ウレタン注入型 注入する素材はウレタンの他にも色々と開発されていますが、飛行場の貨物運搬用カートや工場の中などで使用される産業用車両などに使用されています。 プレスオン型 タイヤの内側にベースバンドと呼ばれる金属性のバンドをゴムに接着しているソリッドタイヤの事で、小さくても許容荷重が大きいのが特徴です。 ソリッドタイヤのメリット• パンクしない• 空気圧のチェックなどの必要が無い• 空気入りタイヤより許容荷重が大きい ソリッドタイヤのデメリット• 乗り心地が悪い 空気入りタイヤに比べてクッション性が低く、乗り心地が悪くなります。 スピードを出せない クッション性が低い為、高速走行には向いていない• 重い タイヤの中にゴムや素材が入っている為、重くなります。 燃費が悪い タイヤ自身が重くなる為、燃費も悪くなります。 交換が大変 空気入りタイヤに比べ、タイヤの交換が大変です。 ソリッドタイヤの溝 ソリッドタイヤにも溝があり、溝が減ると空気入りのタイヤと同様、交換が必要になります。 交換の目安としてはスリップサインを目安にする事が出来ます。 ソリッドタイヤのひび ソリッドタイヤも空気入りタイヤと同じゴムで作られていますので、劣化が進むにつれてタイヤにひびが入ってしまいます。 ただ、タイヤがひび(ヒビ)により、バーストする事はありませんので、小さいひび(ヒビ)は、そんなに気にする事も無いと思います。 ですが、ゴムの劣化によるひび(ヒビ)では無く、その他の原因で出来たような亀裂には注意が必要です。 免責事項 このサイトに記載しております内容はあくまでも個人の考えであり、当サイトは、当サイトの提供する情報を利用した事による 如何なる損害に対しても一切責任を負いません。 また第三者からユーザーに対してなされた損害賠償請求に基づく損害についても一切責任を負いません。 当サイトの情報の利用については全て自己の責任において行ってください。

次の

フォークリフト用タイヤ、建設機械用タイヤ|丸中ゴム工業株式会社

ソリッド タイヤ

確かにありますが、一般的ではありません。 空気を入れる部分にぎっしりとゴムを詰めるとか、ウレタンを詰めるとかしたソリッドタイヤというmのおが産業機械用に存在しますが、重くて乗り心地も悪いため軍用でさえ使っていません。 フォークリフトやクレーン等には使用しています。 ソリッドタイヤは高速を出すと弾性が足りなくてゴムが焼けてしまうなどの弱点があり、装甲車などですら不向きです。 質問者さんが聞いたのは「パンクしにくいタイヤ」か「パンクしても走行できるタイヤ(ランフラット・タイヤ)」ではないでしょうか。 ランフラットタイヤは軍用車両に広く使われている構造で、普通のタイヤと違うのは側面に強度を保つための補強を入れている点です。 パンクすると空気が抜けてタイヤがつぶれてしまい操作性が悪化してしまいます。 ランフラットタイヤでは補強が入っているため潰れはしますが何とか走れるくらいには形状を保つことが可能です。 自衛隊の軽装甲機動車などはこれを使っています。 一般的な軍用車両にはありません。 乗りごごちや耐久性に劣り重いので使われないのです。 民生品と同様の構内用フォークリフトには採用されていますが、野外用フォークリフトは空気が入ったタイヤです。 空気の入っていないタイヤはミシュラン社が2005年の東京モーターショーで「Tweel(トゥイール)」という空気が入っていない「エアフリーコンセプト」タイヤを発表しています。 アメリカ軍がHMMWV(ハンビー)に装着して試験しています。 ブリジストンも同様のコンセプトのタイヤを開発していますが、隙間にものが挟まるとクッションが失われる欠点があるため軍用タイヤとしては致命的と言えます。 基本的な構造はTweelと変わりませんからアメリカ軍も試験はしたもののTweel採用とはなっていません。 そこで、軍用タイヤではパンクしてもある程度の走行ができる「ランフラットタイヤ」を採用しています。 スポーツカーや高級車が採用している民生のものはタイヤの側面(サイドウォール)を強化したものです。 クッション性が劣るためサスペンションの高級化で相殺することでコストがかかるので高級車などに使われるわけです。 軍用のものは中に中子(なかご)と呼ばれる樹脂製などのサポートリング(ソリッドタイヤ的なもの)が入るものを採用しています。 被弾などによりパンクしても中のサポートリングに支えられある程度の走行が可能となっています。 自衛隊の6輪装甲車シリーズにはサイド強化型のコンバットタイヤが使われていますが、その後の96式装輪装甲車以降には中子方式のコンバットタイヤ(ランフラットタイヤ)が使われています。

次の

産業用タイヤ、台車及び荷車用タイヤの選定方法・販売|中部産業株式会社 ブリヂストンタイヤ名古屋販売株式会社グループ

ソリッド タイヤ

1867年に車輪の回りにゴムを巻きつけたのが、ゴムタイヤの始まりですが、この時のタイヤはソリッドタイヤでした。 ソリッドタイヤは空気の入ったチューブタイヤやチューブレスタイヤのように、パンクやバーストなどによる危険は無く、空気の充填の必要も無いもありません。 また、空気入りタイヤより許容荷重が大きく、トレーラーやクレーン車などの特殊車両にも使用されています。 ソリッドタイヤの種類• 2層タイプ・3層タイプ ソリッドタイヤは空気入りタイヤに比べて乗り心地が悪くなりますが、3層タイプなどは、タイヤの接地面のゴムとホイール部分のゴムとの間に柔らかいゴムを入れる事で、2層タイプより乗り心地を良くするなど、違う特性を持ったゴムを使用したタイヤの事です。 ウレタン注入型 注入する素材はウレタンの他にも色々と開発されていますが、飛行場の貨物運搬用カートや工場の中などで使用される産業用車両などに使用されています。 プレスオン型 タイヤの内側にベースバンドと呼ばれる金属性のバンドをゴムに接着しているソリッドタイヤの事で、小さくても許容荷重が大きいのが特徴です。 ソリッドタイヤのメリット• パンクしない• 空気圧のチェックなどの必要が無い• 空気入りタイヤより許容荷重が大きい ソリッドタイヤのデメリット• 乗り心地が悪い 空気入りタイヤに比べてクッション性が低く、乗り心地が悪くなります。 スピードを出せない クッション性が低い為、高速走行には向いていない• 重い タイヤの中にゴムや素材が入っている為、重くなります。 燃費が悪い タイヤ自身が重くなる為、燃費も悪くなります。 交換が大変 空気入りタイヤに比べ、タイヤの交換が大変です。 ソリッドタイヤの溝 ソリッドタイヤにも溝があり、溝が減ると空気入りのタイヤと同様、交換が必要になります。 交換の目安としてはスリップサインを目安にする事が出来ます。 ソリッドタイヤのひび ソリッドタイヤも空気入りタイヤと同じゴムで作られていますので、劣化が進むにつれてタイヤにひびが入ってしまいます。 ただ、タイヤがひび(ヒビ)により、バーストする事はありませんので、小さいひび(ヒビ)は、そんなに気にする事も無いと思います。 ですが、ゴムの劣化によるひび(ヒビ)では無く、その他の原因で出来たような亀裂には注意が必要です。 免責事項 このサイトに記載しております内容はあくまでも個人の考えであり、当サイトは、当サイトの提供する情報を利用した事による 如何なる損害に対しても一切責任を負いません。 また第三者からユーザーに対してなされた損害賠償請求に基づく損害についても一切責任を負いません。 当サイトの情報の利用については全て自己の責任において行ってください。

次の