膀胱 炎 寝れ ない。 膀胱炎で血尿!治し方|市販薬は?自然治癒する?血の塊の原因も解説

子どもの膀胱炎は別の病気の可能性アリ!

膀胱 炎 寝れ ない

働く女性や更年期の女性に多いのが特徴で、尿をためる臓器である「膀胱」の粘膜に炎症が起こる病気で、大半は細菌によるものです。 トイレを我慢したり、冷えやストレスを溜めることで悪化することがあります。 放っておくと、辛い痛みや血尿、さらには、高熱の原因となる腎盂腎炎を引き起こす可能性があります。 一度発症すると、何回も繰り返すこともあり、かかった人は再発しないように、経験のない方でも予防をしっかりとしておくことが大切です。 膀胱炎の症状 膀胱炎の初期症状は、トイレに行く回数の増加です。 1回量が少なくなります。 進行して症状の強い時は、10分間隔でトイレに行くことも少なくありません。 そして排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。 尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあります。 また、排尿の終わりから排尿後に痛みを伴ってきます。 膀胱炎の痛みでよく言われるのが、「つーんとしたしみるような痛み」です。 これは炎症を起こした膀胱が排尿により急激に縮まり刺激されるためおこり、下腹部や尿道口の痛む場合が多いです。 さらに悪化すると、排尿時に焼け付くような痛みがあったり、残尿感はますますひどくなり、トイレから出られなくなることもあります。 膀胱炎がさらに悪化すると、腎盂腎炎や腎臓への感染が起こる場合があります。 膀胱炎の疑いのある症状が出た場合、早めにご相談ください。 膀胱炎が軽い場合、自覚症状がないこともあります。 膀胱炎の原因・誘因 膀胱炎とは、尿をためる臓器である「膀胱」の粘膜に炎症が起こる病気で、尿を溜めたり、排尿するという膀胱機能障害がおこります。 膀胱炎の原因は、ほとんど細菌感染で尿道を介して外部から膀胱の中に雑菌が入ることにより引き起こされるものです。 疲労やストレスなどで、疲労が起こると免疫力が低下し、細菌に感染しやすくなります。 膀胱炎の原因となる細菌は大半が大腸菌などの腸内細菌です。 稀ではありますが、ウイルス感染、真菌感染でおこることもあります。 膀胱炎は、ほとんどが女性に発症します。 それには、女性のカラダの構造が関係しています。 膀胱炎の原因となる細菌感染は、清潔に保てなかったり、不潔な状態で性行動をすることで起こります。 膀胱炎の検査と治療 尿検査で細菌、白血球、赤血球の有無を確認します。 膀胱炎の治療方法は、原因や程度によって変わってきます。 急性膀胱炎や慢性膀胱炎で細菌が原因と考えられる膀胱炎の場合、抗生物質の投与が主な治療方法になります。 急性膀胱炎の原因菌は大腸菌がおおいので、大腸菌に有効なニューキノロン系やセフェム系の抗生物質を処方いたします。 急性膀胱炎の場合、内服薬は3〜5日の処方になります。 飲み始めて1〜2日で症状は落ち着く方がほとんどです。 尿検査で炎症所見が消失すれば内服薬を中止できます。 以前は、膀胱炎はどんな抗生物質を飲んでも効きましたが、最近は耐性菌が多く存在するため、 細菌培養検査で薬剤感受性を見つつ薬を選択しないと、完治しない場合があります。 そういう意味でも泌尿器科での治療をお勧めいたします。 複雑性膀胱炎の場合は、罹患期間も長い方が多いので治療期間もかかります。 症状を抑える治療を行いながら基礎疾患の治療を並行して行います。

次の

膀胱炎について

膀胱 炎 寝れ ない

膀胱炎にかかることで、さまざまな痛みに襲われることがあります。 まず、排尿痛。 おしっこを出すときに痛むんですね。 それだけでなく、下腹部にも痛みが及ぶときがあります。 傷口がしみるようなヒリヒリする痛みや焼け付くような痛みと言われるほどの痛みなんですが、膀胱内で細菌が悪さをし、 粘膜がただれてしまっている状況が考えられています。 排尿中や排尿後にこのような痛みに見舞われることが多いようです。 下腹部痛については、鈍い痛みが多いようで、尿の色、回数、量がいつもと違うことも特徴として挙げられます。 これらの痛みを緩和するためにするべきこととして、主に3つの方法をお教えいたしましょう。 まず、下腹部をあたためながら、ソファなどで横になり、身体に負担がかからないような姿勢で過ごしてください。 身体を冷えると免疫力が下がり、膀胱炎の症状が悪化する可能性があります。 下腹部を中心にしてあたためることで、血液循環を良好にし、免疫力が向上していき、症状も徐々に和らいでいくと思います。 加えて、ソファやお布団で横になり休むことで、膀胱への負担を軽減することができます。 横になりながら毛布をかぶったりしてお過ごしくださいね。 次に、水分補給を十分行うこと。 水分をたっぷり摂取し、膀胱内で悪さをしている細菌を、尿と一緒に排出しましょう。 こうすることで、症状緩和や早期治癒へとつながりますよ。 ただし、 アルコールや炭酸飲料など、刺激物は控えるようにしてください。 あたたかい飲み物を飲むと、身体もあたたまるのでさらに効果的かもしれませんね。 このとき、排尿すると痛いのであまり水分を摂りたくない・・・と感じる方もいるかもしれません。 しかし、膀胱に入った細菌は、抗生物質でやっつけるか、排尿して流し出すかをして排出する方法がとられています。 また、トイレを我慢すると、膀胱内の細菌が繁殖を続け、症状の悪化や慢性膀胱炎でこの先も苦しむことになりかねません。 したがって、排尿痛もつらいと思いますが、早く治すために我慢して、水分をたっぷりとり、こまめにトイレへ行くことが望ましいと言えるでしょう。 最後に、生活習慣を整えてあげましょう。 疲れやストレスが溜まっていませんか? 睡眠不足・偏った食事になっていませんか? 生活習慣の乱れは、免疫力の低下を招き、膀胱炎になりやすい身体づくりをいつの間にかしてしまっているかもしれません。 疲れやストレスを溜めずに発散し、バランスの良い食事を心がけ、睡眠も十分とれるように生活習慣を整えましょう。 膀胱炎の痛み止めって、何を飲めばいいのでしょうか。 膀胱炎の痛みに対して、抗生物質や抗菌剤と併せて、痛み止めも処方されることが多いようです。 主にロキソニンという比較的効き目がよく即効性のある薬で、鎮痛解熱作用だけでなく、炎症を抑制してくれる抗菌作用も持ち合わせているお薬の処方が多いようです。 ただ、効き目がいいということは、胃腸の粘膜に炎症をもたらすことも考えられますので、胃薬も併せて服用すると、消化性潰瘍を作るリスクを減らすことができるでしょう。 胃炎の他に、嘔吐や食欲不振、かゆみなどの副作用や、アナフィラキシーを起こす方もまれにいるようです。 ロキソニンに対してアレルギーをお持ちの方は、お医者さんとよく相談してくださいね。 ロキソニンの他にも鎮痛剤として、ボルタレンもよく処方されています。 ただ、ロキソニンのような抗菌作用はないため、痛みに対する対症療法として利用することが多いようです。 市販薬では、バファリンやイブ、ノーシンなどさまざまな鎮痛剤が販売されていますので、ご自身に合うものや普段使用しているものを服用するようにしましょう。 こちらの市販薬も対症療法となりますので、急な痛みの対応程度と考えて服用するようにしてください。 痛み止めを服用して痛みが治まったからといって、膀胱炎が治ったというわけではありません。 痛み止めは、膀胱炎の痛みを軽減し過ごしやすくなるためのものと考え、使用するようにしましょう。

次の

多くが苦しむ膀胱炎…「めっちゃ痛い」長時間労働の26歳女性が語った

膀胱 炎 寝れ ない

スポンサーリンク 頻尿や排尿痛などの症状があり、膀胱炎が疑われる場合には、泌尿器科を受診して菌を殺す抗生物質を処方してもらった方が治りが早いのですが、中には忙しくてなかなか病院へ行けないという人も存在しています。 膀胱炎も初期の状態で、比較的症状も軽いのであれば、病院を受診しなくても自然治癒させることも可能です。 初期の段階であれば、意識して水分を摂るようにし、こまめにトイレに行って排尿することによって、膀胱内の細菌も一緒に排出されます。 膀胱の中に尿がたまっている時間を極力短くするということがポイントです。 また、こまめな排尿と併せて、下腹部を温めて睡眠をしっかりと摂るというのが、病院へ行けない時の対処法となります。 しかし、排尿時に強い痛みがあったり、血尿、かゆみなどの症状がある場合には、自然治癒できるレベルではなく、病院を受診する必要があります。 泌尿器科に時間がなくて行けないという場合でも、何とかスケジュール調整を行って受診するようにしましょう。 スポンサーリンク そもそも膀胱炎は、尿道から細菌が侵入して、膀胱内で細菌が繁殖することによって、膀胱が炎症して引き起こされる病気となります。 そして、男性に比べて圧倒的に、女性の罹患率が高い病気となります。 女性であれば、一生に一度は必ず罹患するというくらいポピュラーな病気でもあります。 女性は男性に比べると尿道が短く、尿道と肛門の位置が近いために、外部から細菌が侵入しやすいということが、膀胱炎になりやすい理由となります。 膀胱炎は再発しやすい病気であり、一度かかると体力が落ちて身体の免疫力が低下した際には再発しやすいという特徴があります。 病院で治療を受ける際には、必ず処方された薬は指示通りに飲みきるようにしましょう。 症状がなくなったからと、中には自己判断で薬の服用を中止する方もいらっしゃるのですが、実は膀胱内の原因菌は完全に死滅していない可能性が高く、その場合再発してしまいます。 ゆえに、完全に菌を殺すように、処方された薬は指示通り飲みきるというのが鉄則となります。 スポンサーリンク.

次の