ピグパ ほしい 物 リスト。 保護猫活動に支援物資で猫助け

‎「ピグパーティ~かわいいアバターをきせかえよう」をApp Storeで

ピグパ ほしい 物 リスト

もしあなたがネットで活動するブロガーやYouTuberなら Amazonのほしい物リストは収益化するための手段のひとつです。 投げ銭やクラウドファンディングは 誰もがそのサービスを利用してるとは限らないので気軽に参加できませんが、Amazonはおそらく日本の多くの人が利用しているため誰もが参加しやすいです。 しかし 送る側も受け取る側も注意をしないと氏名・住所が相手に対して分かってしまうためきちんとした設定が必要です。 この記事では「ほしい物リストで匿名でプレゼントを受け取る方法」をパソコンもしくはスマホで設定する方法を解説します。 「 もらった側はこんな風に喜んでるよ」という一例としてよかったら見てみて&チャンネル登録してください。 Amazonほしい物リストとは Amazonの「 ほしい物リスト」とはAmazonを利用していて 気になった商品を登録してリスト化、管理することができる機能です。 よく購入する消耗品や日用品などを入れておけば毎回探し直す必要がなくなりますし、例えばお酒ならウイスキー・日本酒といったようにカテゴリーで分けて管理すれば自分の中で優先順位をつくって購入していくこともできます。 また 値下げがあった場合に表示してくれるので便利です。 ほしい物リストの商品を匿名で貰える・送れる このほしい物リストのもう一つの特徴としては リストを公開してプレゼントを受け取ることができます。 友達同士だけで送り合うこともできますし、第三者に幅広く公開して支援を募ることもできます。 YouTuberや配信者、イラストレーターや作曲家などの クリエイターは特にAmazonほしい物リストを活用すべきだと思います。 最近SNSで記事をシェアして頂いた際のアイディアでは動物園がやってみてはどうか?というのがありました。 おびひろ動物園様、オリーブ油1本、砂一山等、その他の動物さんに必要なものをリストにして下さい。 モンキーセンターさんでもやってましたよ。 — tm88395 tm88395 しかし最初にも言ったようにリストの公開には 注意が必要です。 友達同士ならお互いに名前も住所も知ってるから良いですが、 第三者・知らない人同士でプレゼントを送る場合にはきちんと設定しないと意図せずして名前・住所がバレてしまいます。 プレゼントを受け取る人は匿名化の設定をしなければ送る人に住所がバレてしまい、プレゼントを送る人も匿名化の設定をしなければ受け取る人に住所がバレてしまうのです。 匿名での利用には• 受け取る側として匿名で受け取りたい• 送る側として匿名で送りたい というそれぞれのパターンに応じた設定が必要です。 Amazonでは注文に対して追跡番号が発行されて、商品の発送状況や現在地が分かります。 この時、配送業者の営業所が出てくるので、市などの地域単位くらいまでは住んでる地域が分かります。 (例えば東京都新宿区西新宿など) そのため完全に住所を匿名化することはできません。 もし都道府県以上で完全に情報を与えたくない、という人は投げ銭等を通じての支援募集を考えたほうが良いでしょう。 【パソコン版】ほしい物リストで匿名でプレゼントを受け取る設定方法 ほしい物リストを公開して 第三者からプレゼントを匿名で受け取りたい場合の設定方法のイメージ付き解説です。 こちらはパソコン画面で設定する時のイメージで解説しています。 スマホ画面で設定する時のイメージはしています。 設定内容自体は簡単ですが工程がちょっと多いため流れをまとめると以下のようになります。 匿名で受け取るための設定工程• アカウント名をニックネームにする• ほしい物リストの作成• 匿名で受け取るための設定• ほしい物リストへの追加・編集• リストの公開・共有 では早速見ていきましょう。 アカウント名をニックネームにする Amazonでは配送先の名前とは別に アカウント名があります。 このアカウント名は本名でなくても問題ないので、ニックネームに変えておきましょう。 「アカウントサービス」から「ログインとセキュリティ」に進みます。 名前を適当なものに変更しましょう。 ほしい物リストの作成 次にいよいよ「ほしい物リスト」を作成します。 Amazonにログインして右上の「アカウント&リスト」から「ほしい物リストを作成する」を選びましょう。 分かりやすいリストの名前を入力し、とりあえず非公開でリストを作成しましょう。 これでリストが作成されました。 またあとでリストを確認・編集したい場合には「アカウント&リスト」からいけます。 匿名で受け取るための設定 リストをつくったら次は匿名で受け取るための設定をします。 リストを開いて「・・・」を押したら「リストの設定を押します。 各種設定項目が出てきます。 リスト名:分かりやすいもの• リストの用途:自分• 受取人: 公開用のニックネーム• Eメールアドレス:メールアドレス• 誕生日:必要であれば• 内容:リストの最初に表示される文章 受取人の名前は本名でなく必ず ニックネームを設定しましょう。 またお届先住所と氏名の入力が続きます。 お届先住所:新規作成• 氏名: 公開しても良いニックネームを入力• 郵便番号・都道府県:普通に入力 ここでも必ず氏名は公開しても良いニックネームを設定しましょう。 住所:住所の後ろに「実名+様方」を付け加える• 会社名:こちらに「実名+様方」でもおそらく大丈夫です• 電話番号:自分の電話番号を入れます ポイントは 住所の後ろに「実名+様方(例:山田一郎様方)」と付け加えることです。 受取人名がニックネームなので配達員さんが分からなくなる可能性があり、このように住所に 本名を付け加えて確実に届くようにしましょう。 第三者の出品の商品の発送同意書: 必ずチェックを外す• 購入済みの商品をリストに保持します。 :お好みで• サプライズにする:お好みで• デフォルトのリスト:お好みで 「第三者の出品の商品の発想同意書」は必ずチェックを外してください。 これによりマーケットプレイスの商品が注文されて、発送先情報が注文者に送られることが無くなります。 購入できる商品は減りますが、プライバシーのためにオフにしておきましょう。 「購入済みの商品をリストに保持します。 」にチェックを入れた場合、 商品が購入された後もリストから削除されること無く表示が残ります。 PC周辺機器などは1個あれば十分ですが、日用品やお酒などは何個あっても良いのでリストの内容に応じて使い分けましょう。 「サプライズにする」にチェックを入れた場合、リスト内の商品が注文されても数週間は未購入の商品として表示され、 文字通りサプライズを演出することができます。 もしその商品が再び注文されようとした場合には、重複注文を避けるためにメッセージが表示されます。 「デフォルトのリスト」は複数ほしい物リストがある時に、自分が 普段使うリストにするかどうかの設定です。 デフォルトのリストに指定すると、例えばAmazonの商品を見てて「ほしい物リストに追加する」ボタンを押したとき、優先してそのリストに保存されます。 商品のほしい物リストへの追加 商品をほしい物リストに追加するには各商品ページで「ほしい物リストに追加する」ボタンを押せば追加できます。 横の矢印ボタンを押せばリストが複数ある時に、どのリストに追加するかを選べます。 コメント・数量・優先度の設定と並び替え リストで追加した商品を見ると コメント・数量・優先度を追加することができるようになってます。 コメント:特筆したいコメントがあれば• 優先度:最低~最高の5段階• 希望:希望数を入力 設定した商品は目につきやすいので、特筆すべき商品があれば書いておきましょう。 商品の「リスト間の移動、削除、カートに入れる」のもリストからできます。 リストを公開・共有する ほしい物リストをいよいよ公開します。 ほしい物リストの右上に 「リストの共有」があるのでここを押しましょう。 リストの共有ボタンを押すと「表示のみ」と「表示して編集」の二つが出てきます。 後者の「表示して編集」だと他の人がリストを削除したりできてしまうので、前者の「表示のみ」を選んでリンクのコピーでSNSに貼り付けるなどして共有しましょう。 【スマホ版】ほしい物リストで匿名でプレゼントを受け取る設定方法 アカウント名をニックネームにする こちらはスマートフォンでほしい物リストの設定をする時のイメージ付き解説です。 基本的な手順は一緒ですが、画面の操作方法が若干異なります。 まずはアカウント名をニックネームにします。 「メニュー>アカウント設定>ログインとセキュリティ」を開きます。 設定項目の中に「名前」があるのでニックネームに変えましょう。 ほしい物リストの作成 続いていよいよほしい物リストの作成です。 「メニュー>ほしい物リスト」を選びます。 既に作ったほしい物リストがある場合には既存のほしい物リストが表示されます。 匿名用のリストを新たにつくるには「リストを表示」へと進みます。 まだ作っていない場合には新しいリストの作成があると思います。 今までつくったほしい物リスト一覧が表示されます。 「ほしい物リストを作成する」ボタンがあるのでここからリストをつくります。 続いてリスト名、公開/非公開を設定します。 公開、非公開については、とりあえずは 非公開にしておいたほうが良いでしょう。 ほしい物リストを作成ボタンを押します。 これでリストが作られましたが、詳細設定はここからです。 匿名で受け取るための設定 先程つくったほしい物リストを開いたら右上の「・・・」をタップしてリストの設定を選びます。 すると「リストを管理」として詳細設定項目が出てきます。 ここからの設定が重要です。 リスト名:お好みで• 公開/非公開の設定:リンクをシェア• リストの用途:自分• 受取人:ニックネーム• Eメールアドレス:基本は無しでOK• 誕生日:お好みで 公開/非公開の設定では「 リンクをシェア」にするのをオススメします。 これは誰もがこのページに見れるのではなく、ページのURLを知った人だけが見れる設定です。 また受取人の名前は本名を公開したくないなら必ず ニックネームとしましょう。 お届先住所は特に重要な項目です。 既に匿名用に設定した住所があればここで選びます。 「第三者の出品の商品の発送同意書」は 必ずチェックを外すようにしましょう。 チェックを入れると意図せずして第三者に自分の住所や氏名が漏れてしまう場合があります。 「サプライズにする」にチェックを入れると事前の発送通知がこないので、届いた時により嬉しくなれます(実体験) 匿名用のお届先住所がない場合には「新規作成する」で 匿名用の受け取り住所を設定します。 なぜこうするかと言うと ニックネームだけでは宛先不明となってしまう場合があるためです。 しかし受取人の名前を実名にすると匿名ではなくなってしまうので、住所の最後に「実名+様方」を付けるのです。 商品のほしい物リストへの追加 早速欲しいモノをどんどんほしい物リストに追加していきましょう。 各商品の購入ボタンの下に「ほしい物リストに追加する」ボタンがあります。 このボタンを押すとほしい物リストにその商品が追加されます。 コメント・数量・優先度の設定 リストに追加した商品では個別にコメント・数量・優先度を設定できます。 リストの各商品の「・・・」をタップして「コメント、数量、優先度を追加する」を選びます。 コメント:見る人へのPR• 数量:消耗品なら複数個など• 優先度:欲しいものは優先度を高く といった感じの設定をオススメします。 リストを公開・共有する 欲しいものリストの匿名設定と商品追加が終わったらいよいよリストを公開します。 リスト画面の上にある「招待」から他のユーザーにURLをシェアしましょう。 ツイッターなどのSNSでシェアするためには「リンクのコピー」でツイッターに投稿します。 ほしい物リストで匿名でプレゼントを送る設定方法 今度は送ってあげたいほしい物リストがあった時に、匿名でプレゼントを送る方法です。 受け取る側と同様に、 送る側も氏名・住所を知られたくない場合には設定が必要になります。 匿名で送る場合のポイントは2つです。 匿名で送るためのポイント• ギフトの設定のチェックを外す• クレカ払いでなくアマギフを使う ギフトの設定のチェックを外す リストで送ってあげたい商品が見つかったらカートに入れるを押します。 するとレジに進むボタンが現れますが、この時にギフトの設定のチェックを必ず外しましょう。 お届け先住所を受け取り側が設定した住所を選びます。 このように設定されたギフト用の住所は、ニックネームと都道府県のみの表示になります。 あとはいつもの注文のように支払い方法まで進みます。 支払い方法をクレカでなくAmazonギフト券を使う お支払い方法ではクレジットカードが便利ですが、 氏名・住所が載ったクレカ明細書が商品に同封される場合があります。 これを回避する方法としては 携帯決済かAmazonギフト券になります。 Amazonギフト券はコンビニでも買えますし、AmazonサイトでもEメールタイプやチャージタイプはコンビニに行かなくても 自宅ですぐ買えます。 酒!酒!そしておつまみは自分で焼きたい!という食欲の権化です。 もしこの記事を読んで「役に立った!」と思ったらぜひ送ってください。 その際は丁重に レビュー記事にして紹介させていただきます。 私が実際に頂いたモノ 実はこんな零細ブロガーの私でも欲しい物リストから頂いたことがあります。 こちらが実際に私がブログ読者様から欲しい物リストを通じて頂いた時の伝票です。 送り元はamazonになっており、お届け先もFumisuke宛になってますね。 ちなみに設定の受取人の名前を 恥ずかしい名前にしていると配達員の方に確認されて恥ずかしいので、くれぐれも暗黒騎士とかダークナイトとかは使わないほうが良いです。 私も「 えーと…Fumisuke様でよろしかったですか?」と言われて若干恥ずかしかったです。 過去に頂いたものについてはそれぞれ記事にさせて頂いてます。 貰ったモノ自体もちろん嬉しいのですが、 それ以上に何らかの気持ちでお送り頂いた事実を嬉しく思います。 ブログに限らず何らかの活動をネット上でしている人はほしい物リストを公開してみてはいかがでしょうか。 同じ質問、お二方から同時に頂いたようなので一緒にお答えさせて頂きますね。 きちんと適切なリスト設定をした場合には 記事の「ほしい物リストで匿名でプレゼントを送る設定方法」の「ギフトの設定のチェックを外す」の画像2枚目にある通りとなります。 この画像は第3者のアカウントが私のほしい物リストに送る際に実際に見える名前と住所です。 名前はFumisuke、住所は東京都までしか見えませんね。 もし不安であれば設定を終えた後に、自分で別アカウントをつくって試すか親しい友人に注文手前まで試してもらうのが安心です!.

次の

Amazonの「ほしい物リスト」の使い方

ピグパ ほしい 物 リスト

Amazon「ほしい物リスト」で身バレしない? ほしい物リストって何? ほしい物リストは自分のほしい物を保存しておいて、リスト形式で管理・確認することのできるサービスです。 自分が次に買う商品や気になる商品を入れておくと、すぐに商品が見つけられて便利ですよね。 リストから商品の価格が下がったことも確認できます。 その一方で、自分の作ったほしい物リストのページを公開することもできます。 公開・非公開の設定ができます 例えばカンパを求める際に、自分のリストを一緒に掲載したり。 SNSでリストを発信することも可能です。 SNSでは誕生日にほしい物リストを公開して、おねだりしている方もいますよ。 【もらう側の心配】自分の住所氏名がバレない? 商品を受け取る側が、送ってもらう相手に自分の住所氏名がバレないかという心配です。 設定を間違わなければ、送ってもらう相手に、自分の住所氏名がバレる・閲覧されることはありません。 実際に他人 嫁 のほしい物リストの商品を、私が買ってみた写真です。 購入時には送り主の本名 住所記載はなし 写真の「ゆかにょん」が私の嫁です。 つまり購入者(私)からは送り主(ゆかにょん)の個人情報は一切表示されません。 PR 【送る側の心配】自分の住所氏名がバレない? 今度は送る側が、自分の住所氏名が送り状などに記載されないかという心配です。 送り先に自分の住所氏名がバレる・閲覧されることはありません。 実際にほしい物リストから、送っていただいた商品の送り状です。 (この時は明細は入ってませんでした) 明細や送り状に 送り主の本名 住所記載はなし 送り主様の個人情報は一切表記されていません。 この記事で紹介するのは「ほしい物リストの作り方」です。 他者の「ほしい物リスト」の商品を買ってプレゼントを送る方法は、下記記事で紹介しています。 公開版「ほしい物リスト」の作り方 それでは実際に公開しても、個人情報流出の恐れがないほしい物リストを作成していきます。 Amazonのアカウントを作ります Amazonのアカウントを作りましょう。 参考 既にアカウントがある方は、次へお進みください。 リストを作成する ほしい物リストを作成します。 作成はこちらです。 参考 最初の設定は「非公開」にしておきます。 あとから「公開」に変更します リストの設定をする 「お届け先住所」以外の設定 作成したリストの設定をしていきます。 リストの「お届け先住所」以外の設定です。 参考にしてみてください。 特に大事なところは赤文字にしてあります。 公開 Amazon上でリスト検索できる状態• リンクをシェアする リンク URL を知っている人しか閲覧できません• 非公開 自分以外には閲覧されません。 Eメールアドレスや生年月日 Eメールアドレスや生年月日は空欄でもOkです。 私は空欄にしてあります。 内容 「内容」にはリストを見てくれた方へのアピールや、リストの説明などを書きます。 第三者の出品の商品の発送同意書 「第三者の出品の商品の発送同意書」とは、簡単に言うとマーケットプレイスの商品を送るときの関係項目です。 「第三者の出品の商品の発送同意書」にチェックが入っていると、マーケットプレイスの商品を注文するときに発送先が出品者に知られるので、出品者から注文者へのメールで注文者に発送先がバレることがあります。 (マーケットプレイス商品とは、アマゾン以外の第三者が販売する商品全般を指します。 ) チェックを外すことで、マーケットプレイスの商品はリストに入っていても、購入してもらうことができなくなります。 ですが 個人情報保護の観点では正解ですので、チェックを必ず外してください。 サプライズにする ほしい物リストの商品を誰かが購入すると、その商品はリストから自動的に消えるようになっています。 リスト主からすると「あ、リストから消えてるから誰かが買ってくれたのかも」と気づくきっかけになります。 気づくきっかけを与えないのが「サプライズ」。 ほしい物リストのサプライズとは、リスト内の商品を誰かが注文しても、数週間リスト上では未購入の商品として表示されます。 特に必要のない設定なので、 チェックは不要 ちなみにリストから購入された商品の発送通知などは、受け取り手側には一切届きません。 お届け先の設定をする ココが一番重要です。 配達の方が困らない様にするためです。 一般的に「佐藤様方 山田花子様」と書くと、佐藤さんの家に住んでる山田花子さん宛てという意味合いになります。 ほしい物リストに商品を入れる リストができたら、どんどん欲しい商品を入れていきましょう。 AmazonのKindleを欲しいものリストに追加してみたいと思います。 商品ページの購入ボタンの下あたりに「ほしい物リストに追加する」というボタンがありますので、クリックするとリストに入ります。 リストに入りました。 こんな感じでリストに入れていきます。 先ほども解説しましたが、 マーケットプレイスの商品は入れないでください(リストを公開して、商品を送ってもらいたい場合)。 Amazonの通常商品であれば「 この商品はAmazon. jpが販売、発送します」と表記があります。 この「Amazon. jp」の部分が、違う会社名になっているとそれは、マーケットプライスの商品と判断できます。 PR ほしい物リストをシェアする せっかくリストが完成しても、他の方に見てもらわなければ、商品を送ってもらう機会もありません。 例えばTwitterでほしい物リストのURLをツイートすれば、フォロワーの方の目に留まるかもしれません。 その他にも「Eメールで送る」「LINEアプリに送る」など色々な方法があります。 ちなみに有名人・著名人ともなると大量のプレゼントが届くみたいです。 参考 参考 参考 またほしい物リストは被災地支援にも活用され、注目されています。 参考 ベビー用品・マタニティ版のほしい物リストが、「ベビーレジストリ」 ちなみにベビー用品・マタニティ版のほしい物リストが、「ベビーレジストリ」。 若干見た目は違いますが、内容や使用用途は、ほぼ同じです。 何が違うのかというと、ベビーレジストリには「特典がある」という点です。 ベビー用品などをベビーレジストリに入れてから購入するだけで、割引が適用されることもあります。 (普通に買ったら割引はないです) この違いを知っているだけでも「ベビーレジストリ」を使う価値が見いだせると思います。 詳しい解説はこちらの記事で。 最後に私の「ほしい物リスト」を公開させていただきます。 最後に私、お金ブロガーのほしい物リストを公開させていただきます。 どれもブログの運営や記事を書くために、欲しい物です。 文章力上達のための参考書籍や、ブログの中で紹介したいお金に関する便利アイテムなど。 もしこのブログを読んで、参考になりましたら応援(激励)も込めて、お送りただけると書き手冥利に尽きます。 嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

次の

「ほしい物リスト」に関するQ&A

ピグパ ほしい 物 リスト

選択したピグが着ている服のみが初回付与されます。 いつもピグパーティをご利用いただきありがとうございます。 引き続きピグパーティをよろしくお願いいたします。 有料が多いだの、ダブリでは無いものも交換出来るようにしろだのゲームのサイクルが崩れてしまうような無茶な要望は相手にせずほんとに直して欲しいところを3つ書かせていただきます。 不適切で消されてしまった投稿も数が反映しているのはとても直して欲しいです。 🗿🐜パーティがあったり、注目にリア顔投稿が入っていたりと投稿するな!というのは難しいかもしれませんが、小中学生にも伝わるようにリア顔を載せることの危険性、注意点などをわかりやすく見れるようにして欲しいです。 これは前怪しい人とかいう似たようなのがあったからすぐできるのかなぁ。 まだですかね?😅 最近はプレミアムガチャは増えているものの、ピグクリショップがボーナスリコで買えたり、交換機能が追加されたり意見をたくさん取り入れられてて凄く嬉しいです。 リアルでは出来ないファッション、世界観の服にチャレンジ出来てとっても楽しませて貰ってます。 パーティについて、予約機能を追加して貰えるのならしてもらいたいです。 パーティなどで雑談をする時チャットを使いますがその時あ、ちょっとLINE来たから待ってて!と言いたい時も不適切と注意されてしまうので正直ドキッとします。 故意に書き込もうとしていない物(例えばツー「ショタ」イム、彼「氏ね」ぇ欲しいわ。 これからも応援してます! デベロッパの回答 、 ご利用いただきありがとうございます。 また、ご意見ありがとうございます。 いただきました内容を担当者に申し伝えます。 引き続きピグパーティをよろしくお願いいたします。 そこでここを改善してほしいなどこれを追加して欲しいなど色々言いたいことがあります。 少し高めです クオリティが高いから値段は妥当だと思います。 ですが、一日のクエストで貰えるリコは200〜300など あまりガチャが引けないのが残念です😢 コミュで配布やギフパに行くと芝生などリサイクルするとリコになる物がよく貰えます。 すっごく不快に思う方も居ます。 こういった相手を侮辱、悪口というパーティを開いた人は できたらでいいんですが、2日目間ピグ使用禁止など... 何か罰などを与えないと何回も繰り返すと思います😢 4,課金と無課金の差 運営さんの収入も重々理解しております ですがショップに行くとほぼ有料で閉めています。 レビューというより私のお願いになっちゃってすいません🙏 これからも頑張ってください😚.

次の