ヒンデンブルク オーメン。 「ヒンデンブルグ・オーメン」とは? 急落のシグナル

ヒンデンブルグオーメンの点灯メカニズム

ヒンデンブルク オーメン

ヒンデンブルクオーメンとは ヒンデンブルクオーメン Hindenburg Omen は、米国株式市場の株価大暴落の前兆を示すテクニカルシグナルの事です。 別名ヒンデンブルクの予兆とも言われます。 ヒンデンブルクオーメンが発生すると、30営業日以内に株価が暴落するとされています。 このテクニカル指標は、米国株の高値と安値の銘柄数や移動平均線、マクラレンオシレーターの値がマイナスとなっているなど複数の要因が基準とされており、盲目の物理数学者のJim Miekka氏 ジム・ミーカ が考案したものだと言われています。 株価が大暴落する確率 米国株式市場の歴史を遡ると、ヒンデンブルクオーメン発生後は以下のような統計結果が出ていると言われています。 ・77%の確率で株価が5%以上下落 ・パニック売りで大きく暴落する可能性は41% ・株式市場で重大なクラッシュが起こる可能性は24% 1985年以降で米国株が大暴落した際は、殆どのケースでヒンデンブルクオーメンが点灯していました。 ヒンデンブルクオーメン発生条件 ヒンデンブルクオーメンの発生条件はいくつか存在していますが、最もスタンダードな発生条件は、下記4つの条件が同日に発生することです。 ニューヨーク証券取引所 NYSE での52週高値更新銘柄と52週安値更新銘柄の両方の数がその日の値上がり、及び値下がり銘柄合計数の2. 8%以上となった時 2. NYSEインデックスの値が50営業日前を上回っている状態 3. マクラレンオシレーターの値がマイナスとなっている 4. 52週高値更新銘柄が52週安値更新銘柄数の二倍以下の状態 上記4つの条件が揃うと、ヒンデンブルクオーメンが発生となります。 発生後は30日営業日の間は有効とされていますが、マクラレンオシレーターがプラスになった場合、無効となります。 ヒンデンブルクオーメンの名前の由来 ヒンデンブルクオーメンという名称は、1937年5月6日に米国のニュージャージー州レイクハースト海軍飛行場で起きたドイツ飛行船「ヒンデンブルク号」の爆発事故をもとに名付けられたと言われています。 ちなみにオーメンと言えば1976年に放映されたアメリカの映画The Omenの6月6日午前6時に誕生した悪魔の子が思い浮かぶ人が多いかと思いますが、Omenには「前兆」や「きざし」という意味があり、基本的に良くないことが起こる前兆として知られている言葉です。 上述した通り、ヒンデンブルクオーメンが点灯したら必ず暴落が起こるわけではないですが、40%という比較的高い確率で暴落が起きているので、注意が必要です。 投資に生かすという点では、大暴落時が利益を出しやすいとも言われているので、株価指数の先物で空売りを仕掛るのも選択肢の一つに入れておくのもいいと思います。

次の

本日のトレードインディケーター

ヒンデンブルク オーメン

ヒンデンブルグ・オーメンとは? ヒンデンブルグ・オーメンは、1937年5月に米国で起きたドイツの飛行船「ヒンデンブルク」号の爆発事故に由来しており、この事故が同年7月の米国株暴落の予兆だったとする理論で、1995年に盲目の物理数学者であるジム・ミーカ(Jim Miekka)が考案。 一度サインが点灯すると約41%の確率でパニック売りが発生、有効期間は40日程度とされます。 ヒンデンブルグ・オーメンは、マイナーなテクニカル指標でしたが、リーマンショック後の2010年8月に現れた際に、マーケットで話題となって知られるようになりました。 ヒンデンブルグ・オーメンが点灯するとどうなるか? 過去のデータによれば、ヒンデンブルグ・オーメンが点灯された後、有効期間の40日以内に、以下のようなことが起こると言われています。 また、1985年以降では、米株式市場が暴落した際は、いずれの場合も本シグナルが現れたそうです。 ・77%の確率で株価は5%以上下落 ・パニック売りとなる可能性は41% ・重大なクラッシュとなる可能性は24% 事例を挙げると、2015年6月から点灯して2か月後にチャイナショックが発生しています。 また、2014年9月の点灯では国際通貨基金(IMF)の世界経済見通しの引き下げなどを材料に10月にかけ下落基調を強め、2013年4月の点灯時は当時のバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が量的緩和策の縮小を示唆、5-6月に株価が急落する「バーナンキ・ショック」につながりました。 北朝鮮問題といった株式市場としてはあまり大したことがないはずの材料で妙に暴落するのは、ヒンデンブルグ・オーメンがキャッチする株式市場のゆがみそのものが悪材料に過敏反応する原因なのではないかと個人的に考えています。 このように、「ヒンデンブルグ・オーメン」が点灯すると株価の急落が起きる可能性があります。 ヒンデンブルグ・オーメンの点灯条件 現在、ヒンデンブルグ・オーメンの発点灯条件には諸説がありますが、主流なのは、以下の四つの条件が同じ日に起こった時に点灯するとされています。 1.ニューヨーク証券取引所(NYSE)での52週高値更新銘柄と52週安値更新銘柄の数が共にその日の値上がり・値下がり銘柄合計数の2. 8%以上 2.NYSEインデックスの値が50営業日前を上回っている 3.短期的な騰勢を示すマクラレンオシレーターの値がマイナス 4.52週高値更新銘柄数が52週安値更新銘柄数の二倍を超えない マクラレン・オシレ一夕ーは、「値上がり銘柄数-値下がり銘柄数」の19日移動平均から39日移動平均を引いたものなので、それがマイナスになるということは、短期的に値下がり銘柄数が増えていることを示します。 ヒンデンブルグ・オーメン点灯でなぜ急落するのか? 4つの条件を総合すると、ヒンデンブルグ・オーメンが点灯している相場というのは、「相場全体 インデックス が上昇基調なのに、値下がり銘柄数が増えてきていて マクラレン・オシレ一夕ーがマイナス 、高値更新銘柄と安値更新銘柄が多く入り混じっているカオスな相場」です。 行動ファイナンス的には安値更新銘柄に利用可能性バイアスが働き、値下がり銘柄が増えてきていることに群集心理を感じるのではないかと思います。 インデックスは良いはずなのに、最安値を更新している銘柄を見て不安を覚え、値下がり銘柄も以前より多くなってきているのを見て実は一部の銘柄が上がっているだけで下げ相場に向かうのではないかと疑念を抱き、「高値更新している銘柄も値下がり銘柄に同様に転じ、やがて同じように最安値更新をするのではないか?」と急激に恐怖に駆られて、手持ちの株を売却したい衝動に駆られやすいのだと思います。 ここに少しでも不安材料が出ると、その不安が一気に増幅されてパニックにつながると考えられます。 また、銘柄間の先行・遅行の関係について、上昇相場中に景気先行型の銘柄で安値更新や値下がり銘柄数の増加が起きている事をヒンデンブルグ・オーメンは的確に捉えていて、点灯後はやがて景気遅行型の銘柄も下落に転じることで全面安につながるとも考えられます。 まとめ 株価急落の凶兆「ヒンデンブルグ・オーメン」について簡単に持論を混ぜながら解説しましたが、いかがでしたでしょうか? ヒンデンブルグ・オーメンが点灯するのは、その条件からNYSEインデックスが高値圏にいる時なので、「こんなに良い相場環境で点灯しても、ここから急落だなんて信じられない!」と感じることが多いです。 しかし、相場は他の人とは別の視点で考えないと勝つことはできません。 そういう意味でもこの「ヒンデンブルグ・オーメン」は面白い判断材料になると思います。 それでは!.

次の

本日のトレードインディケーター

ヒンデンブルク オーメン

ヒンデンブルク号爆発の瞬間 出来事の概要 日付 1937年5月6日 概要 静電気の放電による発火 現場 海軍飛行場 : 乗客数 36 乗員数 61 死者数 36(乗客13人、乗員22人、地上作業員1人) 生存者数 62 機種 ヒンデンブルク級飛行船 機体名 ヒンデンブルク 運用者 DELAG D-LZ129 出発地 目的地 海軍飛行場 ヒンデンブルク号爆発事故(ヒンデンブルクごうばくはつじこ、Hindenburg Disaster)は、にマンチェスター・タウンシップにある海軍飛行場で発生したドイツの硬式・の爆発 ・炎上事故を指す。 この事故で、乗員・乗客35人と地上の作業員1名、合わせて36名が死亡し多くの乗客が重症を負った。 映画、写真、ラジオなどの各メディアで広く報道されたことで、大型硬式飛行船の安全性に疑問が持たれ、飛行船時代に幕が降ろされるきっかけとなった。 1912年4月14日に起きたイギリスの豪華客船事故、1986年1月28日に起きたアメリカの・などとともに20世紀の世界を揺るがせた大事故のひとつとして知られている。 1936年のをつけたヒンデンブルク号 の第1号はのLZ1で、には、飛行船による航空輸送を行う飛行船会社が設立された。 硬式飛行船の設計が優れている点は、浮揚用ガス袋と、構造とを分離した点にある。 従来のは、ガス袋そのものを船体としていたため、変形しやすくなり、高速飛行は不可能であった。 硬式飛行船はアルミニウム合金のとで骨格をつくり、張線で補強し、その上へ羽布(麻または綿布)を張って流線形の船体を構成し、ガス袋を横材間に収めた。 このような構造をもつ硬式飛行船は、船体の外形を保持することができ、よりは遅いものの、にはできない高速(と同程度)を発揮した。 飛行船は実用的な空の輸送手段となった。 硬式飛行船の優れたもう一点は、大型化を可能にしたことである。 飛行機と違って、飛行船のは寸法の3乗である体積に比例し、一方、は「大雑把に球体とみなすと、構造材の量は表面積によると考えれば寸法の2乗に比例する」ので、単純に寸法に比例して搭載貨物を増大できる。 中には119隻建造されて、偵察やなどに用いられたが、による破壊やそのものに与えるダメージだけでなく、空を舞う威圧的な飛行船を見せて敵国の市民の戦意をそぐことも視野に入れられていた。 ただし中にされたものもあり、またそれ以上の数の飛行船が悪天候で遭難した。 またの台頭に伴い、次第に戦果が挙げられなくなる。 第一次世界大戦後の、ツェッペリン飛行船会社は、 ()号を建造して、世界一周に成功。 このときは日本()を含めた世界各地に寄港し、各地を熱狂させた。 爆発事故 [ ] 事故の4日後に発行されたニュース映画。 事故映像は1:18から その後、後半の時代に、ドイツの威信をかけた LZ129ヒンデンブルグ号は花形である大西洋路線に就航。 しかし、そうした硬式飛行船の黄金期は、突如として幕を閉じる。 ヒンデンブルク号は、船長の指揮のもと、ドイツ・を発ち(現地時間5月3日20時20分、アメリカ東部時間5月3日14時20分、日本時間5月4日4時20分)、2日半の横断後、現地時間(アメリカ東部時間)1937年5月6日19時25分(日本時間5月7日8時25分、ベルリン・フランクフルト時間5月7日1時25分)頃、アメリカ近郊のマンチェスター・タウンシップの海軍航空基地着陸の際に、尾翼付近から突如爆発。 ヒンデンブルク号は炎上しながら墜落し、乗員・乗客97人中35人と地上の作業員1名が死亡した。 このときの様子は写真・映像及びラジオ中継により記録 され、現在も事故直後の様子を知ることができる。 また、映像技術の発展に伴い、モノクロ映像だったヒンデンブルク号の映像を処理してカラー化されたものも出ている。 爆発したヒンデンブルク号 事故発生当時はガス引火による爆発事故ということで、浮揚ガスにを用いるのは危険だとする説が流布された。 ツェッペリン社は原因については一切公表しなかったが、濡らした外皮に電流を流して発火させる実験を行い、外皮が事故の原因であるとの結論に達していた。 この事実をツェッペリン社が公表しなかったのは、保険金の問題もしくはの圧力が原因であると考えられている。 その後、ツェッペリン社は外皮塗料を改良した新型機を製造したが、の指示により解体された。 その後、に・の元水素計画マネジャー、 ()が当時の証言、映像分析、そして実物の外皮 の分析により、事故の原因はヒンデンブルク号の船体外皮の・混合塗料(と同じ成分である)であると発表した。 彼の説は、ヒンデンブルク号の飛行中に蓄積されたが、着陸の際に着陸用ロープが下ろされた瞬間に、外皮と鉄骨の間の繋ぎ方に問題があったために十分に電気が逃げず、が生じて側 の前方付け根付近でが起こったことから外皮が発火・炎上した、というもので、現在ではこの説が有力になりつつある(この場合、浮揚ガスが水素でなくの場合でも飛行船の外皮は炎上する。 ただし、水素と違ってヘリウムは爆発しないので被害は少なくなる)。 以上の説は、にイギリスの ()制作のテレビ番組 "Secrets of the Dead, What Happened to the Hindenburg? " でベイン自身の解説とともに取り上げられ、日本でも翌2000年6月16日にで「ドキュメント 地球時間 ヒンデンブルク号 豪華飛行船の悲劇」として放送された。 また、「ドイツ政府のによるだったのではないか」というもある。 当時、「飛行機の実用化を進めていたドイツにとって、『飛行船はもはや時代遅れ』という見方が強まっており、大衆の目前で飛行船の危険性を印象づけることで航空機への転用を図ろうとした」という理由であるが、この説には証拠となる証言や物的証拠は一切存在せず、ツェッペリン飛行船製造会社と、当時ドイツの政権政党であったNSDAPは仲が悪かったという状況証拠のみを根拠としている。 また、ヒンデンブルク号はドイツの威信を象徴する乗り物であり、さらに外遊先の敵国アメリカで、大事故を起こし全世界に醜態をさらすことなど、国家の体面を非常に気にしていたヒトラーやドイツのNSDAP政権が許すはずもないため、NSDAPを嫌うツェッペリン社社長エッケナー博士の破壊工作と言う説もあるが、これもツェッペリン飛行船製造会社とNSDAPは仲が悪かったという状況証拠のみを根拠としている。 事故後の影響 [ ] この事故の後、飛行船の安全性に対する信頼は打ち砕かれ、水素で満ちた飛行船による旅客輸送は許容されなくなってしまった。 例えば、世界一周の偉業を遂げたLZ 127は事故の1ヶ月後にその役目を終え、博物館に収蔵されることになった。 また、ドイツ国内のほかの飛行船も、第二次世界大戦の勃発と共に相次いで引退、その生涯を終え、飛行船時代に幕を下ろした。 、ドイツ空軍元帥であったは、残るすべての飛行船の破壊を命じ、製の部品をへと供給した。 一方、はの方針を引き継いでツェッペリン型飛行船を採用したが、採用について、浮揚ガスにはガスを使用した。 しかし、を始めとして、ほとんどが荒天で難破した。 、がこの史実を、爆破説に基づき化した。 監督、主演でタイトルはそのまま「」 The Hindenburg。 飛行船内部の詳細な再現に加え、爆発後のシーンに、実際のが用いられたことも話題となった。 その他 [ ]• に発売されたのデビューアルバム『』のジャケットに、爆発する飛行船の写真が使用された。 のシングル「」のジャケットにヒンデンブルク号爆発事故の写真が使用されており、曲中にも爆発事故を表す歌詞がある。 『』では破片の一部がクイズの問題として紹介され、『』、『』でも紹介された。 』ではミニチュアによる事故の再検証を行い、塗料によって引き起こされたとガス袋の中身であったが原因であると結論づけた。 事故から生還したヒンデンブルク号ののにあたるが、『ヒンデンブルク炎上』という小説を発表している。 関連する作品 [ ] 映像作品 [ ]• ドキュメンタリー『』第3シリーズ 第13回『ヒンデンブルグ号の火災(原題: The Hindenburg)』()• この番組では、 NTSB の航空事故調査官により、この事故が再検証された。 ドキュメンタリー『』()• ドキュメンタリー 『失われた世界の謎』シリーズ 第32回『飛行船の黄金時代』()• ドキュメンタリー『』( 2000年9月放映)• 映画『』(1975年 ロバート・ワイズ監督)…この作品では陰謀説が爆発の原因として描かれており、作中では腕時計を改造した小型爆弾で爆発した。 また、当時のヒンデンブルク号爆発の映像も使用されている。 ドキュメンタリー「Secrets of the Dead, What Happened to the Hindenburg? 」(1999年、2000年発売。 上記の通り、アディソン・ベインにより外皮発火説が事故の原因として解説されており、生還したヒンデンブルク号の乗客や事故の目撃者の証言、そして外皮を回収した愛好家などのインタビューが収録されている。 TV映画『』(2011年 フィリップ・カデルバッハ監督)…爆発事故に着想を得たフィクション映画。 日本では2013年に劇場公開された。 ドキュメンタリー映画『』(1977年 監督、ナレーション)…フランクフルト離陸から爆発炎上まで、船内の様子も交えた貴重な映像が収められている。 書籍 [ ]• Mickael Macdonald Moony(著)、筒井正明(訳)、『悲劇の飛行船』、平凡社、 脚注 [ ] []• 本事故は一般に「爆発」と呼ばれているが、燃焼速度が音速を超えるではなく、爆発音は発生しなかったものと推測されている 松井英憲「」『安全工学』第46巻第6号、特定非営利活動法人安全工学会、2007年12月15日、 397頁、 :、。 本来は到着の瞬間を実況するはずだったシカゴのラジオ局アナウンサー、が 「大変です! ヒンデンブルクが突然火を噴きました! 本当です! これはどうしたことでしょう! 上空150メートルの所で燃えています! どんどん火の手が大きくなっています! 船体が地面に激突しました! ちょっと、前の人どいて下さい! どいて、どいて! ああ、なんと見たこともない恐ろしい光景だ! 最悪の事態だ! もう、言葉になりません! とても実況などできません!…」などと伝え、最後には涙声となる。 なお、映画版でも実況しているモリスンの姿が出ているシーンがあり、それも再現されている。 もともとヒンデンブルク号はヘリウムガスを使用する予定であったが、アメリカが当時の法律で不燃性のの輸出を禁止したため、やむなく水素ガスを使用していた。 事故直後に地元の飛行船ファンが回収・保存していた• 事故の証人はほとんど左舷側におり、右舷側の証人はわずか2名だったこともあり、事故調査においては無視されていた 関連項目 [ ]• - アメリカ海軍の飛行船。 1933年4月4日、ニューイングランド沖で墜落。 死者73。 飛行船史上最悪の事故。 - イギリスの飛行船。 1930年10月5日、フランスで墜落。 死者48。 民生用飛行船による事故としては最悪。 外部リンク [ ]• (英語)• June 3, 2004:ベインの説への反論.

次の