マキアージュ。 【楽天市場】ブランドで探す > マキアージュ:プラザ なかの

プリマヴィスタとマキアージュの下地を徹底比較!乾燥するのはどっち?

マキアージュ

経緯 [ ] 資生堂は、これまで消費の多様化に応えるため100を超えるブランドを発表してきたが、収益力の低下を招き、化粧品市場は頭打ちになっていた。 この状況を打開するため、2005年(平成17年)に入り「メガブランド構想」を打ち出し、ブランド数を絞り込む戦略に方針転換を始めた。 その第1弾として、同社の主力ブランドでいずれも年間売上が約200億円である、ポイントメーキャップ(やなど)のブランド「」とベースメーキャップ(など)のブランド「」を統合 して、新ブランド「MAQuillAGE」を立ち上げることを発表し、発売後1年間で500億円の売り上げを目標にすることとした。 「MAQuillAGE」は、資生堂のブランドの中では過去最大規模の40億円の宣伝費を投じ、初代にはの、、、の4人を起用した。 また、としての「」が(平成18年)冬のプロモーションまで使用された。 MAQuillAGEにまつわる主な出来事 [ ]• 2005年 新ブランド「MAQuillAGE」の展開を発表。 2005年 CM発表会が行われる。 2005年下旬 雑誌広告を開始。 2005年8月21日 「MAQuillAGE」発売とCM放映開始。 同日にはタイアップ番組として系で『Tokyo美人物語〜本当のキレイを探す旅〜』が22:00~23:30 JST の時間に放送され、イメージモデルの4人が出演した。 通常、この時間は『』が放送される時間帯であるため、通常の番組構成を変更しての放送であった。 また、放送時間中のCMでは60秒のスペシャルバージョンが何度か放送された。 2006年 日本テレビ系で『』が放送された(出演:篠原涼子、栗山千明、蛯原友里)。 ファッションデザイナーのとコラボレートした新製品を発売。 中国への導入に伴い、と技術協力により、理想の顔立ちと「美の黄金バランス」を実現できるメーキャップブランドへとリニューアル。 2008年 ファッションデザイナーのとコラボレートした新製品を発売。 2014年 マーケティング改革に伴い、新生「マキアージュ」としてリニューアル。 主な歴代キャッチコピー [ ]• 2005年秋 ビューティ・クライマックス はじまる• 2006年春 この世のハルがきた• 2006年秋 主演、肌。 春 美人スイッチ、ON。 2007年秋 ビューティーは、ハンサムへ。 2007年冬 ドレスコードは、唇。 2008年春 美・ラスティング時代、はじまる。 2008年秋 MODE MIX MAQuillAGE• 2009年春 ビューティーを更新せよ。 2009年秋 美形派リップの証明。 2009年冬 世界一やわらかいダイヤ。 - わたしが変わる。 世界を変える。 春 美しく生きる人の、美しい唇。 / 肌がきれいなら、女は無敵。 2012年秋 また、会いたくなる 美しいまなざし。 2013年 肌がきれいなら、女は無敵。 / くちびる弾ませ、女は無敵。 / 色気しのばせ、女は無敵。 春夏 初、咲、唇。 / 肌、咲、美人。 2014年秋 魅せリップ、ぷるり。 / 魅せ肌、つるん。 2014年冬 - レディにしあがれ。 イメージモデル [ ] 現在 [ ]• (2020年 -)• (2020年 -)• (2020年 -) 過去 [ ]• (2005年 - 2009年)• (2005年 - 2009年)• (2005年 - 2008年冬)• (2005年 - 2008年冬)• (2007年秋 - 2008年冬)• (2008年秋のみ)• (2009年)• (2009年)• (2009年春日本版CMのみ)• (2009年秋のみ)• (2010年)• (2012年 - 2013年)• (2011年 - 2013年)• (2014年春のみ)• (2014年 - 2017年夏)• (2014年冬 - 2019年)• ポイントメーキャップ [ ] 口もと [ ]• ドラマティックルージュ〈8月21日新色発売〉• エッセンスグラマラスルージュ NEO〈8月21日新色発売〉• トゥルールージュ• スムース&ステイリップライナー• リップエッセンス EX• リップリファイナー 目もと [ ]• ドラマティックムードアイズ〈8月21日新発売〉• トゥルーアイシャドー• アイカラー N(パウダー)• アイカラー N(クリーム)• パーフェクトファインライナー WP• ロングステイアイライナー N• フルビジョン マスカラ(ボリュームインパクト)• フルビジョン マスカラ• フルビジョン グロスコート マスカラ• フルビジョン ラッシュベース 眉 [ ]• ラスティングフォギーブロー〈8月21日新発売〉• ダブルブロークリエーター(ペンシル/パウダー)• ソフトブローライナー• アイブローカラーワックス 頬 [ ]• ドラマティックムードヴェール• トゥルーチーク• デザインチークカラーズ• チークカラー ネール [ ]• グロッシーネールカラー• トップ&ベースコート• ネールプロテクト&ホワイト• クイックドライオイル• ネールエステリスト ベースメーキャップ [ ] ファンデーション [ ]• ドラマティックパウダリー UV• パーフェクト マルチコンパクト(ファンデーション/おしろい)• ライティング ホワイトパウダリー UV• トゥルーリキッド ロングキープ UV• トゥルーリキッド モイスチャー UV• エッセンスリッチ ホワイトリキッド UV• トリートメント ラスティングコンパクト UV• ポア パーフェクトカバー• コンシーラーリキッド• コンシーラースティック EX 化粧下地 [ ]• ピーチチェンジベース CC〈8月21日新発売〉• パーフェクトマルチベース BB• ビューティーキープベース UV• ホワイトリペア エッセンスベース UV おしろい [ ]• プレストパウダー• フィニッシュパウダー• デザインリメークパウダー その他 [ ] 香り・化粧用具 [ ]• ドラマティックムードポーション• エッジフリー アイラッシュカーラー かつて存在した商品 [ ] ベースメーキャップ [ ] Foundation [ ]• フローレススキン パウダリー UV[春夏用]• フローレススキン リキッド UV[春夏用]• クライマックス ラスティングパウダリー UV[春夏用]• クライマックス ラスティングジェル UV[春夏用]• クライマックス ウオーターコンパクト UV[春夏用]• ラスティングパウダリー UV[春夏用]• ラスティングリキッド UV• ラスティングパウダリー UV EX• ラスティング スティックファンデーション UV• フローレススキン パウダリー[秋冬用]• フローレススキン リキッド[秋冬用]• クライマックス モイスチャーパウダリー[秋冬用]• クライマックス モイスチャージェル[秋冬用]• クライマックス モイスチャーコンパクト[秋冬用]• モイスチャー フィニッシュパウダリー UV• モイスチャー クリームファンデーション UV• モイスチャー フォルミングパウダリー UV• コンシーラースティック• パーリーイルミネーター Powder [ ]• ルースパウダー• プレシャスデザインパウダー• パーフェクトリメークコンパクト Pre Makeup [ ]• プレメーキャップ モイスチャー• プレメーキャップ スムーザー• プレメーキャップ UVプロテクター• プレメーキャップ スキンブライトナー• プレメーキャップ スムースフィックス• プレメーキャップ オイルコントロール• スタイリングキープベース UV• モイスチャーベース UV ポイントメーキャップ [ ] Lips [ ]• ルミナスティックルージュ• スーペリアルージュ• ライブステイルージュ• スパークルステイルージュ• シアークライマックスルージュ• カラーオンクライマックスルージュ• ネオクライマックスリップ• クリスタライジングリップコンパクト• ラスティングクライマックスルージュ• モイスチャールージュ カラーオンタイプ• モイスチャールージュ シアータイプ• シャイニージェリールージュ• グロッシーパーフェクトルージュ• ラスティングパーフェクトルージュ• ルージュエナメルグラマー• エッセンスグラマラスルージュ• ダイアモンドティア グロス• グロッシーグロス• パーフェクトグロス• リップエッセンス• ピュアリップベース• リップクリエーターペンシル• スムースリップライナー Eyes [ ]• コントラストアイズ• アイカラー• ウォータリークラッシュアイズ• スパークルコントラストアイズ• クリーンコントラストアイズ• スパークルコントラストアイズ 2• クリーンコントラストアイズ 2• ダブルシャイニーアイズ• フォルミングシャイニーアイズ• アイズクリエーター(3D)• デュアルグロウアイズ• ライティングアイズクリエーター• ダイアモンドティア アイライナー• ダブルアイライナー• ドラマティカル ジェルライナー• マスカラ フルレングス• マスカラ スタイリッシュボリューム• マスカラ コーミンググラマー• マスカラ コーミングリムーバー• フルビジョン マスカラ&ライナー• フルビジョン マスカラ ブリリアントグリッター Eyebrow [ ]• アイブローコンシーラー• アイブローファイバーイン• ダブルブローライナー/ダブルブローパウダー• ブロー&シャドー コンパクト Face [ ]• デザインフェースカラーズ• デザインフェースカラーズ(イルミネーター)• フェースクリエーター(3D) Nails [ ]• ネールカラー• トップコート• ベースコート• ブリリアントグリッター ネールカラー• ネールポリッシャー/ネールポリッシャー(レフィル)• ダイヤモンドネールシェイパー(ラウンドタイプ)• ダイヤモンドネールシェイパー(ストレートタイプ) Others [ ]• シャープナー L 脚注 [ ] [].

次の

プリマヴィスタとマキアージュの下地を徹底比較!乾燥するのはどっち?

マキアージュ

マキアージュの下地5種類の特徴比較! マキアージュの化粧下地が気になっている方へ、まずはどんな種類の化粧下地があるのか、簡単にご紹介します。 旬のトレンドを取り入れながら、上質感とさりげない色っぽさそなえた「レディ」な女性へと導くメーキャップブランド「マキアージュ」。 表の下に、それぞれもう少し詳しい特徴紹介もしていますので、気になるアイテムはぜひそちらもじっくり見てみてくださいね。 そんな悩める女性の心を軽やかにしてくれる、毛穴・肌の凸凹・テカリ・色むらをなめらかに補正する部分用化粧下地です。 とろけるようにやわらかく肌になじむのに、なじんだ後はさらさら。 肌の表面は透明感を保ちつつフラットに整います。 肌ノイズをさりげなく隠して、目もとや唇などの狙ったパーツを際立たせるワンランク上の美しさを目指しましょう。 マキアージュの新作下地「ドラマティック スキンセンサーベース EX」レビュー! マキアージュの5種類の下地の中で最新作の「ドラマティックスキンセンサーベースEX」を、肌らぶ編集部で試してみました。 これから汗や皮脂によるメイク崩れに悩む季節がやってきます。 テクスチャーはさらっとしていて、さっぱりとした乳液のようです。 さらさらとしているので、指に力を入れなくても顔全体にするりと伸び広がります。 テクスチャーは、旧バージョンの「ドラマティックスキンセンサーベースUV」とそれほど違いはないように感じます。 べたつかない軽やかな塗り心地と、なじませたあとのほのかなしっとり感とさらさら感のほどよいバランスも健在です。 つるんとなめらかでさらりとした肌触りが心地よいので、つい、肌を何度も撫でてしまいました。 思わず触れたくなるような心地よい素肌感です。 時間がたっても、あからさまにテカリがひどくなることも、どろどろに崩れたりすることもありませんでした。 しっとり感とツヤ感とかいうものはないですが、カサついたり粉ふくようなこともなく、しっかりが肌に密着して、なめらかな肌の状態を保っていました。 でも、ほんのりピンクの肌色がやさしく肌色になじみ、ふんわり明るく見せてくれるようです。 かといって、明るくなりすぎるわけではないので、浮いてしまったり、その後に使うファンデーションの色に影響したりするほどではないです。 とても軽い付け心地なので、付けているのか分からないほどの使用感ですが、塗る前と塗ったあとの肌を見比べてみると、少し毛穴などがぼけて目立ちにくくなっているような印象でした。 朝のくすんだ肌に血色感を出したいときにもよさそう。 マキアージュの下地の選び方 マキアージュの下地はどれも優秀でリーズナブルな価格。 どれを選ぶか迷ってしまいますよね。 そこで、ここでは、自分にあうマキアージュの下地を選ぶためのポイントをご紹介します。 これからの季節、春・夏に大活躍してくれるでしょう。 フラットチェンジベースで、鼻まわりなどの不要な肌の凸凹感はあらかじめ集中補正しておいてから、好みの下地で全体を整えましょう。 全体の肌印象はなりたいしあがりとしてキープしつつ、 多くの女性が悩む部分的な毛穴目立ちや過剰な皮脂テカリはおさえることができます。 マキアージュの下地の使い方 マキアージュのどの下地を使うか決まったでしょうか? 次に、マキアージュの下地の使い方をご紹介します。 今回ご紹介したマキアージュの下地は、部分用下地のフラットチェンジベース以外の4種類は、防止効果がある程度あります。 ムラなくきちんと塗っていれば、日常的な紫外線を少し浴びる程度であれば対応できるでしょう。 ただし、レジャーやアウトドアでの日焼け対策としては十分ではありません。 必要に応じて、日焼け止めで肌をしっかり保護しましょう。 顔は化粧下地でカバーしてたけど、首には何も塗ってなかったなんてこともないようにしてくださいね。 しっかり素肌を守りましょう。 推奨の通りに使うことが美しくしあげる大事なポイントです。 それぞれの下地には個性があり、使い方にも特徴があるからです。 「容器をよく振ってから使う」や「クルクルとすりこむようになじませる」「肌の表面がさらさらとした感触になるまでなじませる」「軽くマッサージしながらなじませる」「特にカバーしたい部分には、少量を重ねづけする」など、いろいろな使用方法のポイントがあります。 必ず、推奨の使い方をよく確認して、より効果的に使うようにしましょう。 マキアージュの下地を使うなら、ぜひマキアージュのファンデーションでその相性を体感してみましょう。 ライン使いならではの統一感のあるしあがりがきっと気分を盛り上げてくれるはず。 また、マキアージュシリーズの強み、「メイク崩れしにくく化粧もちのよい」美しいも楽しめるでしょう。 マキアージュのファンデーション せっかくなので、ここで、下地とあわせて使いたいマキアージュのファンデーションをご紹介します。 いずれも、マキアージュらしく、化粧持ちのよいファンデーションです。 パウダータイプとリキッドタイプがありますので、お好みに合わせて選んでくださいね。 美容液スフレがとろけて密着すると、内側はしっとり整えながら、表面はさらりときめ細かな肌にしあがります。 成分「ヒアルロン酸」「水溶性コラーゲン」「グリセリン」「ローヤルゼリーエキス」配合。 カサつきや毛穴・色ムラまでしっとり包んでくれます。 マキアージュの下地 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回はマキアージュの5種類の下地の特徴を比較、そして、今年発売されたばかりの新作下地のレビューをお届けしました。 化粧下地は、より理想的な肌(ベースメイク)を作りこむために、上手に選び、使いこなしたいアイテムです。 ぜひ、「なりたいしあがり」を意識し、自分にあう下地で、毎朝のメーキャップを楽しんでくださいね。

次の

LOHACO

マキアージュ

普段は無香料のコスメを使用しているため、どちらも日焼け止め独特のにおいと、アルコールのつんとしたにおいが気になりました。 よりアルコールのにおいが強いのはプリマです。 伸ばしてみるとアルコールが揮発したのか、どちらもすぐににおいが気にならなくなりました。 カメラのピントをあわせているほんの数秒間にマキアージュは、少しとろみのある化粧水のように垂れてきました。 特別に塗りにくいわけではないのですが、 手早く塗り広げる必要があります。 伸ばしてみると、マキアージュよりプリマのほうが油分が多いのか、 するすると伸びて均一に肌に伸ばせます。 コツがいらないので、メイク初心者さんや部分別に使いたい場合に便利です。 どちらも塗った瞬間は強い被膜感を感じましたが、伸ばし終わった直後にはサラサラの仕上がりに!ヨレにくくファンデとの相性を選びません。 今回は特に気になる鼻周辺の化粧崩れをチェック!肌トーンは、イエローベースの標準色。 皮膚が分厚く、角質や毛穴落ちにお悩みとのこと。 プリマとマキアージュの下地を鼻に塗り広げて比べてみると、 どちらも毛穴の存在を忘れさせるほどつるんとした仕上がりになりました。 メイクしてから10時間後、様子を見てみると、どちらの下地を使ってもいつもより肌がベタつかずさらっとしていて、 毛穴落ちもしにくいと好評でした。 結論としては、メイクの崩れにくさは プリマのほうが優秀!マキアージュもなかなか優秀ですが、小鼻脇の角栓から皮脂が出てしまい、プリマより目立ちました。

次の