ピティナ 本選。 ピティナ予選落ちの点数は?奨励賞をもらえたらどのレベル?

ピティナピアノコンペティション地区本選

ピティナ 本選

ピティナの予選通過の割合 ピティナコンクールも全国各地区で予選大会が開催され 地区本線、全国大会へとすすみます。 A2級 だいたい半分くらいです。 A1級以上 3分の1~3分の1弱くらいで、開催場所によっては 4分の1程度の時もありましたが、 最低で30パーセントくらいでしょう。 難易度の高いコンクールではありますが審査員の好みなど 地区によってさまざまなな事が違うので 精一杯自分の演奏を心がけましょう。 ピティナ予選通過レベル ピティナコンクールの本選は、地区予選と違って 出場者のミスもとても少なくて完成度が高いので レベルがとても高いので予選の時よりも ピリピリしている雰囲気があります。 予選を併願している子も多く、早い時期にある予選は、 早く決めたい子が遠方からも来る為 コンクール自体のレベルも難易度高くなります。 ピティナコンクール本選の常連さんは、 予選の時点で本選曲を練習していることがとても多いです。 全国大会 地区本線から全国決勝に進む割合は、大体30人に1人位です。 50人の大型地区でも2人位しか進むことができないとても狭き門です。 決勝に行ける子はかなりそれなりの練習を時間をかけているでしょう。 全国を真剣に狙うのなら、簡単だと思う位の曲を選ぶ事がポイントです。 余裕を持って弾ける曲は、とても審査員には聞きやすく かつ表現も伝わりやすいので、カット数にも少なくなります。 決勝レベルになると、上下カットの点数で8. 8位とってます。 学びとまとめ ピティナコンクールは本選に進むのはかなり難しいだけあって、 かなり独特な表現力をもつ子が評価されていたりします。 初めてピティナコンクールに参加される子は 独特の雰囲気に負けそうになるくらいですが 練習の成果を出すことを目標に、頑張って弾き切りましょう。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の

大塚 玲子 / Otsuka, Reiko

ピティナ 本選

今日の本選は予選曲と違う曲を二曲弾いてきました。 予選だけでも狭き門なのに、今日の本選は69名の中で全国大会進出出来るのはたった2名。 《生徒さんが、音楽、ピアノを好きでいてほしい事が大前提。 一生懸命頑張る事も大事。 挑戦する事も大事。 それを乗り越えながらまず、好きでいてほしい》 でも楽しいだけでは上手くならないしね… ここ、難しいですね… この気持ちをきちんと持ち続けていきながらまた、指導させていただきたいと思っています。 来月B級の本選も頑張ります。 Rちゃん、よく頑張りました。 11月の発表会頑張るよー! いつもレッスンや練習、舞台に付き添っていらっしゃるご両親。 そしておばあちゃま。 本当に感謝しています。 そして妹ちゃん。 お姉ちゃんにママや時間を取られて、いろんな我慢をしてきたと思います。 偉いぞ〜ありがとうね😊 クリスマス会にお姉ちゃんと連弾で美女と野獣を弾きたいと言っています。

次の

大塚 玲子 / Otsuka, Reiko

ピティナ 本選

ピティナ審査員 ピティナは日本全国約300箇所で予選が開催されるので 地区予選から全国決勝大会まで審査員の数は、のべ1,800名もになり、 審査員は当日発表されます。 地区予選においては、審査員が自分の生徒の採点をすることはできず、 審査員のグループは当該地域の審査員に 他地域から派遣された審査員が混じって構成されています。 ピティナ審査員の点数と講評 ピティナの地区予選・第一次予選、地区本選・第二次予選では 参加者には、採点票に記載された点数と評価が渡されます。 ピティナは審査の先生全員から点数と講評をいただきます。 何枚かある講評用紙の点数を全部合計して、 審査員数で割った平均点が 通過ラインの点数より低いか高いかが 予選通過はの目安になります。 審査員の先生方の講評は、 その後の練習方針や指標になることもありますが、 おおむね• 最後まで気を抜かないようにしましょう• 集中力を持続させましょう• 綺麗な音を出せています• 透明感のあるいい音色です 参加しtあどの子にも該当するような ざっくりとした講評も多く見受けられます。 ピティナ 地区予選大会の点数 ピティナ予選通過の点数は、 審査の先生全員の点数を全部合計して、 審査員数で割った平均点が 通過ラインの点数より上だと思っていましょう。 平均で80、4点前後は、なんとか予選通過できそうですし、 地区会場によっては厳しいでしょう。 83~85点は楽々と予選通過は狙えそうですが、 75.5~80.0の間は予選落ちが多いかもしれません。 ピティナのここがつらい所 ピティナは、地区予選を通過しないことには、 せっかく4曲練習しても 2曲しか弾けずに終わってしまいます。 これは必死に練習を積んできたお子様、親御さん、先生 皆で肩を落としてしまいます。 スポンサーリンク 奨励賞と検定優秀賞 優秀賞の人数は、全体のおおよそ30%程と決まっています。 予選通過できない人に与えられる奨励賞と検定優秀賞です。 奨励賞 予選通過できる優秀賞には、僅かに及ばなかった点数の 参加者に与えられる賞なので、 人数は特に決まっておらず、 審査会議でその都度決められるそうです。 検定優秀賞 検定優秀賞は、ピティナのコンクールとしてではなく 演奏検定として受験した方へ 審査員の平均点が、7・8以上の参加者に与えられます。 審査基準 奨励賞と検定優秀賞の審査基準はどちらも同じで、 どちらのレベルが上ということは明確ではありませんので、 どちらも同じレベルです。 またコンクール流れであったり、 自分の現時点での評価が知るために、 検定をリハーサルとして受ける方は多いようですね。 学びとまとめ ピアノという音楽は芸術のひとつなので、 当日の審査員との相性や、 相対的につけられるも点数で 全て決められるわけではありません。 課題曲を楽譜通りに弾いて仕上げても 加点はされませんので、 指導者の力量も采配を分けることになります。 予選通過、本選出場を目指しても、奨励賞でも 嬉しいもので、ますます頑張って行こうと思うものです。 憧れのピティナから賞状が届くのを目がして頑張りましょう。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の