ヤマハ ワイヤレス イヤホン。 【YAMAHA製】完全ワイヤレスイヤホンまとめ&おすすめランキング紹介

【評価まとめ】YAMAHAのワイヤレスイヤホン全6種を徹底解説【完全ワイヤレス・ネックバンド】|モノハコ

ヤマハ ワイヤレス イヤホン

ヤマハは11月11日、完全ワイヤレスイヤホンを含む「Empower Lifestyle」シリーズのイヤホン5製品を発表し、イヤホン・ヘッドホン市場に本格参入することを。 再生曲の音量に応じて音のバランスを最適化し、耳への負担を軽くする独自技術「リスニングケア」を全モデルで採用。 20〜30代をターゲットに、12月より順次発売する。 12月発売の完全ワイヤレイヤホン「TW-E3A」 左奥 、「TW-E5A」 右奥 と、Bluetoothイヤホン「EP-E30A」 手前 ラインナップと税別の想定売価、発売時期は以下の通り。 クアルコムのBluetoothオーディオSoC「QCC5124」を搭載し、アクティブノイズキャンセリング機能などを備えた上位モデル「TW-E7A」と「EP-E50A」については、2020年2月発売となる。 完全ワイヤレスイヤホン• TW-E7A:税別24,000円前後、2020年2月発売• TW-E5A:税別15,000円前後、2019年12月発売• TW-E3A:税別10,000円前後、2019年12月発売• 完全ワイヤレスイヤホン「TW-E7A」 ホワイト Bluetoothイヤホン• EP-E50A:税別15,000円前後、2020年2月発売• EP-E30A:税別5,000円前後、2019年12月発売• Bluetoothイヤホン「EP-E50A」 スモーキーブルー カラーは、完全ワイヤレスイヤホンのTW-E7Aがブラックとホワイトの2色。 完全ワイヤレスのTW-E5AとTW-E3A、BluetoothイヤホンのEP-E50AとEP-E30Aは、いずれもブラック、ホワイトに、若者をターゲットにしたスモーキーブルー、スモーキーピンクを加えた4色展開となる。 Empower Lifestyleシリーズのイヤホン5製品• ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部 部長の野口直樹氏 左端 と、新製品のプロモーションに協力した4人組バンド「WONK」のメンバー 中央 、ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部マーケティング課 課長の飯田哲也氏 右端 耳への負担を減らす、ヤマハ独自技術「リスニングケア」 Empower Lifestyleシリーズのイヤホン5製品で採用する「リスニングケア」は、再生楽曲の音量に応じて音のバランスを最適化し、耳への負担を抑えるというヤマハの独自技術。 ヤマハの独自技術「リスニングケア」をEmpower Lifestyleシリーズ5製品に搭載 人間の耳は小さな音量になるほど低域と高域が聴き取りにくくなり、周囲の騒音などの環境音にも影響される。 しかし音量を上げて音楽を楽しもうとすると、耳への負担が大きくなってしまう。 「リスニングケア」は、音量による聞こえ方のバランスの違いを4バンドEQで自動補正することで、どんな音量でも常に最適な音のバランスが得られるという技術。 これによって音楽を聞くときに必要以上に音量を上げずにすみ、耳への負担も減らせるという。 なお、この機能は後述のアプリでオフにもできる。 Empower Lifestyleシリーズの製品説明を行った、ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部マーケティング課 課長の飯田哲也氏 全モデルで、ヤマハの楽器をモチーフにした曲線的なデザインを採用。 「長い間使い続けても飽きのこない、シンプルかつ質感高い仕上げ」にした。 音のチューニングは「どの音量で聴いても音の情報量をしっかり保ちながら、ボーカルや楽器などの1音1音がクリアに聴こえるようにした。 開放的に鳴らすことで、音・音楽の躍動感を表現する」という。 いずれもBluetooth 5. 0に準拠し、コーデックはSBC、AAC、aptXをサポート。 音声アシスタントのSiriとGoogleアシスタントにも対応し、音楽を聴くときの基本操作などをハンズフリーで操作できる。 専用アプリ「Headphones Controller」に対応 完全ワイヤレスイヤホン「TW-E7A」とBluetoothイヤホン「EP-E50A」は、クアルコムのSoC「QCC5124」を搭載し、アクティブノイズキャンセリング機能を装備。 この2機種に、完全ワイヤレス「TW-E5A」を加えた3機種は、イヤホンを着けたままでも外音を取り込んで周囲の音を聞ける「アンビエントサウンド」機能に対応する。 完全ワイヤレスイヤホン「TW-E7A」 ブラック• 2mmのダイナミック型ドライバー、TW-E3Aは6mmのダイナミック型ドライバーを搭載。 本体はIPX5相当の生活防水対応。 イヤホン単体の再生時間は、TW-E7AとTW-E5Aが最大7時間で、TW-E3Aは最大6時間。 充電ケースと組み合わせることで、TW-E7AとTW-E5Aでは最大28時間音楽を聴ける TW-E3Aは最大24時間。 TW-E7Aのみ、充電ケースがワイヤレス充電「Qi」 チー に対応する。 TW-E5A ブラック• TW-E5A スモーキーブルー• TW-E3A スモーキーブルー• TW-E3A スモーキーピンク BluetoothイヤホンのEP-E50Aは9mmダイナミックドライバー、EP-E30Aはは8. 6mmダイナミックドライバーを搭載。 再生時間は、EP-E50Aが最大11時間 ノイキャンオフ時、オン時は最大9時間 、EP-E30Aが最大14時間。 Bluetoothイヤホン「EP-E30A」のカラーバリエーション• EP-E30A ブラック 20〜30代向けに展開、WONK新曲コラボも ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部 部長の野口直樹氏は「我々はこれまでHi-Fiオーディオやホームシアター関連でブランド力を高めてきた。 今回発売するイヤホンによって、20〜30代という若い世代に対してブランドをアピールしていきたい。 そのプロモーションの一環として、この世代に人気のあるWONK ウォンク というバンドの協力を得ることもできた。 リスニングケアなど、ヤマハならではの価値を提供できる新モデルを開発できたと考えている。 グローバルで 1兆円規模のイヤホン・ヘッドホン市場に本格参入し、近い将来市場で2% 200億円 のシェアを取っていきたい」と、今回の新製品群にかける意気込みを語った。 ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部 部長の野口直樹氏• 今回発表したイヤホン全モデルに搭載されているリスニングケアについては、「ボリュームを下げると低音の迫力や臨場感も抑え目になってしまうが、聴覚の特性を元に、音量に応じて音のバランスを最適化するのがリスニングケアのアプローチ。 人の耳に聞こえる音の大きさを表す 等ラウドネス曲線とは逆の値を加え、生理的な聴覚補正を行うことで、ボリュームを絞っても低音が出て、高い音もしっかりと出るようにしている」と説明した。 これは『日本の家庭ではなかなか大きなボリュームで コンテンツを 楽しむのが難しい、だけど迫力は伝えたい』といったノウハウが詰まったテクノロジーだ。 さらに、新製品の一部で採用されているノイズキャンセリングも、リスニングケアとの相乗効果があり、充実した音楽鑑賞ができる」 須山氏。 須山氏がリスニングケアについて解説した ヤマハは、イヤホン・ヘッドホンの本格展開を開始するにあたり、20〜30代に人気があるという4人組バンド「WONK ウォンク 」とタイアップしたプロモーションを展開。 新曲「Signal」とコラボレーションし、謎めいたタイトルを付けたふたつのティザームービー ミュージックビデオのショートバージョン を制作して11月4日に公開し、ネット上で注目を集めていた。 WONKの新曲「Signal」のミュージックビデオより 今回、ヤマハの製品発表と同時にMV完全版を初公開。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

ヤマハ『トゥルーワイヤレスイヤホン』を使ってみた感想レビュー!充電方法や使い方も紹介!

ヤマハ ワイヤレス イヤホン

パソコンとBluetoothイヤホンを接続すると、ワイヤレスで音楽を聴くことができます。 また動画を視聴する、マイク付きイヤホンでビデオ通話をするといった利用法も考えられます。 所有しているパソコンとBluetoothイヤホンを接続するにはどんな手順を踏めばいいのか、その方法をご紹介します。 どんなパソコンならBluetoothイヤホンの接続ができる? BluetoothイヤホンをはじめとするBluetoothデバイスと接続できるのは、Bluetooth機能が搭載されているパソコンに限ります。 ノートパソコンの中には最初からBluetooth機能が搭載されているものが多くあります。 近年の機種なら大抵備わっていると言っていいでしょう。 一方、デスクトップパソコンではコンパクトな機種では大抵Bluetooth機能を搭載していますが、大型のデスクトップパソコンでは搭載されていない機種もあるようです。 Bluetooth機能が搭載されていないパソコンでも、Bluetoothアダプターを購入して追加すればBluetoothを使用できるようになります。 USBアダプター形式の製品なら、ごく小さなアダプターをUSBポートに差し込むだけなので装着も簡単ですし、使用する際に邪魔になることもありません。 通販サイトや家電量販店などで1,000円程度から販売されていますので、手軽に購入することができます。 自分のパソコンにBluetooth機能が搭載されているかの確認方法 所有しているパソコンにBluetooth機能が搭載されているかどうかは、以下の操作で確認できます。 Windowsの場合 システムトレイにBluetoothのアイコンがあれば、Bluetooth機能が搭載されていて、有効な状態になっています。 その他、「デバイスマネージャー」を開いてBluetooth機能について確認することもできます。 Windows10とWindows8. 1なら、画面左下(タスクバーの左端)のスタートボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー(M)」を選ぶとデバイスマネージャーが開きます。 Windows7では、スタートボタンをクリックして、「コンピューター」を右クリック、「プロパティ」を選択、開いた画面の左上にある「デバイスマネージャー」をクリックするとデバイスマネージャーが開きます。 そして次に、「デバイスマネージャー」内に「Bluetooth」の項目が表示されていれば、使用可能です。 搭載されているはずなのに項目が表示されていない場合は、Bluetoothが無効になっているか、なんらかの原因で不具合を起こしている可能性があります。 macOSの場合 メニューバーにBluetoothアイコンが表示されていれば、Bluetooth機能が搭載されていて、使える状態になっています。 あるいは、「Appleメニュー」からBluetooth機能の有無を確認することもできます。 「Appleメニュー」から「システム環境設定」を選択し、「Bluetooth」をクリックします。 システム環境設定の「Bluetooth」パネルに、Bluetooth を「入」にするオプションや、デバイスを検出するオプションが表示されていれば、Bluetooth機能が使用可能です。 パソコンとBluetoothイヤホンを接続(ペアリング)する方法 Windowsの場合 パソコンとBluetoothイヤホンの接続方法について、まずWindows10の場合で説明します。 手順は次のとおりです。 デバイスの画面の左にある「Bluetooth」という項目を選択します。 すると周囲にあるBluetoothデバイスの検索が始まります。 Bluetoothイヤホンをペアリングモードにします。 ペアリングモードにする方法はBluetoothイヤホンの説明書を参照してください。 イヤホンが検出されると、イヤホンの名称が表示されます。 しばらく待つとペアリングの準備が完了し、「ペアリング」というボタンが現れるので、それをクリックします。 続いてパスコードかPINコードの入力を求められることがあります。 その場合は指示に従って、キーボードでコードを入力してください。 その後、「接続済み」と表示されたらペアリング完了です。 macOSの場合 1. アップルメニューから「システム環境設定」をクリックし、「システム環境設定」へと進みます。 システム環境設定画面の中から、「Bluetooth」という項目を選択します。 すると周辺にあるBluetoothデバイスを検索するモードになります。 もしも「Bluetooth:切」になっていた場合は、「Bluetoothを入にする」をクリックしてください。 Bluetoothイヤホンをペアリングモードにします。 ペアリングモードにする方法はBluetoothイヤホンの説明書を参照してください。 イヤホンが検出されると、イヤホンの名称が表示されます。 その横にある「ペアリング」または「接続」ボタンをクリックします。 続いてパスコードかPINコードの入力を求められることがあります。 その場合は指示に従って、キーボードでコードを入力してください。 その後、「接続済み」と表示されたらペアリング完了です。 完全ワイヤレスBluetoothイヤホンの詳細は [HP-T100BT] 一度、Bluetoothデバイスをペアリングした後は、そのデバイスが通信範囲内にあって電源が入っていれば、いつでも自動的にパソコンと接続されるようになります。 上記を参考にパソコンとBluetoothイヤホンの接続をして、パソコン使用時にもワイヤレスで音楽を楽しめるようにしてみてはいかがでしょうか。

次の

【YAMAHA製】完全ワイヤレスイヤホンまとめ&おすすめランキング紹介

ヤマハ ワイヤレス イヤホン

ヤマハは11月11日、完全ワイヤレスイヤホンを含む「Empower Lifestyle」シリーズのイヤホン5製品を発表し、イヤホン・ヘッドホン市場に本格参入することを。 再生曲の音量に応じて音のバランスを最適化し、耳への負担を軽くする独自技術「リスニングケア」を全モデルで採用。 20〜30代をターゲットに、12月より順次発売する。 12月発売の完全ワイヤレイヤホン「TW-E3A」 左奥 、「TW-E5A」 右奥 と、Bluetoothイヤホン「EP-E30A」 手前 ラインナップと税別の想定売価、発売時期は以下の通り。 クアルコムのBluetoothオーディオSoC「QCC5124」を搭載し、アクティブノイズキャンセリング機能などを備えた上位モデル「TW-E7A」と「EP-E50A」については、2020年2月発売となる。 完全ワイヤレスイヤホン• TW-E7A:税別24,000円前後、2020年2月発売• TW-E5A:税別15,000円前後、2019年12月発売• TW-E3A:税別10,000円前後、2019年12月発売• 完全ワイヤレスイヤホン「TW-E7A」 ホワイト Bluetoothイヤホン• EP-E50A:税別15,000円前後、2020年2月発売• EP-E30A:税別5,000円前後、2019年12月発売• Bluetoothイヤホン「EP-E50A」 スモーキーブルー カラーは、完全ワイヤレスイヤホンのTW-E7Aがブラックとホワイトの2色。 完全ワイヤレスのTW-E5AとTW-E3A、BluetoothイヤホンのEP-E50AとEP-E30Aは、いずれもブラック、ホワイトに、若者をターゲットにしたスモーキーブルー、スモーキーピンクを加えた4色展開となる。 Empower Lifestyleシリーズのイヤホン5製品• ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部 部長の野口直樹氏 左端 と、新製品のプロモーションに協力した4人組バンド「WONK」のメンバー 中央 、ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部マーケティング課 課長の飯田哲也氏 右端 耳への負担を減らす、ヤマハ独自技術「リスニングケア」 Empower Lifestyleシリーズのイヤホン5製品で採用する「リスニングケア」は、再生楽曲の音量に応じて音のバランスを最適化し、耳への負担を抑えるというヤマハの独自技術。 ヤマハの独自技術「リスニングケア」をEmpower Lifestyleシリーズ5製品に搭載 人間の耳は小さな音量になるほど低域と高域が聴き取りにくくなり、周囲の騒音などの環境音にも影響される。 しかし音量を上げて音楽を楽しもうとすると、耳への負担が大きくなってしまう。 「リスニングケア」は、音量による聞こえ方のバランスの違いを4バンドEQで自動補正することで、どんな音量でも常に最適な音のバランスが得られるという技術。 これによって音楽を聞くときに必要以上に音量を上げずにすみ、耳への負担も減らせるという。 なお、この機能は後述のアプリでオフにもできる。 Empower Lifestyleシリーズの製品説明を行った、ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部マーケティング課 課長の飯田哲也氏 全モデルで、ヤマハの楽器をモチーフにした曲線的なデザインを採用。 「長い間使い続けても飽きのこない、シンプルかつ質感高い仕上げ」にした。 音のチューニングは「どの音量で聴いても音の情報量をしっかり保ちながら、ボーカルや楽器などの1音1音がクリアに聴こえるようにした。 開放的に鳴らすことで、音・音楽の躍動感を表現する」という。 いずれもBluetooth 5. 0に準拠し、コーデックはSBC、AAC、aptXをサポート。 音声アシスタントのSiriとGoogleアシスタントにも対応し、音楽を聴くときの基本操作などをハンズフリーで操作できる。 専用アプリ「Headphones Controller」に対応 完全ワイヤレスイヤホン「TW-E7A」とBluetoothイヤホン「EP-E50A」は、クアルコムのSoC「QCC5124」を搭載し、アクティブノイズキャンセリング機能を装備。 この2機種に、完全ワイヤレス「TW-E5A」を加えた3機種は、イヤホンを着けたままでも外音を取り込んで周囲の音を聞ける「アンビエントサウンド」機能に対応する。 完全ワイヤレスイヤホン「TW-E7A」 ブラック• 2mmのダイナミック型ドライバー、TW-E3Aは6mmのダイナミック型ドライバーを搭載。 本体はIPX5相当の生活防水対応。 イヤホン単体の再生時間は、TW-E7AとTW-E5Aが最大7時間で、TW-E3Aは最大6時間。 充電ケースと組み合わせることで、TW-E7AとTW-E5Aでは最大28時間音楽を聴ける TW-E3Aは最大24時間。 TW-E7Aのみ、充電ケースがワイヤレス充電「Qi」 チー に対応する。 TW-E5A ブラック• TW-E5A スモーキーブルー• TW-E3A スモーキーブルー• TW-E3A スモーキーピンク BluetoothイヤホンのEP-E50Aは9mmダイナミックドライバー、EP-E30Aはは8. 6mmダイナミックドライバーを搭載。 再生時間は、EP-E50Aが最大11時間 ノイキャンオフ時、オン時は最大9時間 、EP-E30Aが最大14時間。 Bluetoothイヤホン「EP-E30A」のカラーバリエーション• EP-E30A ブラック 20〜30代向けに展開、WONK新曲コラボも ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部 部長の野口直樹氏は「我々はこれまでHi-Fiオーディオやホームシアター関連でブランド力を高めてきた。 今回発売するイヤホンによって、20〜30代という若い世代に対してブランドをアピールしていきたい。 そのプロモーションの一環として、この世代に人気のあるWONK ウォンク というバンドの協力を得ることもできた。 リスニングケアなど、ヤマハならではの価値を提供できる新モデルを開発できたと考えている。 グローバルで 1兆円規模のイヤホン・ヘッドホン市場に本格参入し、近い将来市場で2% 200億円 のシェアを取っていきたい」と、今回の新製品群にかける意気込みを語った。 ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部 部長の野口直樹氏• 今回発表したイヤホン全モデルに搭載されているリスニングケアについては、「ボリュームを下げると低音の迫力や臨場感も抑え目になってしまうが、聴覚の特性を元に、音量に応じて音のバランスを最適化するのがリスニングケアのアプローチ。 人の耳に聞こえる音の大きさを表す 等ラウドネス曲線とは逆の値を加え、生理的な聴覚補正を行うことで、ボリュームを絞っても低音が出て、高い音もしっかりと出るようにしている」と説明した。 これは『日本の家庭ではなかなか大きなボリュームで コンテンツを 楽しむのが難しい、だけど迫力は伝えたい』といったノウハウが詰まったテクノロジーだ。 さらに、新製品の一部で採用されているノイズキャンセリングも、リスニングケアとの相乗効果があり、充実した音楽鑑賞ができる」 須山氏。 須山氏がリスニングケアについて解説した ヤマハは、イヤホン・ヘッドホンの本格展開を開始するにあたり、20〜30代に人気があるという4人組バンド「WONK ウォンク 」とタイアップしたプロモーションを展開。 新曲「Signal」とコラボレーションし、謎めいたタイトルを付けたふたつのティザームービー ミュージックビデオのショートバージョン を制作して11月4日に公開し、ネット上で注目を集めていた。 WONKの新曲「Signal」のミュージックビデオより 今回、ヤマハの製品発表と同時にMV完全版を初公開。 予めご了承ください。 関連記事•

次の