耳たぶ 押す と 痛い。 耳の上が痛い!頭痛や腫れ・しこり・押すと痛む場合の原因と治し方は?

耳たぶにしこり 押すと痛い 原因と対処法

耳たぶ 押す と 痛い

この記事の目次• 耳のツボ図解 耳のツボを次のような効果別にご紹介します。 難聴の改善• 頭痛の緩和• ダイエット• 疲れ目の緩和• 禁煙したい時 難聴の改善に効果のあるツボ 耳門・聴宮・聴会の位置 「耳門」 じもん は 「耳珠(じじゅ)」と呼ばれる、耳の穴の入り口にある出っ張りの前で、斜め上にあります。 耳門の下にあって、 耳珠のちょうど前あたりにあるのが 「聴宮」(ちょうきゅう)です。 「聴会」(ちょうえ)は、 聴宮の下で、耳珠の斜め下にあって、口をあけたときに、へこむところです。 耳門・聴宮・聴会のマッサージ方法 3つのツボはそれぞれに、人差し指の腹で、軽く押しましょう。 3秒ずつくらいで 押したり離しなりしてくださいね。 はじめはやさしく、様子を見ながら押してください。 また、この3つのツボを同時に押さえ、円を描くようにマッサージしても効果があります。 耳門・聴宮・聴会の効果 このツボは3つとも、 耳鳴りにも効果があります。 また、この3つのツボは、それぞれに別の 経絡(けいらく)という血と気の通り道の途中にあるツボなので、それぞれ別の効果を得ることもできるのです。 耳門を通っている経絡は、 三焦経 (さんしょうけい)で、体の 水分調整と老廃物の排除を行います。 顔の水分代謝を促し、 むくみ解消に効果があります。 耳門は、そのほかに、顔の くすみやたるみをとり、美白やリフトアップに効果的です。 Sponsored Links ダイエットに効果のあるツボ ダイエットに効果のある耳のツボは「飢点」(きてん)と、図に示したように、耳の中のくぼんだところにもたくさんあります。 飢点の位置 飢点は、 耳珠の真ん中にあります。 飢点や耳のくぼみ、マッサージ方法 飢点を耳と同じほうの親指と人差し指ではさみ、圧力を加えていきます。 3秒ずつ、挟んではなして、というように繰り返し行います。 呼吸も忘れないようにしてくださいね。 力を入れるときに、息を吐きます。 緩める時は息を吸います。 食事の30分前にマッサージするのが効果的ですよ。 耳のくぼみは、人差し指で押し気味に、全体をなぞるようにさすっていきます。 ゆっくりとした呼吸と共に行ってください。 押して気分が悪くなる箇所があったら、無理に圧力をかける必要はありません。 ダイエットに対しては特に、ミネラルウォーターや炭酸水をマッサージの前に飲むと効果的です。 炭酸水は、胃を刺激して空腹感を和らげる効果があります。 また、耳のくぼみのたくさんのツボは、ホルモンのバランスを整えて、女性の月経不調を改善するほか、 脂肪の燃焼促進、 花粉症や呼吸器疾患の改善にも効果があります。 やけ食いをしそうな時は、頭痛の解消でご紹介した 神門の刺激が効果的です。 眼の位置 眼 め の位置は、耳たぶのちょうど真ん中あたりです。 眼のマッサージ方法 耳たぶを親指と人差し指ではさみ、数秒間もみほぐすようにマッサージしてください。 痛くなったら止めて、様子を見ながら行ってくださいね。 眼の効果 眼は、目に関する不調を改善するツボで、 近視や乱視のほか、白内障、結膜炎、ものもらいの改善にも効果があります。 口、肺の位置 「口」は、耳の穴のすぐ近くで軟骨の下にあります。 「肺」は、口の斜め下にあります。 口、肺のマッサージ方法 タバコが吸いたくなったときは、この口と肺、または神門の位置に綿棒などを当てて、軽く刺激してください。 綿棒がないときは、指でもOKです。 左右同時に押すと効果があります。 押されている耳の部分に意識を持っていき、 深い呼吸をしましょう。 肺が綺麗になっていく、というイメージでするとなおいいですね。

次の

耳たぶがかゆい4つの原因とは!病気の可能性も・・!

耳たぶ 押す と 痛い

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『耳たぶにできるしこり「アテローム」って?』をご紹介させて頂きます。 皮膚にできる「良性の腫瘍」 アテロームは、皮膚にできる「良性の腫瘍」です。 皮膚の下に「袋状の腫瘍」ができて、そのなかに「垢(角質)」や「皮膚の脂(皮脂)」などの老廃物が溜まります。 別名、 (ふんりゅう)、表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)、アテローマとも呼ばれる症状です。 皮膚にできる腫瘍のなかでも、もっとも発生頻度の高い症状と言われています。 本来、角質や皮脂は、自然に体から剥がれ落ちるものですが、アテロームに溜まった垢や脂は、表皮の袋から出ることなく、さらに多くの垢などを溜め込み、時間とともに半球状に盛り上がって、コブのように大きくなります。 なかには、約10cmにまで成長するものもあります。 しこりの中心に「小さな黒点」を見つけたら アテロームは、盛り上がった腫瘍の真ん中に、へそのような「小さな黒い点(開口部)」が見えるのが特徴です。 腫瘍はやや硬く、指などで強めに押すと、中心の黒点(へそ)から白や黄色の膿が出ることがあります。 排出された膿は、ドロドロして独特な臭いがあります。 アテロームは、体のどこにでも発生する可能性はありますが、 (1)耳のうしろ (2)耳たぶ (3)首 (4)顔 (5)脇 (6)胸 (7)背中 (8)お尻 (9)股のあいだ (10)手足 などにできやすい傾向があります。 痛みはほとんどありません。 ただし、腫瘍(袋)が破裂したり、細菌などに感染したりして炎症を引き起こすと、患部が赤く腫れて、痛みがあらわれます。 すると、なかに溜まった膿から、強く不快な臭いが立つようになるでしょう。 また、 などのように、引っ掻いたり、潰したりすると、症状が悪化するので注意が必要です。 炎症して症状が悪化すると、医学的には「炎症性 」という診断に変わります。 早めに「皮膚科」を受診する アテロームは、毛穴の一部(表皮)が内側にめくれて袋状のものができるのが始まりです。 なぜ、表皮がそのように(めくれて袋状に)なるのか、詳しい原因はいまのところ明らかになっていません。 疲労、ストレス、睡眠不足、偏った食生活など生活習慣の乱れが原因、と言われることがあります。 もちろん、間接的な影響はあるでしょうが、現在まで、生活習慣との明確な因果関係は示されていません。 アテロームは、痛みがないことから放置する人もいますが、自然に治ることはほとんどありません。 治癒するには、何らかの治療が必要です。 発生箇所によっては、容姿に影響することでしょう。 すみやかに「皮膚科」を受診し、専門医に相談しましょう。 痛みの少ない「へそ抜き法」手術 アテロームの治療は、基本的に「外科手術」による治癒が一般的です。 自分で無理に潰しても治ることはありません。 むしろ再発を招くだけです。 医師からは、「へそ抜き法」と呼ばれる手術をすすめられるでしょう。 比較的新しい方法で、従来の切開・縫合手術よりも、体への負担が軽減される手術です。 「へそ抜き法」は、局所麻酔から、ディスポーザブルパンチという4mmほどの小さなメスを使って患部に穴を開け、中身(溜まった老廃物)を出し、その後、しぼんだ袋の壁を切り取る治療法です。 皮膚を切開しないため、手術は約5〜20分で済みます。 痛みが少なく、傷跡が小さいのが特徴です。 傷口を縫うことはせず、自然にふさがるのを待ちます。

次の

耳の後ろや耳たぶにできるしこり「アテローム」って?

耳たぶ 押す と 痛い

耳の周りや耳の穴(外耳道の入り口)を押すと痛む場合は、まず 外耳道炎が疑われます。 特に、耳の掃除をしたあとに痛み出したという場合は、耳あか(耳垢)をとるときに外耳道を傷つけてしまい、それがもとで炎症が起こっていると考えられます。 一方、中耳炎にかかったことがあり、耳介の後ろにある骨をおすと痛みがある場合は、 乳様突起炎を起こしている疑いがあります。 耳の奥が痛む場合は、外耳道や中耳の病気が考えられます。 外耳道の病気では、 外耳道炎による場合がほとんどです。 中耳の病気では、子供に多い 急性中耳炎のほか、 慢性中耳炎が急に悪化して、耳だれが増えたきたときにも、痛みが起こる場合があります。 そのほか、耳性帯状疱疹でも、耳に痛みが起こります。 耳だれ 耳だれは、耳の孔から排出される分泌物の総称で、サラサラしたもの、粘り気のあるもの、膿の混じったもの、血の混じったものなどがあります。 耳に痛みがあって、膿のような耳だれがでるのは、 急性中耳炎や 慢性中耳炎の急性増悪期です。 逆に、急性増悪期以外の 慢性中耳炎の場合は、耳に痛みが無く、主に粘り気のある耳だれがでます。 慢性中耳炎による耳だれは、持続的にでる場合もありますが、風邪をひいたときだけというように、断続的にでる場合もあります。 耳だれで、悪臭を伴う場合は、緑膿菌のような特殊な細菌の感染による 慢性中耳炎が考えられます。 ただし、 慢性中耳炎にがんを合併しているときにも、悪臭と伴った耳だれがでるので、注意を要します。 この場合は、耳からの出血も伴います。 そのほか、放置しているとまわりの組織を破壊していく 真珠腫性中耳炎でも、悪臭を伴った耳だれがみられます。 耳から血が出た 耳からの出血は、外耳道や中耳に原因があると考えられます。 たとえば、鮮血がでる場合は、そのほとんどが外耳道の炎症( 外耳道炎)や外傷によるものです。 この場合は、あまり心配することはないと思います。 耳だれに血が混じっている場合は、 急性中耳炎が疑われます。 これは、 急性中耳炎のために、中耳が化膿して鼓膜を圧迫し、鼓膜が破れるために、耳だれと一緒に血が出てくると考えられます。 また、血と膿が混じっている場合は、 慢性中耳炎で、中耳に細菌感染が起こっている可能性があります。 耳がかゆい 慢性中耳炎で耳だれが持続的にでていると、外耳道の皮膚にかぶれ( 外耳道湿疹)が起こってきます。 このかぶれが、かゆみの原因になります。 耳介に湿疹ができて、かゆみを起こすこともあります。 特に、外耳道に湿疹ができるような人では、耳介にも湿疹ができやすい傾向があります。 また、耳あかがたまった場合や、耳あかをとるときにも、かゆみを感じることがありますが、この場合、別に異常ではありません。 耳が腫れる 耳介が腫れている場合は、耳介の皮膚の下に血がたまる 耳介血腫が起こっていると考えられます。 耳介血腫は、柔道やレスリングをしている人に起こりやすく、痛みはほとんどありません。 また、痛みがあったとしても、ごく軽いものです。 耳介が腫れて、痛みや発赤を伴っている場合は、 耳介軟骨膜炎が疑われます。 耳介軟骨膜炎は、耳介の軟骨に、炎症が発生するため、かなり強い痛みがあります。 聞こえない 音は、外耳から中耳、内耳を経て、聴神経によって脳に伝えられます。 この音の聞こえる道筋のどこに障害が起こっても、聞こえが悪くなる「難聴」が起こります。 たとえば、外耳道に耳あかがたまってつまる 耳垢栓塞でも難聴が引き起こされますし、鼓膜に孔があく 鼓膜穿孔や、 鼓膜炎などでも難聴が発生します。 さらに、 急性中耳炎や 滲出性中耳炎といった中耳の傷害や、 メニエール病、 突発性難聴、 内耳炎などの内耳の傷害による難聴もあります。 聴神経腫瘍(脳の腫瘍)でも難聴が起こります。 ただし、難聴の原因が、耳のどこにあるかは、鼓膜の診察や、聴力検査などを行わなくてはわかりません。 一方、聴力検査で異常が認められても、ほとんど難聴を感じない場合もあります。 日常の会話でよく使われる音は、周波数が250〜3000Hzの範囲ですが、それより低い音域や高い音域に難聴がある場合は、なかなか難聴に気がつきません。 また、程度が軽い場合も、難聴に気がつきにくくなります。 特に片側の耳の難聴は気づきにくいものです。 老人性難聴の場合も、高音域から難聴が始まるので、初期の段階では、難聴に気がつきません。 しかし、難聴が進んで、日常の会話に使われる音域にまで障害が及ぶと、難聴を自覚するようになってきます。 耳が詰まったような感じ、聞こえにくい 耳がふさがったような不快感があって、何となく音が聞きづらい、薄い膜を通して音を聞いているような聞こえにくさがある、といった訴えもよくあります。 こうした症状を「耳閉塞感」といいますが、その原因の多くは、中耳や内耳にあります。 最も多いのが中耳の障害ですが、その代表的なものが、風邪に伴う中耳の内圧の変化です。 かぜをひいて鼻が詰まると、耳管が塞がれて、中耳に空気が送られなくなります。 そのため、中耳の内圧が低下し、鼓膜が中耳の方に引っ張られて、音がこもって聞こえるようになるのです。 この場合は、鼻づまりが治れば、耳閉塞感も自然に改善していきます。 そのほか、 急性中耳炎の初期や 滲出性中耳炎、 耳管の病気などでも耳閉塞感が起こり、聞こえにくくなることがあります。 内耳の障害では、 メニエール病などが耳閉塞感の原因になります。 メニエール病の場合は、低音域の難聴と耳閉塞感が起こってきます。 聴神経腫瘍の初期にも耳閉塞感が現れることがあります。 また、鼓膜に小さな孔が開いた場合にも、耳閉塞感が現れます。 耳閉塞感は、難聴と密接な関係がありますが、日常会話とは関係のない低音域だけが傷害されている場合は、耳閉塞感だけが自覚され、難聴はなかなか自覚されません。 しかし、耳閉塞感がある場合は、難聴の可能性も疑ってかかることが必要です。 耳鳴り 耳鳴りは、音の聞こえる道すじのどこに障害があっても起こります。 耳鳴りのほとんどは自覚的な症状ですが、耳から出る音が、他人にも聞こえる「他覚的耳鳴り」も、まれにですがあります。 また、耳鳴りの中には、頭で音が鳴っていると感じたり、耳の外でなっていると感じるものもあります。 耳鳴りは、 耳垢栓塞や中耳炎などからも起こりますが、最も多いのは内耳の障害によるものです。 耳鳴りにはいろいろな音がありますが、「キーン」という音や、「ピー」という音がする場合は、高音域が傷害されていると考えられ、内耳にその原因がある可能性が高いといえます。 一方、「ブー」とか、「ボー」という音が聞こえる場合は、中耳炎や 耳管の病気などの中耳の問題のほか、 メニエール病の可能性もあります。 老人性難聴でも、耳鳴りを自覚することがあります。 老人性難聴は、左右対称に傷害されるので、大概は両耳に耳鳴りが起こりますが、片側のみのこともあります。 その他、 聴神経腫瘍や脳の病気から、耳鳴りが発生することもあります。 めまい めまいには、大きく分けて、回転性のめまい、浮動性のめまい、立ちくらみがあります。 一般に、回転性のめまいでは、内耳から脳にいたるまでの体のバランスに関係する機能のどこかに障害があると考えられます。 一方、浮動性のめまいで、耳の症状がなく、頭痛や肩こりなどの自律神経症状を伴っている場合は、 血圧の異常や 心身症、 うつ病などの可能 高くなります。 立ちくらみは、 起立性低血圧が原因です。 ただし、めまいの種類から障害のある場所を特定することはできません。 めまいを診断する上で、参考になるのがめまいの持続時間や随伴症状です。 めまいに伴う随伴症状には、耳鳴り、難聴、吐き気、目のかすみや手足のしびれなどの神経症状、意識障害などがありますが、めまいが起きた場合は、こうした症状の有無を確認しておくとよいでしょう。 たとえば、めまいがおこった時に意識を失った場合は、耳以外に原因があることがわかります。 なお、めまいを起こす病気には、 良性発作性頭位眩暈症、 メニエール病、 内耳炎、 前庭神経炎、 突発性難聴などがあります。 聴神経腫瘍でもめまいが起こることがあります。 また、目の前が真っ暗になる眼前暗黒感や失神も、広い意味でのめまいに含まれます。 ふらつく、よろめく ふらついたり、よろめくというのは、体のバランスがうまく取れない、まっすぐ歩けないということで、内耳や脳の平衡覚の経路に障害があると考えられます。 回転性のめまいに伴って、ふらついたり、よろめいたりする場合は、 内耳炎、 前庭神経炎、 メニエール病などの内耳の病気や、脳幹や小脳の出血や梗塞の疑いがあります。 一般に、出血の場合は、めまいのほかに激しい頭痛が起こりますし、脳幹の梗塞では難聴を伴うことがあります。

次の