富川 アナ 復帰。 テレ朝・富川悠太アナ、警察沙汰の虐待疑惑報道で『報ステ』復帰は絶望的に|日刊サイゾー

富川悠太アナ、妻の報道で復帰は絶望的、業界から干される!? 「致命的なコロナDV疑惑」「脳みそが腐ってんだよ!」

富川 アナ 復帰

テレビ朝日は5月29日、新型コロナウイルスに感染して自宅療養中だったアナウンサー(43)が「」に復帰すると発表した。 富川アナは木、金曜のキャスターを担当、月〜水曜はリポーターとして取材活動をするという。 復帰日は6月4日となり、「なんで?」の声があがっているのだが……。 その一方で、8日ごろから息切れを感じ始めたので、10日に医療機関を受診したところ肺炎の症状がみられて慶応病院へ入院。 PCR検査を受けた結果、11日に感染が確認されたという流れだった。 富川悠太アナ 番組出演見合わせは4月13日からだったから、すでに1カ月半が経過していたことになる。 復帰に時間がかかっていることを捉え、「実は降板では?」という情報も流れていただけに、テレ朝も火消しに努めていた。 その翌日の復帰発表となったわけだが、 「テレ朝としては、感染拡大防止の観点からメインキャスターを2班に分ける態勢をとるということのようです。 まぁ、これは共倒れを防ぐ意味でもアリかなとは思います。 実際、報道の現場でもそんな風に班分けしてコロナ禍を凌いできました。 もっとも、人がいなくてタイヘンだったんですが(笑)」 具体的には、富川アナは森川夕貴アナ(26)とともに木・金曜日のキャスターを、小木逸平アナ(46)とフリーの徳永有美アナ(44)が月〜水曜日のキャスターを、それぞれ務める、富川アナは現場での取材やリポートも担当するという。 小木さんと徳永さんのコンビが悪くないとはいえ、富川さんがメインとは見えない扱いにも映りますよね。 それで、テレ朝の関係者に聞いてみたんですが、局に対してそれなりに問い合わせというか抗議があったようです。 そもそも、テレ朝では富川さんを含めて5人が新コロに感染していますよね」 テレビ局といえばどこも変わらず「3密」で、そこから逃れられないことはすでに報じた通りだ。 「緊急事態宣言が出る直前で、番組の視聴率は絶好調。 出演者の体調把握等につきまして、至らない点があったと考えています。 視聴者・関係者の皆さまにおわび申し上げます》と謝罪している。 「とはいえ……」と、この民放関係者がこんな風に続けて、 「富川さんは上司にも一応は相談していたと聞いています。 それがホントなら、独断で出演を強行していたというわけではないですよね。 つまり、少なくとも番組に責任はある。 本人は6月4日のスタジオで結構な謝罪をするんでしょうかね……」 週刊新潮WEB取材班 2020年5月31日 掲載 外部サイト.

次の

テレ朝・富川悠太アナ、警察沙汰の虐待疑惑報道で『報ステ』復帰は絶望的に|日刊サイゾー

富川 アナ 復帰

スポンサーリンク 富川悠太アナの感染から症状が出るまでの感染経緯 コロナウイルスの陽性反応が出るまでの感染の経緯が公表されています。 富川悠太アナいつからどのように体調を崩されていたのでしょうか。 経緯を追って行ってみましょう。 4月8日 水 平熱で一日を過ごす 少し息が切れを感じるようになる 通常通りの勤務 4月9日 木 平熱で一日を過ごす 階段を昇ったり速歩きすると息苦しさを感じるようになる 通常通りの勤務 4月10日 金 平熱で一日を過ごす 朝、自宅で階段を昇る際に前日と同じ息苦しさを感じる。 コロナウイルスの陽性反応が検出されたのは4月11日ですが、1週間前の4月3日から既に症状はあり、発症しておられました。 このように、まず、初めに高熱がでるものの、すぐに高熱が平熱にもどり、1週間程度通常通りの仕事をしてから、体調不良を訴えるような、症状はコロナウイルスに見られる特徴のひとつなようです。 2日間、発熱の上下を繰り返し、一旦症状は潜んでしまいました。 そして、この図解のように、発症から5日目から肺炎の症状が出始め、1週間後には息苦しくなり肺炎症が増悪。 一旦、熱が下がり、特に大きんな症状が出ないといった、ややイレジュラな経過でした。 このように、一旦高熱になるも、平熱に戻って、仕事をこなしているうちに、肺炎症状が悪化するパターンは報告されています。 毎日放送(大阪市北区)は9日、新型コロナウイルスに感染し、兵庫県西宮市内の病院に入院していた岡田公伸(おかだ・きみのぶ)取締役が同日、心筋症のため死去したと発表した。 3月26日からせきや発熱の症状があり、自宅で休養。 せき、熱などの症状が治まったため28日と30日は出社。 31日に再び体調を崩して早退した後、休養していた。 今月4日に肺炎と診断されて入院、7日にで陽性と確認された。 60歳だった、毎日放送の取締役が感染された時の症状が、富川アナウンサーの感染経緯とよく似ています。 岡田取締役も発熱が一旦治まり、仕事に復帰されていて、その後、肺炎と診断されています。 残念ながら、岡田取締役はその後、重症化して、帰らぬ人となってしまいました。 スポンサーリンク 富川悠太アナウンサーの治癒して退院までにかかる時間はどのくらい? 完治するまでの期間は個人差がありますが、 3月17日に新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった、日本サッカー協会の田嶋幸三会長の例やケツメイシのRYOJIさん、ジョンソン英国首相の回復ぶりを参考に見てみましょう。 富川悠太アナウンサーは4月21日に無事退院! 2020年4月21日の報道ステーションで富川悠太アナウンサーの退院が報告されました。 2回のPCR検査で陰性が確認されて無事退院。 発症からは19日。 比較的、早い目の隊員だったと思います。 田嶋会長のコロナからの回復の経緯 田嶋会長は15日に症状を感じ始められたそうです。 15日に体温を計ると微熱がありました。 16日に文京区の保健所に相談しました。 海外渡航歴、また、会議同席者の発症を伝えたところ診察を受けることになりました 3月16日から入院、同17日に新型コロナウイルス陽性が判明した。 入院中は1週間ほど微熱が続いたが、肺炎の症状は軽度だった。 3月15日に微熱にて発症し、17日に、陽性の診断と同時に肺炎の症状も確認。 4月2日、東京都内の病院から退院してウェブ上で記者会見を開かれています。 15日に症状が見られ始めて、肺炎を発症して、治癒して退院までにかかるまでの期間は18日間でした。 富川悠太アナウンサーとは、肺炎の起きるタイミングなどやや違いました。 ケツメイシ RYOJI さんのコロナからの回復経緯 先月31日に診断された新型コロナ陽性からの病状経過として、「4月3日ころより、発熱や倦怠 けんたい 感、味覚・嗅覚異常といった症状もなく体調は順調に回復しており、本日4月17日、医療機関でのPCR検査にて、2度目の陰性反応が確認されました」と報告。 これにより、「完治です!! 」とした。 RYOJIは、先月22日から発熱が続いたことから静養。 同30日にPCR検査を受け、翌31日に陽性と診断されていた。 3月22日に発症して、高熱が継続。 発熱や倦怠 けんたい 感、味覚・嗅覚異常といった症状を発症。 3月31日にPCR検査により陽性と診断。 4月3日には症状改善し、経過観察後、4月17日に無事退院。 発症から12日後には症状が改善し、その後、2週間後に陰性が確認されて退院。 ケツメイシのRYOJIさんの場合は、発症から退院するまでに、26日間かかっています。 ジョンソン英国首相のコロナからの回復の経緯 3月27日高熱が出て発症し、陽性と診断。 4月6日に入院先の病院で容体悪化によりICUへ。 酸素治療を受け、人工呼吸器を付けるまでには至らずに無事回復して12日に退院して、自宅静養。 陽性と診断されてから退院まで14日間。 富川悠太アナウンサーの場合は、4月21日に無事退院。 4月3日に発症しているので4月21日の退院で18日間の入院。 田嶋会長と同じ期間の入院期間だったことになります。 そして、すぐに職場復帰でなく、自宅療養をすると、報道ステーションで報告。 4月21日の退院であれば、5月の週明けである 5月4日㈪あたりか、更に1週間後の 5月11日㈪あたりの復帰が目処となるでしょう。 重症化することなく無事に退院されてホント良かったですね。 十分に休養された後のスッキリとした姿で報道ステーションのメインキャスター復帰をされることが期待されます。 富川悠太アナウンサーを心配するSNS の声 の富川アナは回復することを願いますが、テレ朝は報道機関として感染経路確認に協力すべき。 もしコロナの取材などが原因なら取材の方針をメディアが考えなければならないし。 — はさ 0isid6Heuxlvbl4 誰がどこでコロナウイルスに感染しても仕方ない状況であると理解するSNSの声がある一方で、感染経路を明らかにしてほしいという声も多く聞かれます。 今後の報道ステーショからの情報を見守っていきましょう。 富川悠太アナウンサーの一日も早い復帰に期待しましょう 4月11日に新型コロナウイルスの感染が発覚して入院した富川悠太アナウンサーの報道ステーション復帰の時期について、既にコロナウイルスが治癒している田嶋会長の症例を参考に予想してみました。 また、発症までの経緯についても、今、日本で発症しているコロナウイルスの状況と合わせてご紹介してきました。 一日も早い富川悠太アナウンサーの回復と新型コロナウイルスの終息を祈るばかりです。

次の

報ステから姿を消した富川アナと「賭けマージャン記者3人」の共通点 その行動は常識から外れていないか

富川 アナ 復帰

4日放送のテレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜後9・54)の平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)は16・4%だったことが5日、分かった。 新型コロナウイルスに感染し療養していた同局の富川悠太アナウンサー(43)が56日ぶりに番組復帰。 前日の14・7%から1・7ポイントアップするなど、注目が集まった形。 今週は、1日が14・0%、2日が15・1%、3日が14・7%と推移していた。 番組冒頭に「こんばんは。 報道ステーションです。 新型コロナウイルスに感染しまして、およそ2カ月間休ませていただきましたが、本日より番組に復帰することになりました。 感染拡大の防止を呼び掛けていたにも関わらず、番組内に私を含めて5人の感染者が出てしまいました。 あらためてお詫び申し上げます」と頭を下げて謝罪。 「そして、視聴者の皆さまからは多くのお叱りの言葉をいただきました。 一つ一つ真摯に受け止めています」と語った。 4月12日にPCR検査で陽性と診断され入院。 前週に発熱があったが平熱に戻ったとして、4月6~9日は番組に出演を続けた。 番組からはその後、フリーの赤江珠緒アナウンサー(45)の夫らスタッフ4人の感染が判明。 さらに赤江アナも陽性となった。 番組復帰は5月29日に同局が発表。 療養前は月~木曜まで週4日のメインキャスターを務めていたが、復帰後は当面、木曜と金曜のキャスターを担当。 月曜から水曜までは自身の強い希望で、2016年のキャスター就任前まで務めていた、現場取材と報告を行う「フィールドリポーター」となる。 富川アナは局を通じて「初心に戻って、ニュースに地道に向き合いたいと考えた」とコメントしていた。

次の