七夕 吹き流し 作り方。 仙台の七夕飾り!自分で出来るくす玉の作り方!

おしゃれで簡単!七夕飾りの折り紙~ くす玉と吹き流しの作り方

七夕 吹き流し 作り方

Contents• ) 2. クレヨン・マジックペン( お顔を描くのに使用します。 ) 3.お花紙 4. 両面テープ 5. たこ糸 6. はさみ 7. のり 8. コンパス( 織姫と彦星のお顔を切り取るときに使用します。 丸い型がとれるものならコンパスでなくともOKです。 また、お星さまは、星型のクラフトパンチでも簡単に作れるので、お子さまの年齢に合わせて代用してみてもいいかもしれませんね。 1. 折り紙(好きな色や柄の折り紙を用意しましょう!) 2. マスキングテープ(好きな色や柄を用意してください。 ちょうちんのポイントになります!) 3. カッター(小さい子供の場合は、カッター部分は大人の方が代わりに行ってください。 カッターを使用する場面等、お子さんのレベルに合わせて大人の方が行ってくださいね。 ) 3.ビーズ 4.はさみ 5.ボンド 6.コンパス(丸型をとれる物なら代用可能です。 はさみやカッターなどを使用するものもありますので、 お子さんの年齢によっては大人の方が行ってくださいね。 七夕飾りを飾ったら、お家で七夕パーティーもおすすめです。 別記事にて、七夕モチーフのスイーツやお菓子をご紹介していますので、気になった方はぜひ参考にしてみてください。

次の

フラワーペーパーで七夕飾り(吹流し)を作ろう|ナベチンのパーティークラフト

七夕 吹き流し 作り方

最初に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「吹き流し」です。 吹き流しは五色の糸をかたどったもので、織姫のように「機織りが上達できるように」と願いが込められています。 今回は仙台七夕祭りで有名な、くす玉のついた魔よけの吹き流しの作り方を紹介します。 吹き流しはグラデーションの折り紙や透明な折り紙を使うと、風に揺れた時にとても優雅に見えますよ。 作るときは折り紙の他に、ポンポンを作るためのフラワーペーパー、そして吊るすための糸も用意して下さいね。 今回はポンポンですが、折り紙で作った風船等でも大丈夫ですよ。 吹き流しの折り方• 折り紙の色のついた面を上にして、辺を1. 5cm折り下げます• 裏返して、折り下げているふちは避けて、縦に半分に折り筋を付けます• 1回開いて、中心の折り筋に沿って切れ目を入れます• ひらひらする部分ができました• フラワーペーパーを5枚重ねて、半分に切ります• 5枚ずつ細く蛇腹折りをしたものを二つ作り、端を斜めに切ります• 糸で中心をくくり、1枚ずつ丁寧に開いていきます• 丸くきれいに形を整えます• 吹き流しを吊り下げて完成です 3つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「くずかご」です。 画像の一番右に飾られているものがくずかごです。 整理整頓などの「清潔」、「物を粗末にしないように」という心を表しています。 一番最初に作っておくと、飾りを作っているときにゴミが出ても、散らかさずにいられますよ。 くずかごの折り方• 折り紙を三角に折り、さらに半分に2回ずつ折ります• もう一度半分に折り、頂角から垂直にはみ出ている部分を切り落とします• 両側の「わ」の部分を、互い違いになるように左右からはさみで切り込みを入れます。 細く尖った角の方は、切らずに2㎝ほど残します• 切り込みを離しながら、破れないようにゆっくり広げます。 八角形ができていると思います• 中心の部分をつまみ、切り込みを広げるように引っ張ります• 折り紙の中心を下にして、くずかごの完成です。 辺にひもなどを通して縛り、飾り付けます 7つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「織姫と彦星」で、「永遠の愛」を意味しています。 今回紹介する折り方はとても簡単なので、小さなお子さんでも作ることができますよ。 織姫と彦星の折り方:顔編• 黒い紙を半分に切ります• 正方形になるように半分に折り筋を付けます• 上辺の左右の角を、底辺の中心に向けて三角に折り筋を付けます• 裏返して、頂角を内側へ三角に折り、左右の底角を中心の線に向けて斜め上に折り上げます• 裏返して、顔を描いて完成です 織姫と彦星の折り方:着物編• 白い面を上にして折り紙を置きます• 底辺を上辺から少し隙間を空けて、平行に折ります• 裏返して、着物の襟になるように左右の辺を斜めに折って完成です• 着物と顔をのりなどで貼り付けて完成です 最初に紹介する折り紙「七夕飾り」難しい折り方レシピは、「紙衣」です。 「裁縫の上達」、「着るものに困らなくなる」という意味があります。 また、紙の着物は「病気や災難などの厄除け」の意味もあります。 和柄の折り紙で折ると、着物らしく見えて素敵ですよ。 紙衣の折り方• 折り紙を半分に切って、短い辺をのりなどで少し貼り付け、細長い紙を用意します。 白い面を上にして、短い辺が上下になるように折り紙を置いてください。 底辺を細く、平行に2回巻き折りします• 裏返して、巻き折りした辺の中心から左右の角を三角に折り上げます• 三角の頂角から、少し離れた位置から上辺を後ろ側へ折ります• 左右の辺を、巻き折りした部分が出るように観音折りします• 上辺の角の「わ」を、左右それぞれ三角に開いてたたみます• 画像の右側が巾着です。 昔のお財布をかたどっていて、「金運向上」や「商売繁盛」など、「倹約と貯金の心を願うもの」です。 夏らしい涼しげな柄の折り紙で作ると、七夕にピッタリですね。 巾着の折り方• 白い面を上にして、三角に折り筋を付けます• 底辺の左右の角を、内側に少し三角に折り筋を付けます• 頂角の上1枚を左の辺に半分に折り、「わ」の方に折り返して折ります。 裏側も同じように折ります•

次の

七夕飾り折り紙の簡単でおしゃれでかわいい作り方。幼児でも作れます。

七夕 吹き流し 作り方

七夕イベントの告知を貼り出す時の装飾用に、ミニミニサイズの七夕飾りを作って欲しいと頼まれたが、毎年同じテーマでやるイベントなら、中身に変化がなくては、との吹き流しを試作してみた。 くす玉はお花紙、吹き流し部分は折り染めを厚紙に貼ったもの。 吊り下げ紐は。 以下、制作手順の覚書。 お花紙でお花を作る 半分の半分の半分に折ったものを切って、さらにそれを半分に切ったものを5枚重ねてお花を作る。 屏風だたみの真ん中を縛るのはウーリーロック糸。 サイズが小さいので、普通の糸で縛るのは大変、ビーズ用のワイヤーはもったいない。 ウーリーロック糸は、くるくる巻きつけて手で引きちぎると、結ばなくても止まる。 お花紙ならこの程度の強度で充分。 学校や幼稚園でよく見るお花がそのままミニチュアになっていて萌える。 くす玉の土台を作る 画用紙を直径3センチに切り抜き、中心まで切り込みを入れる。 紐は30センチに切って半分に折り、適当な位置で結んでおく。 丸い紙を2枚互い違いに組み合わせて、中心を挟むように紐をボンドでつける。 くす玉を作る くす玉1つにつきお花を4つ、ボンドでつける。 背わせに2つずつつけていく。 ピンセットを使うとやりやすい。 お花の切れ目を上下にすると、縦に潰れてお花っぽくなくなる。 横にすると横長な球系になる。 今回の厚紙は、チョコレートの空き箱がつやつやの金色だったのでそれを利用。 吹流し部分の紙は幅10cm、長さ11cmにカットする。 今回は折り染めした和紙なので、染めた時の折り線を目安に縦に細長く切り込みを入れる。 上部は6〜7mm切り残して繋げたままにしておき、そこにつけて厚紙に貼り付ける。 仕上げ 厚紙の端から1cmをのりしろにして筒状にする。 3cmと8cmの印のところに、くす玉の下に出ている紐を左右のバランスを見ながらボンドでつける。 紐の上に小さく切った紙を貼って抑える。 乾かして完成! くす玉部分は、お花紙の枚数を増やして裏表のみの2個でも作ることができる。 その場合は、お花を貼り付ける円形の紙を、お花よりもひと回り小さくなるようにする。 rainbowstripe.

次の