クリステル。 クリステル・チアリさん “リズムと英語” のコラボに「ひらめいた」!!

滝川クリステル、出産後テレビ初出演 『教えてもらう前と後』メインMC復帰

クリステル

幅広い調理に活用できるクリステル。 アルミをステンレスで挟んだ3層構造の厚い底のおかげで、均一に効率よく熱が伝導し、 保温力にもすぐれ、料理をおいしく仕上げます。 たとえば、白米、玄米、もち米と炊飯が得意で、パエリヤもオーブンで仕上げられる。 無水調理が可能。 ごくわずかな水で、野菜を手早く栄養価高くゆでられる。 余熱を利用して、煮込み料理をしっかり煮含められる。 クッキングバスケットと深鍋を組み合わせせれば、揚げる、ゆでる、蒸すなど多機能に活躍。 この便利さ、使い始めると手放せなくなります! クリステルの材質は、高品質のステンレス。 フランスの工場で、ひとつひとつ丁寧に製造しています。 耐久性にすぐれている上、10年保証付きで長く安心して使えます。 また、クリステルを駆使して作る料理を掲載したクッキングブック、使用方法を基礎から講習する料理教室、レシピ満載のレシピサイト www. e-gohan. comなど、使いこなしのサポートも万全です。 深鍋は6サイズ、浅鍋は4サイズなど、サイズが充実。 そのほか、フライパン、ミルクポット、中華鍋、クッキングバスケットなど、種類も豊富で、幅広い用途に応えます。 1992年に発売以来の定番シリーズ・グラフィットと、つや消し加工のシャープなデザインが特長のL エルと、把手付きのストラーテ。 それぞれに種類、サイズが揃っています。 皆さんから寄せられたご意見、ご感想を紹介します。 クリステルのここが気に入っています。

次の

滝川クリステル、出産後テレビ初出演 『教えてもらう前と後』メインMC復帰

クリステル

台所の住人、なばなです。 憧れのクリステルの鍋が欲しくて、当時一人暮らしだった私が小さなサイズを1つだけ購入したのはいつだったか? 少なくとも10年以上にはなりますが、その美しさと機能性は全く衰えることはありません。 これぞ一生もの。 愛用する料理家さんが多いのでも有名です。 私も一人暮らしのとき料理研究家の有元葉子さんの本を見て憧れて、小さいのでいい、1個だけでも欲しいいっ!!と思い切って購入しました。 当時はちょっと思い切った買い物でしたが、十分すぎるほど元をとってくれて、今なお現役で活躍してくれています。 今回はそんなクリステル鍋の魅力について、それでいて何故小さな1個しか持っていないのかという理由も含めて語ります。 私が思うクリステル鍋の魅力 クリステル鍋は弱火・余熱・無水料理が得意 熱効率の良いクリステル鍋は、煮る、焼く、揚げる、炒める、ゆでる、炊く、蒸す、オーブン料理と多彩。 サイズが小さいのでやったことはないのですが、ご飯を炊くこともできます。 わが家は主にガス火ですが、IHやオーブンなど オール熱源に対応しています(電子レンジ不可)。 クリステル鍋の熱効率のよさのヒミツははこの分厚い底。 熱伝導のよいアルミニウムを蓄熱性にすぐれたステンレスで挟んだ3層構造になっています。 3層なのは底の部分のみで他はステンレスなので、さほど重くもありません。 この3層部分がちょっと内側に入っているのが、『グラフィット』の特徴でもあります。 2人分のお味噌汁やスープに使うことが多いのですが、大根、じゃがいも、玉ねぎなども、数分軽く煮立てたあとフタをして放置しておけば、他のことをやっている間にすっかり柔らかく煮えています。 <<卵を焼いてみました>> 深鍋なのであまり「焼く」調理には使わないのですが、お試しに卵焼きを焼いてみたら、想像以上にきれいに焼けました。 しっかり余熱をして少量の油を引きます。 抜群の耐久性と10年保証 クリステル鍋はフランス生まれ。 ステンレス製品専業メーカーCristel社で丁寧に作られています。 鍋本体は10年保証。 とにかく丈夫です。 私はいつ購入したかはっきりとは覚えていませんが、10年は使っているはず。 表面に多少の曇りはありますが、ハンドルとともに機能にまったく衰えはありません。 食洗器も使える! 私が使っているのは14cmと小さいので、スペースに余裕があれば食洗器でガシャガシャ洗っています。 汚れも落ちやすく、普通にスポンジで洗っても特に困ったこともありません。 気になる黒ずみなどが付いたときは、メラミンスポンジでこすれば たいていきれいになります。 美しい収納美 使って美しい。 収納して美しい。 美しさと機能性を併せ持つとはまさにこのことではないでしょうか。 私が持っているの『グラフィット』の1個のみなので、重ねたところをお見せ出来ないのが残念ですが、サイズ違いの鍋がきれいに入れ子式に収納できます。 フタの収納についていえば、新しく発売された『L エル』シリーズの方が省スペースですみますね。 参考までにですが、『L エル』シリーズを重ねて収納するとこんなふうになります。 ウットリ。。。 十得鍋16cm 容量1. 6L 使っている感覚では、クリステル『グラフィット』と十得鍋とは同じくらいに思えます。 十得鍋も入れ子式でMade in Japanのステンレス多層鍋。 ちなみに私の使う『グラフィット』14cm(1. 0L は本体の重さが約540gでしたが(下記参照)、同じ14cm(1. 0L で『L エル』だと600g(チェリーテラスホームページより)でした。 『L エル』の方が1割ちょっと重いですね。 クリステル鍋のタイプ 重さ 『グラフィット』本体 14cm(1. 0L 540g(私物) 『L エル』本体 14cm(1. 0L 600g(公式) クリステル鍋のハンドルについて ハンドルは『グラフィット』『L エル』ともに共通です。 まずは私が使っているもの。

次の

滝川クリステル、業界内で有名な“権威好き&仕事を選ぶ”性格…某一流企業幹部もゾッコン

クリステル

「英語であそぼ」の経験から子供たちが『英語はたのしい!』と感じながらスタートできるメソッドを常に考えてこられたクリステル・チアリさんですが、リズムと英語のコラボに「ひらめいた」との事です。 早速、お話を伺いしました。 お子さまが、楽しそうに太鼓を叩いて遊びますよね。 太鼓を叩くとかマラカスで遊ぶことは幼いお子さまでも簡単にできると思いますので、どなたでも楽しく参加できるメソッドだと思います。 英語で音遊びをする、、、単純に音で、リズムで遊ぶと英語が自然と身につくということを提案していきたいですね。 歌に関しても日本の童謡を私が独自に英訳して楽しく歌えるようにしていきます。 今まであまり英語で歌われてこなかった日本の素晴らしい童謡を英訳することによって、日本のお子さまだけでなく外国の方にもこんな歌だったんだと分かってもらえるといいなとも思っています。 私のYouTubeでも「おひなさま」「こいのぼり」を英訳して歌っています。 これを音遊びとしてみんなと共有して、英語を難しいものと構えずにシンプルに楽しく遊んでもらえるようになったらいいなと思います。 遊んでいるうちに気づいたら英語だけでなく、楽器もめちゃくちゃ楽しくなって、上手に弾けるようになっていけたらいいですね。 小さい子が自然と音遊びが始まるといいなって思っています 英語やリズム、楽器を「さあ身につけよう」「覚えよう」とすると構えてドキドキするんですけど、太鼓は叩いていると「この音面白いな」って……。 そうそう、ちっちゃい時はダンボールとか叩いたりするじゃないですか。 その延長線上にあるといいなって思っています。 子供の頃コップに水を入れて叩いたりして、お行儀が悪いとめちゃくちゃ怒られちゃいましたけど……。 でも、水が一杯入っていたらこんな音、ちょっと飲んで少なくなったらこんな音って気づいた記憶があるので、、、そう言った体験が音・楽器の入り口になってドレミが自然と身についていくのが理想ですね。 「これってドって言うんだ」という感じで小さい子が自然と音遊びが始まるといいなって思っています。 木の楽器には、人に、地球に、優しい「ぬくもり、あたたかみ」がある ナカノさんの木製楽器には人に、地球に、優しい「ぬくもり、あたたかみ」があるので、私は嬉しくて大好きです。 お子さまにもお勧めできますね。 楽器は人が作り上げるものですが材料の木は元々地球の一部です。 その自然な素材を活かして作られた木製の楽器を触ると「優しくなるあたたかさ」を感じますよね。 ガイア(大地の女神)のエネルギーがつまったものに人の手が加わったとしても、やはりそこに「あたたかみ」は無くならないので小さい頃から触れることは素晴らしいことだなと思います。 昔は、木や竹を使って自分で遊び道具を作ったり、公園では木の遊具で遊んでいたことを思い出します。 私は「えんぴつ」が好きなんです。 今でもシャープペンシルではなく木のぬくもりのある「えんぴつ」を使って書き物をしているんです。 ですから、楽器の「ぬくもり」に触れて、子供たちが「英語はたのしい!」と感じながら音遊びができる「えいごリズム」のメソッドには「ひらめき」を感じました。 —————————————————————- クリステル・チアリさん、お話しをありがとうございました。 では、今後をお楽しみに!! 占いをはじめ、様々なメディアでコンテンツリリース。 自らもセッションやワークショップを開催したり、個人セッションも行ってます。 MotoGP やモトクロス、国内でのさまざなレースでMC やゲストで参加。 CATEGORY• 113• 16 TAGS• ARCHIVES•

次の