約束 の ネバーランド 夢 小説。 「約束のネバーランド」タグ関連作品

「約束のネバーランド」タグ関連作品

約束 の ネバーランド 夢 小説

ついに、 約束のネバーランドが最終回を迎えた。 エマたち食用児の問題は大体解決した(ことになっている。 個人差あり)。 ……が、 謎のほとんどは明かされることはなく、疑問が多く残っている。 ひとまず、 残された謎について疑問に思ったことや、僕の考えをまとめていく。 それなりに数も多いため、 Twitterに書いたことや、これまでの考察記事を中心に整理していく形をとっていこうと思う。 物語の結末としては、「記憶なんて戻らなくたって、一緒にいたい。 戻らなくても良い」という着地だった。 この結論に異論はあるかもしれないが、本人たちが納得しているなら問題はない。 それに加えて、そういう逆境、宿命があったとしても抗えばいい、というメッセージならば、戻ることがないかもしれない。 ……が、このサイトにおける考察は、 あくまで「作品の都合」を考慮しない。 作中の描写をもとに、 「戻る可能性があるか否か」を考える。 その点をふまえた上でエマの記憶について考えると、 彼女の記憶は戻る可能性があると見ている。 というのも、結果はどうあれ、 かつて、あのお方と約束を結んだ、ジェイムズやイヴェルクは「ごほうび」に対抗している。 ジェイムズは調停役としての役割に反するGPを作り、 イヴェルクは儀祭にグランマ・サラ(その年に実った一番いい肉、とは言い切れない)を献上している。 元の人格のエマは二度と家族に再会できない。 人間の世界における治療で記憶が復活するなどの可能性は捨てきれないと見ている。 詳細はこちらでまとめているので、詳しいことが気になるなら。 (出会うきっかけとなって)代償から守ってくれた、という見方はできなくもない。 が、記憶は戻ってないし完全な形ではないので、効果があったとは言い切れない、って感じ。 — つばさ TsubasaNever あのお方と一緒にいた竜の目と同じマークだし、それなりの効力があっても、まあ、驚きはしないかな。 あくまでお守り程度の小さなものだし、竜はあのお方に付き従ってるっぽいし、効果が完全じゃないことにも説明がつく。 ただ、そんな能力を持つペンダントだとすると、 ムジカは何故そんなものを所持していたのか?という疑問が生じる。 それを何でムジカが持ってるか、だけど……。 うーん、原初信仰のお守りだったりするのかな。 信仰の対象は竜。 狩りで食べなきゃダメみたいな教義は、命を重視する鬼が勝手に言い出しただけ、みたいな。 — つばさ TsubasaNever 考えられるのは、 原初信仰に伝わるお守り、ペンダントであること。 ソンジュの先生は、原初信仰における大僧正の弟子、生徒にあたる存在。 それなりに高位な存在であるため、そういったものを持っている可能性はあるし、彼に預ける事は考えられる。 そして、 それを守るべき存在である、ムジカに対して託していた……というのは、それなりに筋が通る。 (更に、彼には内緒でお守りを渡したことにも理由が増える。 とすると、そんな研究対象になるものを試食品として出したのは何故? — つばさ TsubasaNever 分かってなかったのか、それともようやく出来た成功例だから食べて確かめる必要があったのか。 後者の場合、アダム以外の成功例がないなら出せないと思うんだよね。 ということは、副作用がないのを観測できてなかった?そんなことあるかな。 食べるにあたって副作用のあるなしは関係ない=今後副作用のない食用児を作る必要がない。 だからそのまま出した……というのは、あるかもしれない。 — つばさ TsubasaNever 大前提、進化とか突然変異、ってのは否定しきれない。 ただそこにあるもの、というか、そういうものだ、っていうのは全然ありえるし普通な話だと思う。 2つの核という特殊ケースもあるし、それも自覚できるものではないようだし。 — つばさ TsubasaNever まあ、その上であまりに都合のいいものだよな、と思う。 とすると、ムジカや邪血の発生はどこかの鬼が、あのお方に願ったものなのかも、というのは一考の余地がある。 — つばさ TsubasaNever 私利私欲のために邪血のような体質を願ったけれど、ごほうびによって、そいつの手に渡ることはなかった……みたいな。 — つばさ TsubasaNever 邪血とムジカについて。 特殊体質、進化の結果という可能性はあれど、あまりに都合いい体質だよな、と。 自然に生まれていないとすると、誰かが七つの壁を越え、 あのお方との約束を結んだ結果なのかもしれない。 原則あのお方は、願ったこと自体を叶えた上で代償を求める。 もしムジカが願いの結果だとすると、 「ムジカをずっと邪血のような体質にしてほしい」と願った。 だが、 ごほうびとして彼女とともにいることができなくなった……という、エマと似たような形である可能性が考えられるだろう。 他者に分け与える性質も、自分も一緒にいたい、彼女と今後行動をともにする者にも与えたい、という表れと考えられる。 とすると、代償として願った鬼が彼女のそばにいないことにも、ある程度説明がつきそうだ。 そんな形で鬼の世界が生まれ変わったわけだが、 それは王都の鬼の意思のみで決まってしまった。 そんな中、 鬼の世界はどうなってしまうのか? 民の意思が無視されているという点では、女王が独裁政治を行っていたときと本質が何も変わっていない。 そんな世界を統治するにはどうするべきか……ということを以前考えた。 あの時初めて見たはずだし、そりゃ驚くとは思う。 結局なんだったの?というのは一切明言されなかった。 これはこれで、そういうものだ、というほかないのだけれど、何なのかを考えてみる。 個人的に、最も近いと考えているのはやはり神。 時空を操る、願いを叶える力を持っていて、形は変わっていったものの、鬼からの信仰を集め続けていたのではないか、と。 鬼の宗教絡みの信仰対象は、全てあのお方の別の側面だった、という話だ。 クヴィティダラの竜の目は、「全てを見通す力」があった。 これは願いを叶えて、望むものを見せてもらっていた。 原初信仰の寺院には、 クヴィティダラの竜の目と同じ飾りがあった。 これはやはり、信仰対象があのお方だったから(教義自体は、大僧正のような、命を大切にすべきと主張する鬼が設定したものと考えれば、後述の約束後にも説明がつく)。 そして最後に、 儀祭で最上物を捧げられ、王族にさえ信仰されていた。 これは言うまでもなく、 約束の功績とごほうびを与えるためだ。 同じくあのお方を信仰する原初信仰は都合が悪いため、信仰対象は変えずに王族が教義を否定。 クヴィティダラが廃れていたのは、王族に都合の悪い願いや映像を見られるのが困るため、王族が破壊したのではないか、と。 つまり。 鬼が信仰していた超常の力は全てあのお方のもの。 ほとんど唯一神と言っていいだろう。 だが、 原初信仰を普及させたい鬼によって、命を大事にする教義を設定したり、 王族・貴族の権力を強めるために、女王たちが原初信仰を否定したり、クヴィティダラを破壊した……ということだと考えている。 イザベラは自分しか知らないはずの歌を聞いて驚いている。 (=農園はイザベラにそれを隠していた可能性が高い。 ) — つばさ TsubasaNever だから本来親子関係はわからないはずだし、誕生日も偽の日が設定されている可能性が高い(=日付でバレるから)。 クローネも、事実関係を書類で確認してるけれど、それもできないはず。 — つばさ TsubasaNever でも、レイは幼児期健忘が起きていないから、ある程度本当の誕生日を覚えていられる可能性がある。 で、それをクローネに伝えることで、実の親子であることを証明できうるよね、って。 — つばさ TsubasaNever 「イザベラが子供を生んだ時期」なら記録にあるだろうから、それとレイの知ってる本当の誕生日を照らし合わせることができるから。 — つばさ TsubasaNever ただ、白井先生の単行本コメントによると、レイだけが誕生日が別にあるって言われてるんですよね。 誕生日を誤魔化すのが特例だとすると、この説は成り立たない? いや、いろんなプラントにいくから、総当たりで自分の子どもを特定するのは無理か — つばさ TsubasaNever レイだけ特例なのは……なんでだろう。 やっぱり、有能な飼育監の子供は特定されないようにしてるのかな。 分かっちゃうと情が湧いちゃうから。 — つばさ TsubasaNever ハウス時代の謎2:特定の時期に出る、生の果物 単行本3巻のおまけページで言及されていたフルーツについて。 GFハウスでは、10月の後半にりんごが提供された。 2047年の儀祭は11月10日と時期が近いため、儀祭を祝う意味がある……のかもしれない。 これについては、 正直なところ根拠が皆無。 おわりに おそらく、 僕が考察記事を書くのはこれで最後だろう。 今後の単行本にて、何か追加の描写やストーリーがあれば何か書くかもしれないが、 定期的な更新はもうない。 というわけで。 これまで読んでいただいたみなさん、ありがとうございました。 毎週、コメントをいただけたり、配信に来ていただけたりして、本当に嬉しかったです。 こんにちは。 考察も後日改めて書き込ませて頂こうと思ってますが、まずはご挨拶に。 毎週の考察記事更新お疲れさまでした!管理人様の論理的で分かりやすい文章と考察に惹かれて、気がつけば毎週訪問する様になってました。 色んな方の考察も見れて刺激にもなりましたし、拙いですが自分の考察も書き込ませて頂けて楽しかったです。 完結後にしか書けない内容なのかもと都合良く解釈して 笑。 誰かの回顧録とか完結後の話かもしれませんが…。 答えはないかもしれませんが、まだ色々と考察しています。 昼と夜・あのお方・竜・鬼語・女王・荒野を嫌う理由・蛇に罰・生き残っておくれよの人・use your pen・レイの誕生日・レイの「え」・レイがあのお方について気付いた事・子供達の親・アイシェとノーマン、等々… 気になるので原作者への質問企画に送ってみました。 同じ疑問を持つ人は沢山いると思うので、答えが用意されていれば解答を貰えるかも。 単行本や小説、アニメ オリジナル要素が入るとか 等、また何か考察や感想等の記事を書いて頂けるのなら、是非読みたいです。 宜しかったら…楽しみにしてます。 管理人さん、考察更新お疲れ様でした!毎回考察を楽しく拝見してました。 ありがとうございます。 他は約ネバ画集やスピンオフ小説とかでとかな。 鬼の神?の登場するシーンは昔に読んだミヒャエル・エンデのモモに登場する「逆さま小路」の「どこにもない家」に住むマイスターホラを思い浮かべながら読んでました。 ともあれ最終回、笑顔でエンドで嬉しかったです。 こんにちわ。 管理人さん、今迄考察お疲れ様でした。 定期的に訪れて、他の約ネバファンの方々のコメントを見ることが出来てとても楽しみでした。 今回、完結してしまったのは、残念ですが、定期的に拝見させて頂きたいです。 私も気になる謎が残っており、様々な方々と交流させて頂きましたが、あまり話題に上がって無い謎? があり、質問コーナーで直接お尋ねしました。 私が質問させて頂いたのはギルダ達がノーマンに頼まれて禁制区域にムジカ達を捜索に行った時に見つけた焚き火の痕、人間の骨は一体何なのか。 禁制区域ですから一般の知性鬼は居ない筈です。 野良鬼が焚き火するとは思えません。 その人間の骨は、脱走者なのか気になります。 そう思うのは私だけでしょうか? こんにちは。 最終回を迎えて改めてタイトルの意味を考えると、エマの子供の頃の記憶 ネバーランド を約束で貰う。 ・アダムは特殊遺伝子・発作は改善・量産型の子供も無事・クリス目覚める・マイクラートリーは中立故粛清されず食用児の後見人に・アイシェとノーマン・ペンダントの効果… クリスはアジトで目覚めてても良かったと思うのですが、人間界の医療技術のお陰と言う事なのか?鬼界にいたら植物人間状態だったのかも。 ノーマンがアイシェに言った言葉は、今回のノーマンのセリフから絞れそう。 やはり償う等の謝罪系か、自分を殺しても構わないとかですかね。 個人的にアイシェに銃ぶっ放されるノーマン見たかった 笑 ペンダントは、再会とエマ本人を特定する手助けにはなりましたが、そもそも再会のきっかけを作ったのはレイ コニー達 とお爺さんだったとも言えるし、レイが気付かなければそっくりさんで終わる所でした。 まぁペンダントはお守りなので積極的効果はないのかも。 仰る通り、ラートリーも女王も違反してますし ただし死んでる。 つまり全てはエマの脳 世界 次第なのかもしれません。 あのお方は記憶を奪ったけど、エマは家族の夢を見てます。 もしかしたら、脳から完全消去したわけでなく、思い出せない状態にしているのかも。 その気になればご褒美は破れるのに、勝手に縛られる姿をみて、あのお方は楽しんでいるのかも…。 やはり人間界は本当の地球 鬼界 のコピー?このあたりの意味も気になります。 …質問企画行きですかね 笑 こんにちは。 ジャンプに約ネバが載ってないのが変な感じです 笑 懐かしいハウス編を読み返しています。 それで何となく気になった事…レイは文章をアルファベットの大文字で書く。 ノーマンは大文字と小文字を混ぜて書いていたはず…。 完結後もつい考察してしまって、例のuse your penを書いたのは誰かが気になっていました。 以前、未来から来たレイが書いたのでは?とトンデモ説を書かせて頂いたと思うのですが、use your penも確か大文字。 と言うわけで、新たな発見とともに、改めてこの説を推したい!と思ってお邪魔しました。

次の

【約束のネバーランド】生き恥晒して何になる?【男主】

約束 の ネバーランド 夢 小説

あらすじ [ ] とあるど田舎にある、全国でも有数の進学校の私立男子校。 冬休みを迎え、ほとんどの生徒が故郷へ帰省する中、古びた寮・ 松籟館(しょうらいかん)には3人の生徒がそれぞれの事情で残っていた。 の夜、通学組の統が加わり、4人の冬休み生活は幕を開ける。 統の提案で始まった告白ゲーム。 気楽なゲーム感覚のはずだったが、4人は隠していた過去やを語り出す。 登場人物 [ ] 菱川 美国(ひしかわ よしくに) 2年生。 両親が海外赴任中のため寮に残った。 年子の妹がいるが、妹は祖母の元にいる。 中学生の頃はテニス部に所属していたが、現在は陸上部に所属している。 小学生の頃、父親と不倫関係にあった女性に誘拐された上に絞殺されかけた過去があり、それ以来、女性恐怖症となり、女性に対して「いつか自分は女に殺される」というフラッシュバックを起こすほどの恐怖心を抱いている。 女子高に通う紘子と交際していたが、過去の恐怖がフラッシュバックしたために振ってしまう。 後に光浩を通じて真実を知ろうと松籟館にやってきた紘子と再会し、父親やその不倫相手との確執を共に乗り越えて紘子とよりを戻す。 篠原 寛司(しのはら かんじ) 松籟館で暮らしている1人。 硬式テニス部所属。 かなりの酒好きで、酒豪。 滅多に怒らない、穏やかな性格。 1人っ子。 両親が離婚調停中で、離婚後どちらに付いていくか決めろと言われるのが嫌で寮に居残った。 依田 光浩(よだ みつひろ) 松籟館で暮らしている1人。 温和で良く気の回る性格。 眼鏡を掛けている優等生。 休みの間のみんなの食事を作ったりと、家庭的なところがある。 父親はの大手百貨店の元社長で、光浩は妾の子。 中学2年生のある日、両親が心中し路頭に迷うが、本妻・敬子に引き取られ、彼女に半ば脅される形で肉体関係を持つ羽目になる。 美国が女性恐怖症であることを見抜くなど機微に聡く、美国の女性恐怖症を紘子に教えた。 瀬戸 統(せと おさむ) 美国らと同じ高校に通っている、いつもニコニコしているお調子者の少年。 通学組で松籟館で暮らしてはいないが、1日目の買出しの際偶然美国らと出会い、毎日寮に訪れるようになった。 母親は統が小学生の頃に他界しており、の父親と二人暮らしだが、その父親も近年はに勤務しているため、自宅に一人暮らしをしている。 理系の成績は抜群で、特に数学は教師が採点に困るようなアプローチの仕方をする。 幼い頃、風呂掃除をしていた母親を見て、衝動的にスイッチを入れた電気剃刀を浴槽に投げ入れ、感電死させてしまったと告白する。 但馬 紘子(たじま ひろこ) 美国の元彼女。 女子校に通っている。 美国に突然振られ、理由が分からず錯乱して泣いてしまうが、光浩を通じて美国が女性恐怖症であることを教えられる。 その真実を知るために美国の元を訪れ、松籟館にも出入りするようになった後、彼が自分を振る原因となった女性恐怖症の発端と真実を知る。 だが、その真実を知っても逃げることなく美国を支え、彼の父や不倫相手との対峙を経て、よりを戻す。 岩槻 繁久(いわつき しげひさ) 松籟館で暮らしていた1人。 美国とは同級生で、彼に憧れを抱いていた。 虚弱体質でを埋め込んでおり、周囲から寮生活はやめた方が良いと言われていたが、美国に憧れている一心から反対を押し切って松籟館に入った。 しかし入学した夏に寮内で発作を起こしで死亡。 以後、寮内で彼の霊が出ると噂されている。 依田 敬子(よだ けいこ) 光浩の義理の母親。 嘗ては美人であったが、今となってはその面影はない。 光浩に肉体関係を強要している。 高木(たかぎ) 美国より2級上。 岩槻を非常に気に入っていた。 現在は既に卒業している。 山崎(やまざき) 統のクラスメイト。 他人と関わろうとしない。 庄司(しょうじ) 美国の学年主任。 須藤(すどう) 寛司の担任教師。 島田(しまだ) 敬子と光浩の弁護士。 光浩の後見人。 小説 [ ]• 2000年7月• 2003年5月25日初版発行 テレビドラマ [ ] ネバーランド ジャンル 脚本 演出 出演者 オープニング 「」 製作 プロデューサー 森田光則 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 金曜21:00 - 21:54 放送枠 TBS金曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 11 からまで毎週金曜日21:00 - 21:54に、系で放送された。 とのダブル主演。 が歌う主題歌の「出せない手紙」は、原作者の恩田陸がセキヤヒサシ名義で作詞している。 主演の今井・三宅の2人をはじめ5人のジャニーズ事務所所属タレントが出演したことや、5人のうち4人(今井、生田、村上、田中)が、まだデビューしていないであったことは異例であった。 ドラマの視聴率は初回以外は2桁を取ることができず、平均視聴率は8. 0パーセントと低迷した。 なお、はこの作品を最後に廃枠となり、その後同時間帯はバラエティー番組『』に引き継がれた。 なお、の筆頭提供番組は「」枠に移動し、『』時代から『』時代まで提供していた。 また、は、2016年3月まで『金スマ』のスポンサーだった。 (現在は『』において提供。 )ただし、スポンサーである、、(花王以外の2社は一時降板した時期あり)の3社は引き続き『金スマ』において提供中である。 キャスト [ ] 星蘭学園高等部• 菱川美国(「松籟館」寮生) - (当時ジャニーズJr. ・元)• 依田光浩(「松籟館」寮生) - ()• 瀬戸統 - (当時ジャニーズJr. 篠原寛司(「松籟館」寮生) - (当時ジャニーズJr. ・現)• 高木透(上級生) -• 庄司若葉(学年主任・「松籟館」責任者) -• 岩槻茂久(「松籟館」寮生) - (当時ジャニーズJr. ・元) 栄女学院高等部• 但馬紘子 -• 松熊アキ - 菱川家• 菱川小百合 -• 菱川邦彦 - その他• 島田(弁護士) -• 瀬戸努 -• 安斎せり奈(美国の父・邦彦の不倫相手) -• 依田敬子 - スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 -• 演出 - 森田光則、、、• 主題歌 - 「」• 挿入歌 - V6「」 avex Trax• プロデューサー -• 製作 - ・TBS 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 第1話 2001年7月 06日 僕らが家に帰らない理由 森田光則 第2話 2001年7月13日 ヤバイ!? 彼女を寮に連れ込んだ! 第3話 2001年7月20日 爆発寸前! 僕は母を許せない!? 倉貫健二郎 第4話 2001年7月27日 オレ、母ちゃんを殺した! 高野英治 第5話 2001年8月 03日 夏休み! 愛と哀しみの記念写真!? 倉貫健二郎 第6話 2001年8月10日 親友が死んだ! 寮が閉鎖される!? 田沢幸治 第7話 2001年8月17日 僕らの友情を引き裂くのは誰だ! 高野英治 第8話 2001年8月24日 今夜、僕らは親たちと対決する! 倉貫健二郎 第9話 2001年8月31日 少年時代の秘密が暴かれる時 高野英治 第10話 2001年9月 07日 大好きな母さん、死なないで! 倉貫健二郎 最終話 2001年9月14日 ありがとう! お父さん… 森田光則 平均視聴率 8. 0パーセント(視聴率は・社調べ) 原作との違い [ ]• 原作では冬休み中の1週間の話であるが、ドラマでは夏休みになっている。 松熊アキや安斎せり奈など、原作では未登場もしくは名前を与えられた女性たちも登場している。 岩槻が主要メンバーとして登場。 また、原作での彼の名前は「 繁久」であるが、ドラマでは「 茂久」である。 庄司若葉が松籟館の責任者。 高木透が美国らの1級上として登場、陰険で狡猾な性格となり岩槻を脅し肉体関係を強いた。 依田敬子の最期が異なる。 補足 [ ]• 作者は自著の作品をマンガ寄りか小説寄りかで分け、本書はマンガ寄りでの『』が念頭にあったと説明している。 脚注 [ ].

次の

【約束のネバーランド】ノマエマ・レイエマ・レイアン・ギルエマなどなど…|約ネバ考察【約束のネバーランド ネタバレ】

約束 の ネバーランド 夢 小説

『約束のネバーランド』第9巻と同時6月4 月 日発売。 続報は追って公開しますので、乞うご期待。 身長は145cmと華奢な体をしており、 病弱で運動神経もよくありません。 エマに密かに想いを寄せており、レイに対してはその想いをはっきりと告げています。 それを知った3人の天才「ノーマン」「レイ」「エマ」は34人の兄弟と共にこの施設からの脱出を目指す。 — たじ tajihirota ある日コニーが里親の元へと出発した直後、エマとノーマンはコニーが大切にしていたぬいぐるみを置き忘れていることに気づきます。 そこで二人はこっそりと施設を抜け出し、 外の世界に繋がるという門までぬいぐるみを届けにいきます。 しかし、二人はその門で人間を食べる「鬼」の存在を知り、コニーや、これまで一緒に生活してきた孤児たちは、 里親の元へ行ったのではなく、鬼に食べられるために「出荷」されていたことを知ります。 また、優しい母親であったはずのシスター・イザべラは、 「人間飼育場」であるグレイス=フィールドの管理者であり、鬼の命令で子どもたちを食用に育てていたのであり、 自分たちはずっと騙されていたことも明らかとなりました。 また、この時に本を寄贈するウイリアム・ミネルヴァが密かに子ども達へメッセージを送っていることが明らかとなり、この ミネルヴァの導きで脱出計画が進んでいきます。 脱出計画を着実に進めていく子どもたちは、新たなシスター・クローネの登場や、 レイがイザべラのスパイだったという事実など、さまざまな困難に見舞われていきますが、駆け引きや心理戦など、それぞれの知恵や能力を駆使してそれらを乗り越えていきました。 関連記事をご紹介 エマたちと協力して脱獄を試みるノーマンだが・・・ ノーマァァァァァァァァァァァァァン???????????????? もぅノマエマくっつけよ???????? でも、私的にはノーマン出荷されて、出荷された先で間一髪本の著者に匿ってもらうっていうのが理想だった???? — あんぷ? また、追い打ちをかけるように ノーマンの出荷が決定してしまいます。 ノーマンの死亡フラグに絶望に突き落とされた3人でしたが、それでも3人は諦めず、ノーマンの発信機を無効化し、一人だけ別行動をさせることで脱獄を実行しようとします。 しかし、ノーマンは自分が脱獄の妨げになることを恐れ、 自分が出荷されることで全員を無事に脱出させる道を選ぶことに。 エマたちが悲しみにくれる中、ノーマンはイザべラと共に外の世界へと向かいました。 その生存説を証明する証拠の1つ目は、 ノーマンの最後の言葉です。 出荷される直前、ノーマンは自分の死を覚悟して外の世界へと向かいますが、その場面の最後で、 ノーマンは「え」と怪訝な顔をしました。 しかし、この時にノーマンが見たものは一体なんだったのか 全く説明がなく、ノーマンはそのまま出荷されたことに。 これらのことから、ノーマンは出荷をされたのではなく、 何かしらの理由で生かされているのではないかと考えられました。 ノーマン生存を裏付ける証拠2:タイトルロゴの本数 左が今週で右が先々週。 これは連載開始当初からの描かれており、 エマ、ノーマン、レイの3人を示しているのではないかと推察されています。 また、この3本の線は、ノーマンが出荷された後の 第30話では、本数が2本に減っていました。 この事から、ノーマンは本当に殺され、鬼に食べられてしまったのではないかと考えられました。 しかし、その次の第31話では、 ラインの本数はまた3本になっています。 そのため、ノーマンは殺されそうになったものの、それを回避して どこかで生き残っているのではないかという考えられるようになりました。 ノーマン生存を裏付ける証拠3:イザべラのセリフに違和感 もう一つ、ノーマンの生存説の根拠として言われているのが、 ノーマンが出荷された後にイザべラが言った一言です。 これは、単行本4巻に番外編として収録されている話の中で登場します。 その番外編では、ノーマンを出荷させた後ハウスに戻ってきたイザベラが、ノーマンの持っていたトランクの中身を見るという短編になっており、トランクの中には唯一 糸電話がしまわれていました。 これを取り出したイザベラは相手のいない糸電話に耳を当て、 「さよなら 幸せに ノーマン」と呟きました。 この「幸せに」という言葉は、通常これから 死ぬと分かっている相手に向ける言葉としては違和感のある言葉であるため、ノーマンはどこかで生きているのではないかと考えられました。 そんなノーマンが恐らく 唯一トランクに入れたのが糸電話です。 これは単行本2巻の描き下ろし漫画を見ると理解することができます。 そこでは、ノーマンが風邪を引いて医務室で寝込んでしまい、イザベラに移るから近寄らないようにと言われたものの、ノーマンに近づこうとしたエマが、 糸電話を使えば医務室に入らなくてもおしゃべりできるね、と提案したという話。 これは ノーマンがエマに好意を抱くようになったきっかけの出来事と考えられており、ノーマンは何も持っていくことができないと知りつつも糸電話をトランクに入れたのでした。 実はあの場面は ノーマンの健気な恋心に感涙必死の名場面なのです。 ノーマンはウイリアム・ミネルヴァ(ジェイムズ・ラートリー)の弟で、ミネルヴァの裏切り者である ピーター・ラートリーが里親として引き取っていました。 ノーマンはそこで グレイス=フィールドよりも難易度の高いテストを毎日行いながら暮らすことに。 しかし、ノーマンはそれでも諦めず 脱出を行い、エマたちとの再会を決意します。 エマたちとの再会はいつだ!今後の展開に注目! 無事生存していることが明らかになったノーマンですが、新農園は 不可解な点の多い存在であり、更に謎は深まってきています。 エマたちは無事に再会することができるのか、そして鬼たちとの戦いはどのような決着を迎えるのか、 今後の展開からも注目が離せません! 関連記事をご紹介!.

次の