スプランク 株価。 スプランク(Splunk Inc)(SPLK):株価 (無配)|アメリカ株(米国株) | 投資の森

スプランク【SPLK】ビッグデータ分析プラットフォームとしてセキュリティ以外でも伸びている

スプランク 株価

アナリストが投資判断を「買い」に引き上げ、目標株価を169ドルに引き上げた。 フリーキャッシュフロー(FCF)拡大の可能性を指摘。 同社は収益モデルを経常収益型に移行しており、それが明確さを増しているという。 これにより、2023年度のFCFは10億ドルに近づき、現在の株価は過小評価されていると指摘した。 売上高の伸びとFCFのトレンドに不確実性は認められるものの、強力な同社のファンダメンタルズがそれを補完するという。 同社の魅力的なファンダメンタルズの見通しは、今後数四半期でより明確になり、高く評価されると見込んでいる。 (NY時間10:18) スプランク 121. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

【海外企業分析】スプランク Splunk inc. (NASDAQ:SPLK)│インフラエンジニアなう

スプランク 株価

スプランク Splunk スプランク Splunk は、ビッグデータを整理整頓して、顧客にとって見やすく使いやすくするツールを提供している企業です。 ビッグデータは、さまざまな形でバラバラに存在しています。 下の図のように、あらゆる種類のデータを検索・分析・可視化することができるのがスプランクです。 例えば、フェイスブックやTwitterなどはちがう形式でデータの送受信がおこなわれています。 とにかく、ビッグデータはゴチャゴチャしています。 データをスプランクに一元管理することで、「 スプランクのシステムを覚えるだけで、全部のシステムがマスターできる!」ようになります。 さまざまな情報を1つにまとめるシステムのアイデアを思いつく企業はたくさんありました。 結局、モノになったのは、スプランクだけですね。 スプランクのおかげで、ビッグデータ解析のコストは大きく下がっていくと考えています。 おそらく、今後10年の間に、どの企業もビッグデータを解析する必要性が出てくると思います。 製造業のような今までビッグデータとは無縁の業種でも、活用が広まってきています。 スプランクのシステムは、第三者企業 サードパーティ が提供アプリでも利用することができます。 今後、スプランク中心にビッグデータ活用のルール作りがすすむと思います。 他の企業がビッグデータ解析システムで巻き返しを図るのは難しそうですね。 弱点は赤字体質 スプランクの弱点は、毎年のように 赤字を垂れ流していることです。 現時点では、収益よりもシェアを重要視しているようですね。 下の図の通り、毎年のように赤字を計上しています。 スプランクは収益面が弱いため、悪い材料がでると一般的な銘柄よりも株価が大きく下がる傾向があります。 株価が大きく振れやすい スプランクの株価は、 大きく上下に振れます。 業績が慢性的に赤字なので、市場予想を下回ると大きく株価が下落する傾向があります。 データ量は爆発的に増加! スプランクは、ビッグデータの解析をお手伝いする企業です。 総務省のデータをみると、世界的にデータ量は爆発的に伸びていくので大きな追い風が吹いています。 直近の決算 2019年11月21日 金 の引け後、スプランクが2020年第3四半期の決算を発表しました。 売上高 …23億59百万ドル 前年同期比30. 22ドル BPS …11. 売上高は右肩上がりですが、ずっと赤字を計上しています。 2%です 2020年1月期。 EPS 1株あたりの利益 スプランク Splunk のEPS 1株あたりの利益 はこちらです。 BPS 1株あたりの純資産 スプランク Splunk のBPS 1株あたりの純資産 はこちらです。 営業キャッシュフロー・フリーキャッシュフロー スプランク Splunk のキャッシュフローはこちらです。 配当性向 スプランク Splunk は、配当を出していません。 今回のまとめ 今回の記事のポイントは、こちらです。 これからビッグデータを活用する機会が増えてくると思うので、スプランクの活躍の場も増えていきそうですね。 過去の決算 2020年第2四半期の決算 2019年8月21日 水 の引け後、スプランクが2020年第2四半期の決算を発表しました。 売上高 …3億1,163万ドル 前期比37. 4%増 純損失 …1億1,849万ドルの赤字 前期は1億1,512万ドルの赤字 EPS … -0. 07ドル 市場予想は、売上高2億97百万ドル EPS -0. 09ドルだったので、予想を上回る決算でした。 しかし、新期の獲得顧客の数字が下がっていることが嫌気されて、アフターマーケットでは -2%弱で推移しています。 備考 関連資料 スプランク:『スプランク 公式HP』 スプランク:『Annual Report』 スプランク:『総務省 公式HP』 注意事項 ・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません ・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません ・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします ・当サイトでは、米国株についての情報を提供しています。

次の

【海外企業分析】スプランク Splunk inc. (NASDAQ:SPLK)│インフラエンジニアなう

スプランク 株価

モトリーフール米国本社、2020年3月5日投稿記事より 市場は調整局面の最中にあります。 投資家が懸念しているのは新型コロナウイルスの感染拡大による影響です。 3月4日時点でウイルスは80か国以上に広がっており、死者数は3,250人以上、感染者数は9万5,000人以上となっています。 感染拡大は世界の株式市場の急落を引き起こしました。 複数の企業が2020年の業績見通しを下方修正したことで、ハイテク株は下落しています。 相場の低迷は短期間にとどまる可能性が高いとみられていますが、一部の株式は比較的割安になっています。 ここでは、強固なファンダメンタルズと素晴らしい成長見通しを持ち、市場を拡大しているハイテク株3銘柄を紹介します。 これらの銘柄は、今後10年間にわたって保有を続けられる堅実な投資対象となるでしょう。 しかし、市場全体の低迷により、現在の株価は過去最高値を9. アルテリックスはデータ分析業界のマーケットリーダーです。 ビッグデータ市場は世界で最も成長率が高い業界の一つであり、同社は急速な進歩による恩恵を受けるでしょう。 アルテリックスが提供する包括的なデータ分析プラットフォームは極めてユーザーフレンドリーで、プログラミング経験がなくても堅固なモデルとワークフローを作成することができます。 新規顧客は474件増加し、総顧客数は6,100件となりました。 売上高の伸びは鈍化しているものの、引き続き素晴らしいペースを保っています。 アナリスト予想売上高は2020年が5億6,400万ドル、2021年が7億3,000万ドル、2022年が9億6,800万ドルです。 これにより、アルテリックスは長期保有に最も適したグロース株のひとつとの見方もあります。 しかし、長期投資家にとっては大幅な上昇余地が残っています。 売上高は2017年度の9億5,000万ドルから2019年度には18億ドルへと増加しました。 2020年度のコンセンサス予想売上高は23億5,000万ドルです。 顧客基盤も2017年の1万3,000件から2019年10月末時点で1万9,000件へと拡大しており、売上高の伸びをけん引する主な要因となっています。 スプランクが堅実な投資対象であるもう一つの理由は、クラウドベースの商品についてサブスクリプション型のビジネスモデルに移行していることです。 2019年にSaaS(Software-as-a-Service、ソフトウェアの必要な機能を必要な分だけサービスとして利用出来るモデル)方式へと移行したことは、安定した売上高を確保する助けとなるでしょう。 また景気循環に左右される度合いが低下し、キャッシュフローが堅実に増加することで、株価上昇の要因になりえるでしょう。 しかし、市場の低迷によって現在は過去最高値を13. 投資家はeコマースセグメントにおけるショッピファイの大きな成長機会に注目しています。 同社は出品者向けにデジタル店舗、決済手段などのさまざまなツールを提供しています。 中小企業が商品やサービスを拡大する中、同社のサービスへの需要は急激に伸びています。 ショッピファイには、海外展開や物流ネットワークの発展などの十分な成長要因があります。 倉庫自動化システム開発会社の6リバー・システムズを買収したことは、マーケットリーダーのアマゾン・ドット・コムに対抗する一助となるでしょう。 次に何が起こるか? 上記の3銘柄の株価は過去数週間で大幅下落していますが、依然としてバリュエーションは割高です。 アルテリックス、スプランク、ショッピファイの予想株価売上高倍率(PSR)はそれぞれ16倍、9. 8倍、24. 7倍となっています(いずれも執筆時点)。 割高なバリュエーションは、(特に市場全体の調整局面が続いた場合や弱気相場に入った場合に)今後の値動きが激しくなることを意味しています。 しかし、市場のタイミングを計るのは不可能であるため、投資家はこれらグロース株が大幅に下落した時に買えば、長期の資産形成のチャンスとなりうるでしょう。 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。 アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。 元記事の筆者Aditya Raghunathは、記事で言及されている株式を保有していません。 モトリーフール米国本社は、アルテリックス株、アマゾン株、ショッピファイ株、スプランク株を保有し、推奨しています。

次の