しょっぱい 食べ物。 白くて強力な食べ物にかけるやつ

突然、無性にしょっぱいものを食べたくなった時の原因!

しょっぱい 食べ物

風邪に効果のある食べ物 風邪を引いたら、あなたはどのような対処を行いますか? 薬を飲む、安静にする、しっかり睡眠をとる、病院に行く・・等、方法は色々あります。 勿論、どれも正解です。 しかし一方で、ひどくなるまでは薬は飲みたくないという方や、仕事や学校が忙しくてなかなか休む時間が取れないという方もいらっしゃるでしょう。 そのような時は、風邪を悪化させないよう食べ物を工夫をされてみるのはいかがでしょうか。 今回は、 風邪のひき始めや寒気がするとき、発熱があるとき、咳がひどいときや風邪で胃腸の調子が悪い時に良い食べ物や食事をご紹介します。 それと合わせて、逆に 風邪のときには食べていけないものもご紹介します。 風邪の諸症状に効く食べ物 風邪には様々な症状がありますが、その症状別に効果が高まる食べ物というのがあります。 それでここからは、具体的な風邪の症状と共に食べるとよいとされている食べ物をご紹介したいと思います。 現在風邪を引いている方は勿論、万が一風邪を引いた時には是非参考になさってみて下さい。 風邪のひき始めに効く食べ物 風邪の引き始め、とくに最初の2日間は風邪のウイルスの力が弱いため、この時期を上手に過ごす事が出来れば重症化することなく回復する事が出来ます。 第一には安静ですが、実は食べ物でも風邪を撃退する事が可能です。 しかし、よく風邪を引いたかなと思ったら精のつくものを食べなさいと言いますが、これは間違いです。 消化にたくさんのエネルギーを使う食べ物(肉類など)を食べすぎてしまうと、そこにエネルギーを多く使うため逆に風邪のウイルスと戦う力が少なくなってしまいます。 ですので、なるべく消化のよいものを食べるのがよいそうです。 おかゆ おかゆは、ご飯よりもやわらかいので消化にもよく体も温まるのでお勧めの食べ物です。 疲労回復に効果があるクエン酸の入った梅干しや殺菌作用に優れた長葱を入れると、より効果的です。 煮込みうどん おかゆ同様、消化によく体が温まる食べ物として風邪の引き始めに効果があるのは、煮込みうどんです。 本来、小麦を使った製品はすでに下痢や消化不良を起こしている状態には好ましくないのですが、風邪の引き始めであればまだ消化能力もそれほど落ちていないので、よいでしょう。 野菜やたまごを一緒に煮こむとさらに栄養もアップして効果があると思います。 卵酒 卵酒は日本人にとってとても馴染み深い風邪の撃退方法だと思います。 卵白に含まれるリゾチームという成分が、ウイルスを殺して、粘液の分泌を促す事で痰や鼻づまりを解消し、さらに日本酒が体を温めてくれます。 寒気がする時に体に良い食べ物 寒気がする原因の一つに、季節の変わり目による気温差があります。 冬になると気温が一気に下がるので皮膚の表面温度も下がり、それを察知して体表部分を温めようと血液が集まってきます。 しかし、これにより体の内部の血の巡りは悪くなってしまうので、俗に言う寒気や悪寒を感じるようになります。 にんにく味噌 にんにくには血の巡りをよくする効果があります。 そのため、寒気や悪寒を感じた時ににんにくを食べると冷えた体の内部まで温まり風邪を引かなくて済むというわけです。 しょうが炒飯 寒気がして、服を着こんだり布団に潜ってもなかなか温かくならないのは、体の内部が冷えているからです。 そのような時は体を温めるしょうがを積極的に食べましょう。 ねぎ豚しゃぶ鍋 長葱にも体を温める作用に優れた成分が入っているので、寒気がする時には是非食べたい食材です。 しかし長葱と言えば冷奴やざるそばなどの冷たい食べ物の薬味のイメージも強いですよね。 体を温めるのが目的なので冷奴などは寒気がある時には適した食べものではないので、そのような時は鍋にたっぷりと長葱を入れて豚肉のしゃぶしゃぶと一緒に食べるしゃぶ鍋はいかがでしょうか。 鍋なので長葱の効果を相まって2倍体が温まります。 発熱があるときに良い食べ物 風邪による発熱のメカニズムは、体内に侵入した異物(ウイルス)を免疫機能が感知して、それを退治すべく戦闘態勢に入った事を表します。 以前までは、熱はよくないものとされ解熱剤を使って早めに下げるように考えられていましたが、現在では熱は防御機能の一つとして理解されるようになり、熱の高さそのものよりも全身の症状などを見て、解熱剤を使うかどうかを判断しています。 とは言え、発熱時は体力が奪われ食欲が湧きません。 そのような時には一体何を食べるのがよいのでしょうか。 果物 果物は水分を豊富に含み、また口当たりもさっぱりしているものが多いので、食欲がない場合にでも食べやすい食べ物と言えるでしょう。 特にいちごやみかんなどはビタミンCがたくさん含まれているので、少しずつでも食べるのがよいでしょう。 梅干し 梅干しに含まれるクエン酸が、胃腸の働きを活発にして疲労回復に役立ちます。 熱が出ている状態というのは体の免疫機能がウイルスと必死に戦っている時であり、当然体力も奪われがちです。 その時に梅干しを食べると、体の回復を早め、ウイルスと戦う免疫力をサポートしてくれます。 ゼリー 高熱が出ている時などは、胃腸の動きも弱まり食欲が全くないという状態も珍しくありません。 ですが、そのような時でもつるっとしたのど越しのゼリーなら食べられるという方は以外に多いと思います。 100%のジュースと粉ゼラチンがあればすぐに作れます。 咳がひどいときに効く食べ物 咳は体にとってよくないものを、体外へと排出する働きであるため、出来ればむやみに薬などで止めない方がよいと言われています。 しかし、長く続く咳はそれだけで体力を奪い、風邪を悪化させる要因にもなってしまいます。 そこで、咳に効く食べ物を食べて体の中から少しでも咳の辛さを緩和しましょう。 はちみつ大根 乾いたような咳、痰があまり出なく切れにくいような咳の場合には、大根を食べるとよいと言います。 特に大根は肺の熱も取ってくれるので風邪による咳にはとても効果があると言われています。 ゆず湯 湿り気があり粘着性のある痰を伴う咳が出る時には、みかんの皮を乾燥させた陳皮や、ゆずを食べるとよいとされています。 ゆずを薄くスライスしたものとはちみつを瓶に入れ一晩寝かせたものを、お湯と割ってゆず湯にして飲むと体も温まり、痰が切れやすくなります。 柿のスパイス風味シャーベット 体が発熱した状態で黄緑色がかったような痰が出ている時には、柿がよいでしょう。 柿は肺の乾燥を防いで潤いを与えてくれます。 また、柿は体を冷やす効果があるので熱が高い時には体を内部から冷やしてくれますが、熱はウイルスと戦っている証拠でもあるので、あまり冷し過ぎてもいけません。 そのため、クローブやシナモンといったスパイスを使って、体を冷やしすぎない工夫も大切です。 胃腸の調子が悪く食欲がないときにおススメの食べ物 風邪を引く要因として免疫力の低下がありますが、実はその免疫力の大半は腸が関係していると言われています。 このため、風邪を引くと腸の調子が悪くなったり、腸の調子がおかしいと思ったら風邪を引いたなど、腸と風邪には密接な関係があるとされています。 このように風邪を引くと大抵胃腸の調子も悪くなってしまいますが、そのような時に是非知っておきたいのが下記の食べ物です。 れんこんのポタージュ れんこんには胃を守る働きのあるルチンと、免疫力を上げてくれるビタミンCが豊富に入っているので胃腸の調子がよくない時に食べるのがよいでしょう。 特に生のれんこんをすりおろしたものは栄養価が高く、牛乳や豆乳などで味を整えて温めてスープにすると、胃腸への負担もより和らぎ効果がアップします。 シイタケとニラの中華粥 ニラに含まれる硫化アリルは、下痢、便秘、腹痛といった胃腸に関連したものにとても効果がある成分です。 胃腸の調子を整え、スタミナを増強する働きがある事から、風邪を引いた時に限らず普段から胃腸の調子が優れない方は、常時摂取しておきたい食べ物です。 また、体を温める効果もあります。 湯豆腐 湯豆腐は、食欲がない時にもさっぱりと頂けますし、豆腐によってたんぱく質を補える他、体を温める事も出来ます。 薬味にしょうがや長葱を使えば、さらに風邪を撃退する効果が高まるでしょう。 逆に風邪の時に食べてはいけないものは? 風邪の時に食べるとよいものがあるように、食べてはいけないものもあります。 まず 1つ目は体を冷やすもの。 風邪を引くと喉が渇きやすくなり、また脱水にならないように水分補給も兼ねて、ついつい冷たい物を飲み過ぎてしまいますが、それは胃腸に負担を掛ける事になり兼ねません。 なるべく温かいものを飲むのがよいでしょう。 次に 2つ目は刺激物。 熱すぎるものや辛すぎるものは胃や喉に負担になり、炎症などを引き起こす可能性があります。 気を付けて下さい。 そして 3つ目はこってりとしたものです。 特に肉や揚げ物などは消化に時間が掛かってしまい、余計な体力が奪われてしまうだけではなく胃腸にも負担が掛かってしまいます。 風邪を引いた時は、これらの食べ物をなるべく避け、温かく胃腸に優しいものを食べるようにしましょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 風邪に効くとされている食べ物は、症状によって実に多岐に渡る事がわかりましたし、またそれがいかに理にかなっているのかという事もご理解頂けたのではないかと思います。 風邪を引いたかも知れない・・、咳や鼻水が出て来たなと感じた時は食べ物にも気を使って、出来るだけ早く治してしまうように心掛けましょう。 風邪の関連記事.

次の

「日本の食べ物は体に悪い」外国人の日本食に対する勘違い

しょっぱい 食べ物

この記事では 柔らかい食べ物だけをひたすら紹介してきます。 虫歯で歯が痛い• 歯肉炎で歯茎が痛い• 親知らずを抜いたばかり• 噛むのがだるい 柔らかい食べ物を求めている理由は人それぞれでしょう。 バリエーション豊かな食事を楽しめるように 22種類ご紹介します。 また、これら22種類とはべつに「柔らかいスイーツ」もまとめました 記事の最後にあります。 ぜひ参考にしてみてください。 柔らかい食べ物22選 歯が痛くても平気な食べ物はこちらです。 おかゆ 柔らかい食べ物の定番、おかゆです。 お茶漬けや 雑炊などでもいいでしょう。 作るのが面倒なら 味噌汁にご飯を入れてしまうという手もあります。 こんな記事も読まれてます 4. 納豆 おすすめはひき割り納豆です。 ひき割りのほうが柔らかくて咀嚼しやすいからです。 歯が痛いと食べる物が偏ってしまい、不健康になりがちですよね。 ぜひ栄養豊富な納豆を食べましょう。 発酵食品である納豆は腸内環境を整えてくれます。 栄養の吸収を妨げます。 ふだん生卵をかけている方はご注意ください。 豆腐 豆腐は 白米のかわりにもなります。 某牛丼チェーン店では"白米の代わりに豆腐が盛られた牛丼メニュー"があるくらい。 お米が硬くて食べられない人は、ぜひ豆腐に置き換えてみては? 豆腐には、絹ごし豆腐と木綿豆腐の2種類があります。 より柔らかくて歯に優しいのは 絹ごし豆腐のほうですね。 うどん 讃岐うどんのように「コシが命!」みたいなタイプは避けるべきです。 あまりの歯ごたえに致命傷を負いかねません。 おすすめはスーパーに売っている1袋20円くらいの 激安うどんです。 記載されている時間よりも長めに茹でれば相当柔らかくなります。 柔らかさについては全面的に保証しますが、味の保証はできません。 ゼリー ゼリーはさっぱりしていて食べやすいですね。 野菜の栄養素が入った健康的なゼリーも売っています。 昼食にもおすすめです。 ただしゼリーは糖分を多く含んでいるため、食べたら忘れずに歯磨きをしましょう。 アボカド 食わず嫌いの方もいるかも知れませんが、アボカドって案外美味しいんですよ。 森のバターの異名を持つほどなめらかで柔らかいため、噛む力はほとんど必要ありません。 スーパーなどで見かけると「デカいな」と感じるかもしれませんが、ご安心ください。 上の画像のとおり中央に大きな種が入ってるんです。 食べられる部分はそれほど多くありません。 ひとりで1個食べれちゃいます。 もしくは、スーパーの冷凍食品コーナーを覗いてみてください。 スライスされた フローズンアボカドが売ってることもあります かなり便利です。 こんな記事も読まれてます 10. ミートボール どうしてもお肉を食べたい人には ミートボールがおすすめです。 歯ごたえがありそうに思えますが、私は食べれました。 おから おからも柔らかくて健康的なのでオススメです。 難点があるとすれば、 地味なわりに意外と価格が高いこと。 私がおからを低く見積もり過ぎているのかもしれませんが、案外高価なんです。 ちくわ・はんぺん ちくわやはんぺんなど、いわゆる練り物です。 価格が安いのも嬉しいところ。 ただでさえ歯の治療で多くのお金が消えていきますからね。 さらなる出費は避けたいものです。 かぼちゃの煮物 かぼちゃの煮物はスーパーの惣菜コーナーなどで手に入ります。 時間に余裕があれば、自分で調理するのもいいでしょう。 さもないと激痛に悶え、歯医者へとかけこむはめになります。 高級な牛肉 もう思いつかない……。 正直、8個目のアボカドあたりで限界をむかえていました。 22種類もの柔らかい食べ物がこの地球上に存在するかどうかすら怪しいものです。 これ以上柔らかい食べ物が出てこない 私の頭が硬いことは間違いないでしょう。 さて、苦し紛れに飛び出した牛肉を処理します。 超高級な牛肉はお口の中でとろけます。 よくテレビで「消えてなくなった!」とか「歯が要らない」とかいってるのを耳にします。 だからおすすめです。 はちみつ はちみつはいろんな食材によく合います。 ヨーグルトにかけてもいいですし、 バナナにかけるのもいいでしょう。 ちょっぴり高価ですが、アカシアという種類のはちみつが美味しくておすすめです。 茶碗蒸し あまり見かける機会はないものの、茶碗蒸しも柔らかい食べ物ですね。 寿司屋へ行った際に注文してみてはいかがでしょう? 17. 揚げ豆腐 お気持ち察します。 「あれ?豆腐ってさっきも言ってなかった?」と指摘したいんですよね? よくわかります。 でも柔らかいんです。 高野豆腐 わかります、落ち着いてください。 ただ、揚げ豆腐だって高野豆腐だって、"豆腐"のひとことで括られたくはないと思うんです。 人参のグラッセ 人参のグラッセです。 レストランでハンバーグを注文したときに、鉄板の隅っこに鎮座しているやつですね。 チーズ チーズは、加熱すればトロトロになりますし、常温でも柔らかいので問題なく食べれます。 チーズフォンデュなどはうってつけですが、いかんせん、テンションが釣り合いません。 お通夜みたいなテンションでチーズフォンデュ食べてる人って見たことありませんよね。 でも、そうなってしまう可能性があります。 歯が痛すぎて。 完治してから、いぇーい!と食べてください。 チーズフォンデュはそういうテンションで食べる料理です。 豆腐ハンバーグ なんだかんだいって豆腐は正義です。 たまご 最後はマジメにいきましょう。 タンパク質、アミノ酸などの栄養素が豊富で体にいい食材。 それが卵です。 料理のバリエーションも豊富なので飽きません。 まず目玉焼き。 美味しいですよね 私は醤油でもソースでもなく塩コショウ派。 それから、ゆでたまご。 パクパクいけちゃいます。 さらに玉子焼き。 フワフワで歯にストレスを与えません。 さらにさらに、 玉子豆腐……ッ! 柔らかいスイーツ さて、ここからは柔らかくて甘いスイーツをご紹介していきます。 歯が痛いときこそ 甘いものを食べて元気を出しましょう。 しかめっ面でソフトクリームを食べてる人って見たことないですよね? スイーツを食べればハッピーな気分になれます。 食後のデザートにぜひどうぞ。 歯磨きを怠るともれなく虫歯になりますが ソフトクリーム ソフトクリームなら歯を使わずに食べれます。 ひょっとすると 世界で一番柔らかい食べ物かもしれませんね。 ぜひソフトクリームで、痛みを感じることなく食事ができる幸福を噛みしめてください。 いや、噛みしめると痛いので、舐めしめてください。

次の

しょっぱいものが食べたくなるのはこんな時?

しょっぱい 食べ物

ちょっと油断して風邪をひいてしまいましたー! 熱が出たり、寝込むまではいかなかったのでよかったのですが、今朝まで鼻が詰まって頭がぼーっとしてました。 乳癌になる前は、しょっちゅう風邪をひいて、すぐに熱が上がっていたなぁ…。 今は大分免疫力も備わってきたのか、ひどくならずに済んでいます。 皆さまもご注意くださいね。 さて、年明けに気になったことがありましたので、1月中に書き残しておきたいと思います! 3度の食事以外に、もしデザートをいただくとするなら、 絶対に甘いものを選んでしまう私。 都昆布とか、さきイカとか、ポテトチップスとか、お酒のおつまみ、みたいなものが食べたくなって、 煮豆や、栗きんとんなどに身体が飽きたのかなぁ~、甘党の私がめずらしいなぁ~と思い、ふとネットで調べてみたんです。 すると、今まで気付かなかった事が! よくよく考えれば、聞いたこともあったし、納得なのですが、普段は、塩味のものを間食として無性に食べたくなることは全くなかったので、気が付きませんでした! しょっぱいものを食べたくなる原因 ネットで調べてみると、急にしょっぱいものを食べたくなるのは 「身体にミネラルが不足しているから」なんだそうです。 身体がその食べ物自体を欲しているというよりは、その 食べ物に含まれる栄養素を欲しているんですって! 甘いものを食べたくなる原因 反対に、甘いものが食べたくなる原因は、 「たんぱく質が不足している」のだそうですよ。 甘いものはぐっと我慢して、ささみや、大豆製品など、良質なたんぱく質をとると、甘いものが食べたい欲求がおさまるのかもしれませんね。 ちなみに、甘い物の中でも、極端にチョコレートが食べたい!と思う場合は、 「マグネシウムが足りない」のだそうです。 そういえば私も、無性にチョコレートが食べたい!と思って食べた直後に生理が来るって経験、昔はよくあったんですよね~! マグネシウム不足の際、ナッツを食べると満足するらしいですから、栄養価の高いナッツを上手に利用したいですね。 今回のことで、特定のものが食べたい!と強く思う時は、 身体に足りなくなっている栄養素があるんだということを、改めて認識することが出来ました。 ちなみに、私がこの事実を知って「これが原因か~!」と、思わず唸ってしまったのが、 普段は毎朝30ml飲んでいる、デトックス&ミネラル補充用のを、お正月のタイミングでは、近場に旅行にいったり、出かけたりすることが続いていたため、飲み忘れることも多く、持ち歩いてもいなかったんです!! サプリは、サプリケースに入れて持ち歩いていたんですが、これは液体だから重いし、面倒になってしまって…。 普段は、毎朝作るお味噌汁や、ご飯にも必ず、希望の命水を入れて食べているのですが、 年末からは、外食が続き、ご飯ではなくてお蕎麦やお餅を食べたり、義母が作ったお雑煮(もちろん、希望の命水を入れていない)を食べたりしていたので、命水を補給するタイミングが少なかったんですよね。 それで 「ミネラル不足に陥っていた = 無性にしょっぱいものが食べたくなっていた!」ようです~! (納得!) その後、このことに気付いた私は、あわてて命水を多めに飲みました。 すると、2日ほどしたらすっかり、 しょっぱいものが無性に食べたくなる病がおさまったのでした…! やっぱりミネラルは身体に必要なんですね。 すごく納得した出来事でした! 以前の私はすごく貧血気味で、人間ドッグの血液検査でひっかかることも多かったのですが、乳癌になってこれを飲みはじめてから、そういえば、血液検査で貧血だ、と指摘されることがなくなりました。 生理前に立ちくらみすることもなくなり、飲んで劇的に変化することはないけれど、思い返してみると、ああ、やっぱり色々な面で効いていたんだな、と気付かされます。 そこで知ったことなども、こちらのブログで少しずつ書いていきたいな、と思います。 昨日まで、2016年の春に、乳癌の全摘手... 44,090ビュー• 乳がんになる以前は、KID BLUE の... 39,357ビュー• 乳頭乳輪を残す全摘の内視鏡手術をしたもの... 27,436ビュー• 乳癌の全摘手術と、その後に行った乳頭の切... 23,147ビュー• ちょうど1年前の6月にスタートし... 21,631ビュー• 今日は、乳癌の手術後に出来てしまった傷を... 19,888ビュー• 乳癌の左右の原因について、昨日の記事(ク... 18,989ビュー• 18,249ビュー• 入院することになった際に、意外と持ってい... 17,671ビュー• 先日、半断食の記事を書いていてふ... 16,573ビュー• 抗がん剤治療が終わったのが、昨年9月。... 16,090ビュー• 乳癌全摘手術の後、入院中は痛くてなかなか... 15,608ビュー• 私が乳癌と宣告されたのは2014... 14,982ビュー• 乳がんの全的手術後、抗がん剤治療の間はス... 14,594ビュー.

次の