上野 グラン クリュ。 ワインの世界でよく使われている「グラン・クリュ」とは?

ブルゴーニュのグランクリュの一覧

上野 グラン クリュ

Contents• クリュとは? グランクリュ では、具体的に上から順にクリュを見てみましょう。 一番上はグランクリュといって、「偉大なクリュ」という意味です。 つまり、グランクリュという の畑で取れたブドウで生産されたワインである、ということです。 プルミエクリュ つぎの階級は、プルミエクリュです。 プルミエクリュは、フランス語で一級畑という意味です。 これも赤枠でPREMIER CRUと記載があります。 つまり、一級畑で栽培されたブドウで造っていますという意味です。 ワインのことをあまり知らないと、一級畑であれば、一番上じゃあないかと考える人は多いと思いますが、実際には格付け的には上から2番目です。 その他のクリュと注意点 クリュは、主だったものはグランクリュとプルミエクリュの二つですが、これ以外にも ではパーセントで格付けをしていたり、地方独自のクリュも存在します。 また、クリュと名がつくと、それだけでいいワインのような気がしてしまう心理を利用してワイン名や表題にクリュと表記のあるワインも見かけます。 これは経験上の話なのですが、ブルゴーニュと 以外の地域のワインでクリュとラベルに表記をしてあるものは、こういった下心がどこかに垣間見えるもので、品質とは別個のものだと考えています。 また、ブルゴーニュや でも、もともとの格付けは下でも、栽培努力や醸造の技術でいくらでもいいワインを造ることは可能です。 後述しますが格付けはメリットとデメリットがあるので、しっかりと把握をしないと最悪な場合差別につながります。 クリュ(格付け)のメリットとデメリット あまり検討されていませんが、フランスは国家が積極的にワイン産業の普及にとりくみ、クリュやシャトーのように格付けを保証することも見受けられます。 ソムリエ業界やワイン業界でも、なぜか国家が格付けをすることによるメリットとデメリットは論じられていませんが、前述したように格付けは慎重に論じないと最悪な場合差別につながります。 メリットとしては、消費者からすれば品質のレベルがわかりやすく、その結果購買動機につながりやすいというのが一番でしょう。 また、ざっくりとした全体像がわかりやすければマスコミも取り上げやすいですし、それがさらに消費拡大につながるということも考えられます。 一方、デメリットとしては、格付けがあることで貧富の差がうまれやすく、新規参入がしづらいということが考えられます。 例えば、グランクリュの畑であればそれだけで信頼がありますので、設備投資も積極的に行えます。 しかし、逆にそうでない畑の場合は生産者にどれだけ情熱があっても認められづらいのは想像しやすいでしょう。 のシャトーと同様、クリュも頻繁には変更がありませんので、それがワインの階級社会を際立たせているのです。 私はフランスで生活していましたから身をもってわかっていますが、平等意識を前提とする日本とは比べ物にならないほどフランスは階級意識が高いので、そのあたりを押さえないと日本人の感覚とずれてしまいます。 例えば日本の国家が「あなたの酒造は2級」と格付けをして、格付けが本人の努力で確実に1級よりも上なのに何十年もほったらかされていたらどうでしょう? 私だったら怒って裁判で国家賠償を求めます。 (もちろん日本でこのようなことは考えられません) ワインは加水をしないので畑の良しあしがそのままブドウの品質に大きな影響を与えるので、畑ごとに格付けをしても問題ないように思えます。 しかし、栽培技術や醸造技術の進歩は目覚ましく、また日々の努力で下の階級のワインが品質で勝ることも、その逆も実際にあります。 親の代で勝ち取った階級で、次の代が大した努力もしないで品質を下げれば、階級も下げられるべきですし、もちろん逆もしかりでしょう。 日本のワイン業界もこの辺りのことが論じられるようになれば、より一層深みのあるものになると思いますが、皆さんはどう考えますか?.

次の

ペユ シモネ ファス ノール ブリュット グランクリュ

上野 グラン クリュ

グランクリュ、あるいは 特級畑は、のの格付けの中で最も高い格付けである。 グランクリュのうち、356ヘクタールはを、194ヘクタールはを産出する。 グランクリュのワインは、2010年においては18,670ヘクトリットル(ボトル250万本分)生産された。 これはブルゴーニュワインのうち1. ブルゴーニュにおけるグランクリュの起源は、の活動にさかのぼる。 シトー修道会は広大な土地を所有しており、その土地を、産出されるワインの特徴に基づいて境界を定め分割した。 の後には多くのブドウ畑は荒廃し、小さな区画に分かれて売却された。 における均等分割相続は全ての相続人に対し均等に財産を分割することを定めており、その影響でブルゴーニュのブドウ畑はさらに細分化されることになった。 たとえばクロ・ブージョは修道士によって拓かれた51ヘクタールの畑であるが、現在ではおよそ80人もの所有者によって分割所有されており、なかにはワインにして年間1ケース分ほどのブドウしか作れない小規模生産者もいる。 79ヘクタール 261. 4エーカー シャンベルタン 赤 13. 62ヘクタール 33. 7エーカー シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン 赤 14. 67ヘクタール 36. 3エーカー シャペル・シャンベルタン コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン 赤 5. 48ヘクタール 13. 5エーカー シャルム・シャンベルタン コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン 赤 28. 43ヘクタール 70. 3エーカー グリオット・シャンベルタン コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン 赤 2. 65ヘクタール 6. 5エーカー ラトリシエール・シャンベルタン コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン 赤 7. 31ヘクタール 18. 1エーカー マジ・シャンベルタン コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン 赤 8. 27ヘクタール 20. 4エーカー マゾワイエール・シャンベルタン コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン 赤 1. 82ヘクタール 4. 5エーカー リュショット・シャンベルタン コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン 赤 3. 25ヘクタール 8. 0エーカー クロ・ド・ラ・ロッシュ コート・ド・ニュイ モレ・サン・ドニ 赤 16. 84ヘクタール 41. 6エーカー クロ・ド・ランブレ コート・ド・ニュイ モレ・サン・ドニ 赤 8. 22ヘクタール 20. 3エーカー クロ・ド・タール コート・ド・ニュイ モレ・サン・ドニ 赤 7. 31ヘクタール 18. 1エーカー クロ・サン・ドニ コート・ド・ニュイ モレ・サン・ドニ 赤 6. 07ヘクタール 15. 0エーカー ボンヌ・マール コート・ド・ニュイ モレ・サン・ドニ 赤 14. 72ヘクタール 36. 77ヘクタール 26. 6エーカー クロ・ド・ヴージョ コート・ド・ニュイ 赤 49. 13ヘクタール 121. 4エーカー エシェゾー コート・ド・ニュイ フラジェ・エシェゾー 赤 35. 26ヘクタール 87. 1エーカー グラン・エシェゾー コート・ド・ニュイ フラジェ・エシェゾー 赤 8. 84ヘクタール 21. 8エーカー ラ・グランド・リュ コート・ド・ニュイ 赤 1. 65ヘクタール 4. 1エーカー ラ・ロマネ コート・ド・ニュイ ヴォーヌ・ロマネ 赤 0. 85ヘクタール 2. 1エーカー ラ・ターシュ コート・ド・ニュイ ヴォーヌ・ロマネ 赤 5. 08ヘクタール 12. 6エーカー リシュブール コート・ド・ニュイ ヴォーヌ・ロマネ 赤 7. 68ヘクタール 19. 0エーカー ロマネ・コンティ コート・ド・ニュイ ヴォーヌ・ロマネ 赤 1. 77ヘクタール 4. 4エーカー ロマネ・サン・ヴィヴァン コート・ド・ニュイ ヴォーヌ・ロマネ 赤 8. 37ヘクタール 20. 61ヘクタール 236. 3エーカー コルトン・シャルルマーニュ コート・ド・ボーヌ ペルナン・ヴェルジュレス ラドワ・セリニ アロース・コルトン 白 56. 61ヘクタール 139. 9エーカー シャルルマーニュ コート・ド・ボーヌ ペルナン・ヴェルジュレス アロース・コルトン 白 0ヘクタール 0エーカー バタール・モンラッシェ コート・ド・ボーヌ 白 11. 13ヘクタール 27. 5エーカー ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ コート・ド・ボーヌ ピュリニィ・モンラッシェ 白 3. 57ヘクタール 8. 8エーカー シュヴァリエ・モンラッシェ コート・ド・ボーヌ ピュリニィ・モンラッシェ 白 7. 47ヘクタール 18. 5エーカー モンラッシェ コート・ド・ボーヌ ピュリニィ・モンラッシェ シャサーニュ・モンラッシェ 白 7. 8ヘクタール 19エーカー クリオ・バタール・モンラッシェ コート・ド・ボーヌ シャサーニュ・モンラッシェ 白 1. 57ヘクタール 3. 9エーカー 参考文献 [ ]• , accessed on May 5, 2012• Johnson Vintage: The Story of Wine pg 131 Simon and Schuster 1989• MacNeil The Wine Bible pg 191-195 Workman Publishing 2001• 一般社団法人日本ソムリエ協会『日本ソムリエ協会教本2017』 脚注 [ ]• 畑が複数の村にまたがって存在する場合、村名を併記した。 ブランショ、ブーグロ、レ・クロ、グルヌイユ、プリューズ、ヴァルミュール、ヴォーデジールの7クリマ。 マゾワイエール・シャンベルタンの区画で、シャルム・シャンベルタンを表示しているものを含む。 大部分(13. 5haほど)はシャンボール・ミュジニー側に位置する。 ジョルジュ・コント・ド・ヴォギュエのみが白ワインを生産している。 ペルナン・ベルジュレスでは赤のみの生産が許可されている。 この名称は現在は使用されていない。

次の

グランクリュ・ワインとは? 地域別の意味と楽しみ方

上野 グラン クリュ

ブルゴーニュでの話ですね。 グランクリュ(特級)のほうが、プルミエクリュ(一級)より格上です。 そして、プルミエクリュの下に、村名格のワインがきます。 グランクリュの特徴は、プルミエクリュや村名格などに比べて、やはりエキス分が濃く、香りや味わいが非常に複雑、ということかと思います。 ただし、かといって重いワインばかりとは限りません。 一見軽やかでも、非常に複雑なのも一杯あります。 「いい造り手の一級は、特級に匹敵するものがある」、とかよく言われますが、それは造り手の努力によるものです。 特級と一級の最たる違いは、土壌の違いです。 こればかりはどうしようもありません。 以前、フィリップ・ルクレールのジュヴレイ・シャンベルタン 1er Cru 一級 コンブ・オ・モワンヌ2000年と、ネゴシアン物のシャンベルタン・クロ・ド・ベーズ1990年を比較したことがありました。 コンブ・オ・モワンヌは2000年なので酸もやや厳しかったですが、それなりに美味しく飲めました。 そのあと、クロ・ド・ベーズを飲むと、あまり出来も良くなく、ややがっかり。 それからコンブ・オ・モワンヌにもどると、なんと、コンブ・オ・モワンヌが非常に平べったく感じました。 やはり、特級は特級です。 美味しくなくても、特級たるものをもっています。 それともうひとつ、特級と一級の違いを感じるとき、それは、グラスに注いでから1時間近くたった時です。 どんなに優れた一級でも、グラスに注がれたワインが1時間ほどたつと、酸っぱくなってきます。 それに対して、特級のワインは、酸っぱくなることが殆どありません。 さすがに、特級、です。 <ご参考までに> ちなみにボルドーのメドックでは、一番上は「一級」ですが、この一級は、正式な格付名称は「プルミエ・グラン・クリュ」であり、直訳すると、第一特級、となります。 でも、日本では、一級と呼ばれています。 また、同じボルドーでもサンテミリオンはやや、ややくしく、 一番上が第一特別級A(プルミエ・グラン・クリュ・クラッセA)、次が第一特別級B、それから特別級(グラン・クリュ・クラッセ)、特級(グラン・クリュ)、となります。 つまり、ブルゴーニュと同じグランクリュという格付のワインでも、サンテミリオンの場合は格付での最下位、というわけですから、注意が必要です。 格付けについては前の方が述べているのが凡その内容です。 しかし、特徴と言っても一口では言えません。 特にブルゴーニュのワインが取っ付きにくいというか、ややこしい所がそこになのです。 漫画の影響で土壌の違いやマイクロ・クリマなんて事が実しやかに言われたりしますが、いかに良い土壌で良い条件の特急畑であっても切り売りされたりして、ワイン造りに情熱の欠片もない持ち主に渡ると酷い事になります。 (たったの数ヘクタールの畑の所有者が何十人なんてケースだってあるのです) それでも出来上ったワインの格付けはグラン・クリュ。 数メートルしか離れていない一級畑で努力を怠らず一生懸命素晴らしいワインを造り、特急をも凌駕するという名声を得ても出来上ったワインの格付けはプルミエ・クリュ。 勿論、特急の名に恥じないだけのワインを造り続けている作り手も数多くいるのですが、畑の格付けだけで追ってゆくと必ず痛い目に合うのがブルゴーニュのワインです。 私の経験でも同じアペラシオン、同じ年、ほぼ同じ位の価格で中身は驚く程優劣がある物なんて極当たり前のようにありました。 結局ワインは造り手。 人が造る物だと言う事ですね。

次の