クリスマス イヴ 12 月 24 日。 12月24日の朝礼ネタ・一言テンプレート

クリスマス・イヴは12月24日、イエス・キリストの誕生日と言うことであ...

クリスマス イヴ 12 月 24 日

1年を通して様々なイベントがありますが、クリスマスは「1年でカップルが一番盛り上がるシーズン」と言っても過言ではありません。 愛し合う恋人たちにとっては『聖なる日』。 そこで今回は、 『男性がクリスマスに本命彼女と過ごすのは何日?』という女性の疑問にお答えしたいと思います。 こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。 男性が本命彼女と一緒に過ごすとしたら、それは 「24日のイヴ」なのでしょうか? それとも 「25日のクリスマス」なのでしょうか?あるいは 「両日」か…。 今年のクリスマスを彼と一緒に過ごす予定の女性が「自分が彼の本命彼女なのか?」を確かめるうえで参考になる内容となっていますので楽しみながら読み進めて下さいね! まずあなたが知っておくべき前知識。 「クリスマス」と「クリスマス・イヴ」について 『12月25日クリスマスと、12月24日クリスマスイブ』の違いを正確に答えられますか? 「そんなの簡単!クリスマス当日が25日、その前日がイヴの24日でしょ?」という答えの方、または似たような答えの方は、ここで私と一緒に新しい知識を学んでいきましょう。 クリスマスについて少しでも知識を入れておくと、本題である「自分は本命彼女かどうか?」を確認しやすくなりますし、彼氏と過ごすクリスマスが何倍も楽しくなりますよ。 そもそもクリスマスとは、イエス・キリストの誕生を祝う日です。 一般的には『12月25日がクリスマス』となります。 一方のクリスマス・イヴは、一般的に『クリスマスの前日である12月24日全体を指す』ようになっていますが、本来イヴは「evening(夜、晩)」の「イヴ(eve)」、つまり正式には『クリスマス前夜(24日の日没から24日の23時59分までの数時間)』を指します。 そして何より面白いのが、暦の見方によって「クリスマスの期間が異なる」という点です。 例えば、私たちに馴染みのある一般の暦では『25日の0時から25日の23時59分まで』がクリスマスとされていますが、キリスト教で用いられる教会暦では『24日の日没から25日の日没まで』、つまり「クリスマス・イヴも『クリスマス扱い』になる」のです。 彼から誘われているクリスマスデートが「24日イブの昼間だけ」男には要注意! クリスマスに詳しいロマンチストな男性なら、あえてイヴの夜にあなたのアポを取り、「知ってる?クリスマスは24日の日没から始まってるんだよ」とか言いながら微笑むはず。 (笑) それはともかく、「24日の昼間」はイヴでもクリスマスでもありません。 もちろんそのことを知らない男性も多いと思いますが、やはり24日の昼間だけを一緒に過ごそうとする男性は要注意。 あなたを軽く扱っている可能性があります。 ずばり!男性がクリスマスに本命彼女と過ごすのは何日? あなたが彼の本命彼女であることがわかる一番の過ごし方(日にち)は、 『 24日の晩から25日の晩まで一緒に過ごす』 ことでしょう。 本命度ということで言うなら、次に『25日のみを一緒に過ごす』ことで、その次が『24日の晩のみを一緒に過ごす』ことでしょうか。 但し、24日25日ともにやむを得ず都合がつかない場合に『23日までに代替日を用意してくれている』ならセーフです。 (クリスマス後に代替日を用意するようならアウトかな…) もし私が、男性の代表として「本命と一緒に過ごすなら12月24日か?25日か?」と問われたら、『そりゃ25日ですよ!』と答えます。 日本では一般的に「クリスマスは25日」ですから、その前日のイヴを「プレ・クリスマス」のような捉え方をしている日本男子も少なくありません。 バレンタインにしてもクリスマスにしても、「ハート」とか「赤」といった女性らしいイメージが強いイベントに関しては、女性よりも男性のほうがずっと「疎い」もの。 疎いからこそ男性にとって「クリスマスは25日」というイメージでしかありません。 それ以外あまり考えないと言ったほうが適切でしょうか。 そう考えた時、『25日を一緒に過ごしてくれない』男性というのは、やはり何か違和感が…。 私にはそう思えて仕方ありません。 おわりに いかがでしたでしょうか。 彼氏自身どんなに仕事が忙しくても、クリスマスに時間をつくる努力をしてくれるのが『あなたを本気で想う男』です。 たとえ出張などで物理的に距離があっても、いつもより長いラブコールくらい出来るはず。 カップルなのに「聖なる日」に何もないことは今では『逆に不自然』ではないでしょうか。 クリスマスをLINEやメールで済ませるのも同じです。 あなたを本気で想う愛している男なら、最低でも電話ですよ。 ぜひ覚えておいて下さいね。 今年のクリスマスにあなたが彼の本物の愛を感じられますように。

次の

クリスマスイブはいつ(何時)からいつ(何時)まで?12月24日とは何の日?

クリスマス イヴ 12 月 24 日

12月24日はクリスマス・イブ 今回は 「クリスマス・イブ」について解説していきます! なぜ12月24日が「クリスマス・イヴ」なのかというと、イエス・キリストの生誕を祝う行事である 「キリスト降誕祭」の前日であることが由来となっています。 子供やカップルにとっては 一年の中で最もワクワクする日なのではないでしょうか。 ところで、皆さんはクリスマス・イヴの「イヴ」とはどのような意味かを知っていましたか? イヴについては英語で「eve」と書き、 「evening(夜)」が由来となっているため「クリスマスの夜」という意味になります。 キリスト教会暦では日没が1日の始まりであって、クリスマスは24日の日没から25日の日没までとなるので、その間の夜である24日の夜のことをクリスマス・イヴと呼んでいます。 そのため、一般的には12月24日の一日を「クリスマス・イヴ」と思っている人が多いのですが、 「イヴ」と呼べるのは夜の間だけであり、日付が変わって12月25日の0時から夜明けまでの間は「クリスマス・イヴ」となるのです。 この時期にはどこを歩いていてもクリスマスムード一色になっていて、少し外を歩いてイルミネーションを眺めているだけでも楽しい気分になりますし、今年のクリスマスも盛り上がるといいですよね。 クリスマスの雑学 今回は「クリスマス・イブ」にちなんで「 クリスマスプレゼントを靴下に入れる理由」「 サンタクロースの衣装が赤白の理由」などクリスマスにまつわる面白い雑学を紹介します。 クリスマスプレゼントを靴下に入れる理由 クリスマスプレゼントといえば何故か靴下に入れるイメージが強いですよね。 普段は防寒用であって、そもそもサイズがとても小さくてとてもプレゼントを詰め込めるようなものではないですが、 なぜクリスマスプレゼントといえば靴下に入れるものとなったのでしょうか。 実は、サンタクロースのモデルとなった人物である 「聖ニコラウス」の伝説が由来となっているのです。 聖ニコラウスは4世紀頃にトルコで司教をしていたそうなのですが、家庭が貧しいことから3人の娘たちを嫁に出してやれない不憫な家庭があると聞きつけました。 そんな三姉妹の事を可哀そうに思った聖ニコラウスは、夜中に自分だとわからないようにマントと頭巾をかぶり、こっそりとその家を訪れました。 そして、 窓からこっそりと金貨を投げて寄付したところ、なんと投げ込んだ金貨が靴下の中に入ったのです。 そのことから、サンタクロースのプレゼントは靴下の中に入れられるものとなったんですね。 サンタクロースの衣装が赤白の理由 サンタクロースといえば とても特徴的な赤と白の服を着ていますよね。 そもそもサンタクロースの由来となった三姉妹の言い伝えにもあるように、自分の存在がバレないようにプレゼントをするのがサンタなのですが、赤白ではかなり目立ってしまいますよね。 実は 昔はサンタクロースの服の色は統一されておらず、白色のサンタから紫色、青色の服を着たサンタクロースも存在していたそうなんです。 赤白の服を着たサンタクロースはカトリック教会の祭服が赤色をしていたことが由来となっていて、これがあることをきっかけにして全世界に広まっていったそうです。 実は コカコーラの宣伝に起用されたサンタクロースの服装が赤色をしていたため、世界にサンタクロース=赤色というイメージが広まっていったのです。 コーラが販売され始めたころには身体に悪いものだというイメージがあってなかなか売り上げが伸びなかったことから、女性や子供にも良いイメージのサンタクロースを宣伝として使ったのでした。 以上がクリスマスの雑学でした、いかがでしたか?.

次の

12月24日はクリスマス・イヴ

クリスマス イヴ 12 月 24 日

1年を通して様々なイベントがありますが、クリスマスは「1年でカップルが一番盛り上がるシーズン」と言っても過言ではありません。 愛し合う恋人たちにとっては『聖なる日』。 そこで今回は、 『男性がクリスマスに本命彼女と過ごすのは何日?』という女性の疑問にお答えしたいと思います。 こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。 男性が本命彼女と一緒に過ごすとしたら、それは 「24日のイヴ」なのでしょうか? それとも 「25日のクリスマス」なのでしょうか?あるいは 「両日」か…。 今年のクリスマスを彼と一緒に過ごす予定の女性が「自分が彼の本命彼女なのか?」を確かめるうえで参考になる内容となっていますので楽しみながら読み進めて下さいね! まずあなたが知っておくべき前知識。 「クリスマス」と「クリスマス・イヴ」について 『12月25日クリスマスと、12月24日クリスマスイブ』の違いを正確に答えられますか? 「そんなの簡単!クリスマス当日が25日、その前日がイヴの24日でしょ?」という答えの方、または似たような答えの方は、ここで私と一緒に新しい知識を学んでいきましょう。 クリスマスについて少しでも知識を入れておくと、本題である「自分は本命彼女かどうか?」を確認しやすくなりますし、彼氏と過ごすクリスマスが何倍も楽しくなりますよ。 そもそもクリスマスとは、イエス・キリストの誕生を祝う日です。 一般的には『12月25日がクリスマス』となります。 一方のクリスマス・イヴは、一般的に『クリスマスの前日である12月24日全体を指す』ようになっていますが、本来イヴは「evening(夜、晩)」の「イヴ(eve)」、つまり正式には『クリスマス前夜(24日の日没から24日の23時59分までの数時間)』を指します。 そして何より面白いのが、暦の見方によって「クリスマスの期間が異なる」という点です。 例えば、私たちに馴染みのある一般の暦では『25日の0時から25日の23時59分まで』がクリスマスとされていますが、キリスト教で用いられる教会暦では『24日の日没から25日の日没まで』、つまり「クリスマス・イヴも『クリスマス扱い』になる」のです。 彼から誘われているクリスマスデートが「24日イブの昼間だけ」男には要注意! クリスマスに詳しいロマンチストな男性なら、あえてイヴの夜にあなたのアポを取り、「知ってる?クリスマスは24日の日没から始まってるんだよ」とか言いながら微笑むはず。 (笑) それはともかく、「24日の昼間」はイヴでもクリスマスでもありません。 もちろんそのことを知らない男性も多いと思いますが、やはり24日の昼間だけを一緒に過ごそうとする男性は要注意。 あなたを軽く扱っている可能性があります。 ずばり!男性がクリスマスに本命彼女と過ごすのは何日? あなたが彼の本命彼女であることがわかる一番の過ごし方(日にち)は、 『 24日の晩から25日の晩まで一緒に過ごす』 ことでしょう。 本命度ということで言うなら、次に『25日のみを一緒に過ごす』ことで、その次が『24日の晩のみを一緒に過ごす』ことでしょうか。 但し、24日25日ともにやむを得ず都合がつかない場合に『23日までに代替日を用意してくれている』ならセーフです。 (クリスマス後に代替日を用意するようならアウトかな…) もし私が、男性の代表として「本命と一緒に過ごすなら12月24日か?25日か?」と問われたら、『そりゃ25日ですよ!』と答えます。 日本では一般的に「クリスマスは25日」ですから、その前日のイヴを「プレ・クリスマス」のような捉え方をしている日本男子も少なくありません。 バレンタインにしてもクリスマスにしても、「ハート」とか「赤」といった女性らしいイメージが強いイベントに関しては、女性よりも男性のほうがずっと「疎い」もの。 疎いからこそ男性にとって「クリスマスは25日」というイメージでしかありません。 それ以外あまり考えないと言ったほうが適切でしょうか。 そう考えた時、『25日を一緒に過ごしてくれない』男性というのは、やはり何か違和感が…。 私にはそう思えて仕方ありません。 おわりに いかがでしたでしょうか。 彼氏自身どんなに仕事が忙しくても、クリスマスに時間をつくる努力をしてくれるのが『あなたを本気で想う男』です。 たとえ出張などで物理的に距離があっても、いつもより長いラブコールくらい出来るはず。 カップルなのに「聖なる日」に何もないことは今では『逆に不自然』ではないでしょうか。 クリスマスをLINEやメールで済ませるのも同じです。 あなたを本気で想う愛している男なら、最低でも電話ですよ。 ぜひ覚えておいて下さいね。 今年のクリスマスにあなたが彼の本物の愛を感じられますように。

次の