志村 けん。 志村けんさん、追悼番組に揃った“元カノ”の顔ぶれ

1位獲得中【文庫】カテゴリー『志村流』志村けん。これが「志村けん」という生き方

志村 けん

特徴: SS専門ブログ 管理人: 暇P 移転先URLはこちらになります。 以前から記事カテゴリが勝手に変更される不具合があります。 もし間違ったカテゴリがありましたらコメントにてご指摘お願いします。 minnanohimatubushi2chblog. blogher. ニュー速SSVIP. sc 上記のサイトは当サイトと一切関係ありません。 支援などもしておりません。 旧: minnanohimatubushi livedoor. com 新:minnanohimatubushi gmail. livedoor.

次の

【画像】全盛期志村けんがやりまくったエロ番組がヤバすぎるwwww

志村 けん

「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村けん(しむら・けん 本名・志村康徳、やすのり)さんが29日23時10分に亡くなったことが30日分かった。 70歳だった。 東京都東村山市出身。 所属事務所によると、死因は新型コロナウイルス肺炎。 遺族の意向により通夜および葬儀は近親者のみで執り行う。 「ご香典・ご供花・ご供物の儀も、固くご辞退申し上げます」としている。 お別れの会は「ご遺族と相談の上、決定次第、ご連絡申し上げます」とした。 志村さんは17日から倦怠感の症状があり、19日には発熱・呼吸困難の症状が出現。 20日に都内の病院に搬送され、重度の肺炎との診断を受けて入院。 診察の際に新型コロナウイルス感染が疑われたため検査が実施され、23日夜に陽性が確認された。 都立久留米高校卒業前の68年、故・いかりや長介さんを訪ねて付き人となり、74年にドリフターズのメンバーに。 TBS系のバラエティー番組「8時だョ! 全員集合」では、「東村山音頭」や加藤茶(77)との「ヒゲダンス」などで人気を集めた。 「全員集合」終了後もコント、バラエティーを中心に活動し、言わずと知れた日本を代表するコメディアンに。 フジテレビ系「志村けんのバカ殿様」、同局「志村けんのだいじょうぶだぁ」などの番組で独自のコントスタイルを確立した。 現在も日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」、フジテレビ系「志村でナイト」の週2本のレギュラー番組に出演。 30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」にも未発表だが出演が決まっていたほか、20年12月公開予定の「キネマの神様」で映画初主演を飾ることも発表されていた。 1950年(昭25)2月20日生まれ、東京都出身の70歳。 68年、都立久留米高校を卒業前に、故いかりや長介さんを訪ね付き人になる。 74年に「ザ・ドリフターズ」のメンバーに。 フジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」、同局「志村けんのバカ殿様」などのバラエティーで人気者に。 「東村山音頭」のヒットでも知られ、東京五輪の聖火リレーで東村山市を走ることが発表されていた。 身長1メートル69。 血液型A。

次の

志村けんの抱いた歴代彼女がスゴ過ぎる!AV女優、アイドル、グラビアアイドルなど・・・

志村 けん

新型コロナウイルスに感染したことを公表したタレントの志村けん(70)は、なぜ重症化したのか。 その要因には長年愛飲していた、タバコと酒が深く関わっている。 WHOのテドロス事務局長は今月20日に「喫煙は感染時に重症化しやすくなる」との談話を発表した。 疫学に詳しい医師でジャーナリストの村中璃子氏は「持病のあるなしに限らず、喫煙は新型コロナウイルスを含む呼吸器感染症を悪化させるリスク要因」と指摘する。 今月12日に会見した東京都医師会も予防対策として禁煙を訴え、「喫煙者は非喫煙者と比べて重症化率が2・2倍、死亡率が3・2倍」とした。 実際に、志村は若い頃から「アメリカンスピリット」など1日に60本以上を吸うヘビースモーカーだった。 66歳で禁煙を始めるまでに100万本を超えるタバコを消費したことになる。 現在は吸っていないが、過去の喫煙で肺が負ったダメージが大きな影響を与えた可能性がある。 16年には肺炎を患い、約2週間入院。 高熱で、車いすに座って点滴を受けるような状況で舞台出演を続けた結果、ドクターストップとなった。 当時も長年の喫煙による肺へのダメージが懸念された。 識者が一様に口をそろえるのが、タバコによる呼吸器への負荷。 医療関係者は「今からでも禁煙を」と声をそろえる。 一方、WHOのテドロス氏は「免疫力を低下させる」として飲酒も控えるよう呼び掛けている。 志村は派手な夜遊びで知られ、夕方から朝の6時まで酒を飲んでそのまま仕事に行き、終わったらまた酒を飲み始めるという生活を続けてきた。 「休肝日なんていらない」と365日酒浸りの生活で、体力的な回復にも時間がかかる。 重症化しないためには過度のアルコール摂取も避けなければならない。

次の