あいりん 白血病。 500円売春に不正入手薬…西成あいりん地区の貧困とカオス(上)

肺炎・間質性肺炎 人気ブログランキング

あいりん 白血病

秋山謙一郎 [フリージャーナリスト] あきやま・けんいちろう/1971年兵庫県生まれ。 『弁護士の格差』『友達以上、不倫未満』(以上、朝日新書)、『ブラック企業経営者の本音』(扶桑社新書)、『最新証券業界の動向とカラクリがよーくわかる本』『いまこそ知っておきた い! 本当の中国経済とビジネス』(以上、秀和システム)など著書多数。 共著に『知られざる自衛隊と軍事ビジネス』『自衛隊の真実』 別冊宝島)などがある。 週刊ダイヤモンドでの主な参加特集は、『自衛隊 防衛ビジネス 本当の実力』『創価学会と共産党』がある。 JAPAN Another Face 白昼の世界からは窺い知ることのできない、闇の世界や夜の世界。 日本社会の「もうひとつの貌」に迫る。 西成ならではの秩序があるのだ (写真:秋山謙一郎、以下同) 人が寝ている路上には、乾いた吐瀉物、未だ乾いていない立小便の跡、そして明らかに人のものと思われる糞便があちこちにある。 辺りには、これらにアルコールとタバコが入り混じった、むせぶような匂いが立ち込めている。 数年前に比べると随分と薄くなったといわれるその匂いは、鼻腔と喉の奥からしばらくの間、取れることはない。 何度すすいでも丸一日残っていた。 もちろん服にもこびりつく。 記者の場合は2度洗濯してやっと取れたくらいである。 だが今、その時着ていた服を見る度に、あの「西成の匂い」が鼻腔の奥から蘇ってくるのが不思議だ。 日雇い労働者や路上生活者の求職の場である「あいりん労働福祉センター」や簡易宿泊所がある。 今では随分と整備され、その街並みはかつてとは比べ物にならないほど綺麗になったという。 それでも、一歩足を踏み入れると、まるで中学校の歴史の教科書に出てくる「戦後すぐの日本」のような光景が目に飛び込んでくる。

次の

急性白血病とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

あいりん 白血病

原因 白血病の原因は、それぞれの種類によって異なる。 急性骨髄性白血病の場合は、血液をつくる過程の細胞に何らかの異変が生じ、その異常により変異遺伝子がつくられ、血をつくる機能が低下したり、がん化した白血病細胞が増殖したりすることによって発症する。 骨髄では正常な血液細胞がつくれなくなり、全身の血液でも正常な白血球や赤血球が減っていく。 異常を生じる原因はまだ明らかになっていない部分も多い。 急性リンパ性白血病は、白血球の中のリンパ球が若いうちに悪性化し、白血病細胞が増え続けることによって発症する。 主に骨髄でリンパ球が悪性化するものを急性リンパ性白血病という。 6歳以下の子どもに多く見られ、成人の発症もまれながら起こり得る。 特に脳や脊髄に白血病細胞が侵食し、血をつくる機能も低下するため、腫れや痛みなどさまざまな症状を引き起こす。 治療 代表的な治療方法は化学療法、放射線療法、造血幹細胞移植で、中でも抗がん剤を用いた化学療法が一般的。 化学療法では、抗がん剤によって白血病細胞を死滅させ、正常な血液細胞を増やす。 放射線療法は、放射線を照射してがん細胞の死滅を図る治療法である。 造血幹細胞移植は、患者自身や他者(ドナー)の造血幹細胞を移植して造血能を回復させる方法。 化学療法や放射線治療で効果が見られない場合に選択される。 急性骨髄性白血病の場合、複数の抗がん剤を組み合わせて治療する。 若い人の多くは数値の正常化をめざせる。 合わせて造血幹細胞移植を行うこともある。 急性リンパ性白血病の場合においても、抗がん剤による化学療法と同種造血幹細胞移植が主で、治療により白血病細胞が減った後も、強化療法などで複数回の治療を要する。 都道府県からクリニック・病院を探す 内科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 血液内科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の

肺炎・間質性肺炎 人気ブログランキング

あいりん 白血病

急性骨髄性白血病(AML)を学ぶ急性骨髄性白血病(AML)の原因と診断• 急性骨髄性白血病(AML)とは? 白血病は、造血幹細胞から血液細胞(白血球、赤血球、血小板)へと成熟する途中の細胞ががん化します。 白血病は、がん化した細胞が、もし成熟したら「何」になっていたか?によって分類されます。 白血球の中には主にウイルスを攻撃する「リンパ球」があります。 成熟したら「リンパ球」になるであろう細胞ががん化した場合が急性リンパ性白血病です。 そして、それ以外の細胞、つまり、リンパ球以外の白血球、赤血球、血小板になる予定である細胞ががん化した場合、急性骨髄性白血病(Acute Myelold Leukemia:AML(エーエムエル))となります。 急性骨髄性白血病(AML)はどのように診断されますか? 急性骨髄性白血病(AML)の診断は通常、症状の確認、血液検査、および骨髄検査(骨髄生検、 骨髄穿刺 ( こつずいせんし ))の結果を組み合わせて行われます。 急性骨髄性白血病(AML)には以下のものを含む、数多くの症状があります。 くりかえす感染症• 食欲不振• 過剰な出血• 痛みや傷がなかなか治らない• 歯肉の腫れまたは変色• アザができやすい• 骨や関節の痛み(特に肋骨と胸骨)• 高熱 これらの症状は、白血病細胞が引き起こすものと正常な白血球、赤血球、血小板が少なくなることで生じるものがあり、症状によっては白血病以外の病気でもみられます。 そのため、急性骨髄性白血病(AML)の診断には、症状からだけでなく、血液・骨髄検査を行って診断を確認する必要があります。 血液検査で白血球数の異常と赤血球数や血小板数の減少が見つかれば、問診や身体状況などの結果とあわせて急性骨髄性白血病(AML)を強く疑います。 確定診断のためには、骨髄液を吸引する「骨髄穿刺」や、骨組織を含む造血組織を採取する「骨髄生検」が必要となります。 これらの検査は外来でも行うことができます。 骨髄は全身の骨の中に存在しますが、骨髄穿刺では皮膚から骨が触れやすい胸骨(胸の真ん中の平らな部分)や後腸骨陵(いゆる骨盤と呼ばれる場所で、背中側)で行われます。 小児に対しては脛骨(すね)で行われることもあります。 実際の方法は、皮膚を局所麻酔し、骨髄穿刺専用の針を皮膚から骨の中に刺し、注射器で骨髄を引きぬきます。 専用の針はボールペンの芯よりもやや太いものです。 皮膚に局所麻酔をしているので専用の針を刺すときには痛みは強くないのですが、骨髄を注射器で引き抜くときにはひっぱられる様な強い痛みを伴います。 この痛みは数秒続きます。

次の