イヤホン 耳 かゆい。 耳垢が湿ってる?イヤホンでかゆい人は必見!

イヤホンの汚れや耳垢とお別れ!!掃除方法や対策を解説

イヤホン 耳 かゆい

バリアが剥がれた耳は、時に水がはいりこんだような感覚を持ちます。 キム医師は、ときに、最近泳いだわけでもないのに、耳の中に水がはいってとれないという患者をみることがあるといいます。 これ、実は水が実際にはいったわけではなく、そういう感覚がするだけ。 「炎症がひどくなると、その下の層が水分をもちます。 これが、耳の中が濡れている=水がたまっているような気がする原因です。 そもそも、水を弾く役割のバリアがないので、より耳に水がはいっている感覚は強くなってしまう。 耳に水がはいったのをどうにかしたいという人に、ヴォイット医師がこんな方法をオススメ。 お酢とアルコールを1:1で混ぜたものを耳に数滴たらします。 アルコールが水分を蒸発させる手助けを、お酢の酸性度が耳をクリーンに保ちます。 その他の耳が痒い理由。 よくある原因の1つにアレルギーがあります。 目や喉が痒くなるのと同じく、耳も痒くなります。 また、乾癬や湿疹など皮膚疾患がある人は、症状が耳にもあらわれ痒くなることがあります。 どちらの場合も、病院で診察を受け、適切な薬を処方してもらうのがベスト。 ヴォイット医師が診察した患者さんの中には、髪の毛が耳の中にはいりこんでいたことで、痒みを感じていたという人もいました。 ヘアカットのときに入ってしまったり、ペットの毛がはいりこんでいたり。 これも、自分で耳かきをするのではなく、耳鼻科にてプロの耳掃除でとってもらうのがベスト。 補聴器やカナル型イヤホンにも注意が必要です。 自分がアレルギがある素材が使われていないかをチェックし、仕様前後は端末の拭き掃除を行い、汗やバクテリアの付着を押さえましょう。

次の

イヤホンを使用しすぎると耳にカビが発生 「外耳道真菌症」

イヤホン 耳 かゆい

スマホなどの端末の進化により、電車やバスなどでを付けて音楽を聴いている人がさらに増したのではないか。 自宅でもより音質にこだわり、性能の良いヘッドフォンで音楽を聴く人もいるだろう。 しかし最近では、若年性の難聴患者が増加の傾向にあると2015年3月に世界保健機関が発表している。 まさか、イヤホンが影響しているのではないか……? そこで今回、耳鼻科医の榊原昭先生に、イヤホンやヘッドフォンのメリット、デメリットについて話を伺った。 イヤホンで音楽を聴くことは、耳にとって良いことは何もないと言う。 「唯一メリットがあるとすれば、耳鳴りで悩む方にとって、静かな環境を避けるためにイヤホンで音楽などを聞くのが有効なことがあります。 これを音響療法と言いますが、脳を耳鳴りに慣らす効果を狙ったものです」(榊原先生) 耳鳴りなどの症状に悩んでいる人にとっては、心身のやすらぎという観点では有効な使い方もあるそうだ。 それでも大きな音で音楽を聴くことは、推奨できないと榊原先生。 特に大きな音量で長時間聞けば、それだけリスクが増します。 更に電車の中など周りに騒音がある環境でイヤホンを使用しますと、ボリュームも大きくしがちなので注意が必要です」(榊原先生) ついつい好きな音楽に集中するあまり、ボリュームを上げてしまうという人もいるのではないか。 さらに電車やバスでの通学・通勤中の時間を有効に使うため、英語のリスニングをしている人もいるかもしれないし、暇つぶしで音楽を聴く人もいるかもしれないが、上述したようなリスクがあるのだ。 「もう一つのデメリットは、外耳道のトラブルです。 外耳道とは耳の穴から鼓膜まで続くトンネルですが、ここをイヤホンで擦って傷つけたりすることは十分に考えられます。 イヤホンを長時間使っていれば外耳道の中が蒸れますから、カビが繁殖しやすくなります。 外耳道にカビが繁殖した状態を外耳道真菌症といい、症状は耳の痛み、つまった感じなどです」(榊原先生) なんと長時間のイヤホン使用で、耳にカビが生えるという。 擦れや蒸れにより、外耳道真菌症を発症し、耳垂れやつまりなどの不快感を引き起こす。 炎症箇所に耳垢などがつまれば、難聴の原因にもなるとのことなので注意が必要だ。 耳の痛みやかゆみを引き起こす外耳道炎や真菌症に関しては、耳に入れない分ヘッドフォンの方がましと考えられます」(榊原先生) イヤホン、ヘッドフォンともに長時間、大音量で聞けば難聴のリスクは高まる。 耳に直接入れない点で、ヘッドフォンの方が幾分健康に対するリスクは低い。 ヘッドフォンが「耳に良い」というわけではなく、あくまで、音量、使用頻度を考慮し、耳を休める時間をしっかりとることが大切なのだ。 「教えて!goo」では「イヤホンで音楽を聴くことは多いですか?どんな時にイヤホンで音楽を聴く?」ということで、みんなの意見を募集中だ。 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会会員。 一般的な耳鼻科診療のほか、睡眠時無呼吸症候群の健診、検査、治療、アレルギー性鼻炎や肥厚性鼻炎に対する手術を実施している。 教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff) 外部サイト.

次の

イヤホンが耳に与える影響と合わないときどうする?おすすめなど

イヤホン 耳 かゆい

イヤホンで耳の中が痛い、、、 皆さんはイヤホンをどのような体勢で使っていますか? 私もよくやるのですが、寝ている体勢でイヤホンをつけて音楽を聴いていると、使用するイヤホンや顔の向きによっては、耳の中が痛くなったり、耳の中でよく分からない「 パチパチ」とした奇怪な音がなる事があるんです。 (時期による) 皆さんも、そういった経験をしたことはないですか? 今回は、そういったイヤホンにおける、耳の中が痛くなる原因やパチパチと鳴る音の原因、そしてその対処法などを解説していきます。 しかし、カナル式イヤホンは本体の構造上、「 ハウジング」というパーツが耳から少し横に出るものが多く、横向きの姿勢や長時間使用の際に、耳への負担が大きく痛みが生じる原因にもなりやすいのが特徴です。 これが長い時間続くと「 痛み」を伴います。 耳は、人間の感覚器官である「 聴覚を司る非常に重要な器官」です。 その為、耳には血がめぐり易く、恥ずかしい時に耳が赤くなってしまう方がいるのもその為です。 そんな重要な器官に、長時間の異物をつけたまま長い時間放置していると、耳が疲れ「痛い、、」となる事も頷けますよね。 こちらは耳の内部の負担によるもので、基本的には大音量で音楽を聴いている時間が長く、耳に負担がかかりすぎると痛みを引き起こす原因となり得ます。 イヤホンで音楽を聞き終えた後に、イヤホンを外して周りの音が聞こえ辛く、耳鳴りなどがしたら、相当な負担を耳に与えているという事になります。 イヤホンを使う方は、音楽にこだわっている方も多いことでしょう。 ですので、好きな曲を良い音質で大きい曲で聞きたい、リズムにのりたい、などで大音量にする気持ちもわかりますが、耳が痛いなどの症状が出てしまったり、さらには聴力が落ちてしまっては本末転倒ですので、使用時間と音量には十分注意して利用することを心掛けましょう。 実は、難聴になった場合の根本的な治療は非常に難しく、 相当な年月をかけても元の聴力まで持ち直すのは、非常に難しいと言われています。 理由の一つとして、「有毛細胞は元通り戻らない」という事です。 皮膚が傷付けば、瘡蓋ができて、時間が経てば治りますが、耳はそうはいきません。 また、「 突発性難聴」を引き起こす原因にもなります。 実は、筆者は以前にこの突発性難聴と医師より診断され、一時期イヤホンの使用をストップされていた経歴があります。 この症状は、相当悪くなっている状況でないと気付きづらく、気付いた頃には末期・・・なんて事もよくあります。 幸い、筆者は携帯電話の相手の声が左右で全く異なる人の声に聞こえ、違和感を覚えた時点でお医者様に診てもらった為、ギリギリの所で聴力を失うリスクを回避できました。 お医者様曰く、最近の若者に特に多いそうで、年々同じような症状で病院に来る若年層が多くなってきているそうです。 自身で体験しないと、どれ位怖いものか分かりませんよね。 私も他人事でしたし、そうなって初めて血の気が引くほど怖ろしいと思わないと、今も変わっていなかったと思います。 「 緊張性頭痛(きんちょうせいずつう)」というものが要因です。 これは、外部(イヤホンの音源)から発せられる刺激によって、頭の表面の筋肉(頭板筋)の緊張が起こり、血流低下に繋がります。 これが原因で、頭が痛くなるといった内容です。 例えるならば、二日酔いの朝。 片頭痛の最初の辺り・・・。 に近い感覚です。 同時にめまいや吐き気をも催す人もいるので、結構危ない状況です。 これが、全てイヤホンが原因で起きている。 そう思うと怖くないですか? ただ、これは使用方法や使用時間を改善することで回避できることが多いため、イヤホン自体を使わなくする必要は一切ありません。 話はそれからです。 そして、外したまま30分。 もしくは1時間は普段の生活の音に慣れてリラックスしましょう。 何にでも言えますが、本来人間は電子機器の中で生活する前提で体は作られていません。 時間を置いても痛みが続くようであれば 病院に行くことをオススメします。 既に体に症状が出ている段階は、ご自身が思う以上に耳への負担が大きい状態であることを理解して下さい。 熱っぽい、喉が痛い。 それはもう風邪です。 耳も同じです。 早速病院へ行きましょう。 何でも、 早期発見・早期治療が大事です。 先述した内容と被りますが、耳が痛い。 頭痛がする。 といった症状が出ている段階で、既に結構まずい状況です。 しばらく、イヤホン生活はやめて普段の生活に戻りましょう。 1か月やそれ以上の期間、全く使用しないことを推奨致します。 どうしても使いたい場合は、 使用する音量をこれまでの半分以下に抑える、使用時間を短くする。 など対処を行い、なるべく耳への負担を減らす意識で使用して下さい。 音源が良いイヤホンは、本体自体が大きいものが多いです。 その為、耳への負担も大きいことがあります。 可能であれば、自分の耳に負担にならないイヤホンへの買い替えをオススメします。 イヤホンを変えるだけで結構変わるものです。 筆者もそうでした。 必ず、耳への負担を意識し、購入前にデモ機がある店の場合はお試しを行うと安心して購入出来るでしょう。 それぞれ、小さいものから大きいものまである為、サイズを取り替えてつけてみましょう。 若干小さい位が丁度いいです。 そして人は、 左右の耳の大きさが違うという部分も意識し、自分の耳のサイズに合ったものを選びましょう。 元々、外国製品が多いイヤホン。 イヤーピースのサイズも外国人向けのものが多いです。 日本人向けのサイズではないので、自分なりにカスタマイズしましょう。 【コラム】布団の中でも聞ける耳が痛くならないカナル型イヤホンがあるって本当? 冒頭でお話した、筆者も寝ながらイヤホンを聞きますが、通常の商品だとハウジング(耳から出ている部分)が大きい作りのものが多く、寝ながらの使用は痛くなりやすいです。 これが、カナル式イヤホンの特長である、寝ている時に耳を圧迫し痛みを生じさせる原因になります。 では、そもそもイヤホン自体が小さければいいのでは?そういう発想で生まれた商品が最近目立ってきました。 そういったイヤホンを使うことで、従来の製品と比べ痛くなりにくいです。 【コラム】静電気?イヤホンで耳が「パチパチ」して痛い時の原因と対処法 有線のイヤホンに起こりやすい現象です。 主に冬場などの乾燥している時期に起きるもので、大体そういった時には服装もニット生地の時期ですよね? 原因は、まさに「 静電気」によるものです。 イヤホン自体の故障ではなく、衣服とイヤホンコードなどが擦れ合い、静電気を体に蓄積させます。 これが、イヤホンのコードを通じてハウジングへ、そして耳の中で「 パチパチ」という音を鳴らす原因になっています。 パチパチという音がイヤホンから鳴ったら、普通は故障かな?と思いますが、原因は静電気という事です。 どうしても気になる方は、 無線イヤホンに買い替えをオススメします。 擦れて静電気が耳の中に伝わる回数は減らす事ができると思います。 こちらの商品は、筆者も利用しているイヤホンです。 ハウジング(耳から出ている部分)が非常に小さく、寝ながら使用してもイヤホンが出っ張ってないので、痛くなりづらいです。 また音質も結構良いので、メインイヤホンとしても使用できます。 見た目でわかるこの薄さ!他の商品にはないハウジング極薄商品です。 寝ながらイヤホンの為だけに生まれてきた商品といっても過言ではありません。 耳が痛くなりにくく、小型ハウジングであるため、耳への負担も少ないです。 ただ、購入者のレビューを見る限りは、音質に関してあまりいい評価を得られていないようなので、音質にこだわる方は、SONYの方を選びましょう。

次の