生命保険 転職。 アクサ生命保険 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

生命保険

生命保険 転職

生命保険と損害保険の営業の働き方の違い 生命保険と損害保険の働き方には違いがあります。 また、営業とソリシター(営業サポート)でも違いがあります。 生命保険は「走り続ける」イメージ 生命保険は一般的に、契約を摂り続ける必要があります。 生命保険契約から支払われる報酬(コミッション)は、契約した保険の保険料や契約年数、払込期間の長さによって異なります。 保険料が高く、契約年数や払込期間が長いほど報酬は高くなります。 ただ、報酬がいくら高くても、それがずっと続くというわけではありません。 これは、ほとんどの契約が契約後3年から5年で報酬の支払いが完了するシステムになっていることが原因で、そのため、報酬の支払いがなくなる前に新しい契約を取り続けなければならないのです。 しかも契約後1年は高額な報酬ですが、2年目以降は大きく報酬が下がるのも一般的です。 損害保険は「貯める」イメージ 生命保険と違い、損害保険は契約が続く限り、毎年同じ報酬が支払われ続けます。 ただし、自動車保険などのように毎年更新して保険料が安くなる場合、それに応じて報酬も下がってしまいます。 それでも、生命保険のように数年で報酬が「0」になることはありませんので、新しい契約を取り続けることができれば、雪だるまのように収入は増えていきますので、コツコツ営業することができれば安定した収入を得ることも可能です。 生命保険の営業は、走り続けなければ死んでしまう「マグロ」のようなもの。 損害保険の営業は、ある一定のところまで契約を積み重ねれば、その契約をキープできれば安定した収入を得ることができる。 営業とソリシター(営業サポート)の違い 保険に関わる仕事には2種類あります。 それは、直接顧客とやり取りをする営業と、営業をサポートするソリシター(営業サポート)です。 営業は成果主義 営業は、生命保険・損害保険ともに成果主義で収入が決まります。 「やればやるだけ」自分の収入に直結しますので、やりがいがあるのが特徴です。 保険会社に勤める営業マンでも、保険代理店に勤める営業マンでも成果主義であることに変わりはありません。 ただ、成果主義であるということは、成果が上がらなかったら収入は下がり、最悪の場合には退職しなければいけないことも覚えておかなければいけません。 このあたりは、かなりドライですので注意が必要です。 ソリシターはサラリーマン ソリシター(営業サポート)は、保険会社に勤める社員で、基本的には月給制です(担当した営業や代理店の契約数の増加によってボーナスもある)。 ソリシターは営業に契約を挙げてもらうことが仕事ですので、営業が契約に必要や情報やツール、ときには雑務なども積極的にこなす必要があります。 担当した営業や代理店の成績が思わしくない場合でも退職するようなことはありませんが、担当の変更や配置転換などは行われます。 【20代】390~440万円、【30代】590~640万円、【40代】790~840万円 これは30代全体の平均年収が455万円なのと比べると、かなり魅力的だといえます。 ただしあくまで成果主義であることは忘れないこと 一見、この年収を見ると「誰でも簡単に稼げる」と思ってしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。 保険業界は、生命保険も損害保険もあくまで成果主義ですので、能力のない(契約の取れない)人材には報酬は支払いません。 実際、18年間この業界にいた私の経験からいえば、「売れている」営業マンはほんの一握りしか存在せず、ほとんどの営業マンは一般的なサラリーマンの収入よりも低い年収でした。 ですから、モデルケースだけを見て、「保険業は稼げる」と安易に転職するようなことは避けるべきです。 生命保険に向いている人 ・人の気持ちに共感できる ・走り続ける動機がある ・お金へのモチベーションが高い ・付き合いが良い ・勉強が好き、向上心がある ・人脈が多い人 生命保険に向いていない人 ・人の気持ちに無頓着 ・飽きやすい ・お金にあまり執着しない ・付き合いが悪い ・勉強が嫌い、向上心がない ・人脈が少ない人 損害保険の営業に向いている人、向いていない人 損害保険の営業には豊富な知識が必要になります。 損害保険の契約を勝ち取るためには、法律や事故対応などの豊富な知識が必要になります。 もちろん、契約するのは人ですからコミュニケーション能力も必要ですが、損害保険の場合、事故対応などのフォローがしっかりとできることで信頼を勝ち取ることができて、さらなる契約の追加に結びつきます。

次の

【例文あり】生命保険会社の志望動機の書き方についてご紹介します

生命保険 転職

プルデンシャル生命保険株式会社は、アメリカの金融グループプルデンシャル・ファイナンスの日本法人です。 実力主義の会社として知られており、特に営業職の給与体系は完全歩合制になっており、実力によって収入に大きな差が出ます。 成果が出せれば収入が大幅にアップするため、転職を検討する人も多いです。 しかし、プルデンシャル生命へ転職しようと思っても、「うまくやっていけるのだろうか?」と不安になりますよね。 この記事では、プルデンシャル生命への転職を検討中の方のために、 口コミをもとにしたプルデンシャル生命の評判や転職の難易度について解説します。 また、プルデンシャル生命の転職におすすめの転職エージェントも紹介しています。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 事業内容 プルデンシャル生命の事業には、生命保険業と資産運用の2つがあります。 プルデンシャル生命の保険の特徴は、顧客に合わせた保険を組み合わせるオーダーメイド型であるということです。 プルデンシャル生命で取り扱っている保険の種類は以下の通りです。 保険の種類 内容 終身保険 一生涯の保障を確保するための保険 養老保険 一定期間の保障を確保するもので、満期には満期保険金を受け取れる保険 定期保険 一定期間の保障を確保し、期間内に死亡した場合は保険金を給付 疾病・医療保険 病気やがんの治療費を保証する保険 介護保険 将来の介護に備えるための保険 就労不能障害保険 所定の原因で就労不能状態になった場合に備えるための保険 外貨建保険 米ドルで保証する保険 変額保険 資産運用の実績によって保険料が変わる保険 個人年金保険 老後に備えるための保険 プルデンシャル生命の企業理念 プルデンシャル生命がどのような考え方を持った会社なのかを理解するために、 企業理念について解説します。 (出典:) プルデンシャル生命は企業理念として、生命保険業を通して社会に貢献することで、生命保険会社の中で顧客から最も信頼される会社を目指すことを掲げています。 顧客に焦点を当てた最高のサービスを提供し、そのためにスタッフの育成にも力を入れていくことも理念に組み込まれています。 以上のことから、正しい生命保険のあり方を追及している会社であることがうかがえますね。• 年度 経常利益 2018年 1兆391億3,900万円 2017年 1兆208億8,500万円 2016年 9,105億5,900万円 2015年 8,920億900万円 2014年 8620億5,500万円 (参考:) 2014年から2016年にかけて経常利益は減少したものの、 2017年以降は業績を伸ばしており、上昇傾向にあります。 2017年から18年にかけての伸びは大きく、2018年の経常利益は2014年の約2. 8倍になっています。 好調な業績であるため、今後のさらなる発展にも期待できるでしょう。• 同業他社との比較 国内の大手生命保険会社との比較は以下の通りです。 保険会社 経常収益 社員数(内勤) プルデンシャル生命 (参考:) 1兆391億3,900万円 1,232人 日本生命 (参考:) 8兆2,271億3,200万円 19,515人 第一生命 (参考:) 3兆7,395億9,400万円 11,019人 明治安田生命 (参考:) 3兆7,682億1,200万円 15,372人 国内の大手生命保険会社と比較すると、プルデンシャル生命の規模は大きくはありません。 しかし、 社員数に対する経常収益は大きくなっており、社員一人当たりのパフォーマンスが高い会社であると言えます。 2.プルデンシャル生命の評判は? プルデンシャル生命で実際に働いたことがある人たちの口コミをもとに、会社の評判について解説します。 転職の難易度は高め プルデンシャル生命への転職難易度は、ほかの保険会社への転職と比べて高いと言われています。 なぜなら、プルデンシャル生命はスカウトによる採用が多い企業だからです。 保険業界ではスカウトによる採用が盛んに行われていますが、プルデンシャル生命はほかの保険会社以上にスカウト採用に力を入れています。 優れた実績がなければスカウトの声が掛かることはないため、「転職難易度が高い」と感じる人が多いのです。 しかし、スカウトがこなければ転職できないというわけではありません。 プルデンシャル生命では、応募による採用も行なっているため、スカウトがこなかったとしても転職は可能です。 応募の場合は、一般的な採用試験と同じように書類選考や筆記試験に合格する必要があります。 CIP試験とは? CIP試験は求職者の適性を見極めるための面談形式の試験で、スカウト・応募を問わず必ず受ける必要があります。 あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、CIPとはキャリア・インフォメーション・プログラムの略で、企業側と求職者側が互いに希望する条件を満たしているかどうかを確認するために行われます。 会社の考え方や仕事の内容などについて一通り説明を行い、求職者にプルデンシャル生命がどのような会社なのかを正しく知ってもらうことが目的の1つです。 一見すると会社説明会のようですが、CIPでは採用企業側も面談を通して求職者の適性を試しています。 採用試験の流れ プルデンシャル生命に応募した場合、 試験は基本的に以下のような流れで進みます。 書類選考• 筆記試験• 面接試験• 内定 ライフプランナーの採用試験では、試験前にCIPを受ける必要がありますが、 生命保険の販売経験者や生命保険会社での勤務経験がある場合は、参加を断られることもあります。 応募から内定までにかかる期間は、1ヶ月から2ヶ月程度と言われています。 募集職種 プルデンシャル生命で募集している職種は、 「ライフプランナー」「内勤」の大きく2種類に分類されます。 それぞれの職種の募集状況について解説していきます。 ライフプランナー ライフプランナーは、プルデンシャル生命の保険の販売を担当する営業職です。 内勤の社員とは待遇に大きな違いがあり、業務に係る経費は全て自分で負担する必要があります。 給与については、完全歩合制となっていますが、入社後2年間は会社から固定給が支払われます。 入社期間が長くなるにつれて固定給は徐々に少なくなっていき、 3年目以降は完全歩合制になります。 完全歩合制になっているため、営業力のある方であれば大きな収入を得られる可能性のある職種です。 営業支援・企画系職種 営業ツールの見直しや評価、商品の企画などを担当する仕事です。 営業支援・企画系職種では2019年10月現在、9種類の職種が募集されています。 (出典:) 「営業教育開発チーム」「商品企画チーム」などさまざまな部署の仕事が募集されており、仕事の内容も職種で全く異なるため、業務内容をしっかりと確認してから応募を検討しましょう。 システム系職種 社内システムの運用や管理、インフラ構築を担当する仕事です。 2019年10月現在、募集中のシステム系職種は以下の通りです。 (出典:) 職種によってはセキュリティに関する業務経験など、専門性の高い条件を応募資格として定めているものもあります。 そのため、自身の経歴を活かせる仕事かどうか、詳細を確認した上で応募を検討する必要があります。 ファイナンシャル系職種 経理業務や財務分析、資産運用管理などを担当する仕事で2019年10月現在、2種類のファイナンシャル系職種が募集されています。 (出典:) ファイナンス部門各チームとなっているのは、ファイナンス部門が 「経理」「財務分析」「運用管理」「資金管理」という4つのチームに分かれているためです。 チームによって応募資格が異なりますので、自身のスキルを活かせるかどうか確認しておきましょう。 生命保険契約管理系職種 保険の申込受付や給付金の支払業務、引受の査定、カスタマーサービスなど、 顧客向けのサービスを提供する仕事で、2019年10月現在、6種類の職種が募集されています。 (出典:) 内勤の職種の多くは東京での勤務になっていますが、「コールセンター業務」と「生命保険契約管理事務」は勤務地が宮城県になっていますので注意しましょう。 業務・管理系職種 法務業務や内部監査業務などの管理部門での仕事です。 業務・管理系職種では2019年10月現在、14種類の職種が募集されています。 (出典:) 専門性の高い職種も多く、職種ごとに応募資格が異なりますので応募する前にしっかりと確認しておきましょう。 4.プルデンシャル生命に転職するなら知っておきたいこと プルデンシャル生命への転職を検討する上で、知っておきたいことについて解説していきます。 プルデンシャル生命に限らず保険会社に営業職として入社した場合、入社して間もない時期は資格取得の勉強に多くの時間を割かなければなりません。 また、ライフプランナーの給与は完全歩合制になっており、結果を出せなければ収入も少なくなってしまいます。 常に結果を求められる仕事なので、 向上心がなければプルデンシャル生命で働き続けるのは難しいでしょう。 プルデンシャル生命にライフプランナーとして入社すると、研修終盤に見込み客300人をリストアップして電話でアポを取りを行います。 作成した営業リストをもとに、友達や家族・親戚、知人に営業を行うことがライフプランナーとしての最初の仕事です。 しかし、こういった電話を快く思わない人たちが一定数いるため、そういった人たちとの人間関係を壊してしまう可能性があります。 ライフプランナーとして働く場合は、そういった事態になることも覚悟しておきましょう。 自分の強みを把握するためにはスキルの棚卸しを行う必要があり、以下のような手順で進めるのがおすすめです。 これまで経験した業務を全て書き出す• これまでの実績や評価を具体的に書き出す• 実績が評価につながった理由を分析して書き加える こうすることで自分の強みを明確に把握することができ、応募書類や面接で何を自分の強みとして訴求すればよいのかが明確になります。 転職エージェントではあなたのスキルや希望合った求人を、キャリアアドバイザーが無料で紹介してくれます。 転職サイトを利用する場合、応募手続きや面接日程の調整など、全て自分で行わなければなりません。 また、転職先に関する情報の収集も自分で行う必要があります。 転職エージェントではこれらを全てエージェント側で行なってくれるほか、企業との待遇交渉等も代行してくれますよ。 5.プルデンシャル生命におすすめの転職エージェント 転職エージェントは種類が多く、どのエージェントを利用すればよいのか迷ってしまいますよね。 そこで、 プルデンシャル生命への転職を検討中の方におすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

次の

離職率8割?!生命保険会社を退職する人の理由4選

生命保険 転職

日本は、米国に次ぐ世界第2位の生命保険大国です。 日本の生命保険による収入保険料は、世界全体の1割以上を占め、そのほかの主要国を大きく引き離しています。 生命保険業界を目指すなら、保険業界全体について理解することが第一です。 まずは、国内の保険業界事情を押さえておきましょう。 保険を扱う業務は保険業と呼ばれ、「保険業法」という法律に基づき内閣総理大臣の認可を受けなければ、事業を行うことができません。 金融庁によると、国内で認可を受けている生命保険会社は41社あります。 (平成29年9月1日現在) 保険会社と委託契約を結び、保険を扱うことができる保険代理店も保険業界に含まれます。 保険代理店は、生命保険以外の事業も行うことが多く、たとえばカード会社が保険代理店業務を開始するなど、既存のネットワークを活かした業務を行っています。 <生命保険(第一分野保険)> 生命保険に加入していると、被保険者が病気やけがをしたり、死亡したりしたときに、保険会社から一定の保険金が支払われます。 人を対象にした保険で、この領域は「第一分野保険」と呼ばれています。 <損害保険(第二分野保険)> 損害保険は、交通事故や火災、地震など偶然起こった一定の事故で生じた被保険者の損失を補てんする保険で、「第二分野保険」と呼ばれています。 <第三分野保険> 生命保険会社と損害保険会社の双方が扱える保険は、「第三分野」と呼ばれます。 傷害保険や医療保険、がん保険、介護保険などが該当します。 日本では保険業法により、第一分野と第二分野を同じ保険会社で取り扱うことは、認められていません。 しかし、第三分野にあたる保険は、どちらの保険会社でも取り扱うことが可能です。 生命保険会社には、資本や業態の違いによって違いがあることを知っておくと、応募先の企業の特徴を理解するうえで役立ちます。 生命保険業界ならではの魅力と併せて押さえておきましょう。 保険外交員によって販売される経路を主流に、生命保険商品を扱います。 単価は高いものの、全般的にサービスが充実しています。 一方、日本国内の法人であっても外国資本の場合は、外資系生命保険会社に分類されます。 保険商品は代理店で販売されるルートが主流で、銀行や証券会社の窓口で販売されているものもあります。 がん保険のみ、学資保険のみなど、主力に特化した保険を扱っており、保険会社によって商品に特徴があります。 インターネット生命保険会社は、ネット上で保険の申し込みが可能な保険会社の総称です。 申し込みまでの手続きはインターネットで行われるため、営業職よりも、サポートデスク担当が多いのがこの業態の企業の特徴です。 インターネット中心で販売を行うことで設備費や人件費などを削減できるため、保険料が比較的安くなっています。 見積もりが無料でできるなど、手軽に保険に加入できる点も特徴です。 入院や死亡というリスクに対し、保障をすることで「安心」を提供します。 生命保険に加入しておくことで、病気やけがの際に被保険者の家族の経済的負担が減ります。 そうした理由で被保険者から喜ばれることは、生命保険業界で働くうえでの大きな励みになるでしょう。 また、生命保険業界で働くためには、保険の専門的な知識だけでなく、税務や資産運用など金融に関する知識も求められます。 専門知識が身につけば、同じ業界内での転職がしやすいため、キャリアの選択肢も広がるでしょう。 生命保険会社に応募する際は、次に挙げる3つのポイントを押さえておくと、志望動機が考えやすくなります。 保険という商品には、生命保険だけでなく損害保険や第三分野の保険などさまざまな種類があります。 「なぜ、損害保険ではなく生命保険を選ぶのか」は、生命保険会社を志望する人が問われやすい質問です。 志望動機を明確にするためには、損害保険と比較しながら生命保険の特徴を見出していくことが大切です。 また、ほかの応募者と差別化するには、「人の役に立ちたい」という志望動機だけでは不十分です。 「人の役に立ちたい」という思いは大前提のもと、そのうえで「どのように貢献していきたいか」を具体的に志望動機に盛り込んでいく必要があります。 加えて、「生命保険に加入しているかどうか」「なぜその保険を選んだのか」を聞かれることもあるでしょう。 志望動機を書く際に自分の保険の契約内容をしっかりと調べておくと、面接の準備になるだけでなく、保険についての理解を深めることもできます。 「身内が病気になり、貴社の保険のお世話になった人がいる」「学資保険のおかげで勉強を続けられた友人がおり、人の将来を守る保険の価値を知った」など、自らの経験・体験に基づいた内容を加えることで、志望動機がより具体的になります。 応募先企業の強みや特徴を盛り込み、その会社を志望する理由を明確に示しましょう。 そのためには、まず応募を考えている企業の主力サービスや戦略を調べます。 そこから、「医療保険に特化している」「業界内で先駆けて先進医療への対応に取り組んでいる」など、具体的な理由を動機に盛り込んでいくと良いでしょう。 志望動機を書く際のポイントがわかったら、自分の経験やキャリアプランを入れて、具体的な文章を組み立てていきましょう。 参考となる例文を2つご紹介します。 <例文1>保険業界未経験者の志望動機 生命保険に関心をもった最初のきっかけは、友人が病気で入院したことです。 幸い、友人は生命保険に加入していたため、適切な治療を受けて回復しました。 この経験から、生命保険の必要性を改めて感じると同時に、命にかかわるリスクは人をとても不安にさせるということを実感しました。 また、不安を解消する商品である生命保険はなくてはならないものである一方で、その価値は何かきっかけがないとわかりにくいということも感じました。 そのため、人の生活を安心で支える生命保険の価値を広く伝える仕事がしたいと考え、生命保険会社を目指すようになりました。 貴社は、扱う保険商品の種類が業界内でも特に多く、多様なニーズに対応されていることから志望いたしました。 前職での営業経験を活かし、お客さまに最適な保険を提供していきたいと考えています。 <例文2>保険業界経験者(生命保険会社は未経験)の志望動機 前職では、損害保険会社で営業担当をしており、万が一に備えることで人々が安心して活動できることと、それが社会全体の活性化につながることを学びました。 一方で、医療が発達した現代において、「人にとって最も必要な備えは、病気やけがをしても安心して生活ができる保障ではないか」という思いが強くなり、生命保険の世界で働きたいと考えるようになりました。 貴社は、業界のなかでも特に医療保険に強く、多くのプランを提供されている点に魅力を感じています。 さまざまな背景をもつお客さまに保険商品を提案してきた前職での経験を活かし、これからは、病気やけがとともに人生を歩む方々に安心を提供したいと考えています。 そして、医療保険のプロとしてお客さまに選ばれる存在になりたいです。

次の