す と ぷり ホーム 画面。 【HUAWEI P20 lite】ホーム画面のカスタマイズと「HUAWEIホーム」の使い方

トップページ

す と ぷり ホーム 画面

「HUAWEI P20 lite」のセットアップ完了後最初に表示される画面がホーム画面です。 ホーム画面は、ホームアプリ「HUAWEIホーム」(Ver. 353)によって動作しています。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 1.初期設定のホーム画面 初期設定のホーム画面は、標準スタイルで3ページから構成されています。 ・初期設定のホーム画面 左から「Googleフィード」「ホーム画面(ホーム)」「ホーム画面(追加)」ページになります。 ホーム画面上のアイテムとしては、「天気」ウィジェット、「Google検索」ウィジェット、「Google」フォルダ、「ツール」フォルダ、あとは、すべてのプリインアプリのアイコンが配置されています。 2.ホーム画面のスタイルについて インストールしたアプリ(アイコン)をどこで管理するかで、2つのスタイルが用意されています。 「標準」と「ドロワー」です。 ・「標準」スタイルは、インストールしたアプリアイコンを直接ホーム画面上のどこかに配置して管理します。 (いわゆるiPhone形式です。 ・「ドロワー」スタイルは、インストールしたアプリアイコンをホーム画面とは別のドロワー画面で管理します。 ホーム画面には、必要なアプリアイコンだけを配置できます。 (従来のAndroid形式です。 「ドロワー」スタイルに変更すると、ホーム画面のドックの真ん中のアイコンが「アプリ」に変わります。 この「アプリ」アイコンをタップするとドロワー画面が表示されます。 ・削除:ホーム画面上で、削除したいアプリアイコンを長押しして、画面右上段に表示される「削除」までドラッグしてリリースします。 または、(仮想の)ホーム画面上のアイテムを強引にページのない画面外にドラッグするとページが追加されます。 (そこにアイテムをリリースすると移動ができます。 ) 2)ページの削除 そのページにアイテムがなくなるとそのページは自然消滅します。 よって、そのページのすべてのアイテムを削除(アンインストール)または他のページに移動します。 【TIPS】「Googleフィード」を非表示にする方法 ホーム画面の一番左にある「Googleフィード」(初期設定で表示になっている)が不要の場合は非表示にできます。 4.フォルダの作り方 アプリアイコンをお好みのカテゴリでグループ化して、フォルダとしてホーム画面上に配置することができます。 フォルダの作り方は、簡単で、最初は、グループ化したいアイコンをもうひとつのアイコンの上にドラッグしてリリースします。 そうするとフォルダができます。 あとはそのフォルダに、グループ化したいアイコンを次々にドラッグしてリリースしていけばOKです。 または、フォルダ内の「+」をタップして表示されるアプリ一覧からこのフォルダに追加したいアプリを選択します。 フォルダを作ったら、フォルダに名前を付けます。 フォルダをタップして表示される仮の名前部分をタップして名前を入力します。 フォルダの削除は、フォルダ内にあるすべてのアプリアイコンを長押しして、フォルダ外にドラッグしてリリースすればOKです。 5.ウィジェットの配置方法 ウィジェットリストからホーム画面に表示したいウィジェットを長押しして配置したい仮想のホーム画面上までドラッグしてリリースします。 (または、配置したいページを表示して、ウィジェットをタップします。 ) ウィジェットリストは、ホーム画面上を長押し(またはピンチイン)して画面の下側に表示されるメニューから「ウィジェット」ボタンをタップすると表示されます。 ・初期状態のウィジェットリスト ホーム画面に配置後にサイズの変更ができます。 例えば「音楽」ウィジェットの最初の大きさは2x1ですが、仮想のホーム画面に配置後に、アイテムを長押ししてリリースするとサイズ変更の青枠が表示されるので、それを上下左右にドラッグすることでサイズの変更ができます。 6.ショートカットの作り方 ホーム画面(またはドロワー画面)上で、アプリアイコンを長押しすると「ショートカットリスト」が表示されます。 その中のメニューをタップすると直接その機能が操作できる画面が表示される非常に便利な機能です。 さらに、よく利用するメニュー(画面)に素早くアクセスしたい場合は、「ショートカットリスト」のそのメニューを長押しして「ショートカットアイコン」をドラッグ&リリースでホーム画面上に配置することができます。 7.壁紙の変更方法 ホーム画面上から壁紙の変更ができます。 8.「HUAWEIホーム」アプリの設定画面 ホーム画面上を長押し(またはピンチイン)して、表示される「設定」ボタンをタップすると「HUAWEIホーム」アプリの設定画面を表示できます。 1)ホーム画面の配置 画面の縦横のグリッド数を選択します。 (初期設定の5x6だと1ページに30個アプリアイコンが配置できることになります。 ) 2)バッジアプリアイコン ホーム画面上のアイコンに、通知時にバッジを表示するかの設定ができます。 バッジは、「通知ドット」です。 (?) 3)アプリのレコメンド ホーム画面上を下にスワイプしたとき、またはドロワー画面を開いたときに表示される直近に使用したアプリ(お勧め)を表示するかの選択ができます。 ・左:ホーム画面、右:ドロワー画面 4)検索結果 グローバル検索におけて、個々のアプリを検索の対象とするかの設定ができます。 【TIPS】グローバル検索について ・ホーム画面上を下にスワイプするとグローバル検索窓が表示されます。 (ホーム画面に戻すには、上にスワイプします。 ) ・検索対象は、ローカル検索(検索対象としたアプリ)とオンライン検索(Google検索)です。 5)ホーム画面ループ 「ON」にすると、ホーム画面が2ページ以上のときに、ホーム画面を左(または右に)スワイプし続けても途中で止まることなく回転してもとに戻ってきます。

次の

【HUAWEI P20 lite】ホーム画面のカスタマイズと「HUAWEIホーム」の使い方

す と ぷり ホーム 画面

2020年06月23日 02時11分 「iOS 14」が発表、ホーム画面をカスタマイズ可能に の中で、iPhone向けの最新OSとなる「 iOS 14」が発表されました。 iOS 14ではこれまでアプリアイコンを並べることしかできなかったホーム画面上に、ウィジェットを配置可能となり、より自由にカスタマイズできるようになります。 Apple Events - Apple Special Events - Apple 「今日はそれぞれのプラットフォームを飛躍的に進化させます」とクックCEO。 続いて登場したのは、ソフトウェアエンジニアリング部門で上級副社長を務めるクレイグ・フェデリギ氏。 iOS・iPadOS・watchOS・tvOS・macOSと、Appleは多くのOSを開発しています。 その中でもiOS最新バージョンとなるiOS 14の話題から。 AppleはiOSで長年変わることがなかった「熟慮されたホーム画面」の改良に取り組みました。 AppleはiOSのホーム画面のアップデートにおいて、何年も基本的なことは大きく変えず慎重に機能を追加してきました。 これまで追加されてきた新機能は、アプリケーションをまとめて保管できる「フォルダ」や、情報に素早くアクセスできる「ウィジェット」をまとめておくウィジェット画面の追加など。 さらに、デバイス上の知能によるパーソナライズ化された体験を通知することもできました。 近年のiPhoneではできることが増えているため…… iOSを見直すことで、ホーム画面の改良にも取り組んだ模様。 そして誕生したのが新しいホーム画面です。 これまでウィジェットは専用画面にまとめることしかできませんでしたが、アプリアイコンが並ぶ画面に自由に配置可能に。 地図が…… ウィジェットに変化。 複数のウィジェットを重ねておくことも可能。 スワイプ操作で複数のウィジェットを閲覧できる感じ。 天気情報を配置したり…… iPhoneのバッテリー情報や、iPhoneと接続している端末のバッテリー情報をチェックしたり…… 音楽アプリを配置したり。 iOS 14 アプリケーションを簡単に整理することができるのが…… 「アプリライブラリ」です。 ホーム画面の最後に追加されるスペースで…… アプリケーションを自動で整理できます。 アプリライブラリでページの一覧を表示したら、不要なページをタップするだけで簡単に整理整頓が可能に。 デバイス上の知能がアプリケーションをフォルダ別に分類してくれます。 ウィジェットの機能も大きく変化します。 iOS 13の時点で多くのウィジェットが使用できますが…… ウィジェットはより視覚情報に富んだものへと進化し、サイズも好きなものを選べるようになります。 iOS 14の最新ウィジェットはこんな感じ。 いろいろなサイズが存在しており…… ウィジェットを長押しして…… ドラッグするとホーム画面へ移動することが可能。 ウィジェット間をスワイプして必要なものを好きな場所に配置します。 ユーザーごとにより使いやすく個性的なホーム画面が生まれることとなるはず。 さらに、iPadには既に実装されている 機能がiPhoneにもやってきます。 FaceTimeや動画を再生しながら、他のアプリを使用することが可能になります。 小窓で再生される動画やFaceTimeはドラッグして画面上を移動させたり、ピンチして拡大したりすることが可能。 さらに、画面の外へスワイプしても音声は再生され続けます。 続いてSiriについて。 これまでのSiriのUIはフルスクリーンに切り替わるもので、それまで見ていた画面がすべて隠れてしまうものとなっていました。 しかし、新しいSiriのUIでは画面下部にアイコンが表示されるだけで、ほぼすべての画面が隠れることなく表示されます。 さらに、音声メッセージの録音と送付をSiriに頼めるようになります。 iPhoneのNeural Engineを駆使すれば…… デバイス上でより正確かつ安全な音声認識が可能になります。 オフラインで使える翻訳機能も実装。 日本語を含む11カ国語に対応予定です。 翻訳結果は画面に以下のように表示されます。 新しいメッセージ機能について。 iOSのメッセージアプリの利用者は40%増で史上最多となっています。 大勢が近しい友人との連絡にメッセージアプリを使用するようになっているとのこと。 そこで、メッセージアプリのUIを進化させます。 元々最新のメッセージを見つけやすいデザインを採用していましたが…… 最新のメッセージアプリでは特定の相手を画面最上部に固定することが可能になります。 さらに、届いた瞬間にアニメーションで確認することも可能。 ミー文字について。 フェイスマスクなどの表現が追加されます。 他にも、ハグ・グータッチ・照れなどのステッカーが加わりました。 グループについて。 複数人で構成されたグループでのメッセージのやり取りをフォローするのは大変なもの。 そこで、特定のメッセージにインラインで返信することが可能となりました。 会話全体を表示したり…… 関連メッセージをスレッド表示したりすることもできます。 さらに、自分がメンションされた際のみ通知するといった設定も追加されます。 グループに参加しているメンバーのアイコンは、一番最後にアクティブだったメンバーが大きく表示されます。 加えて、今回初めてグループに対して写真などを設定可能に。 続いてマップアプリについて。 ナビゲーション機能が改善されました。 「Look Around」などの優れた機能も充実します。 さらに2020年内にはアメリカ以外の国でのマップも提供されることとなります。 iOS 14ではマップアプリ開発チームが信頼のおけるブランドと手を組みます。 オススメのレストランやお店を紹介し…… 世界中の名所も紹介可能に。 自転車での経路案内にも対応。 マップは標高情報も考慮して…… 急な坂や階段がある場所を通知してくれます。 自転車での経路案内に対応した都市は今後も追加されていく予定です。 電気自動車 EV 用の経路案内も可能に。 マップがEVのバッテリー状況を観測しながら、標高や天候を計算し、自動で充電スポットをルートに追加します。 さらに渋滞や制限道路を表示し…… 代替ルートも選択できるようになります。 「Appleマップは世界を発見する最高のツールになるでしょう」と自信ありげな様子。 続いて「CarPlay」について。 CarPlayはアメリカではほとんどの新車で利用可能です。 全世界でみても新車の80%がCarPlayに対応しています。 CarPlayでは壁紙の追加が可能になり…… 新しいカテゴリーのアプリケーションにも対応。 そして、車の鍵をApple Walletで管理できるようになりました。 最初に対応するのは2021年製のBMW5シリーズ。 iPhoneを充電パッドへ置いて…… エンジンスタートのボタンを押すだけ。 車の鍵を持ち歩く必要がなくなり、iPhoneですべて管理可能。 もし鍵をなくしてもiCloud経由で無効化できるので、セキュリティも万全というわけ。 また、鍵は家族と共有できるので、物理的に鍵をやりとりする必要もなくなります。 車の鍵をApple Walletで管理できるようになる機能は、iOS 13でも使用可能になるとのこと。 App Store 駐車代を支払いたい時、iPhoneに決済用のアプリをインストールしていなくても…… App Clipで決済が可能に。 App Clipはアプリの一部機能をすぐに利用できるというもの。 ディスプレイ下部から現れるカードから使うことができ…… Apple Payとも連携します。 Apple IDでサインインするのでログインも不要。 アプリライブラリから最近使ったApp Clipをサッと開くこともできます。 さらに、マップと連携してその場で注文することもできます。 App ClipはNFCによる通信やQRコードのスキャンで利用可能。 また、AppleはApp Clip用のコードを開発したとのこと。 タップあるいはスキャンでApp Clipを開くことができます。 アプリ開発者はXcodeとSDKを駆使してアプリケーションの一部からApp Clipを作成することが可能。 App Clipのサイズは10MB未満となる模様。 というわけでiOS 14に関する発表はここまで。 なお、iOS 14の開発者向けプレビュー版が既に公開されています。 iOS 14 Preview - Apple Apple reimagines the iPhone experience with iOS 14 - Apple.

次の

「iOS 14」が発表、ホーム画面をカスタマイズ可能に

す と ぷり ホーム 画面

スワイプとは、タッチ操作方法の1つで 画面をなでるように触ることです。 くわしくは、をご覧ください。 ステータスバー右側には、通信状況やバッテリー残量、現在時刻などが表示されます。 さらに ステータスバー右側を下方にスワイプすると、右図のような 「クイック設定」画面が表示されます。 タップすると、くわしい天気予報やアラーム・タイマーなどの設定ができます。 キーワードの入力は、マイクを利用した音声入力も可能です。 フォルダをタップすると、下の画像のようにフォルダ内のアプリ一覧が表示されます。 MeMO Pad 7 ME176 の場合、タッチ&ホールド 長押し することで、スクリーンショットを撮影できます 要設定。 ホーム画面の切替 ホーム画面上で左右にフリックすると、ホーム画面を切り替えることができます。 それぞれの画面には、アプリのショートカットやウィジェットなどを配置させることができます。 ホーム画面の追加も可能 ホーム画面の背景をタッチ&ホールド 長押し し、「 ホーム画面の編集」をタップすることで、画面を増やすことができます。 関連ページ.

次の