オンライン飲み会 zoom。 【ZOOMでオンライン飲み会】必要なもの、手順、注意点まとめ

オンライン飲み会とは?やり方やLINE・ZOOMなどアプリの使用方法はこれ!

オンライン飲み会 zoom

「声が被って話しづらい…」「沈黙が気まずい…」オンライン飲みにも悩みは付きもの。 盛り上がるために必要なコツは?(写真はイメージです) 画像:小林優多郎 新型コロナウイルスの感染拡大を受けてついに全国的に緊急事態宣言が発令され、リモート勤務が強く推奨される日々。 「職場のみんなで打ち上げ!」という光景も、もはや懐かしいものになりつつある。 そこで最近、しばしば取り上げられるようになったのが、Zoomなどを使った「オンライン飲み会」。 社員の自宅の様子が映ったり、家族やペットが乱入してきたり、普通の飲み会とは一味違う楽しさがある一方で、実際にやってみると「結構難しい」と感じる人も多いのではないか。 2〜3人のしっぽりした会なら大した問題もないが、大人数になると難しさがよくわかる。 先日、都内のITスタートアップに務める筆者の職場(3月初めから全社リモート体制に入っている)でも、全社横断のオンライン飲み会が開催された。 有志30人ほどが参加し、「会場」はグーグルの法人向けビデオ会議サービス「Google Meet」。 この会、多くの人が参加しながらも、これまでと違ってまったく「やりづらさ」がなく、2時間たっぷり楽しむことができた。 それはなぜか。 会の中に散りばめられていた、「大人数がオンラインで楽しむコツ」を、5つのポイントに分けて紹介したい。 1 タイムテーブル必須! 幹事の準備が大事 オンライン飲み会の難点のひとつは、「だらだら続いて終わりづらい」こと。 そこで肝となるのが、きちんと幹事を立てて、事前にタイムテーブルを用意しておくことだ。 最初の乾杯から締めまで、時間割がはっきりしていることで、途中参加もしやすくなる。 例えば先日の全社横断飲み会では、あらかじめこんなタイムテーブルがSlack(社内コミュニケーションツール)上で提示されていた。 そして当日は、幹事の音頭によって時間が区切られ、終了予定をむやみにオーバーすることもなかった。 google. 30人が一緒の部屋にいては、それぞれの表情もまともに見られないし、当然声もかぶる。 結局、盛り上げ役の人だけが話してあとは全員聞き役という、さながらプレゼンテーションのような場になってしまう。 そこでおすすめしたいのが、3〜5人ごとに班を分け、それぞれに部屋を用意すること。 これも幹事の事前準備のひとつ。 通常の飲み会でも、くじびきで席を決めることがあるが、そのオンライン版だ。 今回は 全社横断飲みなので、できるだけ部署がばらけるように調整されていた。 google. google. google. google. google. google. google. google. google. 途中で班替え(=席替え)をしても良い。 この人数であれば、みんなが均等に話すことができるし、喋っていないあいだもきちんと画面に姿が映るので、うなずくだけでも存在感が出る。 まるで一緒にひとつの卓を囲んでいるような雰囲気。 違和感がない。 ただし、遅刻者が多かった班は、しばらくサシ飲み状態だった……というハプニングも。 ちなみに、初めましての社員同士でも気まずくないように、幹事からトークテーマ案も提示されていた。 最初はそれが助けになったが、場があたたまってきたあとは自由に盛り上がり、離れるのが名残惜しいという班も。 いつまで経っても1stラウンドの部屋から出てこない班は、幹事が突撃し強制終了させていた。 著者提供 3 幹事以外は全員ミュート!乾杯・締めのコツ とはいえ、少人数に分かれた部屋で話をするだけでは、全社イベントとは言い難い。 せめて乾杯はみんなで。 ということで、最初と最後はみんなで同じ場所(同じURL)に集まるのが楽しい。 ただし、ここで全員がそれぞれに声を発してしまってはカオスだ。 そこで、集合部屋では発言を許される(=マイクオン)のは幹事のみ。 他はみなミュート(消音)を徹底したい。 幹事の指示にしたがって、許された人だけは、適宜マイクをつけて喋ることができる。 例えば、乾杯の発声をする人など。 「幹事以外ミュート」ルールは、開始前に周知しておくのが、会をオンタイムで進めるコツ。 これは練習問題。 著者提供 まとめ:いつもの「場の作法」を、オンラインの状況に「翻訳」して明文化する。 以上、筆者が社内で体験した「大人数オンライン飲み会」に散りばめられていた工夫を紹介した。 リモート勤務は、仕事場所が家であるだけで、業務自体がラクになるわけではない。 同じように大人数の飲み会も、オンラインだからといって準備や気配りゼロで臨めば決してうまくは回らない。 通常の飲み会と同じように、場を整え、仕切る「幹事」の存在は尊いことを実感した。 そしてそもそも、実はこれらの工夫は、通常の飲み会で無意識的に行われている「場の作法」を、オンラインに「翻訳」したものだといえるかもしれない。 幹事が手を鳴らしたら黙る。 乾杯の挨拶は傾聴する。 会話を回すには卓ごとに小さな輪を作るのが良い……。 それぞれをオンラインに置き換え、「オンラインならではの場のルール」を明文化することで新たな作法が生まれ、居心地がよい時間が続く。 リモート勤務においては、仕事中も、同僚・上司部下とのコミュニケーションに苦労する人も多いだろう。 オンライン飲み会を円滑にする「作法の翻訳」。 ここには、昼間の業務に生きるヒントも隠されているかもしれない。

次の

【オンライン飲み会やオンライン帰省で大活躍!】簡単Zoomの始め方!

オンライン飲み会 zoom

最大参加人数:100人(無料アカウントの場合)• アカウント作成:必須• PCからの参加方法:アカウント作成後、ブラウザorデスクトップ版専用クライアントから参加• 使える機能:バーチャル背景・スケジュール共有・招待パスワード• 対応ブラウザ(PCのみ):IE7以降・Safari5以降・GoogleChrome・Firefox ZOOM飲み会の始め方・使い方 ZOOMの使い方は簡単です。 事前にサインアップ(アカウントの作成)を行い、アプリorクライアントを参加する端末にインストールしてから通話開始操作を行います。 主催者さえ必要な設定が済んでいれば、参加者はインストール操作せずパソコンのブラウザからビデオ会議に参加することも可能です。 飲み会開始までの流れがイメージできるよう、下記でざっくりとした流れをまとめました。 アカウント作成• アプリorクライアントのインストール• アカウントの作成方法 まずは飲み会メンバー各自で Zoom公式サイト()にアクセスし、 メールアドレス入力と複数の認証を経た上でアカウント作成を行いましょう。 無事にサインインIDとパスワードが取得できたあとは、飲み会参加予定の端末に合わせて アプリorクライアントのインストールを行います。 ブラウザで参加できるようにする設定 PCから飲み会に参加する予定のメンバーがいるときは、 主催者のズームアカウント設定()からブラウザ参加許可の設定をしておきましょう。 参加者が上手く端末設定できそうにないときは、アカウントのみ準備してもらった上でChromeやIE等から通話に加入してもらえます。 事前に会議室を新設し、当日は準備が整った人から自由に入室する方法です。 主催者も参加者も残業しがちで、時間ぴったりに通話を開始できない場合に適しています。 具体的にどのように飲み会を開始するのか、各方法について下記で解説します。 方法1:主催者の「個人ミーティングルーム」で開始する 各Zoomアカウントには 「個人ミーティングルーム」が割り当てられており、 ルームIDを主催者から参加者に知らせることで、主催者のルームで会議できます。 参加者の入室操作時には主催者が許可または不許可を出せるため、飲み会とはまったく無関係の人が参加する恐れはありません。 ただし、 個人ミーティングルームのIDは、会議が終わっても変更されません。 「何かの拍子に外部に漏れ、会議に部外者が入ってきてしまう」といった セキュリティ上の問題があることには要注意です。 開始する際、主催者は下記のように「ミーティング」から自分のIDを確認し、パスワード等の詳細設定を行ってから参加者へのID共有を行います。 参加者がIDを入力して入室しようとするあいだは、主催者はID表示ページから「開始」へ進んでビデオ通話で待機します。 一方の参加者は「参加」へ進んだ上で 、主催者から伝えられた個人ミーティングIDを入力して再度「参加」をクリックorタップします。 主催者がミーティングパスワードを設定している場合は、通話参加前に入力しておきましょう。 方法2:参加者のひとりが「新規ミーティングルーム」を立てる 2番目の方法では 「新規ミーティングルーム」を作って入室用のIDを取得し、参加者に各々入室してもらいます。 ミーティング開始前に「個人ミーティングIDを使用」をオンにしてしまうと、ビデオ会議の開始方法1(前述)になってしまうため注意しましょう。 新規ミーティングIDはビデオ会議が終了された時点で無効化されるため、セキュリティ面で安心できます。 なお、先述の主催者側の事前設定があれば、招待URLをクリックした参加者にそのままPCのブラウザから通話に加わってもらうことが出来ます。 方法3:あらかじめ飲み会のスケジュールを組んでルームを作る 飲み会予定をZOOM内でスケジュール化することで、開催日時きっかりに入室可能となる会議室を立てられます。 主催者はZOOMの 「スケジュール」から会議名などの設定を行い、設定終了後は招待URLを参加者と共有しておきましょう。 当日になって会議室が入室可能になったときは、主催者の通話開始を待たずにオンライン飲み会を始めてもらえます。 通話画面の操作方法 ZOOMの通話中操作は、スマホアプリとデスクトップ版との間で若干異なります。 一方で、無料アカウントならではの制限には注意しておくべきでしょう。 メリット Zoomの何よりのメリットは、 主催者以外の飲み会メンバーはほぼ1クリックor1タップで参加できる点です。 接続したマイクやカメラなどの機器は自動検知してくれるため、面倒な初期設定も要りません。 それでいながら、しっかりと参加者全員の顔を見て話せる 「タイル表示」・部屋を見られたくない人のための 「バーチャル背景」などの機能が整っているのも評価できます。 飲み会主催者以外は1クリックor1タップで参加可能• 接続機器も自動検知• 大人数でも顔を見ながら話せる動画の「タイル表示」機能• バーチャル背景機能もほぼ1クリックで使える• サイズ無制限でファイル共有できる• 通信量を節約できる(環境しだいでLINEやSkypeの5分の1以下に) 定期的にオンライン飲み会を開く上でのもうひとつのメリットは、 通信量が低減されている点です。 従来的な技術を使っているSkypeやLINEでは、ビデオ通話を行うと1時間に2GB程度も消費します。 しかし ZOOMなら、1時間通話しても通信消費量300MB~400MBとごく少量です。 お酒の入らない短時間の通話なら、Wi-Fiのない環境でもデータ制限を過度に恐れることなくスマホで参加できます。 もちろん、モバイルルーターを使っている人も安心です。 デメリット ZOOMはその便利さゆえに、 無料アカウントから開始したビデオ会議には40分の時間制限が設けられています。 2時間程度の飲み会なら2回~3回の再接続が必要となり、会話が途切れることに仲間がストレスを感じる懸念があります。 ゆったり飲み会を楽しみたいときは、通話に時間制限のないSkypeや「たくのむ」選ぶのも一つの手です。 デスクトップ版ZOOMを起動• 左上のアカウントロゴをクリック• 「バーチャル背景」を選択• カメラ映像下の+マークから手持ちの好みの画像を設定 ブレイクアウトルーム(会議ルームの分割) ZOOMならではの特徴的な機能として 「ブレークアウトセッション」(会議室の分割)が使えます。 チームで対戦するゲームや、人狼などのTRPGにおすすめです。 ブレークアウトセッションは、デスクトップ版の通話画面(上記画像参照)からのみ設定可能です。 使いどころがあれば、積極的に活用してみましょう。 まとめ ビジネス向けの多機能なビデオ会議ツール「ZOOM」は、慣れないうちは会議の始め方に戸惑いがちです。 通話開始には3種類の方法があること、 デスクトップ版とスマホアプリ版とでは機能(バーチャル背景やブレークアウトセッションなど)に違いがあることを押さえれば、複雑な操作もシンプルに捉えられますよ。 オンライン飲み会の主催者は、機器操作が苦手な参加者のために 「ブラウザ参加許可の設定」をしておくと親切です。 さっそく飲み仲間を誘って、今夜からZOOMで楽しい宅飲みを始めてみませんか?.

次の

Zoom飲み会とぜんぜん違う! 「距離」をオンライン飲み会に導入する「SpatialChat」

オンライン飲み会 zoom

とにかく家で過ごす時間が増えている今日このごろ。 友達と会うこともままなりません。 ひとり暮らしのわたしは誰にも会えずストレスがたまる一方……! というわけで、何度か、友人たちと「オンライン飲み会」をやってみました。 だけどいざオンライン飲み会をやろうと思っても、どのアプリを使えばいいの? それってけっこう、悩みどころじゃないでしょうか。 かくいうわたしも、アプリによって使いやすさにかなり違いがあるな……と感じました。 そこで今回、 3種類のアプリでオンライン飲み会をやってみた感想をお伝えします。 【3つのアプリでオンライン飲み会のしやすさを比較】 オンラインミーティングやビデオ通話のアプリは色々ありますが、今回は以下の3つのアプリを比較。 「5〜6人グループでのオンライン飲み会」で検証します。 ・アカウント所有率の高い LINE(ビデオ通話機能) ・最近話題の Zoom ・昔からある Skype そしてこの3種類のアプリを以下の3つのポイント ・ 手軽さ(飲み会を始めるまでのインストールなどの準備) ・ 通信(通信の重さや映像・音声) ・ 面白さ(背景変更などのオプション機能) でそれぞれ5段階評価しています。 Zoomやスカイプは入れていない人もいるけど、LINEなら問題ありません。 飲み会をしたいメンバーでグループLINEを作って グループビデオ通話を開始するだけでいい。 これはかなり簡単です。 さらに、 背景を変更したり顔に加工ができたりして、なかなか楽しいです。 自分の姿を動物に変身させることもできるので、顔出ししたくない人でも参加しやすいかも。 ただしネックなのが、 めちゃくちゃ重いこと! スマホから4人以上で会話するともう、音声や映像が途切れがちに。 また画面に4人以上は写りません。 PC版のLINEからつなげば全員顔が写りますし、通信も多少マシにはなりますが、スマホ版だとかなりしんどい……。 データ量も多く、だいたい1時間の飲み会(通話)で1GBほど消費してしまいました。 手軽さはダントツですが、この重さはマイナス。 タイムラグができると会話が成立しないので、少人数での利用がオススメ。 ……と聞いていたのですが、結局全員がZoomのアプリをインストールする必要があったので、 初回がやや面倒です。 全員の準備ができてトークルームにそろうまで20〜30分くらいかかりました。 また、背景を変える機能を使って遊ぶこともできますが、ネットで見たように綺麗にするのが難しくて体や顔の一部が背景と同化することも……。 ただし、元々、オンラインセミナー用に作られたということもあって、 参加者の顔が全部映るし、大人数で接続してもとにかく接続が安定しています。 画質もいいし、音もよく聞こえるし、軽い。 ただ、セミナー用に作られているからか、マイクにクセが。 話している人のマイクだけがオンになるので、同時にワイワイしゃべると聞き取りづく、おしゃべりがかぶらないようにする必要がありました。 ちなみに便利だったのが、 カメラ通話しながら文字でのチャットもできること。 URLや画像を共有したり、議事録みたいにみんなの会話をまとめることができます。 ただこのところセキュリティの脆弱性がたびたび指摘されているようなので、ご利用はお気をつけて。 通話を始める前に、主催する人はアプリのインストールとアカウントのセッティングが必要です。 その後は ミーティングのURLを参加者に共有するだけで参加できる……ということだったのですが参加者からは「スマホだとアプリのインストールが必要だった」「PCでもマイクロソフトアカウントのサインインを求められた」といった声が。 Zoomと同様に、参加者は事前にインストールしておくのがベターかも。 人数が3〜4人と少ないうちは映像も音声もかなりスムーズだったけど、人数が増えて通話時間も長くなるとじょじょに重くなってきました。 また、 画面に大きく映るのも4人までで、その他の参加者は小さなアイコンだけの表示に。 こちらも便利なチャット機能や字幕表示機能があるものの、背景変更や変身機能のような遊びの機能はないようです。 総評:3〜4人くらいまでの通話ならSkypeが快適 【その他、オンライン飲み会の気づき】 ・ぶっちゃけスマホよりPCでやるほうがいい ずっと片手でスマホを持ちながらしゃべるのはかなりしんどい! まず、スマホでやるならスタンドが必須です。 そして通信の安定を考えると、スマホよりも圧倒的にパソコンからのほうが繋がりがいいです。 ・時間を区切るべし オンライン飲み会のいいところは途中で家事をやるために中座したり、疲れたらベッドで横になったりと、終電を気にせず自由にやれることです。 ただ、終電がない分、長時間ダラダラとおしゃべりしがちなので時間を区切ってやったほうがいいかも。 ・リアル飲み会と同じ…とはいかない これからもっと技術が発達していくとは思うのですが、タイムラグが気になるのでリアルの飲み会みたいなテンポのよさはまだまだ。 個人的には美味しい料理もシェアできるリアル飲み会がまだまだ恋しい……といったところです! みなさんもぜひ、オンライン飲み会を楽しんでみてくださいね。 いいアプリなどがあったら教えてほしいです。 執筆・撮影:御花畑マリコ Photo: c Pouch.

次の