横顔 イラスト。 猫の横顔がかわいい画像8選!

【イラスト講座】横顔の描き方

横顔 イラスト

アタリの描き方 アタリとは、下描き前に描きやすくするための目印のようなものです。 例えば、3Dを使って下描きを作成する場合の3Dがアタリと言えます。 横顔のアタリは、 テンプレート化して覚えてしまえば、漫画やイラストなどを作成する際に素早く処理することができるので、おすすめです。 横顔テンプレート 横顔における前頭部は、後頭部よりも面積が狭くなる一方で、曲線が多いのが特徴です。 目から頭頂部と 目から顎先までの長さはなるべく 等しくなるように意識しましょう。 また、 鼻先から耳と 後頭部から耳の長さもなるべく 等しく描くように意識するときれいな横顔が描けます。 横顔を描くにあたって、壁となるのが髪の毛だと思います。 髪の毛はカツラを意識していただければ簡単で、 頭部よりも若干大きめに描いて被せるのがポイントです。 頭部と同じくらいに描いてしまうと、濡れていて張り付いている感じが出てしまうので、注意が必要です。 横顔の作成過程をテンプレート化してしまえば、漢字を書くように安定したクオリティで量産することもできちゃいますよ! 各部位の配置位置について 各部位の配置位置は、ある程度固定されています。 横顔は、 「目」と「耳」と「眉」がそれぞれ一つずつ描かれます。 基本的に、アタリは円の中心に線が重なるように十字を引いて、さらにその半径を2等分する線を付けて使用します。 目を配置する場所は、中心線の半径の中心になり、口も同様に中心線の半径の中心に位置します。 耳は円の中心に配置するようにして、後ろ半分は後頭部となります。 表情や顔の角度によって調整しなければいけない部分も出てくると思いますが、上記の基本を抑えておけば応用も効くはずです。 横顔の目の描き方 横顔の目は、正面よりも面積が狭くなり、形も独特なものとなります。 ただし、眼球自体は円形なことに変わりはありませんので、ベースは円で考えます。 瞳は眼球の全面に平らに張り付いているので、横を向くと自然と面積は半分くらいに狭くなります。 そのため、正面を見ている場合は、白目の面積が広いのが特徴です。 ポイントは、 様々な作家さんの横顔の目を観察して、自分の中である程度テンプレート化してしまうのが簡単でしょう。 耳の描き方 耳は、他の部位とは異なり正面のときよりも面積が広くなります。 耳の形は指紋と同じように一人ひとり形が異なるので、これといった描き方はありませんが、ベースとなる形は存在します。 こちらもテンプレート化して素早く描けるようにしておくことをおすすめします。 口の描き方 口も瞳同様に正面の半分程度の面積になります。 正面時の口の形の左右どちらか半分を横顔に描くと違和感の少ないいらすとになります。 デフォルメ具合で唇の形を表現しない場合もありますが、6頭身以上であれば描くほうがいいと思います。 口は唇の形に沿って描くようにしないと、唇の上に口の中が描かれている事になりかねないので注意が必要です。 おすすめは、あらかじめ唇を描いておいて、口の形が決まったあとに唇の形を修正する方法です。 横顔の描き方まとめ 横顔の描き方は、正面顔の描き方よりもパターン数が少ないので、ぜひ自分なりにテンプレート化して文字を書くように素早く描けるようにしておくとかなり作業が捗ります。 顔は球体がベースになっているので、頭や目などを描く際は円形のアタリを描いてから下描きを始めるときれいな横顔に仕上がるのではないでしょうか?.

次の

かわいい横顔の描き方メイキング

横顔 イラスト

正面顔 と 横顔の 整合性 が 大切 「横顔が きれい に 描け ない」、 「正面顔と 横顔と で、 目や耳 など の パーツの 配置が ずれて しまう」 「横顔 を 描くと 絵が 平面的に なってしまう」。 漫画や イラスト で 人物の 横顔の 描く時に、 こうした 悩みを 持って いる 方も 多い のでは ない で しょう か。 顔を 横から 描くと、 額や鼻、 顎と いった 顔の 凹凸が 明確 に なり ます。 つまり 正面顔 の 場合は、 目から 鼻まで の 距離 や、 鼻 の 下 や 顎 の長さ などの バランスが 悪くても あまり 目立ち ませんが、 横顔に なると それらの 配置の バランス が 悪いと、 違和感が 強くなって しまうのです。 逆に言えば、 人物 の 顔 を 造形 する 時 は、 正面 から だけ で なく 横 から の アングル も あわ せて 設定 して おく こと で、 バランス の とれた 顔 の 造形 が 可能 に なる と いう こと です。 漫画 や アニメ、 ゲーム など の キャラクター の 設定図 は、 顔 や 全身図 を、 正面 や 横で つく られ て いる こと が 多い ので、 参考資料 と して みる のも よい で しょう。 今回は、 横顔 の 描き方 の 練習 なの で、 まず は 正面顔と 横顔を 真横に 並べ、 パーツ ごとの 高さで 線を 引いて ずれ が ない か を 確認 して みま しょう。 正面顔を描く場合は、 最初に描いた 円形の中に、 顔のパーツを 配置して いきますが、 横顔の場合は、 顔の 側の下部に もう1つ 四角形を 描きます。 骨に あて はめる と 円形が 頭骨 の 部分、 四角形が 鼻骨 から 上下 の 顎骨の 部分 の ような イメージ です。 四角形 は 鼻の 高さ の 分、 円形 から 少し はみ 出る 大きさ に なり ます。 円形 の 十字 の 交差点 の 少し 下、 後方 あたり に 耳 が あります。 耳 の 上部 と 同じ くらい の 高さ に 目 が あります。 耳 の 付け根 と 目 の 中央、 鼻 の 付け根 は 同じ くらい の 位置に しましょう。 四角形の縦線の 中央 あたりに 鼻の 一番 高い部分、 底辺の 横線の 中央より 前 あたり に 顎の先を 配置 します。 リアル な 人間、 特 に 日本人 の 横顔 の 場合、 鼻先 から 顎の先 に かけて 結んだ ラインは ほぼ 平坦 ですが、 少し 角度 が あった方が 美しく 見える ため、 漫画 など で 人物 を 描く 場合 は、 鼻 の 高さ と 顎 の 位置 を 工夫 して みま しょう。 また、 唇は この 鼻先 から 顎先 を 結んだ ライン から はみ 出ない 位置 に した 方が、 美しく 見え ます。 注意 したい のは、 首 の つき方。 首 の 部分 の 骨 は 背 の 方に つ な がって いる ため、 横顔 を 描く 場合 は、 首 は 少し 斜め に つき ます。 髪 など で 隠れる 場合 も、 先に 首を きちん と 描い て おく と 安定感 が 出ます。 口の開閉は、 下顎のみが 動いています。 正面から顔を見ると、 口の開閉に とも なって 下顎が 上下 に 移動 している だけの よう です が、 横 から 顔 を 見る と、 口 の 開閉に とも なって 下顎が 後ろに 引かれ ている の が わかり ます。 口 を 開けた 場合 は、 基本の横顔を 描いた際の 鼻先 から 顎先 に かけて の ライン より も、 少し 後ろ に 顎を 描くと よい で しょう。 ただ、 絵柄 に よって は、 リアルな 人間の 動きに 沿うと、 イメージに 合わない 場合も あるため、 こうした ポイ ント は 絵柄や 作風に 合わせて ケースバ イケース で 取り入れましょう。 性別 や 年齢 に よる 横顔 の 描き 分け方 初め に 触れた よ うに、 横顔 は 顔 の 凹凸 が 明確 に 出 ます。 ポイント を 押さえ て、 性別 や 年齢 による 顔 の 構造 の 差異 を 描 き 分け て み ま しょう。 まず、 横顔 に 限 ら ず、 身体 ほぼ すべて の パーツ を 描く 場合 の 描 き 分け の 基本 として、 女性 や 子ども は 全体 的 に 丸み を 帯 び た 形 で、 男性 は 骨 と 筋肉 の 凹凸 が あっ て ごつごつ した 形、 老人 は 骨ばる と同時に 皮膚 に 張り が なく なる ため シワ が 目立つ という ちがい が あり ます じ た 目 を 描く 場合 は 眼球 の 丸み を 反映 すると 自然 な まぶた が 描 けます。 横 顔 の 場合 は、 女性 の 額 は 丸 く、 男性 の 額 は やや 平ら に すると、 形状 の ちがい が よく わか り ます。 また、 額 や 鼻、 顎 といった 凹凸 部分 を、 女性 は やや 少 なく、 男性 は やや 強調 し て 描 き ます。 女性 を 可愛 ら しく 描 きた い 場合 は、 鼻 を 少し 上向き で 小 さくする の も ひとつ の 方法 です。 子ども は、 目 や 鼻、 口 といった パーツ が 大人 より も 近い 位置 に あり ます。 全体 的 に 大人 より も 低い 位置 に すると、 幼 さ が 表現 し や すく なり ます。 子ども は 鼻 が 低い ため、 鼻先 と 顎 先 を 結 ん だ ライン より も、 唇 が 少し 出 て も よい で しょう。 目 を 大 きく 描く と、 可愛 ら し さや 子ども ら し さ が 表現 でき ます が、 耳 や 鼻 と 高 さ を 揃える など 位置 関係 の バランス は くず さ ない よう に 気 を つける こと が ポイント です。 老人 は、 皮膚 の 下 に ある 骨 の ライン が 出 ます。 ふっくら と した 体型 の 老人 で あれ ば、 頬 や 顎 の 骨 の ライン は 目 立ち ま せん が 代わり に たるみ が 出 て き ます。 老人 の 目元 は まぶた が 落ち 気味 に なり ます。 まぶた を 強調 し、 目 や 口 の 周囲 に シワ を 描く と、 老人 ら し さ が 表現 でき ます。 下顎 の 角、 いわゆる エラ の 部分 は 骨 の 形 が 出 やすい 部分 なので、 男性 や 老人 の 場合 は 骨 の 形 を しっかり 描く と よい で しょう。 また、 男性 の 横顔 を 描く 場合 は、 喉仏 を 描 き 忘れ ない よう に しま しょう。 そのほか、 首 の 部分 に は 耳 の 後ろ から 胸 へ と つながる 筋肉 が ある ため、 その 筋肉 に 沿っ た ライン 入って いる と、 男性 らしさ が 表現 で きます。 図は、 中央の 人物が 真横。 左の人物は 真横より 少し 奥側 向き。 右 の 人物 は 真横より 少し 手前 側 向き です。 奥側 に 顔 を 向ける と、 大きく 変わる の が 耳 と 下顎 の 角 の 位置 です。 向いた 角度 の 分 だけ、 前 に 移動 します。 目 も 少し 前 に 移動 し、 鼻 に 近づき ます。 また、 口や眉、 目といった 横長の ラ ンは 短く なり ます。 反対 に 手前 に 顔 を 向ける と、 耳 と 下顎 の 角 が 後ろ に 移動 します。 目 も 後ろ に 移動 して 鼻 から 離れる と 共に、 反対 側の 目 の まつげ や まぶた が 少し だけ 見え ます。 「横顔」として、 右の少し 手前側を 向いている状態を 描くことが 多いようですが、 基本の真横から 見た 横顔を ベースにすると、 角度 に よって 変化 する パーツ ごと の 位置 関係 や 大きさ を バランス よく 描く こと が できます。 また、 図のように 並べて 見比べ なけ れば、 ほとんど ちがい が わから ない 描き分け です が、 たとえば、 並んで 歩く 人物 が 相手 を 見ている コマで あれば、 2人が 真横に 並んで 歩いて いる のか、 一方 が 少し 手前 を 歩い て いる のか、 少し 後ろを 歩い て いる の か が、 表現 でき ます。 アニメ の よう に 連続 した 動きを 漫画 で 表現する ため には、 角度 の 描き 分け が できる と よい で しょう。 一方 の 人物 から 見た 相手が、 どちら を 見て いる の か は、 目の 描き 方 で 表現 でき ます が、 顔 の 角度 を 変化 させる こと で、 より 細やか に 表現 する こと が 可能 に なり ます。 いろ いろ な 角度の 「横顔」が 描けるように なると、 それだけで 表現の幅が 広がります。 横顔を 有効に 活用した 表現方法 漫画やアニメ などに おいて、 人物を正面から ではなく 横から 描くことで、 どの よう な 情報が 伝わり やすく なるで しょうか。 歩い たり 走ったり と いった、 前後 の 動き が ある ポーズ は、 真正面 から だ と わかり づらい ため、 横 の アングル から 描写 する こと で わかり やすく なり ます。 スポーツの フォームの 解説なども、 横からの アングル が 多く 使わ れて いま すね。 身体 つき など の 特徴も、 正面 から だけ で なく 横 から の アングル でも 描く と、 より わかり やすく なる で しょう。 横顔は 顔の造形の 美しさ の うち、 整った 鼻筋や 顎の形、 長く 反った まつげ など を 表現 する ため に 適 し て い ます。 また、 セリフ や モノローグ など の テキスト を 使わず に、 感情 を 表現 する 場合、 表情 の ほか に、 手 など の ポーズが 重要 な メッセージ 性 を 持ち ます。 なか でも、 顔 を 上に 向け て いるか 下 に 向け て いる か は、 わかりやすい 感情の発露です。 たとえば 同じ 表情 でも、 俯い て いる ポーズ と 上を 向いて いる ポーズ では、 人物 の 心情 の 伝わり 方 は 大きく 変わって きます。 そうした ポーズ を、 表情 と ともに わかり やすく 絵 に する のは、 横 から の アングル が ぴったり です。

次の

Look here; don't look here. Men's Profiles

横顔 イラスト

アタリの描き方 アタリとは、下描き前に描きやすくするための目印のようなものです。 例えば、3Dを使って下描きを作成する場合の3Dがアタリと言えます。 横顔のアタリは、 テンプレート化して覚えてしまえば、漫画やイラストなどを作成する際に素早く処理することができるので、おすすめです。 横顔テンプレート 横顔における前頭部は、後頭部よりも面積が狭くなる一方で、曲線が多いのが特徴です。 目から頭頂部と 目から顎先までの長さはなるべく 等しくなるように意識しましょう。 また、 鼻先から耳と 後頭部から耳の長さもなるべく 等しく描くように意識するときれいな横顔が描けます。 横顔を描くにあたって、壁となるのが髪の毛だと思います。 髪の毛はカツラを意識していただければ簡単で、 頭部よりも若干大きめに描いて被せるのがポイントです。 頭部と同じくらいに描いてしまうと、濡れていて張り付いている感じが出てしまうので、注意が必要です。 横顔の作成過程をテンプレート化してしまえば、漢字を書くように安定したクオリティで量産することもできちゃいますよ! 各部位の配置位置について 各部位の配置位置は、ある程度固定されています。 横顔は、 「目」と「耳」と「眉」がそれぞれ一つずつ描かれます。 基本的に、アタリは円の中心に線が重なるように十字を引いて、さらにその半径を2等分する線を付けて使用します。 目を配置する場所は、中心線の半径の中心になり、口も同様に中心線の半径の中心に位置します。 耳は円の中心に配置するようにして、後ろ半分は後頭部となります。 表情や顔の角度によって調整しなければいけない部分も出てくると思いますが、上記の基本を抑えておけば応用も効くはずです。 横顔の目の描き方 横顔の目は、正面よりも面積が狭くなり、形も独特なものとなります。 ただし、眼球自体は円形なことに変わりはありませんので、ベースは円で考えます。 瞳は眼球の全面に平らに張り付いているので、横を向くと自然と面積は半分くらいに狭くなります。 そのため、正面を見ている場合は、白目の面積が広いのが特徴です。 ポイントは、 様々な作家さんの横顔の目を観察して、自分の中である程度テンプレート化してしまうのが簡単でしょう。 耳の描き方 耳は、他の部位とは異なり正面のときよりも面積が広くなります。 耳の形は指紋と同じように一人ひとり形が異なるので、これといった描き方はありませんが、ベースとなる形は存在します。 こちらもテンプレート化して素早く描けるようにしておくことをおすすめします。 口の描き方 口も瞳同様に正面の半分程度の面積になります。 正面時の口の形の左右どちらか半分を横顔に描くと違和感の少ないいらすとになります。 デフォルメ具合で唇の形を表現しない場合もありますが、6頭身以上であれば描くほうがいいと思います。 口は唇の形に沿って描くようにしないと、唇の上に口の中が描かれている事になりかねないので注意が必要です。 おすすめは、あらかじめ唇を描いておいて、口の形が決まったあとに唇の形を修正する方法です。 横顔の描き方まとめ 横顔の描き方は、正面顔の描き方よりもパターン数が少ないので、ぜひ自分なりにテンプレート化して文字を書くように素早く描けるようにしておくとかなり作業が捗ります。 顔は球体がベースになっているので、頭や目などを描く際は円形のアタリを描いてから下描きを始めるときれいな横顔に仕上がるのではないでしょうか?.

次の